他言語ユーザから見たPerlのおもしろさ / YAPC::Nagoya::Tiny 2019

9b95a10c83110dcab47b55fbe2f31edf?s=47 UTAGAWA Kiki
November 03, 2019

他言語ユーザから見たPerlのおもしろさ / YAPC::Nagoya::Tiny 2019

YAPC::Nagoya::Tiny 2019

9b95a10c83110dcab47b55fbe2f31edf?s=128

UTAGAWA Kiki

November 03, 2019
Tweet

Transcript

  1. 他言語ユーザから見た Perlのおもしろさ YAPC::Nagoya::Tiny 2019 うたがわきき (utagawakiki@gmail.com)

  2. うたがわきき (@utgwkk) 京都から来ました KMC (京大マイコンクラブ) はてなサマーインターン2019 はてなアルバイトエンジニア

  3. 「他言語ユーザから見た」 もともとPython3をよく書いていた インターン・アルバイトでPerlを書きはじめた いち他言語ユーザがPerl (それをとりまくものたち) の どんなところが面白いと思ったのかご紹介

  4. プログラミング言語界 Perl Ruby Python Go JavaScript Java C# Scala Common

    Lisp Rust C++ Haskell
  5. プログラミング言語を構成するもの 文法・意味 言語処理系 ドキュメント ライブラリ 依存管理ツール コミュニティ パッケージデータベース 論文 などなど

  6. 比べることでより見えてくるもの 思想 歴史的経緯 イケてる点 イケてない点 特化した分野 コミュニティの空気感 おもしろさ

  7. 本日のトピック おもしろいなと思ったものたちをご紹介 変数宣言 コンテキストとハッシュ 関数と引数 リファレンスとオブジェクト指向 CPANと名前空間 DESTROYメソッド VSCodeとPerl

  8. 変数宣言 my は組み込み関数 変数のスコープを定める use strictしてたらmyなどを通さないと静的にエラー 静的検査!!! my $x;

  9. コンテキスト my @arr = (20, 30); my $x; $x =

    @arr; # $x == 2 $x = scalar @arr; # $x == 2 ($x) = @arr; # $x == 20 wantarray コンテキストによって評価結果が変わる
  10. ハッシュ my %hash = ( foo => 10, bar =>

    20, ); $hash{foo}; # => 10 ハッシュテーブルとか辞書とか 確かにそれっぽい
  11. ハッシュ? my %hash = ( foo => 10, bar =>

    20, ); my (@a) = %hash; @a; # => ('foo', 10, 'bar', 20) ン?!
  12. ハッシュ?? my @arr = ('foo', 10, 'bar', 20); my %hash

    = @arr; $hash{foo}; # => 10 ハハーン…
  13. 関数定義 sub func { # do something ... } 引数は??

  14. 引数受け取り方いろいろ shift $_[0], $_[1] my ($a, $b) = @_ my

    ($arg, %opts) = @_ args my $a => 'Str' 関数の引数情報を静的解析するの難しそう
  15. リファレンスその前に 2行2列の行列 ❌これは正しくない!! リストは入れ子にできない 平坦化される my @matrix = ( (1,

    2), (3, 4), ); # @matrix == (1,2,3,4) $matrix[1][1] # => undef
  16. リファレンス my $matrix = [ [1, 2], [3, 4], ];

    $matrix->[1]->[1] # => 4 2行2列の行列 ⭕これは正しい
  17. リファレンス ハッシュリファレンス my $hashref = { foo => 10, bar

    => 20, }; $hashref->{foo}; # => 10
  18. そういえばPythonでも matrix = [ [1, 2], [3, 4], ] matrix[1][1]

    # => 4 dic = { 'foo': 1, 'bar': 2, } dic['foo'] # => 1 どちらも参照でしたね
  19. オブジェクト指向 道具は(ほぼ)揃ったのでオブジェクト指向やるぞ!!

  20. Perlのオブジェクト指向 package Foo; sub new { my ($class, $hoge) =

    @_; bless +{hoge => $hoge}; } sub hoge { shift->{hoge}; } 1; use Foo; my $foo = Foo->new(5); $foo->hoge; # => 5
  21. Perlのオブジェクト指向 package宣言がそのままクラス名ぽい感じに ハッシュリファレンスをblessでインスタンス作成 コンストラクタ名はnewじゃなくてもよい use (require) が成功したら真を返す必要がある $obj->foo でメソッド呼び出し 手作り感ある

  22. CPANと名前空間 名前空間文化よさそう Test→テストに使うやつ とすぐわかる Pythonでは名前からぱっと分かるとは限らない みんなが好きに名前を付ける Acmeモジュール文化おもしろい 名前空間が分かれてるのでどんどん遊べる

  23. Try::Tiny use Try::Tiny; my $filename = 'notfound'; try { open

    my $out, $filename or die "Cannot open $filename"; } catch { print STDERR "!!!!!!ERROR!!!!!!!\n"; print STDERR $_; } モダンな例外処理ぽい try,catchっていう関数に ブロック渡してる
  24. Scope::Guard use Scope::Guard; open my $in, '/tmp/hoge'; my $guard =

    guard { close $in }; # do something ... 用が済んだら close $in が呼ばれる
  25. これってあれですよね import "os" func main() { file, err := os.Open("/tmp/hoge")

    if err != nil { panic(err) } defer file.Close() // do something ... }
  26. これってあれですよね with open('/tmp/hoge') as f: content = f.read() withを抜けるとf.close()が呼ばれる closeし忘れを防ぐ

  27. Scope::Guard use Scope::Guard; open my $in, '/tmp/hoge'; my $guard =

    guard { close $in }; # do something ... $guard は何?
  28. sub DESTROY いわゆるデストラクタ オブジェクトが回収されると呼ばれる デストラクタで設定を戻せば確かに忘れない 新しい言語機能として実装せずに GCのついでによしなに処理が行われる空気感

  29. Perl with VSCode 業務ではVSCodeでPerlを書いている 拡張機能あるけどそんなに多くない "perl" 42個 (marketplaceでの検索結果) 参考: "ruby"

    120個 "python" 211個 "javascript" 1386個
  30. 最近の悩み VSCodeでPerlを書いている package宣言を毎回書かないといけない lib/Foo/Bar/Baz.pm → package Foo::Bar::Baz 法則あるので自動化できない?

  31. PerlのVSCode拡張機能作った Perl insert package package宣言をファイルパスから自動で入力

  32. PerlのVSCode拡張機能作った Perl insert package workspace内のファイルからpackage名を補完

  33. 本日のトピックでした おもしろいなと思ったものたちをご紹介してきました 変数宣言 コンテキストとハッシュ 関数と引数 リファレンスとオブジェクト指向 CPANと名前空間 DESTROYメソッド VSCodeとPerl

  34. Perlに興味が出たら 次のトークは 「40分で学ぶPerl入門 / 木本裕紀」 Perlへの興味を持ったままシームレスに入門できてお得

  35. perldoc (日本語訳) my wantarray scalar perldata perlsub perlobj bless use

    require perlref 参考資料 CPAN Scope::Guard Try::Tiny