ICH Q3B 製剤の類縁物質

C9a9be84015afdc313a066362e109167?s=47 xjorv
August 14, 2020

ICH Q3B 製剤の類縁物質

ICH Q3Bは未承認の新規有効成分を用いた製剤の類縁物質・不純物についてのガイドラインです。

C9a9be84015afdc313a066362e109167?s=128

xjorv

August 14, 2020
Tweet

Transcript

  1. ICH Q3B 新製剤の類縁物質 2020/7/30 Ver. 1.0

  2. ICH Q3B 未承認の新規有効成分を用いた製剤の類縁物質について • 基本的に製剤中の有効成分の分解に由来するものが対象 • 添加剤の分解産物は対象としない • 臨床研究段階での製剤も対象外 •

    化学医薬品以外、結晶多形、光学異性体も対象外 • 基本的に承認申請書類に必要な情報について述べてある
  3. 分解産物の報告・制御の根拠 製造・安定性試験で生じる分解産物について報告する • 添加剤・包装との相互作用により生じたものは対象 • 開発・最終製法での分解産物を共に報告する • 検出物が分解産物でないとするときは根拠が必要 • 開発と最終製法での分解産物の差について考察する

  4. 分解産物の報告・同定の必要性について 原薬と同様にAttachment 1に準拠する • 同定閾値以上なら同定が必要 • 同定できなかった場合には理由を説明する • 閾値以下でも有害性があるものは調査する •

    閾値を変える場合には正当化する理由が必要* *生産能力、有効成分含量の添加剤に対する少なさ、動物由来添加剤の使用などを理由とする
  5. Attachment1: 同定の閾値 Attachment1: 同定が必要な類縁物質量の閾値 一日の最大処方量 報告が必要な 閾値 同定が必要な 閾値 安全性確認が

    必要な閾値 1mg/day以下 0.10% 1.0%または 摂取量が5μg/day 1.0%または 摂取量が50μg/day 1mg-10mg/day 0.10% 0.5%または 摂取量が10μg/day 1.0%または 摂取量が50μg/day 10mg-100mg/day 0.10% 0.2%または 摂取量が2mg/day 0.5%または 摂取量が200μg/day 100mg-1g/day 0.10% 0.2%または 摂取量が2mg/day 0.2%または 摂取量が3mg/day 1g-2g/day 0.05% 0.2%または 摂取量が2mg/day 0.2%または 摂取量が3mg/day 2g/day以上 0.05% 0.10% 0.15% 閾値(最低値)より多ければ報告・同定・確認を行う
  6. 分析手法 試験法には検出力の証明とバリデーションが必要 • 光・熱・湿度・酸/塩基・酸化条件で保存したものでも調べる • 分解産物以外のピークについても説明が必要 • 定量閾値は報告された閾値以上であってはいけない • 分析には対照もしくは原薬を用いる

  7. ロットの分解産物の報告 臨床・製造ロットの分解産物は報告が必要 • 報告閾値以上の分解産物はすべて示す • 分解産物の報告は有効成分のそれとほぼ同じ

  8. 規格設定された分解産物のリスト 品質規格に分解産物のリストを含める必要がある • このリストの作成法も基本的に有効成分とほぼ同じ

  9. 分解産物の知識(Qualification) 分解産物の安全性などの情報を示す • この部分もほぼ有効成分のものと同じ

  10. Attachment 3 類縁物質は 同定閾値 より多い YES NO 何もしない (No action)

    安全なレベルまで 許容値を下げる 構造は同定 されている YES NO ヒトにリス クがある YES NO 許容値を同 定閾値まで 下げる *YES NO 類縁物質は 検証閾値 より多い YES *NO 許容値を検 証閾値まで 下げる YES NO 患者数・使用期間を考慮し ①遺伝毒性 ②一般的な毒性(14-90日) ③毒性のエンドポイント の調査を検討する 有害性が 見つかる YES NO 安全なレベルまで 許容値を下げる 検証する *正確にはそれ以上何もしない(“No further action”) 分解産物の許容値を 決めるカスケード