Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

スタートアップと技術選定と AWS

スタートアップと技術選定と AWS

https://aws-startup-community.connpass.com/event/249802/
2022/06/28(火) AWS Startup Tech Meetup Fukuoka #1

Bf5ee9059859ed5d855b5ff4680e63e2?s=128

track3jyo-hama
PRO

June 28, 2022
Tweet

More Decks by track3jyo-hama

Other Decks in Technology

Transcript

  1. © 2022, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All

    rights reserved. Shinichi Hama / track3jyo Startup Solutions Architect, West Japan Amazon Web Services Japan G.K. スタートアップと 技術選定と AWS
  2. Shinichi Hama / track3jyo Startup Solutions Architect Amazon Web Service

    Japan --- work: - ⻄⽇本のスタートアップ⽀援 - コンテナ技術のあれこれ 過去のスライド: https://speakerdeck.com/track3jyo <最近好きな AWS サービス> AWS App Runner AWS Step Functions Amazon EventBridge
  3. アジェンダ • AWS とは • 多くのスタートアップが AWS をプラットフォームに選ぶ理由 • スタートアップが技術選定の際に考えるべきこと

    − Undifferentiated Heavy Lifting を避ける − ⽬の前の判断が Two-way Door なものではないか考える • まとめ
  4. スタートアップにとって最も⼤事なことは︖ 答︓ビジネスにフォーカスすること(≒ スピード)

  5. • 分かっているつもりで出来ていないスタートアップは多い • 本質的なところ以外 or その周辺でやるべきことが増える • セキュリティ / コンプライアンス対応

    • ログの収集、集約、⻑期保存 • バックオフィスの改善、効率化、インテグレーション • 組織の拡⼤によりオーバーヘッドも増える ビジネスにフォーカスする
  6. AWS(Amazon Web Services) とは

  7. クラウドとは新しい IT リソース利⽤のカタチ 必要な時に、必要なだけ、低価格で IT リソース を提供

  8. AWS の提供するサービスは仮想サーバーだけではありません︕ AWS はサーバーを貸してくれる会社︖︖ Amazon S3 (ストレージ) Amazon EC2 (サーバー)

    Amazon RDS (データベース)
  9. 幅広い機能︓200 以上のサービスを提供 ネットワーク アナリティクス コンピュート ストレージ & 配信 開発ツール 管理ツール

    セキュリティ アプリケーションインテグレーション モバイルサービス データベース IoT 機械学習 ゲーム Amazon EMR Amazon Kinesis Amazon Athena AWS Glue Amazon Elasticsearch Amazon Redshift Amazon QuickSight AWS Data Pipeline Amazon SNS Amazon SQS Amazon MQ AWS AppSync AWS Step Functions ELB AWS Elastic Beanstalk AWS Lambda Amazon EC2 Amazon ECS Amazon Aurora Amazon DynamoDB Amazon ElastiCache Amazon Redshift AWS DMS Amazon Neptune Amazon RDS AWS CodeBuild AWS CodeCommit AWS CodeDeploy AWS CodePipeline Amazon GameLift Amazon FreeRTOS AWS IoT Analytics AWS IoT Core AWS IoT Device Defender AWS IoT Greengrass Amazon Forecast Amazon Polly Amazon Rekognition Amazon SageMaker Amazon Translate Amazon CloudWatch AWS Auto Scaling AWS CloudFormation AWS CloudTrail AWS Config AWS Managed Services Amazon API Gateway AWS Amplify AWS AppSync AWS Device Farm Amazon Route 53 Amazon VPC AWS Direct Connect Amazon GuardDuty Amazon Inspector Amazon Cognito AWS Organizations AWS KMS AWS IAM Amazon EFS Amazon S3 AWS Snowball AWS Storage Gateway Amazon FSx Amazon EBS
  10. 多くのスタートアップが AWS を プラットフォームに選ぶ理由

  11. 多種多様なサービス セキュリティ ⼿厚いテクニカルサポート 活発なコミュニティ なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか

  12. 多種多様なサービス セキュリティ ⼿厚いテクニカルサポート 活発なコミュニティ なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか

  13. 多種多様なサービスを利⽤できるということは 多種多様なビジネスの 要件 を満たせるということ

  14. ビジネス要件に対して、最適なサービスを選ぶことが出来る • 例えばアプリケーションをコンテナで動かす場合 Amazon EKS (Kubernetes) Amazon ECS AWS Fargate

    Amazon EC2 Amazon Aurora (MySQL / PostgreSQL) Amazon DocumentDB (MongoDB) OR OR OR オーケストレーション コンテナ実⾏環境 データベース ジュブキュー Amazon SQS Amazon MQ (ActiveMQ / RabbitMQ) OR AWS App Runner マネージドで 楽したい 使いたい OSS がある Graviton2 や GPU 使いたい 楽したい セキュリティ を強化したい 使い慣れた MySQL と ⾼いパフォーマンス MongoDB を使いたい 楽もしたい クラウドネイティブで 運⽤が不要 ミドルウェアの 要件で必要 とにかく楽したい
  15. • 全⽂検索エンジン • リアルタイムコミュニケーション(WebRTC) • ライブ動画配信 • レコメンデーション • モバイル

    / Web アプリ ビジネス要件に対して、最適なサービスを選ぶことが出来る Amazon OpenSearch Service Amazon Chime SDK Amazon Interactive Video Service Amazon Personalize AWS Amplify 今必要な機能だけでなく、ピボットや将来の機能拡張にも対応することが出来る
  16. 多種多様なサービス セキュリティ ⼿厚いテクニカルサポート 活発なコミュニティ なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか

  17. • スタートアップであってもセキュリティは最重要(1つの問題で⼤きな損失を被ることも) • 全てのスタートアップは 将来のエンタープライズ スタートアップであってもエンタープライズレベルのセキュリティを クラウドセキュリティのためのサービス AWS の提供するセキュリティ、ID、コンプライアンスのための 包括的なサービスと機能を活⽤いただくことでセキュリティと

    コンプライアンスの要件を満たす能⼒を向上させることができます アイデンティティ & アクセス管理 脅威の検出と継続的なモニタリング インフラストラクチャとデータの保護 インシデントへの対応 コンプライアンス AWS コンプライアンスプログラム セキュリティとコンプライアインスのために AWS に導⼊されている 堅牢な管理は、独⽴した監査⼈によって評価されています。これにより、 AWS はお客様のコンプライアンス要件への準拠をサポートします コンプライアンスプログラムの例 AWS コンプライアンスプログラム https://aws.amazon.com/jp/compliance/programs/
  18. AWS における責任共有モデル お客様 クラウドのセキュリティ に対する責任 クラウド内のセキュリティ に対する責任 お客様のデータ プラットフォーム、アプリケーション、IDとアクセス管理 オペレーティングシステム、ネットワーク、ファイアウォール構成

    クライアント側のデータ 暗号化とデータ整合性、認証 サーバー側の暗号化 (ファイルシステムやデータ) ネットワークトラフィック保護 (暗号化、整合性、ID) コンピュート ストレージ データベース ネットワーク POP リージョン アベイラビリティゾーン AWS グローバル インフラストラクチャ AWS ソフトウェア
  19. 多種多様なサービス セキュリティ ⼿厚いテクニカルサポート 活発なコミュニティ なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか

  20. • 24時間365⽇対応 * • ⽇本語対応可 • 経験豊富な 技術者 が対応 •

    本番稼働にはビジネスプラン以上を推奨 • AWS Activate より提供されるクレジッ トにより、ビジネスプランが利⽤可能 AWS のテクニカルサポート SA によるテクニカルメンタリング AWS ビジネスサポート(有償) • スタートアップ専任の技術者に相談可能 (無償) • 内容は何でも可能 • Architecture Review • 技術選定 • OSS に関する相談 サポートを制するものが AWS 利⽤を制する・・・︖
  21. 多種多様なサービス セキュリティ ⼿厚いテクニカルサポート 活発なコミュニティ なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか

  22. 活発なコミュニティ AWS は世界中で何百万ものアクティブなお客様によって⽀えられています JAWS-UG は AWS が提供するクラウドコンピューティングを 利⽤する⼈々の集まり(コミュニティ)です ⼀⼈ではできない学びや交流を⽬的として ボランティアによる勉強会の開催や交流イベントなどが⾏われています

    AWS User Group – Japan (JAWS-UG) AWS を利⽤している スタートアップのためのコミュニティで、 スタートアップ同⼠の交流や経験の共有を⽬的としています。 ⽇本のスタートアップから素晴らしいプロダクトや技術が 世の中に出て⾏くことを応援しており、技術系・⾮技術系問わず あらゆるテーマを取り扱います。 AWS Startup Community 近年、スタートアップのみならず採⽤が増えている AWS Amplify を利⽤しているデベロッパーのコミュニティです。 Amplify Japan User Group
  23. AWS Startup Community

  24. AWS Startup Community ▪Discord サーバーへの参加 リンクより参加可能です http://bit.ly/aws-startup-discord ▪Meetup への参加 Connpass

    にてイベントページを公開 https://aws-startup-community.connpass.com/ ▪Meetup への登壇(スピーカー) フォームにて通年で公募しています! http://bit.ly/aws-startup-community-speaker
  25. 多種多様なサービス セキュリティ ⼿厚いテクニカルサポート 活発なコミュニティ なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか

  26. スタートアップが技術選定の際に 考えるべきこと

  27. スタートアップがビジネスにフォーカスし、成功確率を⾼めるための考え⽅ •Undifferentiated Heavy Lifting の排除 •⽬の前の判断が Two-way Door なものでは ないか⾒極める

  28. アイデアの実現の過程には 「差別化に繋がらない重労働」 が多く存在し、それらを減らすことができれ ば成功確率を上げることが出来る(意訳) • Web 2.0 Summit での Tim

    O’Reilly と Jeff Bezos との対談 https://www.flickr.com/photos/farber/292880154 Amazon CTO の Werner Vogels も メディア取材の際に 「Stop spending money on “undifferentiated heavy lifting”」 とコメント Undifferentiated heavy lifting
  29. システム運⽤における Undifferentiated Heavy Lifting の例 • データベースの運⽤、バックアップ、レプリケーション設定 • 認証基盤の保守、管理、運⽤ •

    リアルタイム通信を⾏うサーバーの保守、管理、運⽤ • セキュリティパッチの管理、適⽤ • etc...
  30. Undifferentiated heavy lifting Main 例︓データベース M S Replica レプリケーション Application

    Backup 定期取得 フェイルオーバー 上記以外 • ストレージ容量の確保 • パフォーマンスモニタリング • パッチ適⽤、監視設定 例︓ビデオ通話機能 配信サーバー 配信サーバー 接続先管理⽤ データベース • 配信サーバーのチューニング • 配信サーバーのスケーリング • 配信サーバーのパッチ適⽤ • 接続先の管理、ハンドリング 本当にやりたいのは、これらを⽤いた プロダクト開発 や 機能追加、あるいは それらを通した プロダクトの価値向上 のはず
  31. Undifferentiated heavy lifting Master 例︓データベース M S Slave レプリケーション Application

    Backup 定期取 得 フェイルオーバー 上記以外 • ストレージ容量の確保 • パフォーマンスモニタリング • パッチ適⽤、監視設定 例︓ビデオ通話機能 配信サーバー 配信サーバー 接続先管理⽤ データベース • 配信サーバーのチューニング • 配信サーバーのスケーリング • 配信サーバーのパッチ適⽤ • 接続先の管理、ハンドリング 本当にやりたいのは、これらを⽤いた プロダクト開発 や 機能追加、あるいは それらを通した プロダクトの価値向上 のはず Amazon Aurora Amazon Chime SDK
  32. One-way と Two-way Door Decisions “ • Amazon のカルチャーを⽀える Our

    Leadership Principles の⼀つ “Bias for Action” の考え⽅ • ビジネスでは スピード が重要です。 • 多くの意思決定や⾏動はやり直すこともできるため、⼤がかりな分析や検討を 必要としません。計算されたリスク をとることも⼤切です。 Some decisions are consequential and irreversible or nearly irreversible – one-way doors – and these decisions must be made methodically, carefully, slowly, with great deliberation and consultation. If you walk through and don’t like what you see on the other side, you can’t get back to where you were before. We can call these Type 1 decisions. But most decisions aren’t like that – they are changeable, reversible – they’re two-way doors. If you’ve made a suboptimal Type 2 decision, you don’t have to live with the consequences for that long. You can reopen the door and go back through. Type 2 decisions can and should be made quickly by high judgment individuals or small groups.
  33. Is it a one-way or a two-way door?

  34. 技術選定や設計における One-way Door Decisions • もちろんスピードは重要だが、その中でも全体に⼤きな影響を与えるもの、 後から変更することが難しいものはちゃんと考えて決めるべし。 「本当にそれで⼤丈夫か︖」 • データの置き場、将来的な活⽤⽅法

    • データベース設計 • クラウドプラットフォーム • etc...
  35. ⽬の前の判断が Two-way Door なものではないか考える • 逆に、「それ試しにやってから後で変えることもできるよね」という 要素(=Two-way Door)では時間を使いすぎずに意思決定する − 「試しにやる」ハードルを下げる

    • ⽬の前の決断が One-way door なのか Two-way door なのか⾒極める − Two-way door なのに無駄に時間をかけていないか︖ • 少しの⼯夫で Two-way door な状況に出来ないか︖ • 実は⾃分が知らないだけではないのか︖
  36. Speed is not preordained. Speed is a choice. You’ve got

    to set up a culture that has urgency and actually wants to experiment. You’ve got to be doing it all the time. Andy Jassy, CEO, Amazon.com, Inc. re:Invent keynote, 2020
  37. スタートアップがビジネスにフォーカスし、成功確率を⾼めるための考え⽅(再) •Undifferentiated Heavy Lifting の排除 •⽬の前の判断が Two-way Door なものでは ないか⾒極める

  38. • スタートアップにとって⼤事なことはビジネスにフォーカスで きること • なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか︖ • 多種多様なサービス •

    セキュリティ • ⼿厚いテクニカルサポート • 活発なコミュニティ • スタートアップが技術選定の際に考えるべきこと • Undifferentiated Heavy Lifting の排除 • ⽬の前の判断が Two-way Door なものではないか⾒極める さいごに – お伝えしたかったこと -
  39. Thank you © 2022, Amazon Web Services, Inc. or its

    affiliates. All rights reserved. Shinichi Hama track3jyo