Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

2022-11-15-lf2022-enju

 2022-11-15-lf2022-enju

図書館総合展2022イベント
「無料で蔵書目録を作ってみよう」
2022年11月15日(火) 19:00~21:00 (オンライン開催)
https://www.next-l.jp/?page=LibraryFair2022

Yuka Egusa

October 22, 2022
Tweet

More Decks by Yuka Egusa

Other Decks in How-to & DIY

Transcript

  1. 無料で蔵書目録を
    作ってみよう
    2022年11月15日
    図書館総合展2022イベント
    江草由佳
    1

    View full-size slide

  2. 0. はじめに
    2

    View full-size slide

  3. 今日の目標
    ● 無料サービス(ソフトウェア)を使って、
    お手持ちの蔵書の目録データを作る
    ● 使用するサービス
    ○ カーリル バーコード連番印刷
    ○ https://barcode.calil.dev/
    ○ Next-L Enju(オープンソースの図書館システム)
    ○ https://next-l.jp/
    ○ デモサーバー https://enju.next-l.jp
    ○ Googleスプレッドシート
    ○ https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/
    3

    View full-size slide

  4. 今日の進め方
    ● バーコードリーダーとカーリル「バーコード連番印刷」を使って、バ
    ーコードの作成と印刷を行う
    ● バーコードリーダーを使って、ISBNを読み込み、Enjuに書誌をイン
    ポートする
    ● Enju上で受入(所蔵・配架場所の登録)を行う
    ● 作成した目録の情報をExcelファイルとしてエクスポートする
    ● 注:OS: Windows10、ウェブブラウザ: Chromeの環境を中心に説明
    するが、適宜他の環境についても参加者に合わせて話す予定
    4

    View full-size slide

  5. 出欠:バーコードシール登録のGoogleスプレッドシート
    に出欠を書いてください。
    5
    1. まだの人は登録名に名前を書いてください(ニッ
    クネーム可)
    バーコードシール登録のGoogleスプレッドシート
    2. このイベントの出欠を確認したいので、
    「出席」を書いてください。
    出欠
    出席
    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1dZr7D1yyDUsxXvL8Eeb3A3F0sz2mRsM4xisSEQ06w8Q/edit?usp=sharing

    View full-size slide

  6. Zoomの名前を変更(1)
    6
    1. 「参加者」をクリック
    2. 自分の名前のところにカーソ
    ルをもっていくと、「詳細」が表示
    されるので、クリックする

    View full-size slide

  7. Zoomの名前を変更(2)
    7
    1. 「名前の変更をクリックする」
    2. 「自分の名前の前に、自分のEnjuログイン名の
    数字を書く」(例: 01 江草由佳)
    (数字以外の部分は、ニックネーム可、このイベン
    トで呼んで欲しい名前に変えてください)
    3.OK
    これで、参加者のところに表示される名前が変
    わります。
    バーコードシール登録の
    Googleスプレッドシートの自分
    の行のものを参照

    View full-size slide

  8. 1. バーコードを作る
    8

    View full-size slide

  9. バーコードを作る(1)
    9
    1. まだの人は登録名に名前を書いてください(ニッ
    クネーム可)
    バーコードシール登録のGoogleスプレッドシート
    2. 自分の行のリンクを辿ります
    出欠
    出席
    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1dZr7D1yyDUsxXvL8Eeb3A3F0sz2mRsM4xisSEQ06w8Q/edit?usp=sharing

    View full-size slide

  10. バーコードを作る(2)
    10
    ラベル用紙を選びます。

    View full-size slide

  11. バーコードを作る(3)
    11
    1. 「内容を決める」をクリック
    2. 「図書館名」を入力
    今回は、イベントのため、リンクを辿ると自
    動的にここの番号が入るようになっています。
    この例では、58000から始まるように設定し
    ています。
    今回のイベントでは、ここの値は変更しない
    でください。(他の参加者とかぶらないように
    しているため)

    View full-size slide

  12. バーコードを作る(4)
    12
    3. 「印刷する」をクリック
    2. 「印刷するシートの枚数」を入力(例:2)
    今回のイベントのために、参加者同士でかぶらない
    所蔵情報ID(バーコード番号)を使う必要があり、
    自分の所蔵情報ID(バーコード番号)を知って
    おく必要がある。
    とりあえず、シール用紙がなくても、
    普通の紙やPDFでもいいので、出力を作成することを
    おススメします。
    1. 「枚数を決める」をクリック

    View full-size slide

  13. バーコードを作る(5):
    出来上がり例
    13
    今回のイベントのために、
    参加者同士でかぶらない
    所蔵情報ID(バーコード番号)を使う必要があり、
    自分の所蔵情報ID(バーコード番号)を知って
    おく必要がある。
    ここで出力した、番号「例:59000」などは
    あとで使います!(所蔵情報の登録に使います)
    シール用紙に印刷して、本に貼るものあり!
    あとからはがしやすいシール用紙もあるらしいですよ!

    View full-size slide

  14. バーコードを作る(6)
    14
    1. 「設定をURLとしてコピー」をクリック
    2. テキストエディタなどに張り付けて保存してお

    このURL使えば、いつでも
    同じ設定のものが呼び出せます。

    View full-size slide

  15. 2. Enjuのデモサーバーにログインする
    15

    View full-size slide

  16. Enjuのデモサーバーにログインする(1):
    今日使用するEnjuのデモサーバ https://enju.next-l.jp
    16
    ウェブブラウザで、↑のURLに
    アクセスしてください

    View full-size slide

  17. Enjuのデモサーバーにログインする(2):
    Enju のデモサーバーとは
    ● URL: https://enju.next-l.jp
    ● 最新のEnjuの標準の機能を気軽に試せるように提供
    ○ (書誌インポートは、CiNii Booksと米国議会図書館のプラグインあり)
    ● 誰でも自由に使ってよい
    ○ 司書課程科目の授業でも使ってよい
    ● ただし:
    ○ 利用は個人責任で
    ○ 継続利用の保証はしない
    ○ 登録されたデータの維持・管理の保証はしない
    ○ 不定期的に設定やデータをクリアすることがある
    ● 今回はこのEnju のデモサーバーに書誌データを登録してエクスポートする方法を
    紹介する
    ○ 簡易的に書誌データを作ることができる!
    17

    View full-size slide

  18. Enjuのデモサーバーにログインする(3)
    18
    https://enju.next-l.jp
    「ログイン」をクリック

    View full-size slide

  19. Enjuのデモサーバーにログインする(4):
    ユーザ名とパスワードの入力
    (ユーザ名はバーコードシール登録のGoogleスプレッドシート参照)
    19
    1.「ユーザ名」を入力
    「バーコードシール登録」の「Enjuログイン名」を参照
    2. 「パスワード」を入力
    ユーザ名の前に2022をつけたもの
    3. 「ログイン」をクリック
    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1dZr7D1yyDUsxXvL8Eeb3A3F0sz2mRsM4xisSEQ06w8Q/edit?usp=sharing

    View full-size slide

  20. Enjuのデモサーバーにログインする(5):
    ユーザ名はバーコードシール登録のGoogleスプレッドシート参照
    20
    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1dZr7D1yyDUsxXvL8Eeb3A3F0sz2mRsM4xisSEQ06w8Q/edit?usp=sharing

    View full-size slide

  21. Enjuのデモサーバーにログインする(6):
    ログイン完了確認
    21
    1. 自分のユーザー名が表示されていればOK
    2. 無事、ここまできたら
    バーコードシール登録の表の「ログイン状況」に「でき
    ました」を入力

    View full-size slide

  22. 3. 「図書館」と「本棚」を設定する
    (Enju の初期設定)
    22

    View full-size slide

  23. 図書館と本棚を設定します
    ● 図書館の新規作成
    ○ 今回は、参加者ごとに図書館を1つ作りま

    ○ 理由:検索結果一覧に「図書館」ごとのフ
    ァセット分類があり、図書館ごとに絞り込
    めるため、参加者ごとの書誌・所蔵Excelフ
    ァイルをダウンロードしやすくなるため
    ● 本棚の表示名の変更
    ○ 本棚=配架場所
    ○ 例:「6階書庫」、「閲覧室」
    ○ 図書館を新規作成すると本棚が一つ作られ
    るので
    ○ 標準の本棚の表示名を変更する
    ○ 理由:この作業は無理にしなくてもいいの
    だけど、気分が盛り上がる?ため
    ● これから、その作業をします。
    23

    View full-size slide

  24. 図書館の新規作成(1):
    図書館の設定のため「システムの設定」画面へ
    24
    2. 「システムの設定」をクリック
    1. 「図書館の管理」をクリック

    View full-size slide

  25. 図書館の新規作成(2):
    システムの設定画面(「図書館」を選ぶ)
    25
    「図書館」を選ぶ

    View full-size slide

  26. 図書館の新規作成(3):
    図書館の新規作成を選ぶ
    26
    「図書館の新規作成」を
    選ぶ

    View full-size slide

  27. 図書館の新規作成(4):
    図書館の「名前(図書館ID)」、「短縮表示名」、
    「表示名」をつける
    27
    2. 「短縮表示名」*を入力 (例: さくら図書館)
    システムで図書館名として表示する文字列です。
    短めの表示に使用します。
    1. 「名前」を入力 (例: liblfuser01)
    注:他の参加者とかぶると困るので、今回は
    自分のログインIDに「lib」を付けたもの(全部半角)
    をつけてください。
    システムが使用する図書館IDとして使用する文字列なので、
    半角アルファベット・数字・_(アンダーバー)のみが使用可
    3. 「表示名」*を入力
    システムで図書館名として表示する文字列です。
    (入力ルールは、「短縮表示名と同様」)
    4.「登録する」をクリック
    ・・・省略・・・
    *参考:
    ja: さくら図書館
    en: Sakura Lib
    のように書けば、
    日・英で表示名を
    分けることができます。
    ja: とスペースを付けて
    書けば日本語表示名、
    「en: 」を付けると
    英語表示名

    View full-size slide

  28. 図書館の新規作成(5):
    28
    1. 「図書館は正常に作成されました」
    と出ていることを確認
    2. 無事、ここまできたら
    バーコードシール登録の表の
    「図書館作成」に「できました」を入力

    View full-size slide

  29. ここまでで図書館ができました
    次は、本棚の設定です
    (表示名を変更)
    29

    View full-size slide

  30. 本棚の表示名の変更(1):
    本棚の設定のため「システムの設定」画面へ
    30
    2. 「システムの設定」をクリック
    1. 「図書館の管理」をクリック

    View full-size slide

  31. 本棚の表示名の変更(2):
    システムの設定画面(「本棚」を選ぶ)
    31
    「本棚」を選ぶ

    View full-size slide

  32. 本棚の表示名の変更(3):
    本棚を図書館の名前で検索して「編集」
    32
    1. 先ほどつけた「図書館の名前(図書館ID)」を入力
    (自分のログインIDに「lib」を付けたもの)
    (もしくは、「*75*」というように数字だけで中間一致検
    索のように入力)
    2.「検索」を
    クリック
    4.「編集」を
    クリック
    3.先ほど設定した「図
    書館の表示名」がヒッ
    トしていることを確認

    View full-size slide

  33. 本棚の表示名の変更(4)
    33
    1. 表示名を変える
    ja: liblfuserxx_default などとなっているので
    好きなものに変える(例:さくら本棚)
    2. 「更新する」をクリック
    0. 「名前」は変えないこと!
    *参考:
    ja: さくら本棚
    en: Sakura Bookshelf
    のように書けば、
    日・英で表示名を
    分けることができます。
    ja: とスペースを付けて
    書けば日本語表示名、
    「en: 」を付けると
    英語表示名

    View full-size slide

  34. 本棚の表示名の変更(5):
    本棚の表示名を設定できました!
    (例:さくら本棚)
    34
    無事、ここまできたら
    バーコードシール登録の表の
    「本棚名変更」に「できました」を入力

    View full-size slide

  35. 4. 書誌情報を追加してみよう
    ~やり方その1~
    NDL サーチからISBNを使って
    35

    View full-size slide

  36. ISBNを使ってNDLサーチからのインポート(1)
    36
    1. 「資料の受け入れ」をクリック
    2. 「ISBNを入力する」をクリック

    View full-size slide

  37. ISBNを使ってNDLサーチからのインポート(2):
    (ISBN指定)
    37
    1. ISBNを入力(10桁・13桁)
    バーコードリーダーでも
    キーボードでも入力可能
    2. 「登録する」をクリック

    View full-size slide

  38. ISBNを使ってNDLサーチからのインポート(3):
    書誌が登録されました
    38
    1. ISBNインポートのリクエストは正
    常に作成されました。
    と出ていればOK!
    2. 無事、ここまできたら
    バーコードシール登録の表の
    「書誌作成」に「できました」を入力

    View full-size slide

  39. 5. 所蔵情報を追加してみよう
    ~「本棚」、「所蔵情報ID」を追加~
    39

    View full-size slide

  40. 所蔵情報の作成(1)
    40
    ・・・省略・・・
    2. 「所蔵を編集」の横の
    「(新規作成)」のリンクをクリックします。
    2’. もしくは、一番下の
    「所蔵情報の新規作成」をクリックします。
    1. 「 4. 書誌情報を追加してみよう」を行
    って、書誌を登録後の画面にします。

    View full-size slide

  41. 所蔵情報の作成(2):
    本棚(配架場所)と所蔵情報ID(バーコード番号)の入力
    41
    ・・・省略・・・
    2. 「所蔵情報ID」(バーコード番号)を入力
    します。
    (バーコードリーダーでもキーボードでもど
    ちらでもよい)
    1. 「図書館」を選びます
    (及び自動的に「本棚」も)
    注:一つの図書館につき一つしか本棚を登録
    していないので、自動的に「本棚」も選ばれま

    3. 「登録する」をクリックします
    (注:バーコードリーダーによっては押さ
    なくてもよい)
    「請求記号」を入れます
    (任意。入れなくてもいいです)

    View full-size slide

  42. 10005
    所蔵情報の作成(3):
    42
    1. 所蔵情報は正常に作成されました。
    と出ていればOK!
    2. 無事、ここまできたら
    バーコードシール登録の表の
    「所蔵情報作成」に「できました」を入

    View full-size slide

  43. 6. 書誌・所蔵情報をエクスポートしてみよう
    43

    View full-size slide

  44. 書誌・所蔵情報をエクスポートしてみよう(1):
    検索画面を表示する・全件表示
    44
    1. ロゴ or 図書館名をクリックします
    トップ画面(検索窓のある)が表示されます。
    2. 「検索」をクリックします

    View full-size slide

  45. 書誌・所蔵情報をエクスポートしてみよう(2):
    自分の図書館のものだけに絞る
    45
    自分の 「図書館」
    のリンクをクリックします
    登録された全件が表示されています

    View full-size slide

  46. 書誌・所蔵情報をエクスポートしてみよう(3)
    100件ずつ表示するように
    46
    1. 「100件ずつ表示」を選択 2. 「表示」をクリック
    選択した図書館所蔵の資料だけが
    表示されています

    View full-size slide

  47. 書誌・所蔵情報をエクスポートしてみよう(4)
    47
    メモ:100件を超える書誌データになった場合は、
    次の100件の検索結果一覧の画面に遷移後に
    1, 2 を行う。
    1. 「XLSX」をクリック
    最大100件が表示されているところ
    (今は1件しかないので1件)
    XLSX

    View full-size slide

  48. 書誌・所蔵情報をエクスポートしてみよう(5)
    ● これでExcelファイルで作成した書誌がダウンロードできました!
    ● Excelで開いてみましょう!
    ● Excelがない場合は、Googleスプレッドシートでも開くことができます。
    48

    View full-size slide

  49. 参考:マニュアルと要望・不具合報告
    ● Enjuのマニュアル(フッダにリンクあり)
    ○ https://next-l.github.io/manual/1.3/
    ● Enjuの要望・不具合報告(フッダにリンクあり)
    ○ https://github.com/next-l/enju_leaf/issues
    49
    「マニュアル」をクリ
    ック
    「不具合を報告する」を
    クリック
    (要望などでもいい)

    View full-size slide

  50. 9. おわりに
    50

    View full-size slide

  51. 自分のコンピュータでEnjuを動作させたい
    ● Dockerを配布しています

    https://www.next-l.jp/?page=VM
    51

    View full-size slide

  52. Enjuのことをもう少し知りたい
    ● Slack の #opacを引き続きご利用ください
    ● 月1回「Enjuワークショップ」を開催しています
    ● 土曜・日曜の午後1時~4時30分にオンライン(Zoom)で開催
    ● 開発や利用の相談も受け付けています
    ● 参加はFacebookページから
    http://facebook.com/projectnextl
    ● 次回のEnju ワークショップ開催は、2022年12月11日(日)です!
    52

    View full-size slide

  53. ご注意
    ● Enjuのデモサーバに登録された書誌・所蔵データは、一定期間後(おおむね
    1ヶ月後)に削除されます
    53

    View full-size slide

  54. 参考:
    ● このスライドは、Code4Lib JAPAN カンファレンス 2021チュートリアルの
    「無料で蔵書目録を作ってみよう」(吉本龍司、田辺浩介 2021年9月11
    日) 、図書館総合展2021 Project Next-L イベント「無料で蔵書目録を作って
    みよう」(江草由佳 2021年11月27日)を元に作っています(とはいえかな
    り改変しています)。
    54

    View full-size slide

  55. 時間が余ったら
    4. 書誌情報を追加してみよう
    ~やり方 その2~
    NDL サーチからキーワードを使って
    55
    (NDLに書誌はあるが、ISBNでインポートできない場合など)

    View full-size slide

  56. キーワードを使ってNDLサーチからのインポート(1)
    56
    1. 「資料の受け入れ」をクリック
    2. 「NDLサーチ検索によるインポート」
    をクリック

    View full-size slide

  57. キーワードを使ってNDLサーチからのインポート(2)
    57
    2. 「検索」をクリック
    1. キーワードを入力する

    View full-size slide

  58. キーワードを使ってNDLサーチからのインポート(3)
    58
    「追加」をクリック
    コツ:たくさんヒットしすぎて、このリストから選ぶのが難しい場合は、
    NDL ONLINE で検索して「日本全国書誌番号」を調べて、
    (NDLサーチの場合は「JP番号」)、これをキーワードとして検索するとよい。

    View full-size slide

  59. キーワードを使ってNDLサーチからのインポート(4)
    書誌が登録されました
    59
    資料は正常に作成されました。
    と出ていればOK!

    View full-size slide

  60. 同様にして、CiNii Books・アメリカ議会図書館
    からのインポートもできます!
    60
    コツ:
    ISBNがない場合やたくさんヒットしすぎて、「追加」を選ぶのが難しい場合は、
    CiNii Books を検索して「NII書誌ID(NCID)」(米国議会図書館の場合はLCCN)を調べて、
    これをキーワードとして検索するとよい。
    このデモサーバでは、CiNiiとアメリカ
    議会図書館からの書誌インポートを
    (キーワード入力)もできるようにしています。
    キーワードには、ISBNも使えます。

    View full-size slide

  61. ゼロから書誌を入力することもできます
    61

    View full-size slide

  62. 検索結果一覧から直接、
    「書誌情報の編集」や「所蔵情報の新規作成」へ
    62
    ここで、「編集」リンクを辿ること
    で、すぐに、書誌情報を編集す
    る作業に移ることもできます
    ここで、「所蔵作成」リンクを辿
    ることで、すぐに、所蔵情報を
    登録する作業に移ることもでき
    ます
    検索結果一覧

    View full-size slide