Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

UXライターのタスクの透明性を上げてスクラムチームの共有知に昇華している話 / A story about creating help pages in a scrum team

8chari
August 08, 2022

UXライターのタスクの透明性を上げてスクラムチームの共有知に昇華している話 / A story about creating help pages in a scrum team

「LINE Technical Writing Meetup vol. 15」(2022/08/04 19:00〜)の発表資料です。
https://line.connpass.com/event/255452/

8chari

August 08, 2022
Tweet

More Decks by 8chari

Other Decks in Business

Transcript

  1. UXライターのタスクの透明性を上げて スクラムチームの共有知に昇華している話 2022.08.04 Thu. LINE Technical Writing Meetup vol. 15

    8chari(はっちゃり) SmartHR UXライター
  2. 8chari(はっちゃり) SmartHR UXライティンググループ UXライター Twitter:@8chari_88 SmartHRでは ・2021年6⽉ UXライターとして⼊社 ・プロダクト上のテキスト、ヘルプページ、 ライティングガイドを担当

    職歴 ・テクニカルライター ・PMO ・マニュアル制作ディレクター 2
  3. SmartHR Tech Blogで書いた記事がベース • 記事では、開発チームのことを「フィーチャーチーム」と 記載していましたが、「スクラムチーム」の⽅がより⼀般的で、 ほぼ同義のため、本資料では「スクラムチーム」と表現します🙏 • スクラム開発の⽤語に馴染みのない⽅もいるかもしれないので、 補⾜しながらお話していきます。

    • スクラム開発に関わっている⼈はもちろん、 ヘルプページやドキュメント作成の属⼈化に悩んでいる⼈にも 参考になれば幸いです。 お話に⼊る前に期待値調整 3 [SmartHR Tech Blog]ヘルプページ作成タスクの透明性を上げたら、UXライターの経験知を共有知に昇華できた話
  4. • SmartHRのサービス紹介 • SmartHRのUXライター • スクラムチームでの取り組み • さいごに 話すこと ※本⽇のスライドは後⽇公開予定

    4
  5. SmartHRのサービス紹介 5

  6. None
  7. 7

  8. SmartHRのUXライター 8

  9. UXライターが担うもの 9

  10. UXライターの具体的な仕事 10 スクラムチームの⽂⾔作成のリード ライティングガイドを通じた体験統⼀ コンテンツによるユーザーの⾃⾛⽀援

  11. スクラムチームの ⽂⾔作成のリード 11

  12. 12 ドライバー(キーボードを触る唯⼀の⼈) • 実際にガイドラインを⾒たり既存UIを⾒たりして⽂⾔モミを⾏なう • ほかのメンバーを信頼し、思いついた⽂⾔を躊躇せずに出す ドライバー以外(キーボードを触らない⼈) • 全体の理解度を上げて、より良い⽂⾔になるように気づきを 積極的にあげる

    • なぜ、その⽂⾔でないといけないかの根拠を⽰せるように ドライバーに協⼒する
  13. 13 UXライター • Slack上にスレッドを⽴てて、⽂⾔検討で考えたことや 根拠を書き込んでいく • 検討する中で仕様について気になることがあれば、 チームのメンバーをメンションして聞く UXライター以外 •

    UXライターの発⾔で気になることや疑問があれば 適宜書き込んだり、リアクションする
  14. ライティングガイドを通じた 体験統⼀ 14

  15. https://smarthr.design/ SmartHR Design System 15

  16. https://smarthr.design/products/contents/ ライティングガイド 16

  17. コンテンツによる ユーザーの⾃⾛⽀援 17

  18. https://knowledge.smarthr.jp/hc/ja/ ヘルプページ 18

  19. https://knowledge.smarthr.jp/hc/ja/ ヘルプページ 今⽇はこのヘルプページに スクラムチームで取り組んでいる話です

  20. ここで、 いきなりですが 20

  21. みなさんは、どんな体制で ヘルプページを 作っていますか? 21

  22. 22 開発チームとは 別のチームが 作っているよ 別の会社さんに 外注しているよ 他の業務も やりながら ⾃分⼀⼈で 作っているよ

    そもそも ヘルプページが ないよ…
  23. スクラムチームで ヘルプページに取り組む 23 ちょっと めずらしいかも…

  24. ヘルプページはプロダクトの⼀部 😊ヘルプページを⾒なくても プロダクトを操作できることが理想 😢でも、⼈事労務や⼈材マネジメントの領域は、 業務や関連する法律が複雑で難解 👉ユーザーの理解をサポートする 「ヘルプページは重要なプロダクトの⼀部」という 考え⽅が社内に根付いている 24

  25. SmartHRのスクラムチーム 25

  26. スクラムチームとは スクラムチームは機能横断型で、 各スプリントで価値を⽣み出すために必要な すべてのスキルを備えている (スクラムガイドから引⽤) 26

  27. スクラムチームとは スクラムチームは機能横断型で、 各スプリントで価値を⽣み出すために必要な すべてのスキルを備えている (スクラムガイドから引⽤) 27 ⾔い換えてみます👇 チームメンバーだけで「リリース」まで辿り着ける スキルセットを揃えられていることが条件

  28. プロダクトマネージャー プロダクトデザイナー プロダクトエンジニア QA UXライター ※⼈数はイメージです ※LeSS(⼤規模スクラム)についての参考記事:⼤規模スクラムで⾒えてきたマルチPdM体制の⾯⽩さと難しさ【SmartHRのPdM連載第1弾】 - SmartHR Tech

    Blog SmartHRのスクラムチーム 28 A B C D E
  29. 企画・仕様検討 要件定義 (リファインメント) 作業計画 (スプリントプランニング) リリース スプリント 開発サイクルをもっと詳しく:図説:SmartHRのプロダクト開発サイクル 2021 ver.

    プロダクト⽂⾔、 ヘルプページの⽅針決め プロダクト⽂⾔や ヘルプページの作成をリード UXライターのお仕事 ⽂⾔チェック、 ヘルプページの作成 ユースケースや仕様の理解、 ユビキタス⾔語の定義 UXライターと開発との関わり 29 短期間で反復して 開発する期間の単位 (SmartHRでは1週間)
  30. スクラムチームでの ヘルプページの取り組み 30

  31. その前に、 UXライターの誕⽣秘話 31

  32. チャットサポートの中に含まれ、 プロダクトのスクラムチームとは別の組織 • ヘルプページの作成はスクラムチームとは別のプロジェクトで管理 ユーザーの理解をよりサポートできるよう、 画⾯のUIテキストとヘルプページを読む体験を統⼀したい • UXライターとしてスクラムチームに加わる • 画⾯のUIテキストを担当しながら、

    ヘルプページの作成も引き続き担当(今ここ) もともとはヘルプページのみを担当 32
  33. UXライター以外のチームメンバーの疑問 33 ヘルプページは 開発のどのタイミングで 着⼿しているんだ? ヘルプページの要件定義、 何を定義して ⾒積もればいいんだろう? 必要な作業って 本当に書くだけ?

    そもそも、どうやって 書けばいいんだ? 書いたことない…
  34. スクラムチームにおける ヘルプページ作成の課題 34

  35. ヘルプページの作成に関するタスクやノウハウが チームに伝わっていないと • UXライター以外のメンバーがタスクの存在に 気づきづらく、サポートに⼊りたくても⼊れない • タスクの内容からUXライター以外でも できるかどうかを判別できず、タスクを取れない 「顧客に早く価値を届けること」から遠ざかる 35

  36. タスクを取れないと • UXライターがどのように作業しているのかが 他のメンバーに伝わらない • UXライターが不在のときにタスクが⽌まる という属⼈化した状況になり、 顧客に早く価値を届けられなくなる😫 「顧客に早く価値を届けること」から遠ざかる 36

  37. チームのメンバーに相談 「ヘルプページ作成タスクの 透明性を上げよう」 37

  38. 1. 現状のプロセスをUXライターが可視化 1. 現状をもとに、チームで取り組むための 理想のプロセスを検討して可視化 1. 理想のプロセスを運⽤するための詳細を明⽂化 ヘルプページ作成のタスクの透明性を上げるために 38

  39. 1. 現状のプロセスをUXライターが可視化 39

  40. 1. 現状のプロセスをUXライターが可視化 40 開発プロセス • 誰が • 何をやるか(タスク) • 観点(タスクをやる際に考慮すること)

    • その他(上記以外でメモしておきたいことなど)
  41. 1. 現状のプロセスをUXライターが可視化 41 ヘルプページに関する タスクのほとんどをUXライターが実施

  42. 1. 現状のプロセスをUXライターが可視化 42 開発後半になるにつれて、 タスクが増加

  43. 2. 理想のプロセスをチームで検討して可視化 43 UXライター以外の職能が取り組みやすいように、 ヘルプページ以外の開発アイテムと同じプロセスにすることを意識

  44. 2. 理想のプロセスをチームで検討して可視化 44 「UXライター」から「Bチーム」に変更。

  45. 2. 理想のプロセスをチームで検討して可視化 45 UXライターがやった⽅が品質を担保できるタスクもあると考え、 「UXライターがやること」という⾏を追加

  46. 46 2. 理想のプロセスをチームで検討して可視化 ヘルプページ作成のタスク、理想のプロセスを チームで認識を合わせられた🎉

  47. 3. 理想のプロセスを運⽤するための詳細を明⽂化 47 暗黙知となっていたUXライターの経験知を ほかのメンバーが理解できる形で⾔語化できた 👇 モブライティングなどを通じて プロセスや考慮する観点を⽇頃から少しずつ チームにインプットしていたことが⼤きい

  48. 理想のプロセスで運⽤して どうだったか 48

  49. 😊 UXライターの経験知を⾔語化、 判断根拠などをメンバーに共有しやすくなった 😊 複数の職能視点で考えることができ、 スクラム開発における創発の効果がある 😊 UXライターが不在でもタスクが⽌まらないことが増え、 リードタイムの短縮につながっている 良かったこと

    49
  50. 😊 UXライターに限定されていたスキルとタスクが可視化され、 チームのスキルとタスクに変わったと実感しています。 😊 他のメンバーもできるようなドキュメントをまとめていた点も 素晴らしかった。他チームにも参考になると思います。 😊 UXライターがマンパワーで1⼈で何とかするという 負荷の⾼い状況を変えられて良かったです。 😊

    この活動により、今まで8chariさんがやりたいけれど できていなかったことができるようになっていたら嬉しい。 😊 実践した結果を振り返って、より良くできると良さそう。 また⼀緒に考えていきましょう。 ほかのメンバーからの声 50
  51. • 開発メンバーとの距離が近い • チームの課題はチームで解決するカルチャー • 職能を超えて、メンバーが複数の役割を果たす • モブでの作業が⽇常的 51 チームのスキルとタスクにできる背景

  52. • プログラムの実装もヘルプページもチーム全員で取り組みたい 👉作業が属⼈化しない、創発の効果が期待できる • だが、実装もヘルプページもチームでリファインメントして、 プランニングして…だと、時間が掛かることは事実 👉リリースが遅れ、顧客に早く価値を届けることから遠ざかる • チームでリファインメントやプランニングするヘルプページは 厳選する必要がありそう

    👉例:チームのスキルの底上げや創発が期待できそうな ヘルプページを対象 とはいえ、課題はある(最近の事情) 52
  53. スクラムチームにおける ヘルプページの取り組みは まだまだ始まったばかり 53

  54. でも 「きっと、もっと良くなる」 そう思えるチーム 54

  55. さいごに もう少し お付き合いください 55

  56. 絶賛採⽤中です! https://open.talentio.com/r/1/c/smarthr/pages/45059 😊ポジションの魅⼒ • 急成⻑中のプロダクトの開発チームに参加し、UXライターとしてコミットできる • プロダクトエンジニアやプロダクトマネージャー、プロダクトデザイナー、QAなどの 社内のプロフェッショナルと、⾃社プロダクトのユーザーのどちらにも直接関わりながら仕事ができる • SmartHRのバリューの1つである「⼀語⼀句に⼿間ひまかける」を体現することが、

    プロダクトの品質向上に直接結びつく 何でも聞けるカジュアル⾯談もあります! https://smarthr.co.jp/casualvisit/ SmartHRのスクラムチームで働きたくなったら 56
  57. ご清聴ありがとうございました 緊張した…