最近試した・気になった 技術やデバイスなど / hackathon LT vol.2

Cd931bc05e7cee46b9a950a63e47ba4c?s=47 yo-to
June 17, 2020

最近試した・気になった 技術やデバイスなど / hackathon LT vol.2

Cd931bc05e7cee46b9a950a63e47ba4c?s=128

yo-to

June 17, 2020
Tweet

Transcript

  1. 最近試した・気になった 技術やデバイスなど 2020年6月17日 (水) ライトニングトーク&親睦会 vol.2 @オンライン   豊田 陽介 (

    @youtoy )
  2. 豊田陽介(@youtoy) 自己紹介 • 職場: 某通信会社の研究所 • プライベートでの活動: IT系イベント主催・登壇・運営、多数参加 子ども向けの活動いろいろ(IT系以外も) •

    その他: ガジェット好き ライトニングトーク&親睦会 vol.2 @オンライン 話題のものが、たぶん だいたい自宅にある
  3. プライベートでの各種活動 ライトニングトーク&親睦会 vol.2 @オンライン 【2019年(1年間)】 ▼ イベント主催・運営: 36回 ▼ 登壇・講師等:

    31回 ▼ Qiita・ブログ等の記事: 58記事 ▼ 子ども向けプログラミングサポート活動等: 51回 ▼ イベント参加総数・ガジェット購入数:(省略: たくさん) 【主な主催コミュニティ】 ・ビジュアルプログラミング交流会 ・ビジュアルプログラミングIoTLT ・toio™で作ってみた!友の会(非公式) ・ゆるメカトロ など 【ここ3ヶ月くらい:オンライン化されてから】 ▼ LT会共同主催: 2回 ▼ もくもく会共同主催: 1回 ▼ ハンズオン・お試し会等の単独主催: 8回  ⇒【扱ったもの】機械学習、Hubs、Messenger Rooms、SpatialChat、など ▼ LT登壇: 6回
  4. 直近1ヶ月で 入手・試したあれこれ ←このマークをつけたものは  ハッカソンで活用できそうかも  というもの

  5. デバイス関連: 十分に試せてない・・・ HuskyLens Pro ⇒ 電子工作で使える小型AIカメラ ATOM Echo ⇒ 安価で超小型のマイク・スピーカー等が

      ついた通信機能付デバイス Wio Terminal ⇒ 小型の画面・ボタン等がついたセンサー   内蔵の通信機能付きデバイス ATEM Mini Pro ⇒ 映像ミキサー(複数の入力映像の切り替えや配信機能) Arduino、micro:bit、 Raspberry Pi などで利用可能 10円玉 サイズ 便利だけど 高い・・・
  6. デバイス関連: 試せてたやつ toio の開発者向けマット(仮)  +機械学習(音)+Web Bluetooth API ライトニングトーク&親睦会 vol.2 @オンライン

    •プログラムで制御可能な  ロボットトイの位置座標制御 ⇒ 自動追跡なども可能 •機械学習を利用して音や声で  ロボットを制御 ⇒ ブラウザで機械学習  「Teachable Machine」 •ブラウザでデバイス制御 https://www.youtube.com/watch?v=hWQ7_8OX9Mo
  7. デバイス関連: 試せてたやつ ユカイな生きものロボットキット + ココロキット ⇒ モーターと結束バンドで作れる簡易ロボット、   簡易ロボットをビジュアプルプログラミング制御 ライトニングトーク&親睦会 vol.2

    @オンライン 小学生ロボコン 公式キット
  8. 技術:試したもの OBS+リアルタイム音声認識(+映像合成:カメラ・スライド) ライトニングトーク&親睦会 vol.2 @オンライン •オンラインイベントの配信  でも使われるOBSの合成機能 ⇒ PCカメラの映像、Android  

    アプリの音声認識結果の画面、   パワポのスライドを合成 •Androidアプリの画面は  「scrcpy」でPC上に表示 ⇒ OBSの機能で文字部分以外の   背景等を透過・クリッピング https://www.youtube.com/watch?v=Hcb_yy7ATj0
  9. サービス:イベントに参加して利用したり Visual Studio Codespaces ⇒ オンラインで開発環境の準備、インターネット経由で開発環境   にアクセス(ブラウザ、VS Codeから) ちなみに

    GitHub Codespaces はまだ一般向け提供は 開始されてない AWS Cloud9 や GitHub Codespaces などもあるが、 セルフホスティング可能な点などが異なる
  10. サービス:お試し会を開催したりしたもの Hubs ⇒ Mozillaさん提供の   3D空間でのコミュニ   ケーション用サービス (セルフホスティング可) Messenger

    Rooms ⇒ Facebookが提供するビデオチャットも可能なサービスで、   スマホから参加するとゲーム的なもの等も利用可能 Spatial ⇒ 3D空間でのコミュニケーション用サービス、ビジネス向け? 画面共有やカメラ映像 表示なども可能 ブラウザベース、PC・ スマホ・VRヘッドセット のどれでも
  11. コミュニケーション系: ここ2〜3ヶ月くらいだと

  12. サービス:実際に試したもの cluster + 全身3Dスキャンモデルの独自アバター + オンライン展示会参加 ⇒ 3D空間でのイベント開催でも使われている   サービスでの展示イベントに参加

    SpatialChat ⇒ 画面上の位置関係によって音の大きさが   変わるコミュニケーションサービス 一般向け Google Meet ⇒ G Suit版ではなく一般のGoogleアカウント向け Discordのビデオチャット機能 ⇒ 従来はテキスト・ボイスチャットのみだったものに新たな機能が
  13. 時間がないので 残りは簡単に

  14. いろいろ スマホでの手書き文字認識 + 結果の即時転送 ⇒ Google Lensアプリで手書き文字を認識し、その結果をPCの   クリップボードへテキストで即時転送 3行に分かれた数字と仮名漢字

    まじりの手書き文字を認識させ て、その内容をPCのクリップ ボードに転送し、PCのエディタ に貼り付け https://www.youtube.com/watch?v=r9mk72v5O5k ライトニングトーク&親睦会 vol.2 @オンライン
  15. いろいろ GitHub Actions + IFTTT + LINE Notify ⇒ CI/CDに利用されたりするGitHub

    Actionsで、定期的なスマホ   へのメッセージングをお試し DiscordへのWebhookによるメッセージング(Slack等と同様) ⇒ デバイス + ビジュアプルプログラミング、JavaScriptの   プログラムなどから Sonos One ⇒ AIアシスタント(Alexa)搭載のWi-Fiスピーカー 超小型デバイス+距離センサー+ビジュアプルプログラミング ⇒ ATOM Matrix、ATOM Lite +距離センサー(ToF Unit) + UIFlow M5Stack(M5GO) + UIFlow ライトニングトーク&親睦会 vol.2 @オンライン
  16. 終わり!