Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

手探りのソフトウェアテスト・品質保証から抜け出そう!~自信を持ってテスト活動を進めるためのスタートライン /Skillspace

63d1e567c2c7b1dbf340f7bea9a92876?s=47 caori_t
April 16, 2021

手探りのソフトウェアテスト・品質保証から抜け出そう!~自信を持ってテスト活動を進めるためのスタートライン /Skillspace

■イベントのプロポーザルページ
https://confengine.com/conferences/devopsdays-tokyo-2021/proposal/15197

■スライド12/82
AgileTestinFellowship
https://agiletestingfellow.com/
■スライド21/82
JaSST'14 Tokyo レポート クロージングパネル Stuart Reidさんの資料
http://www.jasst.jp/symposium/jasst14tokyo/pdf/H8-2-2.pdf
■スライド65/82
JSTQBのシラバス
http://jstqb.jp/syllabus.html
■スライド66-67/82
ASTERセミナー標準テキスト
http://aster.or.jp/business/seminar_text.html
■スライド68-69/82
JaSST(ソフトウェアテストシンポジウム)
http://www.jasst.jp/
■スライド70-71/82
WACATE
https://wacate.jp/
■スライド73/82
テスト自動化とお掃除ロボット
https://speakerdeck.com/yoshikiito/tesutozi-dong-hua-toosao-chu-robotuto
抜け出そう、テスト自動化あるある
https://speakerdeck.com/yoshikiito/ba-kechu-sou-tesutozi-dong-hua-aruaru
■スライド74/82
事例からわかる!テスト自動化導入パターン
https://www.slideshare.net/ssuser0dbbce1/ss-245319643?fbclid=IwAR22HKHlviDezFL1BkNXbXnEFDYICQrhcxT1sqVPbV-zB22AJ5bbk-fLuPQ
■スライド75/82
テスト自動化プロジェクトを支える技術と仕組み
https://speakerdeck.com/yoshikiito/tesutozi-dong-hua-puroziekutowozhi-eruji-shu-toshi-zu-mi
■スライド77/82
QAファンネル(初掲載の資料)
https://www.slideshare.net/YasuharuNishi/recollection-of-embedded-system-qa-in-the-last-decade
■スライド78/82
ソフトウェア・シンポジウム 2021(SS2021)
https://www.sea.jp/ss2021/index.php
■スライド80/82
【オンライン座談会】はじめてのAgileTesting-大企業の品質管理に求められるパラダイムシフト
https://graat-agile.connpass.com/event/210490/

63d1e567c2c7b1dbf340f7bea9a92876?s=128

caori_t

April 16, 2021
Tweet

Transcript

  1. 手探りのソフトウェアテスト ・品質保証から抜け出そう! ~自信を持ってテスト活動を進めるための スタートライン DevOpsDays Tokyo 2021 2021/04/15 Hall A

    Kaori Tokiwa Graat 1
  2. 2 自己紹介 常盤香央里(ときわかおり) 北海道札幌市出身 グロース・アーキテクチャ&チームス 株式会社(Graat)所属 チームプロセス支援コンサルタント 前職にて組み込みソフトウェア開発 に14年かかわった経験も踏まえな がら、「改善活動ができるチームづく

    り」など、個人の力をチームの力にし ていくような支援を行っている @caori_t SaPIDファン♡ ゆるっとファシリテーター (ゆるぱし) WACATE実行委員 (ソフトウェアテストの合宿形式勉 強会) SigSQAメンバー (イマドキの品質保証を考える) Agile Testing Fellowship メン バー いつかAgileTestingDaysでワーク ショップ実施したい人 基 本 情 報
  3. 3 自己紹介 お 仕 事 常盤香央里(ときわかおり) 北海道札幌市出身 グロース・アーキテクチャ&チームス 株式会社(Graat)所属 チームプロセス支援コンサルタント

    前職にて組み込みソフトウェア開発 に14年かかわった経験も踏まえな がら、「改善活動ができるチームづく り」など、個人の力をチームの力にし ていくような支援を行っている @caori_t SaPIDファン♡ ゆるっとファシリテーター (ゆるぱし) WACATE実行委員 (ソフトウェアテストの合宿形式勉 強会) SigSQAメンバー (イマドキの品質保証を考える) Agile Testing Fellowship メン バー いつかAgileTestingDaysでワーク ショップ実施したい人
  4. 4 自己紹介 コ ミ ュ ニ テ ィ 活 動

    常盤香央里(ときわかおり) 北海道札幌市出身 グロース・アーキテクチャ&チームス 株式会社(Graat)所属 チームプロセス支援コンサルタント 前職にて組み込みソフトウェア開発 に14年かかわった経験も踏まえな がら、「改善活動ができるチームづく り」など、個人の力をチームの力にし ていくような支援を行っている @caori_t SaPIDファン♡ ゆるっとファシリテーター (ゆるぱし) WACATE実行委員 (ソフトウェアテストの合宿形式勉 強会) SigSQAメンバー (イマドキの品質保証を考える) Agile Testing Fellowship メン バー いつかAgileTestingDaysでワーク ショップ実施したい人
  5. 突然ですが… Discordに書いてみてね! 5 はじめに 対象とする課題 解決策 課題に対する解決例 参考情報

  6. 普段、どんなスキルを使っていますか? 6

  7. 活用しているスキルはひとつだけでしょうか? 7

  8. あなたが抱える 不安は何か? スキルの話を頭の片隅に置いておきつつ 8 はじめに 対象とする課題 解決策 課題に対する解決例 参考情報

  9. あなたのチームは こんな不安を持ったことがありませんか? こんなテストでいいのかな? 9

  10. あなたの組織は こんな自信を持って進められていますか? これが我々の品質保証だ! 10

  11. 漠然とした悩みや不安を抱えているあなた スクラムチームのテストが上 手くいっていない感じがする が、打つ手が見つからなく なってきた アジャイル開発と同時に、 組織の品質を上げたいが 頭打ち感がある テストや品質保証で 外の力を借りようとし

    たが、イマイチだった 11
  12. 抜け出す最初の一歩を探すのは難しい… ※現代品質管理総論 P9 飯塚悦功著 朝倉書店 ISBN 978-4-254-27566-7 から引用 https://agiletestingfellow.com/ 12

  13. 漠然とした悩みや不安を抱えているあなた スクラムチームのテストが上 手くいっていない感じがする が、打つ手が見つからなく なってきた アジャイル開発と同時に、 組織の品質を上げたいが 頭打ち感がある テストや品質保証で 外の力を借りようとし

    たが、イマイチだった 13 【再掲】
  14. こんな例を使ってスタートラインをお伝えします! スクラムチームで毎スプリントテスト ケースを作り続けているが、ケース 数を増やしてもリリース後の不具 合が出続ける… テスト自動化を組織に 横展開してみたが、メン テナンスコストの増加に 見合う品質の向上が見 られない…

    プロダクトの開発規模拡大の ために外部のテスト専門会社 にテストを依頼したが、期待し たようなテストをやってもらえな かった… 14
  15. 最初の一歩を見つけるスタートラインに立とう! 15

  16. スタートラインの鍵 スキルの話に戻ります 16 はじめに 対象とする課題 解決策 課題に対する解決例 参考情報

  17. スキルの話に戻って考えてみると… 17

  18. 最初の一歩が見つからない時はこんな感じ ソフトウェア テスト・ 品質保証 のスキル 18

  19. まず、こんな区分けがあって… 品質保証 ソフトウェア テスト 19

  20. ソフトウェアテストのスキルも一つではなく… ソフトウェア テスト のスキル 20

  21. テスターのスキルスペースを参考に考えてみると 21

  22. こんな風にスキルを捉えてみると良いのでは? ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 22

  23. それぞれのスキルはざっくりこんな感じ ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 プロダクトに関わる固有知識・技術 23

  24. それぞれのスキルはざっくりこんな感じ ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 開発そのものの技術 (テスト自動化の環境構築技術なども含む) 24

  25. それぞれのスキルはざっくりこんな感じ ソフトスキル IT スキル ドメイン 知識 テストスキル テストそのものの技術 モデリング、ロジカルシンキング、パターン化能力、質問力などの技術 ※ひたすら入力・打鍵・実行する作業スキルではない

    25
  26. それぞれのスキルはざっくりこんな感じ IT スキル ドメイン 知識 テストスキル ソフトスキル コミュニケーションスキル、ファシリテーションなど 他のスキルの下支えとなる技術 26

  27. こんな風にスキルを捉えてみると良いのでは? ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 27

  28. 漠然とした不安 から抜け出そう 例を使って紐解いていきます 28 はじめに 対象とする課題 解決策 課題に対する解決例 参考情報

  29. 漠然とした悩みや不安を抱えているあなた スクラムチームのテストが上 手くいっていない感じがする が、打つ手が見つからなく なってきた アジャイル開発と同時に、 組織の品質を上げたいが 頭打ち感がある テストや品質保証で 外の力を借りようとし

    たが、イマイチだった 29 Case1 Case2 Case3 【再掲】
  30. こんな例を使ってスタートラインをお伝えします! 30 【再掲】 スクラムチームで毎スプリントテスト ケースを作り続けているが、ケース 数を増やしてもリリース後の不具 合が出続ける… テスト自動化を組織に 横展開してみたが、メン テナンスコストの増加に

    見合う品質の向上が見 られない… プロダクトの開発規模拡大の ために外部のテスト専門会社 にテストを依頼したが、期待し たようなテストをやってもらえな かった… Case1 Case2 Case3
  31. チームのテストが上手くいっていない感じがするが、 打つ手が見つからなくなってきた Case1 スクラムチームで毎スプリントテス トケースを作り続けているが、 ケース数を増やしてもリリース後 の不具合が出続ける… 31

  32. どのスキルを使っているか? ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 Case1 32

  33. どのスキルを使っているか? ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 Case1 33

  34. どのスキルを使っているか? ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 毎スプリント、 プロダクトの変更・追加内容に合わせて テストケースを行き当たりばったりでつくる

    Case1 34
  35. どのスキルを使っているか? ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 毎スプリント、 プロダクトの変更・追加内容に合わせて テストケースを行き当たりばったりでつくる

    不具合が出るたびに、 不安を埋めるために 組み合わせをどんどん増やす 不具合が出るたびに、 不安を埋めるために 組み合わせをどんどん増やす Case1 35
  36. バランスが崩れてしまっている状態… ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 Case1 36

  37. どこから手を付けるといいだろう? ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 Case1 37

  38. どこから手を付けるといいだろう? ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 Case1 38

  39. 例えばこんなことから始めてみる! ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 Case1 不具合を分析して、 どんなテストが必要か?

    を考えるところからやってみる 39
  40. 例えばこんなことから始めてみる! ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 Case1 テストに詳しい人に相談して、 テストケースの作り方を

    草の根的に変えていく 不具合を分析して、 どんなテストが必要か? を考えるところからやってみる 40
  41. テストや品質保証で外の力を借りようとしたが、 イマイチだった Case2 プロダクトの開発規模拡大のた めに外部のテスト専門会社にテ ストを依頼したが、期待したよう なテストをやってもらえなかった… 41

  42. 期待をスキルにマッピングすると? ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 Case2 42

  43. 期待をスキルにマッピングすると? ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 Case2 43

  44. 期待をスキルにマッピングすると? ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 Case2 【依頼側】 プロダクトの特性に合わせたテストを

    いい感じにやってほしい! 44
  45. IT スキル 期待をスキルにマッピングすると? ソフトスキル ドメイン 知識 Case2 テストスキル 【受託側】 目的に合わせてテスト戦略を立てて

    テストの技術を使って いい感じにテストできますよ! 45
  46. IT スキル 期待をスキルにマッピングすると? ソフトスキル ドメイン 知識 Case2 テストスキル 【受託側】 目的に合わせてテスト戦略を立てて

    テストの技術を使って いい感じにテストできますよ! 【依頼側】 プロダクトの特性に合わせたテストを いい感じにやってほしい! 46
  47. IT スキル 背景として期待するスキルがアンマッチな状態… ソフトスキル ドメイン 知識 Case2 テストスキル 【受託側】 目的に合わせてテスト戦略を立てて

    テストの技術を使って いい感じにテストできますよ! 【依頼側】 プロダクトの特性に合わせたテストを いい感じにやってほしい! 47 実際は、もう少し事情が違って、単純に手を動かすだけの人をたくさん提供できるだけ(テストスキルの説明で 「これではない!」とお話したもの)…なんてパターンもありますが…その場合も、スキルのアンマッチですよね?
  48. IT スキル どうしたら良かったのだろう? ソフトスキル ドメイン 知識 Case2 テストスキル 48

  49. どうしたら良かったのだろう? Case2 IT スキル ソフトスキル ドメイン 知識 テストスキル プロダクトの開発規模 拡大のために…

    外部のテスト専門会社に 依頼した目的はこれだった! 49
  50. 例えばこんなことから始めてみる! Case2 IT スキル ソフトスキル ドメイン 知識 テストスキル プロダクトの開発規模 拡大のために…

    目的に立ち戻って、 本当に外の力を借りたかった スキル領域はどこだったのか? を検討するところからやってみる 外部のテスト専門会社に 依頼した目的はこれだった! 50 そもそも【ドメイン知識】の部分に外の力を借りるというのは、結構難しい話ですよね…内製 で頑張る部分と外の力を借りる部分を上手く使い分ける戦略が必要になってきますね
  51. 例えばこんなことから始めてみる! Case2 IT スキル ソフトスキル ドメイン 知識 テストスキル スキルがマッチするところを 選択して一緒にやろう!

    目的に立ち戻って、 本当に外の力を借りたかった スキル領域はどこだったのか? を検討するところからやってみる 51
  52. 例えばこんなことから始めてみる! Case2 IT スキル ソフトスキル ドメイン 知識 テストスキル スキルがマッチするところを 選択して一緒にやろう!

    目的に立ち戻って、 本当に外の力を借りたかった スキル領域はどこだったのか? を検討するところからやってみる 検討自体が難しければ、 検討を一緒にしてくれる ところの力をまずは借りる! 52
  53. アジャイル開発と同時に、組織の品質を上げたいが 頭打ち感がある Case3 テスト自動化を組織に横展開し てみたが、メンテナンスコストの増 加に見合う品質の向上が見られ ない… 53

  54. どのスキルを使っているか? ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 Case3 54

  55. ドメイン 知識 どのスキルを使っているか? ソフトスキル テストスキル IT スキル Case3 55

  56. ドメイン 知識 どのスキルを使っているか? ソフトスキル テストスキル IT スキル Case3 ツールを導入して 自動テストのコードを

    大量生産 56
  57. ドメイン 知識 どのスキルを使っているか? ソフトスキル テストスキル IT スキル Case3 自動化しているテストケースは、 プロダクトの特性に合わせて

    つくられたもの ツールを導入して 自動テストのコードを 大量生産 57
  58. バランスが崩れてしまっている状態… ソフトスキル テストスキル IT スキル ドメイン 知識 Case3 58

  59. ドメイン 知識 どこから手を付けるといいだろう? ソフトスキル テストスキル IT スキル Case3 59

  60. ドメイン 知識 どこから手を付けるといいだろう? ソフトスキル テストスキル IT スキル Case3 60

  61. 例えばこんなことから始めてみる! ソフトスキル テストスキル Case3 自動テストのそれぞれの 目的を言語化する 61 ドメイン 知識 IT

    スキル
  62. 例えばこんなことから始めてみる! ソフトスキル テストスキル Case3 目的ごとに実績を取得して 効果を測ってみる 自動テストのそれぞれの 目的を言語化する 62 ドメイン

    知識 IT スキル 目的が【画面のカバーをしたい!】だったら、『自動テストで画面をどれくらい通っているか?のカバー率』を測ってみるとか… 目的が【リリース後の不具合を減らしたい!】なら、『リリース後の不具合が減っているかどうか?』とか、『リリースしてから不具合が出るまでの時間』を計測をするとか…
  63. 足りないスキルを 埋めるために 関連情報のご紹介を時間が許す限り(/・ω・)/ 63 はじめに 対象とする課題 解決策 課題に対する解決例 参考情報

  64. IT スキル テストスキルを伸ばすなら… ソフトスキル ドメイン 知識 テストスキル 64

  65. JSTQBのシラバスで学ぶ IT スキル ソフトスキル ドメイン 知識 テストスキル http://jstqb.jp/syllabus.html 日本におけるソフトウェアテスト 技術者資格認定組織

    資格試験を受けなくても、 シラバスで学ぶことができます! 日本語訳がどんどん増えているので、興味 のある領域を中心に読むのがオススメ! ベーシックなのは【Foundation Level】から 65
  66. ASTERセミナー標準テキストで学ぶ http://aster.or.jp/business/seminar_text.html 初心者向けの テストエンジニア研修のテキスト PowerPointで公開されていて 練習問題もついているので 個人で勉強するのも チームで勉強会を開催するのも 使いやすい! IT

    スキル ソフトスキル ドメイン 知識 テストスキル 66
  67. ASTERセミナー標準テキストで学ぶ http://aster.or.jp/business/seminar_text.html 公開サイトに掲載されている 「ASTERセミナー標準テキスト」 の公開によせて の文章もぜひ読んでみてほしいです! IT スキル ソフトスキル ドメイン

    知識 テストスキル 67
  68. JaSSTに参加! http://www.jasst.jp/ ソフトウェアテストシンポジウム 各地域によって特色があって 扱われるテーマも変わるので 気になるキーワードがあれば 参加すると良いかも! IT スキル ソフトスキル

    ドメイン 知識 テストスキル 68
  69. http://www.jasst.jp/ まずは、過去のレポートから 開催内容や公開資料を 眺めてみるのもオススメ! JaSSTに参加! IT スキル ソフトスキル ドメイン 知識

    テストスキル 69
  70. https://wacate.jp/ ソフトウェアテストの 1泊2日の合宿形式勉強会 コミュニティ (直近はオンライン×2日間) ワークショップ形式で とことん手を動かして学ぶ場 WACATEに参加! IT スキル

    ソフトスキル ドメイン 知識 テストスキル 70
  71. https://wacate.jp/ まずは、過去の公開資料から 興味のありそうなものを 見てみると良いかも! WACATEに参加! IT スキル ソフトスキル ドメイン 知識

    テストスキル 71
  72. テスト自動化をちゃんと進めるなら… ソフトスキル テストスキル 目的ごとに実績の取得をして 効果を測ってみる 自動テストのそれぞれの 目的を言語化する 72 【再掲】 ドメイン

    知識 IT スキル
  73. テスト自動化ってそもそもなんだっけ?を 分かりやすく紹介してくれているスライドを見る! https://speakerdeck.com/yoshikiito/tesutozi-dong-hua-toosao-chu-robotuto https://speakerdeck.com/yoshikiito/ba-kechu-sou-tesutozi-dong-hua-aruaru このふたつのスライドはサラッと読めて 分かりやすくてオススメ! 73

  74. JaSST’21 Tokyoで紹介されていた 【テスト自動化で重要なこと】を参考に整理! https://www.slideshare.net/ssuser0dbbce1/ss-245319643?fbclid=IwAR22HKHlviDezFL1BkNXbXnEFDYICQrhcxT1sqVPbV- zB22AJ5bbk-fLuPQ 資料の12-16ページにある整理のフレームが秀逸で、これに当てはめて できていること/できていないことを整理すると改善のとっかかりが見つかると思います! 今回のCase3だとコアと概念がなくて中間層を導入して表層で苦労している…みたいな感じ。 気になる方はヒューマンクレストさんのセミナーもあるようなので参加すると詳しく聞けるかも? 74

  75. テスト自動化を組織的に戦略的に 人の育成もセットで!と本腰を入れるなら… https://speakerdeck.com/yoshikiito/tesutozi-dong-hua-puroziekutowozhi-eruji-shu-toshi-zu-mi テスト自動化エンジニアの ロールやスキル定義が 分かりやすく整理されています! 75

  76. 組織の品質保証戦略を考えるのに困ったら… 76 品質保証 ソフトウェア テスト 【再掲】

  77. SigSQAの活動を見に来てみてね! イマドキの品質保証を意識して、 直観的で使いやすいモノや考え方 を提供することを目指して活動 しているコミュニティ QAファンネル 納得感の共感 77 https://www.slideshare.net/YasuharuNishi/recollection-of- embedded-system-qa-in-the-last-decade

    48 of 89
  78. SigSQAの活動を見に来てみてね! https://www.sea.jp/ss2021/index.php 5月中にQAファンネル をテーマにパネルディスカッション (おかわり会)を開催予定 QAファンネル 6/3,4にSS2021の中で WGとしてQAオクタゴンの オンラインワークショップ実施予定 78

  79. 外の力を借りる手前で困ったら… IT スキル ソフトスキル ドメイン 知識 テストスキル 目的に立ち戻って、 本当に外の力を借りたかった スキル領域はどこだったのか?

    を検討するところからやってみる 検討自体が難しければ、 検討を一緒にしてくれる ところの力をまずは借りる! 79 【再掲】
  80. オンライン座談会するので相談に来てね! https://graat-agile.connpass.com/event/210490/ Connpassで受付中 お気軽に申し込みを! 80

  81. テストは広大だ! 品質保証はもっと広大だ! 81 最後に…これは私が最初にソフトウェアテストに足を踏み入れた2013年に出会ったキーワードです。 今日は4つのスキル領域に整理してスタートラインを見つけましたが、色々な観点でたくさんの領域があります。 一緒に広大なソフトウェアテストや、更に広い品質保証の世界を歩きませんか?

  82. 社内で DevOpsテス ト周りを推進 する上で消極 的な人、勉強 してくれない人、 どうしたらいい のか... 現状困っていることをヒアリングするところから始めてみる のはどうでしょうか?

    まさに、私が今回のお話をしようと思ったきっかけも同じよ うな気持ちからです。 「ここにテストスキルを少し加えたら、もっと楽にできたり もっと良くできたりするのに…」と思うことが色々あって、で も「テスト勉強会しませんか?」とかでは受け入れてもら えなかったんです。 実際に受け入れてもらえたのは、何か具体的に困ってい る場面で「こんな情報ありますよ」「こんな考え方使えま せんか」と提示してみた時でした。 きっと社内で推進しよう!となる裏側には「困っているこ と」や「これから困りそうなこと」が潜んでいると思います。 82 【おまけ:当日のQ&Aでお話したこと】