Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

テスト自動化チームでペアプロにトライした話 / trying to pair programming on test automation team

テスト自動化チームでペアプロにトライした話 / trying to pair programming on test automation team

73ffa4b34cfd87eb417ee531b8224d7a?s=128

YoshikiIto

June 13, 2019
Tweet

Transcript

  1. テスト自動化チームで ペアプロにトライした話 2019/6/13 伊藤由貴(@yoshikiito)

  2. 自己紹介 伊藤由貴(@yoshikiito) 株式会社ベリサーブで テスト自動化エヴァンジェリスト的なお仕事。 ・教育、研修 ・社内外の知見の蓄積、共有を活性化 ・技術調査 などなど JaSST東北実行委員。 2

  3. 今回のお話について 概要 • テスト自動化チームのペアプロによる学びをシェア • まとまった期間の知見ではなく、単発のお話 • 同じような経験がある方ぜひお話し聞かせてください 3

  4. 参考:ペアプログラミング • ペアでプログラミングすること • 指示を出す「オペレーター」と、実際にコードを書く「ドラ イバー」の2つの役割があり、これらを入れ替えながら開発を 進める 4

  5. 目次 1. 自己紹介と前説 2. ペアプロにトライした背景 3. やったこと ① 事前の準備など ②

    本番 ③ 実施後 4. ペアプロの効果と反省点 5. まとめ 5
  6. 目次 1. 自己紹介と前説 2. ペアプロにトライした背景 3. やったこと ① 事前の準備など ②

    本番 ③ 実施後 4. ペアプロの効果と反省点 5. まとめ 6
  7. チームと業務について テスト自動化チーム • 約10名(月1, 2名ずつJoin)でSelenium+Javaで自動化 • テスト自動化経験はバラバラ • テスト自動化に慣れた人もいれば、テストに詳しいけど 自動化はあまり経験ない、という人も

    業務内容 • 自動テスト手順に基づき、コーディング • メンバー間で相互にコードレビュー 7
  8. 補足:自動テスト手順 • テスターさんにはおなじみExcelのテスト手順を 自動化向けに詳細に書いたもの 8 ID 機能 手順 期待結果 備考

    ABC-001 機能A 1. ほげほげ 2. ふーばー ***である こと ABC-002 : : : ABC-003 : : : ABC-004 : : :
  9. 困りごと • 自動テストコードの質に個人差がある • コーディング規約はあるものの、規約以外の部分で 書き方がばらける • 共通クラスにメソッドがあるのに独自実装する • コードレビューでの指摘件数が多い

    • レビューも修正も工数がかかる • 「よりよくするには」といった建設的な指摘ではなく、 重複の指摘や書き方の指摘など本質的でない指摘が多い 9
  10. (一応)やっていた対策 • CheckStyleで規約違反を検出 • SpotBugsで冗長な処理や明らかな問題の検出 ただ、上記対策では見つけられない問題もある • 無駄な待機 • 処理の重複

    • ロケータが変 • 少しでも条件が変わったらNo such elementになるような 書き方(!) 10
  11. 結果・・・ 指摘をされると気分も良くないし、 対応する時間もかかる ↓ 仕事がなかなか進まず、残業して疲れる ↓ 些末なミスが増える ↓ コードレビューで指摘をうける ↓

    : 11 止めたい
  12. そうだ、ペアプロしよう!

  13. ペアプロに期待したこと • コードレビュー時の指摘件数が減ること • 修正工数削減 • 気分↑ • チーム全体の作業品質向上 •

    開発のプラクティスに関心を持ってくれること 13
  14. 目次 1. 自己紹介と前説 2. ペアプロにトライした背景 3. やったこと ① 事前の準備など ②

    本番 ③ 実施後 4. ペアプロの効果と反省点 5. まとめ 14
  15. 事前の準備など そもそも「ペアプロとは」の説明 • メンバーはペアプロが初耳だったため。 • 特に「心理的安全性大事に!」を強調した。 人と場所と時間の確保 • ペアの選定 •

    会議室の確保 • 1週間程度前から時間の確保 • ペアプロ本番時の説明用資料作成 15
  16. 本番 参加者 • 伊藤が進行役 • 実際に手を動かすペア • 次の進行役になってほしい後輩もオブザーバー参加 流れ •

    ペアプロのルール説明 • やることリストの提示(ブランチ切って、**書いて・・・) • 30分コーディング→役割交代してもう30分 16
  17. 実施後 ヒアリング実施 • 実際やってみてどうだったかを、ペアの2名にヒアリング • 「時間が短かった」 • 「インフラ面が難しい」(※後述) • 「楽しい」

    2回目実施へ • チーム内の別のペアで再度実施 • 初回ペアにヒアリングした結果を踏まえて一部改善 17
  18. 目次 1. 自己紹介と前説 2. ペアプロにトライした背景 3. やったこと ① 事前の準備など ②

    本番 ③ 実施後 4. ペアプロの効果と反省点 5. まとめ 18
  19. ペアプロの効果と反省点 効果 • ペアプロの場でナレッジ共有が進んだ • 効率のよいコードの書き方 • IDEのショートカット操作 etc… •

    メンバーが「ペア作業する」発想を得た • 「この実装大変そうだからペアでやってみない?」と椅子持って ペア作業が発生 • やろうと言った側からするととてもうれしい変化 19
  20. ペアプロの効果と反省点 反省点 • インフラ面でテスト自動化のペアプロが難しかった • テスト手順・ブラウザ・IDEで3画面ほしいが、 ペアプロ時はPCとプロジェクタの2画面しかない • 待ちの時間が多い •

    「実行して動くのを眺める時間」が発生するため、 ペア作業ではもったいなく感じられる • 効果を定量的に出せていない • 言い出しっぺの自分が異動したことなどから、 当初の課題だったレビューの件数や割合などを 継続的に終えていないのが無念 20
  21. 目次 1. 自己紹介と前説 2. ペアプロにトライした背景 3. やったこと ① 事前の準備など ②

    本番 ③ 実施後 4. ペアプロの効果と反省点 5. まとめ 21
  22. まとめ • テスト自動化(特にGUI動かすE2E)だと、ペアプロ がきつい部分もある • 実際にやってみるとメンバーの行動がポジティブに 変化した • (データ取って変化を追うまでできなかったが) ペアプロをやる価値はありそう

    22
  23. 以上、 ありがとうございました ツッコミ・質問は、 ぜひ個別にお声がけください☺