Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

第2回ナブかつLABキャリアトーク / 豊田陽介

第2回ナブかつLABキャリアトーク / 豊田陽介

you(@youtoy)

November 20, 2022
Tweet

More Decks by you(@youtoy)

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 2022年11月20日 (日) 第2回ナブかつLABキャリアトーク @オンライン

  2. 自己紹介もすませていないけれど 最初にプログラミング・技術関連の話を少し ・JavaScript(ブラウザで動くものが主、Node.js も) ・ビジュアルプログラミング ・各種ガジェット プライベートでよく使うもの

  3. 最近個人的にハマっている方向性 いわゆるマンガの 集中線をブラウザ上の 処理で (ライブラリ:p5.js)

  4. Scratchでもできるのでは?と思って 思いついたから やってみた

  5. 自己紹介 ・ IT系イベント主催、登壇や運営なども ・ 子ども向けの活動いろいろ ・ 書籍の出版や技術記事執筆も プライベートでの活動 ・ ガジェット大好き

    ・ 普段は通信業界で仕事をしてます その他 豊田陽介( ) @youtoy イトナブ ガジェット エバンジェリスト
  6. 今日の話は「ある一例」で こうすべきという話でもなく

  7. 「自分に合うかも」という場合は 参考程度に (いろいろな人の話を聞くのがオススメ)

  8. ▪今日の話の主な内容 ・プログラミングとの関わり1 ・プログラミングとの関わり2 ・技術コミュニティ活動の話 ※ ちょっと余談もはさみつつ

  9. 今日の内容:イベントページより

  10. プログラミングを主としたプライベートの話

  11. イベントの趣旨として聞いた内容 どういう風に学生時代(または転職時) プログラミングを学んできたのか、 どういう経緯で今のキャリアになったのか などを話してもらう

  12. 自分とプログラミング すごく細かい部分は除いてざっくりと 中学生のころ:田舎で昔(まだ1993年とか1994年とか)だけどPC室があった

  13. 中学生のころからプログラミングをガッツリ? 同じころ実家に PC が導入された (OS は Windows 3.1) けれど、ゲームをしてた記憶しかないw

  14. そして時は高校卒業後へと...(1999年卒業) 大学@宮城県仙台市 は工学部で「電子・応物・情報系」 という進路 初めての自分用ノートPC(インターネット初利用)、 専門の授業でプログラミングがあった(C言語メイン)

  15. 今の会社に入社...(2005年入社) 1ヶ月の新人研修を終えた後に配属 会社の研究部門で研究の仕事をスタート 画像・動画処理系の研究で、C/C++、 スマホの UI や UX の研究で、Java(Kotlinがないころ)

  16. この頃はプライベートでは あまりプログラミングを してなかったかも

  17. プライベートでは使う言語とは 違う経験だけれど プライベートでの活動の ベースにはなっている気がする

  18. 昔も今も、仕事では プログラミングを主とする 業務ではなく (やっていた分量的にも、  必要なだけ +α くらい?)

  19. 【余談】 作ったものの話

  20. JavaScript・ビジュアルプログラミングで

  21. 元の流れに戻ります

  22. 年齢32歳というころ(2012年秋ごろ) あるきっかけでプログラミング・技術を 学ぶ場を探すことに 「IT勉強会カレンダー」や 「技術コミュニティ/勉強会」などの存在を知る

  23. とりあえず 参加してみた

  24. 参加したイベントで会った方と SNS でのつながりが拡がる ⇒ 自分だけでは集めきれない いろいろな情報が得られた

  25. 他にも技術コミュニティのイベントに参加 福島県の郡山で開催のHTML5関連の勉強会に参加 そのコミュニティの東京開催のイベントに参加 石巻で開催されるハッカソンの情報を知り、 人生初のハッカソン参加(2013年の石巻ハッカソン)

  26. 定期的に参加していた勉強会をきっかけに HTML5関連の勉強会にも定期的に参加し始め、 SNS(Facebook)などで運営・参加者とたまにやりとり ガジェット・関連技術のニュースの話をちょこちょこ していたら「勉強会主催しません?」と言われる

  27. やってみることにした (2013年11月)

  28. 声をかけていただいた方などにお世話になりまくる 2008年から使ってた Twitter の アイコン画像は未設定だったw

  29. 技術力は足りてなかったけどガジェットはあった 豪華な登壇者の中、私物の ガジェットの体験企画を担当

  30. 第1回・第2回は 「電子工作初心者であること」、 「勢いでポチった初心者向けの Arduinoキット」をネタにしつつ

  31. 初心者がキットを使って初めて電子工作をした話

  32. 2013年10月に買って4ヶ月後にイベントで

  33. フットワークだけは軽かった かもしれない (ちなみに、勢いでやると言って  実行はいろいろ大変でした 笑)

  34. コミュニティのいろいろな人に フォローしてもらえてできた (一人だけではできなかった)

  35. 誰かに説明するというのは やってみると自分の学びにもなる ⇒ 言葉にしようとすると理解が 曖昧なところが分かったり

  36. 休止期間などもありつつ 2012年・2013年:技術コミュニティ開始・初主催など 2015年〜2017年:活動休止期間 2018年:コミュニティ活動の参加・主催再開 2021年・2022年:Microsoft MVP受賞や書籍出版など

  37. 休止期間前に SNS でのつながり ⇒ 休止期間後にそのつながりから 活動再開などにつながる話も

  38. 再開後の技術コミュニティ活動の流れの1つ イトナブとの関わりでつながった フィッシュさん(津田恭平さん)の ツイートをきっかけに参加した会 ※ フィッシュさん以外は初対面だった

  39. 技術コミュニティに参加して ・自分の興味のある話題で一緒に盛り上がれるつながり  ができて拡がった ・ハンズオンイベントに参加して、自分一人でやって  いたら躓くポイントをフォローしてもらいつつ学べた ・自分がやってみたことに対する反応を返してもらえる  場ができた ・仕事のつながりではできなそうな経験をするきっかけ  をいろいろもらえた

  40. 技術コミュニティのつながりからの話

  41. 書籍や雑誌の技術記事

  42. 大変な面もあったりしました ⇒ いろいろな活動をつめこみすぎて  パンクしてしまうような状態にも

  43. プライベートの技術系の取り組み ⇒ 生活を楽しくできる状態を 作れたかもしれない

  44. とあるインタビュー記事 からの引用

  45. とあるインタビュー記事より

  46. その他 ・情報発信をしてみる(小さなことからでも) ・気になったら試してみる ・無理はしすぎず自分のペースで ・自分に合いそうなものを少しお試し  (やってみて合わなくても、また別の選択肢もある) ・年代や背景など問わずいろいろな人から学んでみる ・興味の幅を少し拡げてみる

  47. 自分に合う/合わないという話 ・良し悪しではなく、自分に合う/合わないものがあった ・将来的には変わるかもしれない(変わったものもある) ・自分の今現在は、こんな感じかも  ・【合う】面白そうなものをちょっとお試し  ・【合う】個々が浅くなっても広く  ・【合わないかも】アプリリリース、公開後もメンテ等  ・【合わないかも】長期間の開発を高頻度に行う ⇒ もしかしたらまた変わるかもしれないけれど

  48. 終わり!