Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

開発現場でのサービスデザインとモデリング

 開発現場でのサービスデザインとモデリング

現場から学ぶモデル駆動設計主催の「デザイン・要件・設計をつなぐモデリング」勉強会での登壇スライドです。

サービスデザインの色々なメソッドと開発の現場での課題感など自分なりにまとめています。

332a3cac4844d33179de6389b9d5f186?s=128

Tsuyoshi Higuchi
PRO

February 23, 2022
Tweet

More Decks by Tsuyoshi Higuchi

Other Decks in Design

Transcript

  1. 樋口 剛 Tsuyoshi Higuchi Speaker 1 開発現場でのサービスデザインと モデリング

  2. 開発現場でのサービスデザインと • サービスデザインの定義と役割 • サービスデザインのモデリングメソッド • 開発現場でのサービスデザイン • まとめ 2

    ア ジ ン ダ
  3. 開発現場でのサービスデザインと 現在はフリーランスで主にスタートアップや 
 新規事業の0 to 1フェーズでサービス設計から 
 サービスで使われるアプリケーションの 設計・開発に従事。 自

    己 紹 介 3 @tyshgc ツ ヨ シ
  4. 開発現場でのサービスデザインと 開発の現場とコラボレーションしない

  5. 開発現場でのサービスデザインと 開発の現場にマージする

  6. 開発現場でのサービスデザインと の モ デ リ ン グ

  7. 開発現場でのサービスデザインと • ビジネスの価値・構造 • サービスをどう最適に届けるか 7 デザイナーの視点

  8. 開発現場でのサービスデザインと

  9. 開発現場でのサービスデザインと

  10. 開発現場でのサービスデザインと

  11. 開発現場でのサービスデザインと ヤード 顧客と サービスの接点 バック ヤード 企業による サービスの業務 サービスを分解すると…

  12. 開発現場でのサービスデザインと ヤード 顧客と サービスの接点 バック ヤード 企業による サービスの業務 UX CX

  13. 開発現場でのサービスデザインと バックヤードと合わせて最適化が必要

  14. 開発現場でのサービスデザインと

  15. 開発現場でのサービスデザインと ビ ス デ ザ イ ン の    

            定 義 と 役 割
  16. 開発現場でのサービスデザインと

  17. 開発現場でのサービスデザインと • 新しいメリットの発見 Deliver ईƲ Develop ᡮ༥ Design ᕇᔷ Define

    ׌ሎ Discover ༥ᔗ • データ分析 • 問題・課題を抽出 • ソリューションを特定 • プロセスを特定 • プロトタイプ・テスト • サービスの実現 • サービスリリース • 開発の学びを共有
  18. 開発現場でのサービスデザインと

  19. 開発現場でのサービスデザインと

  20. 開発現場でのサービスデザインと デザイナー Model Model Model Service 対話 対話 対話

  21. 開発現場でのサービスデザインと ビ ス デ ザ イ ン の    

    モ デ リ ン グ メ ソ ド
  22. 開発現場でのサービスデザインと ピックアップしてみました。

  23. 開発現場でのサービスデザインと フロントヤード・バックヤードの課題抽出や最適化に活用します。 顧客の 行動 フロント ヤード バック ヤード 旅行客 部屋を予約する

    Interaction Interaction 予約条件に対す る価格を提示 決済方法を選ぶ 決済処理をする 宿に到着する … チェックイン処 理をする 予約を受付 … 夕食準備 夕食を配膳する 夕食をとる サービスブループリントはサービスのフローをいくつか切り分けて作ると整理しやすい。
  24. 開発現場でのサービスデザインと ビジネスの構造を9つの項目で整理することで理解や気づきをつくります。 課題 解決 価値 優位性 顧客 代替 指標 販路

    アーリー アダプター コスト 収益 解決すべき 課題 課題解決できる 既存サービス 課題の解決方法 事業の評価指標 課題解決で 得られる価値 強み サービス 提供方法 顧客像 最初の顧客 価値提供にかかるコスト マネタイズの方法 全て埋める必要はなく、サービスデザインプロセスを進める中で埋めてもよいです。
  25. 開発現場でのサービスデザインと 利用者の行動を定義することで行動パターンから利用者像や課題やニーズを抽出します。 行動ペルソナは仮説だけじゃなく定量・定性データから組み立て・検証すると確実です。 旅行先を選ぶ 友人グループで行く 1人で行く 旅行先を選ぶ 色々な場所を巡る 各地の宿を探す 一箇所で滞在する

    連泊できる宿を探す 1人で各地をめぐるタイプ 友人と一つの場所に連泊するタイプ
  26. 開発現場でのサービスデザインと サービスのコンテンツや機能提供にギャップがないかを調べます。 宿の雰囲気を見る 雰囲気を見る 部屋の 
 雰囲気を見る 朝食をつける 食事をきめる 1人で宿泊する

    部屋をとる 連泊する 夕食をつける 食事をつけない 食事の 
 カスタマイズ機能 宿泊日数・人数 設定機能 グループで宿泊 部屋・施設の 
 ギャラリービュー機能 部屋割り機能? タスクは仮説を立ててインタビューし、発話録から抽出すると良いです。 利用者の タスク 機能・ コンテンツ
  27. 開発現場でのサービスデザインと 短期間のスプリントを繰り返してサービスに関して学び、プロトタイプでテストまで進める。 サービスの価値やユーザのニーズを明確化しメンバーで共有するフレームワーク。 デザインスプリントは主にプロダクトにフォーカスを集中しています。 サービス全体を考える場合はサービスデザインスプリントの方が適しています。 共有・発見 Unpack 解決策 Sketch 決断

    Decide 試作 Prototype 検証 Validate
  28. 開発現場でのサービスデザインと 発見 • 課題・問題の洗い出し • どれにフォーカスするか 決める Day 1 発散

    • 解決案を紙などに 
 スケッチ • Crazy 8などを使うと良い Day 2 A4紙を8面に区切って8つの 
 アイデアをスケッチ 決定 • 出てきた解決案の中から 良いものを投票で選ぶ • 選ばれたアイデアを元に ストーリーボードを作成 Day 3 試作 • ストーリーボードに合わ せたプロトタイプの作成 • プロトタイプの範囲はな るべく小さくする • 作り込まない Day 4 検証 • 検証したい対象に近い人 に実際に使ってもらう • その様子を検証する Day 5
  29. 開発現場でのサービスデザインと 画面やナビゲーション、コンポーネントを設計・実装する方法。 商品 • 商品名 • 価格 • サイズ •

    カートへ入れる • 探す 商品 • ナビゲーションを動詞にしない • ユーザはオブジェクトから認識をする 
 =操作効率・学習コストを下げる オブジェクトを 
 画面やコンポーネントにする サイズ別 価格順 Tシャツ
  30. 開発現場でのサービスデザインと

  31. 開発現場でのサービスデザインと       サ ビ ス デ ザ イ

  32. 開発現場でのサービスデザインと サービスデザインだけでは ソフトウェアは開発できない

  33. 開発現場でのサービスデザインと モデル駆動要件定義やモデル駆動設計と 組み合わせてみてはどうか?

  34. 開発現場でのサービスデザインと 価値 システム 外部環境 業務 ビジネスユースケースの 明示化 システム 境界 システムとの接点の

    明示化 システム システム化したい 情報と状態の 明示化 目的と価値の 明示化 発見 定義 設計 サービスデザインの プロセス
  35. 開発現場でのサービスデザインと • システム化対象の業務はどういうものか? • システムとの接点になる入出力にはどういうものがあるのか? • 入出力を満足する情報は何なのか? • システムで再現したい業務上の状態は何か? RDRAは以下の問いに答える構造

  36. 開発現場でのサービスデザインと • システム化対象の業務はどういうものか? • システムとの接点になる入出力にはどういうものがあるのか? • 入出力を満足する情報は何なのか? • システムで再現したい業務上の状態は何か? RDRAは以下の問いに答える構造

    36 サービスデザインも この構造に近い
  37. 開発現場でのサービスデザインと 
 エンジニアもデザイナーも参加する • サービスに関わる者全員がモデルを 
 介して会話をする環境をつくる 37 提案 モデリングの現場をオープンにする

  38. 開発現場でのサービスデザインと モデルがマージしていかない 課題

  39. 開発現場でのサービスデザインと • 何事もモデリングとは発散と収束の 
 イテレーション • それを促すファシリテーターを目指す 39 解決案

  40. 開発現場でのサービスデザインと サービスデザインを開発の場に持ち込み 
 最適なシステム・アプリケーションの提供へ 分業化による組織的分断より 
 モデル駆動な分業で生産性向上を啓蒙 ま と め

  41. 41 ご清聴ありがとうございました。