Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

enebularクラウド実行環境でIoT / enebular developer meetup 20220602

enebularクラウド実行環境でIoT / enebular developer meetup 20220602

you(@youtoy)

June 02, 2022
Tweet

More Decks by you(@youtoy)

Other Decks in Technology

Transcript

  1. enebularクラウド実行環境でIoT 2022年6月2日 (木) enebular developer meetup 豊田陽介( ) @youtoy

  2. 自己紹介 ビジュアルプログラミングや IoT、ロボットトイ関連など 豊田陽介( ) 普段は、某通信会社勤務 @youtoy ・IT系イベント主催、登壇や運営なども ・子ども向けの活動いろいろ(IT系以外も) ・

    Microsoft MVP(2021/10 から) プライベートでの活動 ・ガジェット好き ・今月開催のメーカーフェア@仙台に出展予定 その他
  3. 今回の話題: enebularクラウド実行環境でのIoT を 自宅で手軽にやりたい

  4. 前の発表で既に説明されていそうですが enebular のクラウド実行環境について •フローの実行環境で無料枠  もある •トリガーはHTTPリクエスト、  スケジュール実行処理 •enebularのオフィシャル  ノードを併用、フローと実行  環境のデプロイを行う

    ※ 詳細は公式ブログ・ドキュメント   などをご覧ください
  5. 前段の話

  6. 4月のイベント(IoTLT)に向けたお試し 今回の仕組みの作成に関する記事を 2つほど公開済み

  7. こんな話をしたりなど LT資料:

  8. そしてIoTも絡めて

  9. IoT絡みの話をその後に2つのイベントにて LINEの開発者コミュニティ・テックストリート関連: LT資料: LT資料:

  10. IoT関連で試したこと

  11. この後の動画の補足(LINE⇒デバイスの通信) ① LINEアプリ で操作 ②-1 音が鳴る ②-2 光る・表示 が変わる

  12. この後の動画の補足(デバイス⇒LINE の通信) ② 通知 ①デバイス を操作

  13. 動作している様子をあらためて動画で

  14. 「個人で手軽に」を実現するポイント 作成したフローを手 軽にクラウドで実行 HTTPリクエスト、 LINE用ノード インターネットから 見えないデバイスを クラウドから操作 クラウド実行環境 標準ノードと便利

    なノードの活用 HTTPリクエストを MQTTに
  15. 1・2)クラウド実行環境・ ノードの活用

  16. クラウド実行環境 (HTTPトリガー) Botサーバー +α (REST API、MQTT) M5Stack Core2 動画で登場したものの構成(全体) M5StickC

    Plus M5Paper LINE Notify スマホのLINE アプリ リッチメニュー の操作 HTTP(POST) HTTP(POST) MQTT MQTT HTTP(POST)
  17. クラウド実行環境 (HTTPトリガー) Botサーバー +α (REST API、MQTT) M5Stack Core2 クラウド実行環境の役割 M5StickC

    Plus M5Paper LINE Notify スマホのLINE アプリ リッチメニュー の操作 MQTT MQTT HTTP(POST) HTTP(POST) HTTP(POST)
  18. HTTPトリガーでの動作

  19. Botサーバー + Botサーバーと外部との間で 双方向通信

  20. enebularでの実装(Node-REDのフロー) デバイス ⇒ LINE Notify LINE(Bot) ⇒ デバイス (Botサーバー+α) Beebotteとの連携

  21. LINE用ノード活用 + ビジュアルな開発 + HTTPリクエスト用ノード

  22. 3)HTTPリクエストを MQTTに

  23. クラウド実行環境 (HTTPトリガー) Botサーバー +α (REST API、MQTT) インターネット側からは見えない宅内デバイス LINE Notify スマホのLINE

    アプリ リッチメニュー の操作 MQTT MQTT HTTP(POST) HTTP(POST) HTTP(POST) M5Stack Core2 M5StickC Plus M5Paper ポートを解放するのは避けたい
  24. クラウド実行環境 (HTTPトリガー) Botサーバー +α ルーターのポートを解放せず外からの通信 LINE Notify スマホのLINE アプリ リッチメニュー

    の操作 HTTP(POST) HTTP(POST) HTTP(POST) M5Stack Core2 M5StickC Plus M5Paper MQTT のサブスクライブで待ち受ける (REST API、MQTT) MQTT MQTT
  25. クラウド実行環境はトリガーでの 単発実行がベース + 自分は連続的な送信は行わない

  26. HTTPリクエストで単発の通信 ↓ MQTT に変換してパブリッシュ

  27. Beebotteの設定: GUIベースで MQTT・REST API を 扱うための準備 enebular ⇄ デバイス のつなぎ役

  28. REST APIを扱う話はQiitaの記事に 別サービスの似た話 (shiftr.io)

  29. 自宅内に置いたデバイスへの通信 Botサーバーの処理 の途中でデバイス への通信

  30. 他の活用もいろいろできそう!

  31. おまけ

  32. None
  33. M5Stack系デバイスでUIFlowを利用 ビジュアルプログラミング+豊富なデバイス

  34. HTTPリクエストやMQTTもブロックで MQTT のサブスクライブ ↓ LEDテープ制御など 本体ボタン押下を ↓ LINE通知処理等

  35. イベントのお知らせ

  36. ビジュアルプログラミングとIoTの話 6/15(水)20時から!

  37. 終わり!