"お客さまの課題をエンジニアリングで解決する" Mackerel CRE のアプローチ / Introducing Mackerel CRE

"お客さまの課題をエンジニアリングで解決する" Mackerel CRE のアプローチ / Introducing Mackerel CRE

2019-03-09(土)開催・クラウドサポートエンジニアRecruiting Day での登壇資料です。

Dffbff07156358d0b83f728a3b3b0b8c?s=128

Daisuke Inoue

March 09, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2.

    Hello! ❖ 井上 大輔 (id:a-know / @a-know) ❖ 略歴 ➢

    SIerでシステムエンジニア(約 6年) ➢ Web系ベンチャー企業でサーバーサイドエンジニア(約 4年) ❖ 技術的なトピック ➢ Go / Ruby ➢ AWS / GCP ➢ Mashup Awards 2018 API部門賞 受賞
  2. 3.

    Hello! ❖ 三浦 美沙 (id:missasan / @mur_ms_) ❖ 略歴 ➢

    SIerでインフラエンジニア ➢ MSP企業でテクニカルセールスなど ❖ 技術的なトピック ➢ サーバー構築 / 運用 ➢ オンプレミス / クラウド
  3. 5.
  4. 24.

    変化を捉えてサポートする お客さまの変化をキャッチアップして適切にアクションする オンボーディング (導入) サクサク、ストレスなく Mackerel使ってもらえるよう になるまで。旧システムから の移行や、予定台数の導入 を終えている。 アダプション

    (定着) お客さまとよい関係を保ちつ つ利用を促進してもらう。お客 さまの状態を分析し、適切な タイミング・方法でアプローチ する。 ロイヤリティ (利用促進) Mackerelへの満足度も高く、 気に入っている。他チームな どでの利用を進めてくれる。イ ンフルエンサー。 テクニカルサポートは全てのステージに関わる
  5. 30.

    メンバーが増えたらできそうなこと - バケツの穴を塞ぐ活動 < バケツに水を入れる活動 - オンボーディングメニューの拡大 - devops, コンテナ,

    サーバーレス, 機械学習 ...etc - 変化するお客さまの環境やMackerelの技術要素に伴走 - 顧客変化を見逃さない仕組みの強化 - 行動ログから分析 - 自分たちの業務もエンジニアリングで効率化