obnizのファームウェアレスシステムで構築するIoT

179d41d0fdd38c6980de9f2ae0e4768a?s=47 kido
May 12, 2020

 obnizのファームウェアレスシステムで構築するIoT

 obniz(オブナイズ)は、ON/OFFやUART通信などのIO制御をクラウドのAPI経由で行える仕組みです。センサーやアクチュエーター、既存機器をネットワーク経由で直接操作でき、ファームウェアを書かないクラウド中心のIoT開発が可能です。
 obnizがどのようにしてファームウェアレスシステムを構築しているか、どのように使うことができるかについてお話いたします。

179d41d0fdd38c6980de9f2ae0e4768a?s=128

kido

May 12, 2020
Tweet

Transcript

  1. 株式会社CambrianRobotics obnizのファームウェアレスシステムで構築するIoT

  2. 木戸 康平(Kohei Kido) CambrianRobotics inc. Co-Founder & Engineer 9wick ૣҴాେֶେֶӃ૑଄ཧ޻ֶݚڀՊଔɻࡏֶதʹΞϓϦʮQBQFMPPLʯΛ։ൃɺ

    ສμ΢ϯϩʔυΛୡ੒ɻଔۀޙ,%%*ʹೖࣾɺ෺ྲྀͷ࠷దԽΛ୲౰ɻ *P5ΛࣗΒͷखͰൃలͤ͞Δ΂͘ɺ೥ɺגࣜձࣾ$BNCSJBO3PCPUJDTʹࢀըɻ
  3. CambrianRobotics Inc. 電子機器およびクラウドサービスの製造と販売 2014年創業のスタートアップ企業 ファームウェアレス技術でIoTを促進する obnizの製造と販売をメインで行っている

  4. obnizとは

  5. None
  6. obnizが目指す世界

  7. obnizが目指す世界 世の中のすべてのハードウェアを クラウド上で使えるオブジェクト化( objectnize)する ※オブジェクト:プログラム上で扱える”もの”の概念

  8. obnizが目指す世界 世の中のすべてのハードウェアを クラウド上で使えるオブジェクト化( objectnize)する ※オブジェクト:プログラム上で扱える”もの”の概念 地点B 地点A(クラウド上)

  9. obnizが目指す世界 世の中のすべてのハードウェアを クラウド上で使えるオブジェクト化( objectnize)する ※オブジェクト:プログラム上で扱える”もの”の概念 車を動かす car.move() 地点B 地点A(クラウド上)

  10. 車を動かす 地点B 現状 地点A(クラウド上)

  11. 地点B 現状 車ってどこにあるの? オフラインのときは? モーターの制御どうするの? 車載のプログラムバージョン古くない? 車載のプログラム誰が作るの? 通信セキュリティ大丈夫? 車載プログラムのアップデートどうする? NATどうやって超えて通信するの?

    車種ごとの個体差なかったっけ? 通信プロトコルどうする? 車を動かす 地点A(クラウド上)
  12. IoTは総合格闘技

  13. 全領域の専門家になりましょう 事業コア部分以外は専門家に任せましょう IoTは総合格闘技

  14. 全領域の専門家になりましょう 事業コア部分以外は専門家に任せましょう IoTは総合格闘技 OSやクラウド(IaaS/PaaS/SaaS)と同じ考え方

  15. obnizが目指す世界 世の中のすべてのハードウェアを クラウド上で使えるオブジェクト化( objectnize )する ※オブジェクト:プログラム上で扱える”もの”の概念 車を動かす car.move() 地点B この1命令に

    全部含めたい シンプルに、必要なことだけを開発 →開発ハードルが下がり、早く安く作れる 地点A(クラウド上)
  16. obnizが目指す世界 世の中のすべてのハードウェアを クラウド上で使えるオブジェクト化( objectnize )する ※オブジェクト:プログラム上で扱える”もの”の概念 車のGPS情報取得 car.getGPS() 地点B 地点A(クラウド上)

    シンプルに、必要なことだけを開発 →開発ハードルが下がり、早く安く作れる この1命令に 全部含めたい
  17. obnizが目指す世界 世の中のすべてのハードウェアを クラウド上で使えるオブジェクト化( objectnize )する ※オブジェクト:プログラム上で扱える”もの”の概念 車のGPS情報取得 car.getGPS() 地点B 地点A(クラウド上)

    シンプルに、必要なことだけを開発 →開発ハードルが下がり、早く安く作れる この1命令に 全部含めたい
  18. 実現するための技術

  19. 実現するための技術 ・ファームウェアレス技術で、センサーを直接制御 ・ IoT専用のOSとして、IoTの必須機能を標準搭載

  20. ファームウェアレス技術 クラウドとの通信 温度センサとの通信 車の温度情報取得 既存技術 Uart/I2C/SPI HTTPS

  21. ファームウェアレス技術 クラウドとの通信 温度センサとの通信 GPSセンサとの通信 車の温度情報取得 車のGPS情報取得 既存技術 Uart/I2C/SPI HTTPS

  22. ファームウェアレス技術 クラウドとの通信 温度センサとの通信 GPSセンサとの通信 車の温度情報取得 車のGPS情報取得 既存技術 温度センサとの通信 何もしない obniz

    Uart/I2C/SPI Uart/I2C/SPI on HTTPS クラウドサーバーとセンサがダイレクトに通信 ファームウェアはただの中継役 HTTPS
  23. ファームウェアレス技術 クラウドとの通信 温度センサとの通信 GPSセンサとの通信 車の温度情報取得 車のGPS情報取得 既存技術 温度センサとの通信 GPSセンサとの通信 何もしない

    obniz Uart/I2C/SPI Uart/I2C/SPI on HTTPS クラウドサーバーとセンサがダイレクトに通信 ファームウェアはただの中継役 HTTPS
  24. 既存技術の場合 車Aの温度情報取得 車Bの温度情報取得 車Cの温度情報取得 温度センサAとの通信 温度センサBとの通信 温度センサCとの通信

  25. ファームウェアレスによる集約 車Aの温度センサとの通信 車Bの温度センサとの通信 車Cの温度センサとの通信 何もしない 何もしない 何もしない

  26. 集約することによるメリット ・アップデートが非常にしやすい 市場に出回った◦万台のファームウェアを アップデートする必要は無い ・ トラブル時のデバッグ/調査がしやすい すべてのデータはクラウドにあるため、 些細なトラブルも瞬時にわかる ・クラウドのリソースを活用できる 画像処理やAIなど、メモリやCPUをふんだんに使う機能でも

    実装できる
  27. IoT専用のOSとしてサポート

  28. IoT専用のOSとしてサポート obnizCloud

  29. IoT専用のOSとしてサポート obnizCloud obnizが対応 ネットワーク環境確認 NAT超え 通信プロトコル デバイスの生存確認

  30. IoT専用のOSとしてサポート obnizCloud obnizが対応 ネットワーク環境確認 NAT超え 通信プロトコル デバイスの生存確認 obnizが対応 通信の中継 デバイスの生存連絡

    オフライン時の処理
  31. IoT専用のOSとしてサポート obnizCloud obnizが対応 ネットワーク環境確認 NAT超え 通信プロトコル デバイスの生存確認 obnizが対応 通信の中継 デバイスの生存連絡

    オフライン時の処理 obnizが対応 一般的な部品との 通信プロトコル
  32. IoT専用のOSとしてサポート obnizCloud obnizが対応 ネットワーク環境確認 NAT超え 通信プロトコル デバイスの生存確認 obnizが対応 通信の中継 デバイスの生存連絡

    オフライン時の処理 obnizが対応 一般的な部品との 通信プロトコル obnizのサポート領域
  33. IoT専用のOSとしてサポート シンプルに、必要なことだけを開発 →開発ハードルが下がり、早く安く作れる obnizCloud obnizのサポート領域 obnizが対応 ネットワーク環境確認 NAT超え 通信プロトコル デバイスの生存確認

    obnizが対応 通信の中継 デバイスの生存連絡 オフライン時の処理 obnizが対応 一般的な部品との 通信プロトコル
  34. IoT専用のOSとしてサポート アプリ ◯ 製品コア領域 ミドルウェア ◯ ◯ ̋ OS ◯

    ◯ ◯ ̋ PC本体 ◯ ◯ ◯ ̋ IaaS VPS Paas SaaS Ұൠతͳ ։ൃϘʔυ obniz 回路製造 ◯ ̋ インフラ設計 ̋ FW開発 ̋ 外部回路設計 製品コア領域 ◯印:サービスがサポートする領域 ハードウェア開発 ソフトウェア開発 幅広く サポート
  35. デバイスも種類が豊富 obnizCloud on your device

  36. obnizでのメリット ・開発ハードルが下がり、早く安く作れる ・プログラムを集約でき、メンテナンスやアップデートが簡易に ・クラウドのリソースを活用できる

  37. obnizの活用事例

  38. obnizの活用事例① 機器の監視 家庭用昇降機のバッテリ/ステータスを監視 ・バッテリー交換タイミングの最適化 ・エラー発生時のエラーメッセージ取得 にて営業の訪問回数を最適化 コスパよく作りたい/集中管理したいのニーズがobnizとマッチ

  39. obnizの活用事例② 教育現場 STEM教育の子供向け電子工作ロボットキットに obnizの仕組みを搭載。 ・AIやIoTを手軽に、制限なく学ぶことができる ・大人になってからも使える知識が身につく ・学校というセキュリティが厳しい環境でもつかえる という点でobnizとマッチ

  40. obnizの活用事例③ BLE機器 スマホからしかつながらなかったBLE機器を インターネット越しに接続 ・人がいないところでも動かすことができる ・既存のデバイスの構成を変えずにシステムを作れる ・対応デバイスが増えたとしても、ファームウェアの更新が不要 という点でobnizとマッチ

  41. obnizの活用事例③ BLE機器 Softbank C&Sが obniz搭載BLEゲートウェイを販売 感染症対策として 換気状況の可視化に使用 (結婚式場の例) その他、飲食店や倉庫などにて活用

  42. obnizを使うことで 本当に必要な部分だけ開発を行い アップデートが非常に楽で エッジのリソースに縛られないシステムが 開発可能となります

  43. ありがとうございました