Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

GovTechとマーケットデザイン発表資料(CA森脇)

森脇大輔
February 24, 2022

 GovTechとマーケットデザイン発表資料(CA森脇)

2022年2月24日(木) 12:00~ 13:30

森脇大輔

February 24, 2022
Tweet

More Decks by 森脇大輔

Other Decks in Research

Transcript

  1. 保育所プロジェクト

    ~取組の現在地~

    株式会社サイバーエージェント

    AILab 経済学社会実装チーム 森脇大輔

    https://sites.google.com/site/dmoriwaki/


    View full-size slide

  2. プロジェクトの開始

    ● 2021年にUTMDと共同研究を開始

    ● 利用調整の実態をヒアリング

    ● 匿名化データの分析

    ● 渋谷区・多摩市との共同実証実験を
    開始


    View full-size slide

  3. 渋谷区における事例

    ● テーマ

    ○ 保育所手続きのデジタル化

    ○ 利用調整アルゴリズムの改善


    View full-size slide

  4. 利用調整アルゴリズムの改善

    ● SOFMアルゴリズムを適用した場合のシミュレーション分析を実施

    第N番目に希望した保育所に入所

    児童数

    不公平が起きたケース

    View full-size slide

  5. 現実応用のための課題

    ● 部屋の共有の現実性

    ● あまり定員の排除

    ● 保育所側のインセンティブの確保

    ○ 一部自治体では補助金を用いて年齢
    別定員を調整

    事務調整コストを
    超える効果を出せ
    るか
    保育所にとってインセンティ
    ブがあるか
    保育士の稼働率を
    妥当な範囲に抑え
    られるか
    人数に応じて部屋のレイア
    ウトを変えられるか
    あまり定員をなくせ
    るか

    View full-size slide

  6. さまざまなアルゴリズムとその性質

    アルゴリズム 特徴
    SOFM
    カリフォルニア大鎌田准教
    授、東京大学小島教授
    ● 職員数や施設面積等の制約下で定員を調整
    ● なるべく多くの児童をマッチできないか探索する
    ● ◯ マッチ数が現状より大きく増える、きょうだい同所入所
    ● ✕ 年齢別定員が大きく変化する
    NRMP
    米国研修医マッチングで利

    ● きょうだい同所入所に対応した受入留保アルゴリズム
    ● ◯ 年齢別定員が変化しない、きょうだい同所入所
    ● ✕ マッチ数が現状と変わらない、アルゴリズムが収束しない場合がある
    Nguyen-Vorha ● 最大2名の定員変化を許容することで、NRMPと似たマッチングを導く
    ● ◯ マッチ数が現状より少し増える、きょうだい同所入所
    ● △年齢別定員の多少の調整が必要な場合もある
    Okumura
    東京海洋大学 奥村准教授
    ● 職員数や施設面積等の制約下で定員を調整
    ● 受入保留など他のアルゴリズムと組み合わせ可能
    ● ◯ マッチ数が現状より増える
    ● ✕ 年齢別定員が変化する
    Biro et al. ● きょうだいの同所などを含めて整数問題として計算
    ● 目標とする指標を最大化
    ● ×解が見つからない場合もある

    View full-size slide

  7. 利用申請システムの改善

    ● システムによって「本来の」選好を引き出す

    ● 豊富な情報・使いやすさ・検討のしやすさ

    開発中画面


    View full-size slide

  8. 多摩市における事例

    ● 利用調整についての実証実験

    ● 課題感

    ○ 利用調整の自動化

    ○ アルゴリズムの最適化


    View full-size slide

  9. 利用調整ルールの改善

    ジニ係数

    2021年:0.475

    2022年:0.484


    View full-size slide

  10. 転園処理

    保育課の方に伝えたいこと

    ● 現状アルゴリズムについての理解

    ○ そもそもどういうアルゴリズムを採用している
    のか

    ○ ブラックボックスになっていないか

    ● データを用いた客観的検証

    ○ どのような指標を重視するのか

    ○ ほかのアルゴリズムとの比較

    公平性

    待機児童数

    きょうだいの同所率 

    資源の無駄

    希望の充足度


    View full-size slide

  11. 保育所の利用申請の全体最適化を目指す



    調









    ※さらに居宅
    事業等への斡
    旋など














    ・・・
    Twitter: @dmoriwaki

    mail: [email protected]

    View full-size slide