Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

IBM Community Japan 企業、業界、世代の枠を超えた共創活動 /CSM_Meetup

Aya Tokura
January 25, 2022

IBM Community Japan 企業、業界、世代の枠を超えた共創活動 /CSM_Meetup

IBM Community Japan参加方法
「未来を創るテクノロジーで豊かな社会を実現する」というIBM Community Japanの理念と活動にご賛同いただける方、ぜひメンバー登録ください。
※メンバー登録は無料ですが、一部のプログラムやイベントは有料となる場合があります。
https://www.ibm.com/ibm/jp/ja/ibmcommunityjapan.html

Aya Tokura

January 25, 2022
Tweet

More Decks by Aya Tokura

Other Decks in Technology

Transcript

  1. IBM Community Japan
    企業、業界、世代の枠を超えた共創活動
    #CMC_Meetup
    ⽇本アイ・ビー・エム株式会社
    テクノロジー事業本部 第⼆カスタマーサクセス部⻑
    兼 IBM Federated Developer Advocate
    ⼾倉 彩
    @ayatokura

    View full-size slide

  2. ⼾倉 彩(Aya Tokura)
    ⽇本IBM テクノロジー事業本部
    第⼆カスタマーサクセス部⻑
    兼 IBM Federated Developer Advocate
    ayatokura フォローはお気軽にどうぞ!
    @ayatokura #CMC_Meetup

    View full-size slide

  3. 「ニューノーマル」の世界
    ⼈々の⽣活、企業活動、産業構造などの仕組み、資本主義やグローバル化など価値観の変化の加速
    グローバルと
    ローカル
    専有と
    共有
    ヒトと
    AI
    経済活動と
    社会
    ⾃由と
    プライバシー
    リアルと
    デジタル
    いまこそ、変化を起こす機会 - 新しい経営戦略の策定が必要
    ヒトの移動からデータとモノの移動が前提に デジタル技術の進化(AI、クラウド、5G など)
    © 2020 IBM Corporation

    View full-size slide

  4. 量⼦コンピューター
    複雑な解析
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    オンプレミス
    ウェアラブル・デバイス ホーム・アシスタント
    スマートフォン スマートカー
    スマート家電 スマートホーム ⼯場 データセンター
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    ⼤量データの
    ⾼速伝達
    リアルタイムな
    指⽰/運⽤/監視
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    Data
    枠を超えて、テクノロジーで実現する世界
    オフィスや店舗
    ハイブリッドクラウド
    柔軟性と堅牢性
    ⾼速⼤量処理
    スーパー
    コンピューター
    システムの⼀元
    管理と運⽤⾃動化
    ブロックチェーン
    データの改ざんを防ぎ、
    追跡可能な分散型台帳技術
    AI
    あらゆる場所で稼働
    Red Hat OpenShift
    ⼀度作れば、どこでも動く
    すべてを監視する
    セキュリティー
    Cloud
    データの近くに AI
    5G で繋がる
    エッジ・
    コンピューティング
    分散処理
    ibm.biz/ICJapan

    View full-size slide

  5. IBM Community Japanとは
    IBM Community Japan(ICJ) は メンバーの皆様の、そして、IBM の、
    知恵と経験と既存の枠組みを「解放」し、マナブ、ツクル、ツナガル
    を通じて「未来」をともに紡いでゆく、参加型の「場」です。
    設⽴趣旨
    「未来を創るテクノロジーで豊かな社会を実現すること」

    View full-size slide

  6. 活動内容
    ०ͷ࠷৽৘ใをアップデイト
    Ϛφϒ
    DX時代に向けた৽͍͠Ձ஋૑଄
    πΫϧ
    ਓࡐҭ੒ͷ৔として活⽤
    πφΨϧ
    • 多くの仲間と様々なテーマについて探求
    • 最新の気になるIT情報やグローバルの事例に触れる
    • オンラインや地域セミナーなど多様な形式での知識習得
    • 新しい考え⽅を取り⼊れてリアルタイムでアイデアを形に
    • 考えを論⽂に発表、新しいアプリケーションやツールを
    開発し、世界へ発信
    • IBMの先進テクノロジーやソリューションを活⽤
    • ナレッジモールで知⾒や成果を共有
    • IBMの技術者コミュニティーとの交流
    • ロールモデルとなる先輩や新たな仲間との出会い
    ibm.biz/ICJapan

    View full-size slide

  7. ツクル︓DX時代に向けた新しい価値創造
    • 様々な旬のテーマを参加者同⼠で、また、IBM社員も⼀緒に、共同研究を実施
    • 少⼈数のワーキンググループで、
    アウトプットを創出
    • グループでの活動の他、個⼈で
    ご参加いただける論⽂活動も
    • 全国どこからでも、また、地域ご
    とでも参加可能
    社会課題研究
    社会課題をITでどう解決するか
    • ニューノーマルとしての新しい働き⽅
    • SDGs実現のための⽅策
    • ⼈⽣100歳時代のIT
    • ビジネス共同プラットフォームのあり⽅
    など
    情報システム研究
    情報システム全般に関連する幅広いテーマ
    • プロジェクト管理
    • システム管理
    • IT⼈材育成 など
    技術研究
    専⾨的な技術探求
    • 量⼦コンピュータ
    • ブロックチェーン
    • IoT
    • Software Engineering
    • AI & Cloud など
    ibm.biz/ICJapan

    View full-size slide

  8. 研究活動 成果発表 成果共有
    有識者/Start-Up企業/Developerとの連携強化
    ⼤型成果
    発表
    イベント
    グローバル
    との連携
    IBMナレッジ
    モール
    IBM技術者
    との交流
    多様な
    アウトプット
    • 活動のそれぞれのステージで、業種や職種を超えた多くの仲間と交流し、将来への成⻑を⽬指す
    ツナガル︓⼈材育成の場として活⽤ ibm.biz/ICJapan

    View full-size slide

  9. IBM Community Japan
    2022年 ナレッジモール研究 (募集締め切りました)
    ー 企業、業界、世代の枠を超えたワーキンググループの仲間と、⾃主的に、研究活動をするプログラムです ー
    詳細・テーマ⼀覧はこちら
    https://www.ibm.com/ibm/jp/ja/ibmcommunityjapan-wg-theme.html

    View full-size slide

  10. 2022年ナレッジモール研究 35テーマ (募集締め切りました)
    詳細: https://www.ibm.com/ibm/jp/ja/ibmcommunityjapan-wg-theme.html
    (※) のこのテーマは、IBM OBのみで構成されるワーキンググループも編成される予定です
    2022年
    テーマNo.
    サブカテゴリー 研究テーマ名
    2022年
    テーマNo.
    サブカテゴリー 研究テーマ名
    A 社会課題研究 B 技術探求
    A-01 医療・介護 ITを利⽤した最適な医療サービスを考えてみる (※) B-01 AI&クラウド サーバレスアーキテクチャーのビジネス適⽤
    A-02 ⾼齢化社会 ⾼齢化社会を豊かにするIT (※) B-02 AI&クラウド ハイブリッドクラウド環境の効果的な管理・運⽤技法
    A-03 ⾷ 農業改⾰へのIT適⽤の検討 B-03 AI&クラウド 業務システムにおけるAI(機械学習・ディープラーニング)の現実的な適⽤
    A-04 ⾷ ⾷品ロス・⾷料廃棄の削減に向けて B-04 AI&クラウド アプリケーション開発におけるクラウドAIの有⽤性と課題
    A-05 環境問題 ITを活⽤した環境への貢献や資源の有効利⽤について考える B-05 AI&クラウド 業務データに対するデータサイエンス(分析/機械学習)の現実的な適⽤
    A-06 公共インフラ ITによる物流⾰命-配送効率向上を考える B-06 AI&クラウド PowerVirtualServer(IBMi)を効果的に活⽤する
    A-07 公共インフラ キャッシュレス社会に向けた現状と未来 B-07 AI&クラウド Watson OpenScale を使った AI の信頼性の研究
    A-08 公共インフラ 多発する⾃然災害への対応 B-08 AI&クラウド AIはこころを持てるか (※)
    A-10 公共インフラ データドリブンな都市OS上の新たな公共サービス B-10 SW Engineering 最⾼の⾦融体験の追求 〜本当に欲しい⾦融サービスとは〜
    A-11 教育 ITを活⽤した教育機会の格差是正 (※) B-11 量⼦コンピューター 量⼦コンピューターの活⽤研究 -機械学習・量⼦化学計算・組み合わせ最適化への適⽤-
    A-12 教育 リカレント教育の機会提供 B-14 先進技術 スマートデバイス活⽤研究
    C 情報システム研究 D ビジネス変⾰
    C-01 システム管理 基盤構築・運⽤の効率化で⾃動化の前に考えるべきこと D-02 ビジネス戦略全般 ニューノーマル時代のデータを活⽤した新たな顧客接点と営業戦略を考える
    C-02 プロジェクト管理 デザインシンキングを取り⼊れたプロジェクト計画 D-03 ビジネス戦略全般 ITが⽀えるダイバーシティー&インクルージョンがもたらす変⾰
    C-03 プロジェクト管理 アジャイル開発におけるプロジェクトマネジメント D-04 ビジネス戦略全般 バーチャル・アドボケーターによるテクノロジー・エンゲージメントの向上
    C-05 セキュリティー テレワーク時代に必要なセキュリティー対策 D-05 組織・⼈材 DXを会社全体に浸透させるための組織・⼈材・⽂化の在り⽅
    C-07 セキュリティー ハイブリッドクラウド環境・マルチクラウド環境におけるセキュリティー D-07 組織・⼈材 労働⽣産性向上のための施策
    C-08 System Infrastructure レガシーシステムのモダナイゼーションはなぜ進まないのか︖ D-08 組織・⼈材 テレワーク社員の管理と評価⽅法およびコミュニケーション⽅法の課題研究
    C-09 System Infrastructure メインフレーム若⼿技術者の広場
    詳細・テーマ⼀覧はこちら
    https://www.ibm.com/ibm/jp/ja/ibmcommunityjapan-wg-theme.html

    View full-size slide

  11. 成果発表会「GO UNiTE 2021」開催終了
    61ワーキンググループの成果発表など

    View full-size slide

  12. 2022年2⽉9⽇(⽔) 15:00-16:30
    特別ゲスト講演 株式会社ALE 社⻑ 岡島 礼奈 様
    「科学を社会につなぎ宇宙を⽂化圏に
    〜⼈⼯流れ星、⼤気データ、デブリ化防⽌への挑戦〜」
    講師: 岡島礼奈様プロフィール
    東京⼤学⼤学院理学系研究科天⽂学専攻にて博⼠号(理学)を取得。卒業後、ゴールドマン・ サックス証券へ⼊社。
    2009 年から⼈⼯流れ星の研究を開始し、2011 年 9 ⽉に株式会社 ALE を設⽴。
    「科学を社会につなぎ 宇宙を⽂化圏にする」を会社の Mission に掲げる。宇宙エンターテインメント、⼤気デー
    タの取得、宇宙デブリ対策装置の 開発を通じ、科学と⼈類の持続的発展への貢献を⽬指す。
    お申し込みはこちらから →
    ibm.biz/ICJapan

    View full-size slide

  13. ࢀՃํ๏
    ϝϯόʔొ࿥੍
    「未来を創るテクノロジーで豊かな社会を実現する」という
    IBM Community Japanの理念と活動にご賛同いただける⽅
    ࢀՃඅ༻
    無料(メンバー登録制)
    ⼀部のプログラムやイベントは有料となる場合があります
    こちらのサイトをご確認ください
    ibm.biz/ICJapan

    View full-size slide