Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Comparing latency among availability zones

E1f5baa3a328fa8bb7472cf423080dd9?s=47 tsumita
March 14, 2022

Comparing latency among availability zones

2022/03/14のJAWS-UG朝会で投影した資料です。

E1f5baa3a328fa8bb7472cf423080dd9?s=128

tsumita

March 14, 2022
Tweet

More Decks by tsumita

Other Decks in Technology

Transcript

  1. AZ間レイテンシを比較してみた JAWS-UG朝会 #31 2022.03.14

  2. 自己紹介 積田 優生 (Tsumita Yuki) TwitterID @tsumita7 2021 APN AWS

    Top Engineer 2021 APN ALL AWS Certifications Engineer 好きなAWSサービス AWS Support Amazon EventBridge AWS Fargate
  3. 本日お話しすること • 前提知識 • リージョンについて • アベイラビリティゾーン(AZ)について • AZ名とAZ IDについて

    • AZ間レイテンシを比較してみた • まとめ
  4. 注意点 • 今回の測定(比較)結果はあくまで参考としてください。 • 本日の発表は個人的なものであり、所属組織を代表するものではありません。

  5. 前提知識 Prerequisite Knowledge.

  6. リージョンについて 抜粋元:はじめての AWSアジアパシフィック (大阪) リージョン(p16) https://pages.awscloud.com/rs/112-TZM-766/images/ORL-B1-Session.pdf 参考:リージョンとアベイラビリティーゾーン https://aws.amazon.com/jp/about-aws/global-infrastructure/regions_az/

  7. アベイラビリティゾーン(AZ)について 抜粋元:はじめての AWSアジアパシフィック (大阪) リージョン(p17) https://pages.awscloud.com/rs/112-TZM-766/images/ORL-B1-Session.pdf

  8. AZ名とAZ IDについて 抜粋元:Regions and Zones https://docs.aws.amazon.com/AWSEC2/latest/UserGuide/using-regions-availability-zones.html AZ名は各AWSアカウント個別に割り当てられるため、AZ名とAZ IDの対応が違う場合があります。 データ転送料やレイテンシなどの観点から、AWSアカウントを跨いで同一のAZを利用したい場合にはAZ IDにて

    AZの認識を合わせる必要があります。 AZ名 AZ ID AWS アカウントABC AWS アカウントXYZ AZ名
  9. AZ間レイテンシを比較してみた Comparing latency among availability zones.

  10. 測定環境と測定概要 • 単一のVPC中にPublic SubnetとPrivate Subnetを各AZに1個ずつ作成 • 作成したSubnetにEC2(m5.large)を1台ずつ作成 • 測定用パッケージのnetperfをインターネットからダウンロードするためにNAT GWを作成

    • netperfのTCP_RRテストを利用してTCPベースでレイテンシを測定 • 測定はPublic SubnetからPrivate Subnetに向けて10.0.0.0/16帯のPrivate IPア ドレスを利用して60秒間行い、測定期間内の平均レイテンシを測定結果とする • ※Public SubnetとPrivate Subnetは同じ10.0.0.0/16帯のアドレス帯を利用してお り、逆向きの通信でも同様の結果となるため、今回は測定を行わない 測定環境 測定概要 今回は東京リージョンと大阪リージョンを対象にAZ間レイテンシの測定を行いました。
  11. 測定結果と考察 東京リージョン 大阪リージョン 例: apne3-az3からapne3-az1へのレイテンシは628.55(μs)となります。 測定結果 考察 • 単一のAZのみ利用する場合、同一AZ内でレイテンシの差はどのAZでもほとんどない。 •

    “単一のリージョンで冗⾧化を行う場合”かつ“2AZの冗⾧化で良い場合”、以下であった。 東京:「apne1-az1」と「apne1-az2」を利用するのがレイテンシの観点では良い 大阪:「apne3-az1」と「apne3-az2」を利用するのがレイテンシの観点では良い • 東京リージョンに比べ、大阪リージョンの方がAZ間のレイテンシが低いため、AZ間でのレイテ ンシ要件が厳しい場合は大阪リージョンを利用するのも1つのオプションとして考えられる。
  12. まとめ Conclusion.

  13. まとめ • 大阪リージョンのAZ間レイテンシが想定以上に低く驚きました。 • 同一リージョン内の2AZのみで冗⾧化を行えばよい場合には、AZの組み合わせも考慮する必要がありそう。 ※今回の結果はあくまで参考とし、レイテンシ要件の厳しいシステム設計・構築する際には実際に測定を行うことを推奨します。 • 今回の測定環境を作成したTerraformコードをGitHub(※1)にて公開しているので、興味ある方は試してみてください。 ※1:GitHub https://github.com/tsumita2929/measuring-latency-among-AWS-AZs

  14. ご清聴ありがとうございました Thank you for your attention and time.