「なんでも」をしよう / 2018-12-19 s-dev talks LT

0c471249ee93ab17a011f3e8d2b1057a?s=47 AKAMATSU Yuki
December 19, 2018

「なんでも」をしよう / 2018-12-19 s-dev talks LT

0c471249ee93ab17a011f3e8d2b1057a?s=128

AKAMATSU Yuki

December 19, 2018
Tweet

Transcript

  1. 「なんでも」をしよう クックパッド株式会社 エンジニア 赤松 祐希( @ukstudio )

  2. 「なんでも」とは何か • サービス開発において自分が必要だと思うことすべて • 自分の職務範囲の中でという意味ではない ◦ むしろ、職務範囲を超えることが大事

  3. なぜ「なんでも」やるのか • チームメンバーの職務ではどうやっても穴が存在する • よって、宙に浮いてしまうタスクが存在したり、やる人がいな いという理由でやらないタスクが存在したりする ◦ それが重要なことでも! • そういうのを解消する

  4. 特に少人数、開発初期段階で起きる • 人数が1〜3人という状況もままある ◦ なんならエンジニア1人プロジェクトというのも • そういう状況で自分の得意に固執してるとサービス開発が 円滑に進まない • いい感じにやる!!

  5. 事例: プリント工場探しと提携 • Tシャツにプリントをするための工場探しとその提携 • 価格設定と品質の落とし所を頑張って考える • 得たもの ◦ 物を売る値段を決めるという経験

    ◦ 提携先と交渉するという経験
  6. 事例: カスタマーサポート • お問い合わせ対応そのものと、それのマニュアル作り的な もの • 直接感謝されたりするので励みになる • 得たもの ◦

    CS業務の理解や、CSへの思いやり
  7. 「なんでも」やると楽しい • サービスに愛着がでる。 ◦ 気持ち的に前のめりになる • 自分の知識・経験値が増える。自信もつく。 ◦ やったことないことをやるのはでかい ◦

    案外何でもできそうという気持ちになる
  8. 俯瞰的に見る能力 • プロジェクト内の様々なことをやっていると、物事を俯瞰的に 見るようになってくる • 相手には相手の都合が、自分には自分の都合があること がわかる ◦ 落とし所をどう見つけるかということを考えるようになる

  9. 器用貧乏になれという話ではない • なんでもやる = なんでもできる ではない • なんでもできる人はなにもできない人 • 自分に強みがないとまわりから信頼もされないし仕事もまか

    せてもらえない ◦ 自分の強みを持った上でそこから視野・視点を広げると いう話
  10. まとめ • まずは自分の得意領域、成果を出せるところを認識すること • その上で色々な仕事にチャレンジしてみよう ◦ 個人的には事業をまかせてもらうのがおすすめ ◦ 立ち上げチームに参加するのも良い ◦

    なにより楽しい