Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

もっと手軽にアプリをコンテナ環境で実行しよう / IBMCloudCodeEngine

もっと手軽にアプリをコンテナ環境で実行しよう / IBMCloudCodeEngine

IBM Digital Developer Conference AIOps & Integration
Japan Session
「IBM Cloud Code Engine」セッション資料です

8065fe5a0d33908c6f71c5ae28939dcd?s=128

Aya Tokura

April 20, 2021
Tweet

Transcript

  1. Digital Developer Conference AIOps & Integration IBM Cloud Code Engine

    もっと⼿軽にアプリをコンテナ環境で実⾏しよう ⽇本アイ・ビー・エム株式会社 テクノロジー事業本部 カスタマー・サクセス・マネージャー (Architect) 兼 Federated Developer Advocate ⼾倉 彩 @ayatokura
  2. ⼾倉 彩(Aya Tokura) IBM Customer Success Manager (Architect) 兼 IBM

    Federated Developer Advocate ayatokura フォローはお気軽にどうぞ︕ Digital Developer Conference AIOps & Integration
  3. Digital Developer Conference AIOps & Integration コンテナのはじめ⽅ n CNCFの Cloud

    Native Trail Map を参照 1. コンテナ化 • ⼀般的には Docker コンテナで実施 • いかなるサイズのアプリケーションも依存性もコンテナ化可能 • 時間が経つにつれ、アプリケーションを分割し マイクロサービス化したくなるだろう 2. CI/CD(継続デリバリの仕組み) • 継続インテグレーション・継続デリバリの仕組みをセットアップ • コード変更が 新しいコンテナ・イメージとして、 ⾃動的にビルドされ、テストされ、デプロイされるように 3. オーケストレーション&アプリ定義 • 互換性試験に合格している Certified Kubernetes 環境を選択 • もっとも複雑なアプリケーションであっても HELMで 定義して、導⼊して更新していくことが可能
  4. 代表的なコンテナ環境構築の課題 (Kubernetesの場合) •開発者フレンドリーではない •コンテナテクノロジーの変化が早い •追加のツールを必要とする Digital Developer Conference AIOps &

    Integration
  5. サーバレス環境の課題 • ベンダーが提供している機能に限定される • ベンダーロックイン問題 Digital Developer Conference AIOps &

    Integration
  6. IBM Cloud Code Engineとは Kubernetesベースのコンテナ実⾏環境サービス IBM Cloudでサービスとして提供 スターターキットの提供で誰でもすぐに試せる Digital Developer

    Conference AIOps & Integration
  7. Code Engineでコントロールできること • コンテナまたはソースコードと共に取り組める • 実⾏するアプリケーションのランタイム • ニーズに基づいてスケーリングを設定する Digital Developer

    Conference AIOps & Integration
  8. Code Engine - Managed Serverless Platform © 2020 IBM Corporation

    Multi-Tenant Kubernetes (IBM Cloud) knative Istio Developer (Code Engine User) End Users Function App Container IBM Cloud Code Engine Batch Jobs ... Speed & Ease of Use Control Physical Machines Virtual Machines https://cloud.ibm.com/codeengine/overview Digital Developer Conference AIOps & Integration
  9. Digital Developer Conference AIOps & Integration Tekton Knative BuildはTektonに移⾏ Gitからソースコード取得、ソースコードのコンテナイメージへの変換、コンテナレジストリへの格納

    git Build Buildpacks Dockerfile • コードを解析し言語検出 • 言語に合ったビルダーを選択 • ビルドしてコンテナイメージ化 FROM … COPY … RUN … $ doceker build …
  10. Code Engine Cloud Foundry Kubernetes (IKS) OpenShift 提供形態 IBM Cloud

    Service IBM Cloud Service IBM Cloud Service IBM Cloud Service 必要な知識 ・ランタイム ・サーバーレス ・ランタイム ・⾔語 (Java, Node.js, PHP, .Net Core, etc) ・Kubernetes ・ネットワークや インフラ周り ・Kubernetes ・OpenShift ・ネットワークや インフラ周り アプリ 実⾏環境 フルマネージド マネージド マネージド マネージド Digital Developer Conference AIOps & Integration IBM Cloudが提供する代表的なアプリ実⾏環境
  11. ベアメタル オンプレに最も近い すべてのマシン パワーを専有 仮想サーバー, VMware 既存の資産やツール の活⽤ Kubernetes (コンテナ)

    Kubernetesを利⽤した 次世代を担う アプリ実⾏環境 Cloud Foundry 迅速に利⽤可能な アプリ実⾏環境 Cloud Functions 必要なときに、必要な 分だけ処理を実⾏ 開発スピード ポータビリティー パフォーマンス & カスタマイズ性 Code Engine 必要なときに、必要な 分だけ処理を実⾏ Digital Developer Conference AIOps & Integration Webアプリ開発・実⾏環境の柔軟な選択肢
  12. Digital Developer Conference AIOps & Integration Intro to IBM Cloud

    Code Engine (YouTube) https://youtu.be/ZIP8uU3fPE4
  13. Digital Developer Conference AIOps & Integration IBM Cloud Code Engine

    お役⽴ち情報 (IBM Cloud Blog) http://ibm.biz/ceblogjp
  14. Digital Developer Conference AIOps & Integration IBM Cloud Code Engineの始め⽅

    IBM Cloud 従量課⾦ (PAYG) アカウント取得 https://ibm.biz/BdfqLa 1. IBM Cloud アカウト登録サイトへアクセス 2. 新規アカウント作成する 3. 従量課⾦アカウントにアップグレードする *クレジットカード登録が必要となります
  15. Digital Developer Conference AIOps & Integration まとめ IBM Cloud Code

    Engine は、 ü ソースコードを迅速にコンテナ化して公開できる仕組み ü マネージド・サービスなので、Kubernetes運⽤管理や バージョンアップなどはお任せ ü 使った分だけ使⽤料⾦が発⽣
  16. April 20, 2021 Worldwide Japan Session 11:00-13:00 (日本語) Digital Developer

    Conference ibm.biz/devcon-aiops AIOps & Integration IBM Developer