Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

Promoting IAP対応から学ぶ外部アプリ内課金実装 / Promoting IAP and others

2d855b951ff3160c55915821261432f9?s=47 uzzu
April 10, 2019

Promoting IAP対応から学ぶ外部アプリ内課金実装 / Promoting IAP and others

In-tamachi Billing Night 登壇資料
https://billing-night.connpass.com/event/125510/

2d855b951ff3160c55915821261432f9?s=128

uzzu

April 10, 2019
Tweet

Transcript

  1. Promoting IAP対応から学ぶ 外部アプリ内課金実装 @uzzu

  2. About me @uzzu (GitHub, Twtter, etc…)
 Cookpad Inc.
 ユーザ・決済基盤部 エンジニア


    
 アプリ内課金とは
 前職(スマホゲーム開発)からの
 お付き合い(iOS/Android)
 
 https://uzzu.co
  3. https://speakerdeck.com/uzzu/xin-gui-apurikai-fa-wozhi-eruyuzajue-ji-ji-pan

  4. はとりあえず置いといて、Promoting IAPについて説明します 外部アプリ内課金実装?????

  5. Promoting IAPとは •App Storeアプリから
 アプリ内課金アイテムの購入を 実施する為の機能

  6. Promoting IAPとは

  7. Promoting IAPとは 未インストールユーザも利用できる

  8. Promoting IAPに対応するには •まずはアプリ内課金実装をする •protocol SKPaymentTransactionObserverの
 optional func paymentQueue(_ queue: SKPaymentQueue,


    shouldAddStorePayment: SKPayment,
 for: SKProduct) -> Bool
 を実装する •AppStore ConnectでPromoting IAP用の商品設定をする •(任意) SKProductPromotionControllerで表示制御をする ※正確な情報はApp内課金プログラミングガイドを参照してね
  9. テスト itms-services://
 ?action=purchaseIntent
 &bundleId={Bundle Identifier}
 &productIdentifier={Product Identifier} ※正確な情報はApp内課金プログラミングガイドを参照してね

  10. shouldAddStorePayment public func paymentQueue( _ queue: SKPaymentQueue, shouldAddStorePayment payment: SKPayment,

    for product: SKProduct) -> Bool { return true // PaymentQueueʹੵ·ΕΔ } 最短実装。だがしかし…
  11. 俺たちには利用規約がある •return trueとしてしまうと、アプリ遷移後にすぐに
 IAP決済処理が走ってしまう
 (正確にはSKPaymentQueue#add後、任意のタイミング) •利用規約に同意してもらうタイミングがない
 アプリ内課金商品によっては年齢確認も必要 •利用規約がなくても、アプリの初期化処理はしばしある
 その後に処理するようにしないといけない

  12. どうする? // shouldAddStorePaymentͷύϥϝʔλΛ࣋ͭstructΛ༻ҙ public struct PromotingPurchasePayment { public var product:

    SKProduct public var payment: SKPayment init(payment: SKPayment, product: SKProduct) { assert(payment.productIdentifier == product.productIdentifier) self.payment = payment self.product = product } } // Promoting IAPͷ৘ใΛஷΊΔprotocol public protocol PromotingPurchasePaymentHolder { func add(_ storePayment: StorePayment) func pendingPayments() -> [StorePayment] func consume(_ storePayment: StorePayment) }
  13. どうする? let holder: PromotingPurchasePaymentHolder public func paymentQueue( _ queue: SKPaymentQueue,

    shouldAddStorePayment payment: SKPayment, for product: SKProduct) -> Bool { // ͱΓ͋͑ͣஷΊΔ!! holder.add( StorePayment(payment: payment, product: product) ) return false }
  14. どうする? •アプリ初期化後、トップ画面の ViewController上で
 未処理のPromoting IAPがあれば
 決済処理開始 •クックパッドでは
 トップ画面とは別の
 UIViewControllerに遷移して処理している •決済処理が終わったらHolderから破棄

  15. Promoting IAPまとめ •超カジュアル実装ならtrue •アプリ初期化処理や利用規約があるならfalse •個人プロダクトでないアプリであれば
 だいたいfalseになるんじゃないか? •貯めて特定画面で処理が柔軟

  16. Promoting IAPだけが 特別?

  17. アプリ外に決済起点のある アプリ内課金機能は 他にもある (実際に決済が走っているかはさておき)

  18. 例えば •Promotion Code(iOS, Android) •Google Play Points(Android)

  19. 一旦貯めるのは柔軟 •iOSの場合はこれまでにお話した通り •Google Play(Android)においては特に貯めずとも
 BillingClient#queryPurchases を
 特定画面で呼び出して購入状況を確認すれば良い
 iOSと違い決済は既に走っているので
 決済後の処理(いわゆる復元処理)をやれば良さそう

  20. まとめ •アプリ外部からのトリガーによるアプリ内課金を処理する前に
 (時には)サービス利用規約への同意が必要(利用規約の更新もあるよね)
 その後に
  都度課金であれば(時には)年齢確認が必要
  定期購読であれば定期購読サービス利用規約の同意が必要 •どのケースにおいても
 プラットフォームからの通知は貯めておいて
 特定画面(アプリ起動後のTOP画面等)でまとめて処理すると
 柔軟で良い

    (Realtime notificationが使えるなら使いたいが未検証)
  21. 終 ありがとうございました