$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

一か月半かけて、TypeScript本を写経した話

ツノ
November 15, 2022

 一か月半かけて、TypeScript本を写経した話

ツノ

November 15, 2022
Tweet

More Decks by ツノ

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 一か月半かけて、 TS 本を写経した話 ツノ:@2nofa11

  2. 質問 どうやって開発言語の習得していますか?

  3. 「技術書」の読書術では プログラミング学習は以下の 3 つを意識する あくまで「手段」、「目的」を持つ 複数言語を習得する 動くものを作り、自分の手で確かめる

  4. やったこと TypeScript を習得することを目的 「プロを目指す人のための TypeScript 入門」

  5. 具体的な写経内容 1. GitHub 上に Repository を作る 2. 書いてあるコードを黙々と写経&コミット コミットメッセージ:p•• 気になったとことをメモ

    3. 書いたコードで気になったところは、 console.log で途中結果を出す
  6. ルール 毎日 1 コミット以上 どんなに自明な内容でコーディングする

  7. 写経達成! 成果 ① 内容 ① 成果 ② 内容 ② 期間

    9/28 ~ コミット 245 コミット ページ数 375 ページ ステップ数 1994 行 今年のコミット履歴
  8. 学んだこと例1-1 JavaScript の知識を学習(復習)することができた。 分割代入(パターン = 式) ⇒ 実装できるレベルまで理解することができた。 const {

    foo, bar } = obj; // objのプロパティを変数に const { num, obj: { bar }, } = obj; // objのプロパティがネストしていても分割代入可能 const arr = [1, 2, 3]; const { first, second, third } = arr; // 配列を変数に
  9. 学んだこと例1-2 非同期処理 ⇒Promise 文がスラスラ読めるようになった。 (前までは Promise チェーンへの理解が浅かった。。。) const p =

    readFile("foo.txt", "utf-8") .then(() => sleepReject(1000)) .then( (result) => { console.log("OK"); }, (error) => { console.log("E",error); );
  10. 学んだこと例2 TypeScript が「型安全である」ということが腑に落ちた! 写経前 文字列型や数値型があるから、JavaScript より安全...? 写経後 型レベルの算術やリテラル型&タプル型を駆使すると、 大規模開発でもコードの揺れがなくなる! TypeScript

    の解像度を上げることができた
  11. 学んだこと例3-1 TypeScript の便利な機能を学ぶことができた 関数型の部分型関係 ⇒ 型安全かつ、自由度の高い設計が可能になる type HasNameAndAge = {

    name: string; age: number; }; // S type HasName = { name: string; }; // T const fromAge = (): HasNameAndAge => ({ name: "John", age }); // 戻り値:S const f: () => HasName = fromAge; //SはTの部分型のため、戻り値TをSとみなせる
  12. 学んだこと例3-2 ジェネリクスと型引数 ⇒ 汎用性の高い関数が作成可能になる const generics = () => {

    function repeat<T>(element: T, length: number): T[] { const result: T[] = []; for (let i = 0; i < length; i++) { result.push(element); } return result; } console.log(repeat<string>("a", 5)); // 文字列型でも使用可能 console.log(repeat<number>(0, 5)); // 数値型でも使用可能 };
  13. 課題 本の写経だけでは、100%理解はできない。 現場のリアルなコードとは違う。

  14. 学習方法自体の振り返り 登山のような達成感がある 正直、効率は悪い (自明でもコーディングは時間する) でも、新たな発見があったりする (!!式 の仕組み等) 1 行 1

    行の意味を理解して書いたのに、 忘れている部分も多数出てきている。
  15. EOL