明日からはじめられるEventStorming(イベントストーミング) / Let's try EventStorming

明日からはじめられるEventStorming(イベントストーミング) / Let's try EventStorming

Scramble! #3 FOLIO流 複雑なドメインとの戦い方 発表資料
https://folio.connpass.com/event/138324/

65cc101435ac36057f2a2c80244c4c6e?s=128

Yoshitaka Okuda

August 14, 2019
Tweet

Transcript

  1. 1 明⽇からはじめられる EventStorming 2019/08/14 FOLIO Scramble! #3 @yoskhdia ハッシュタグ #folioScramble

  2. 取り組むコツ - 実践で得た最⼩限のはじめ⽅ 2 セッション紹介 核⼼ - なぜその最⼩限が妥当だといえるのか

  3. これが最⼩限! 3

  4. recognizes 4 書籍『Introducing EventStorming』 Command /Decision Aggregate UI Event External

    System Read Model Policy invoked on invoked on generates generates translated into triggers invokes invokes Issue 書籍「Introducing EventStorming」The picture that explains everything 図を加⼯して引⽤
  5. recognizes 5 Flattened flow Command Aggregate UI Event External System

    Read Model Policy Command /Decision invoked on invoked on generates generates translated into triggers invokes invokes Issue 書籍「Introducing EventStorming」The picture that explains everything 図を加⼯して引⽤
  6. Optional Event Issue External System 6 まずはこれだけ使ってみよう 過去形で起こりうることを書く。 ⽂章スタイルで書くのも可読性の点で良い選択肢。 疑問や懸念、困っていることを書く。

    体裁は気にしなくてOK。 対象ドメイン外のシステムを表す。 社内であってもUncontrollableなシステムは外部とする。 Event Issue External System
  7. recognizes 7 Flattened flow Command Aggregate UI Event External System

    Read Model Policy Command /Decision invoked on invoked on generates generates translated into triggers invokes invokes Issue 書籍「Introducing EventStorming」The picture that explains everything 図を加⼯して引⽤
  8. ア カ ウ ン ト を 審 査 し た

    8 Event と Issue だけでも⼗分そう 商品を 探した 商品を カゴに ⼊れた アカウント を作成した 分類 されてない 商品の 在庫を 確認した 商品マスタ が無い 決済⽅法を 登録した &WFOUΛൃੜॱʹฒ΂ͨ΋ͷΛ /BSSBUJWF ͱ͍͍·͢
  9. • 開発者以外にもコンプライアンス、QA、
 オペレーター、経理、etc が参加 • Event と Issue のみ使⽤ •

    すぐに書き始めることができた • ⼀緒に読み上げる • 論理的なつながりを⾃然に意識できた • モヤりの表明 • お互いの知らなかったことが補完された • Unknown-Unknown から
 Unknown-Known へ素早く⾄れた • リスクの早期発⾒ 9 FOLIOでの⼀場⾯ 作業⾵景写真 作業⾵景写真
  10. 10 Right personを集めよう? • 書籍では Right person を集めようとある • 万能のDomain

    expertはいない → Practitionerが頼みの綱 •「People with questions」「People with answers」 • はじめから Right かどうかは気にしない • 集まった⼈のもつ知識で埋められない領域も可視化される
  11. 11 最⼩セット • Event と Issue からはじめよう! • Right personは「疑問のある⼈」と「なんとなく詳しそうな⼈」

  12. 直感的には良さそう …だけど 12

  13. 13 ⽬的意識 • 部署・グループに閉じた試⾏錯誤による知識の分散化 • 意図的に交流を促さないとサイロ化していく • ⻑い時間を共に過ごすことによるハイコンテクスト化 • ⾏間を伝える、⾏間を読み取ることは難しい

    複雑な時代 / 不可避なグローバリゼーション 海外向けサービスを展開していなくても FATF勧告など国際的な枠組みの中にいる以上対応せざるを得ない! 新しいサービスをつくるには あらゆる⼈の知⾒・知識を綜合して新しい知識を創り出していく必要がある ㅟ ㅟ ㅟ ㅟ ㅟ 直⾯する 課題
  14. 解決したいこと EventStorming 辿り⽅マップ 14 分散した知識を交流させたい コンテクストの違いに気付きたい 新しい 知識 を創造したい ܦӦ࿦͔Βཧ࿦Λ

    आΓͯ͜Α͏
  15. Knowledge-based management 15 「知識」を⼿がかりに

  16. フロー 16 Knowledge-based managementの2要素 ストック 情報技術を活⽤して、知識共有を図る 個や集団、組織が情報の意味を解釈することで 知識を持続的に創造していく 情報の蓄積 意味づける⾏為

    意味を創り出す⾏為 形式知 経験に基づく暗黙知
  17. 内省 (暗黙知) 17 知識は主観の差異によってもたらされる 設計物 (形式知) ⾏為の前後の思いの差が学習(経験による学習、Reflection in Action) アウトプットしましょうというのは、このため。

    理解 (暗黙知) 本 (形式知) 特に「未知」のものは偶発的にしか気づくことができない。 ⾃分の内だけでなく、他者との関係のなかの差異が新しい知識の源泉になる。 =意図的に偶発性に向かう仕組みが必要 例えば、「設計の本を読む」
  18. 共同化 Socialization 表出化 Externalization 内⾯化 Internalization 連結化 Combination 18 連続した活動をモデル化(SECIモデル超訳)

    実際の経験によって培われる 思い・知⾒・現場勘 思索・対話(形式知化)によって
 ⾃分の暗黙知に気づく 形式知を組み合わせて具体化し
 新しい形式知にする ⾃覚的に実践することで 腑に落ちることで学習(暗黙知化)となる 暗黙知 → 形式知 暗黙知 ← 形式知
  19. 表出化 Externalization 連結化 Combination 19 ナントカ⼿法は「形式知化」を補助するモノ 表現する、声に出す ツール:⽐喩、物語 連結する、編集する =主観の差異に気づく

    • 慣れ親しんだツールであること • 対話が⽣まれること • 簡単に組み替えられること • 対話が⽣まれること 暗黙知 → 形式知
  20. 解決したいこと EventStorming 次に話すこと 20 分散した知識を交流させたい コンテクストの違いに気付きたい 新しい知識を創造したい Knowledge-based management →SECIモデル

    慣れ親しんだ簡単な 表現ツールであること 主観の差異に気づけること (対話が⽣まれること) 簡単に連結・組み替えができること ࠷খηοτ͸ Ϛονͯ͠Δ͔ݕূ
  21. recognizes 21 著者はStoryよりもNarrativeを強調している Command Aggregate UI Event External System Read

    Model Policy Command /Decision invoked on invoked on generates generates translated into triggers invokes invokes Issue 書籍「Introducing EventStorming」The picture that explains everything 図を加⼯して引⽤ 4UPSZ͔Β $IBSBDUFSTͱ$ISPOPMPHZ ΛҾ͖ࢉͨ͠΋ͷ ʮ;Δ·͍ʯϑΝʔετʹߟ͑ΒΕΔ
  22. ア カ ウ ン ト を 審 査 し た

    22 書き出して⼀緒に読み上げてみると… 商品を 探した 商品を カゴに ⼊れた アカウント を作成した 分類 されてない 商品の 在庫を 確認した 商品マスタ が無い 決済⽅法を 登録した
  23. ア カ ウ ン ト を 審 査 し た

    23 偶発的な対話が⽣まれる! 商品を 探した 商品を カゴに ⼊れた アカウント を作成した 分類 されてない 商品の 在庫を 確認した 商品マスタ が無い ͑ʂʁͦΜͳݒ೦͕͋ͬͨͷʁ ͋ʙͦΕ΋͋Δͷ͔ʙ ಉ͡ݴ༿Ͱҧ͏ҙຯͩͬͨʂ 決済⽅法を 登録した ͜Ε͸΋ͬͱલʹͰ͖ͦ͏ ͋Εʁྫ֎έʔε͸ͳ͍ʁ
  24. Externalization Combination 24 物語をツールとして使う 表現する、声に出す ツール:⽐喩、物語 連結する、編集する =主観の差異に気づく • 慣れ親しんだツールであること

    • 対話が⽣まれること • 簡単に組み替えられること • 対話が⽣まれること
  25. recognizes 25 Issueにはモヤりレベルもあらわれる Command Aggregate UI Event External System Read

    Model Policy Command /Decision invoked on invoked on generates generates translated into triggers invokes invokes Issue 書籍「Introducing EventStorming」The picture that explains everything 図を加⼯して引⽤ ͳΜͱͳ͘ͷϞϠΓ &WFOUͱͯ͠͸දݱͰ͖ͳ͍ίτ ͦΕΒ΋୳ࡧϑΣʔζͰ͸ඞཁ
  26. 解決したいこと EventStorming 話したこと 26 分散した知識を交流させたい コンテクストの違いに気付きたい 新しい知識を創造したい Knowledge-based management →SECIモデル

    慣れ親しんだ簡単な 表現ツールであること 主観の差異に気づけること (対話が⽣まれること) 簡単に連結・組み替えができること EventによるNarrative 読み上げ・モヤりの表明
  27. ユーザーストーリーマッピングとの⽐較 27 User Story Mapping EventStorming 何からはじめるか User Story Event

    何ファーストか ユーザー (UX) ふるまい 順序 ユーザーとして体験する順 物事が起こる順 思考の向き 何をさせるのか 何をするのか 何ができるのか 表現⼒ やや直列 Whyを想像しやすい 並列 並び替えがしやすい (当たり前の話だけれど)探りたい⽬的から適した⼿法を選びましょう
  28. 28 ⽬的に応じてトッピングを変える • 会の⽬的を明確にしよう • 付箋フルセットを使う必要はまったくない • BigPictureレベルなのかSoftwareDesignレベルなのかエトセトラに 応じて選択すればOK •

    新しい凡例をつくっても良い • “Algorithm” を⾜してみた!とTweetしてる⼈もいた
  29. “探求を始めさせる⽅法次第で、 望みどおりの結果を⾼い確率で⼿に⼊れられるような 思考、内省、感情、感覚を引き出せるのです。” - 書籍『Game Storming』 p.19 29 Eventからはじめよう

  30. Further reading 30

  31. 31 少しずつ つよくなる • 発展的リソース • Game Storming • 野中郁次郎(知識創造理論)

    • クリストファー・アレグザンダー • アクションリサーチ • Whole system approach (Open Space Technology, etc )
  32. 32 詳細な設計へのつなげ⽅ このあとのセッションにて! https://t.co/dcHsQKFPFt

  33. THANK YOU Presented by Yoshitaka Okuda You can find me

    at @yoskhdia このスライドテーマの著作権©は FOLIO CO., Ltd にあります。
  34. 34 References • https://www.eventstorming.com/ • 書籍『Introducing EventStorming』 - Alberto Brandolini

    • https://www.slideshare.net/ziobrando/50000-orange-stickies-later • https://yoskhdia.hatenablog.com/entry/2018/11/09/200556 • https://www.slideshare.net/yugolf/eventstorming-145123949 • 書籍『異⽂化理解⼒』 - エリン・メイヤー(英治出版) • https://www.ogis-ri.co.jp/otc/hiroba/Report/EnterpriseAgileGathering2018/ost.html • https://www.beemgee.com/blog/story-vs-narrative/ • https://en.wikipedia.org/wiki/Narrative • https://hbr.org/1986/01/the-new-new-product-development-game • https://www.slideshare.net/hiranabe/phronetic-leadership-and-agile-scrum-gathering-tokyo-2013