Unity HDRPによって軽率にエモいグラフィックス環境を構築する

Unity HDRPによって軽率にエモいグラフィックス環境を構築する

エンジニア志望学生LTにて登壇した資料

E123f0d70182268563d4e63e23d8c55c?s=128

にー兄さん

May 14, 2020
Tweet

Transcript

  1. Unity HDRPによって軽率に "エモい"グラフィックス環境 を構築する にー兄さん(@ninisan_drumath) エンジニア志望学生LT

  2. にー兄さん(@ninisan_drumath) 万年外出自粛系大学生 筑波大学情報科学類3年(coins18) リアルタイムCG、Humanoid制御、AR/VRとか好き 最近のマイブームはシェーダとAzureKinect 最近はもっぱらUnity開発がメイン 5min LTが割と苦手なので心配...

  3. スライドは公開します SpeakerDeckになるはず

  4. agenda HDRP#とは HDRPでできること demo もっと!HDRP

  5. HDRP#とは

  6. builtin-RPとSRP 従来のUnity:build-in(legacy) Render Pipeline モバイル、VR、ハイエンドで同じRender Pipelineを使っていた →最適化が難しい! プラットフォームによってRPをカスタマイズしよう! →SRP(Scriptable Render

    Pipeline)の誕生 とはいえ1からRPを作るのは難しい →公式がsampleとして2つのRPを提供 →Universal RP(旧LWRP)とHigh-Definition RP
  7. URPとHDRP URP:軽量なプラットフォームに最適化されたRP HDRP:ハイエンド向けのRP

  8. HDRPでできること

  9. HDRPの強み 現実に寄せた画作りができるようになる リッチな表現ができる カメラの被写界深度やVolumetricFog グラフィックス設定が見やすくなった Post-Processingの設定やScene設定をProfileとして保存できる カメラ用、PostProcessing用、などでProfile分割ができる

  10. Volumetric表現 リアルタイムに高品質なVolumeRenderingができる 光の筋(光跡)が作れる 柔らかい光の表現ができる

  11. VFX Grapghによるパーティクル表現

  12. キャラクター表現 SSS(SubSurface Scattering)による 高品質な肌の質感表現 最近Toonシェーダもリリース(有料)

  13. demoシーン

  14. デモシーン

  15. これからのHDRP HDRP for VR:ハイエンドVR環境でHDRPの世界を体験することができる HDRP DXR:リアルタイムレイトレーシングの対応

  16. ご清聴ありがとうございました! にー兄さん twitter: @ninisan_drumath GitHub: @drumath2237