Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

GitHub Codespaces が拡げる開発環境、いつでもどこでも Visual Studio Code で!

dzeyelid
January 21, 2023

GitHub Codespaces が拡げる開発環境、いつでもどこでも Visual Studio Code で!

VS Code Conference Japan 2022 - 2023 でお話したセッションの資料です。
https://vscode.connpass.com/event/263206/

dzeyelid

January 21, 2023
Tweet

More Decks by dzeyelid

Other Decks in Technology

Transcript

  1. GitHub Codespaces が拡げ る開発環境、いつでもどこでも Visual Studio Code で! VS Code

    Conference Japan 2022 - 2023
  2. 岩永かづみ / Kazumi IWANAGA • Microsoft MVP for Azure •

    ZEN Architects 所属 • GitHub公認トレーナー • 得意な領域 • Infrastructure as Code • GitHub Actions による自動化 • 技術コミュニティ • Code Polaris / Hack Everything. • @dz_ • @dzeyelid • @dzeyelid
  3. ハピバ!🫶🍩 • Birthday donation • 国連UNHCR協会 • 難民支援 • 認定NPO法人フローレンス

    • 病児保育、待機児童、障害児保育、虐待、ひとり親貧困などの問題の解決 • 継続支援 • NPO法人 CLACK • 貧困家庭の高校生に、プログラミング学習支援とキャリア支援で自走の力を
  4. イントロ

  5. 開発は一カ所にとどまらない

  6. Visual Studio Code があれば • Windows, MacOS, Linux などマルチプラットフォーム対応 •

    Settings Sync で設定を共有できる • Live Share で環境を共有できる • コンテナや Vagrant などを利用して構築した環境に、Remote development で接続して開発できる
  7. Visual Studio Code の開発環境の例 コンテナ ランタイム Visual Studio Code コンテナ

    インスタンス Remote development
  8. でもまだ"運用でカバー"がなくならない? デバッグ中だけど、もう出かけないと。 途中のコード、push したくないなぁ… ノートPC、しばらく使ってなかったから npm install 終わらん! 出先で更新したとこ、取込み忘れてた! コンフリクト直さないと、めんどうだーー

    しかも、モバイル回線…
  9. そこで、 GitHub Codespaces

  10. GitHub Codespaces とは

  11. Visual Studio Code の開発環境の例 コンテナ ランタイム Visual Studio Code コンテナ

    インスタンス Remote development
  12. GitHub Codespaces の場合 Visual Studio Code codespace インスタンス Remote development

    GitHub Codespaces
  13. GitHub Codespaces の場合 Visual Studio Code codespace インスタンス GitHub Codespaces

    ウェブブラウザ
  14. GitHub Codespaces の場合 Visual Studio Code codespace インスタンス GitHub Codespaces

  15. GitHub Codespaces の場合 Visual Studio Code codespace インスタンス dev GitHub

    Codespaces codespace インスタンス review
  16. 実際に触ってみるデモ

  17. GitHub Codespaces ポイント

  18. 使い慣れたインタフェースから使う • ブラウザ、または対応したエディタやIDEから接続し、あたかもローカ ルで開発している感覚で利用できる • Visual Studio Code • JetBrains

    IDE • JupyterLab
  19. 使い慣れたインタフェースから使う • Visual Studio Code で GitHub Codespaces を使用する -

    GitHub Docs • JetBrains IDE で GitHub Codespaces を使う - GitHub Docs • 機械学習のための GitHub Codespaces の概要 - GitHub Docs
  20. テンプレートから環境を立上げられる • テンプレートから立ち上げる場合は、リポジトリがなくても利用できる

  21. リポジトリから環境を立ち上げられる • リポジトリを clone した状態で環境が立ち上がる

  22. 必要な環境を数クリックで作成できる • 認証済み、またはコミュニティによるベースイメージが提供されている • Features (後述)で主要なCLIや言語をインストールできる

  23. 必要な環境を数クリックで作成できる • 認証済み、またはコミュニティによるベースイメージが提供されている • Features (後述)で主要なCLIや言語をインストールできる

  24. 必要な環境を数クリックで作成できる • 認証済み、またはコミュニティによるベースイメージが提供されている • Features (後述)で主要なCLIや言語をインストールできる

  25. 誰でも同じ環境を立ち上げられる • 作成した環境設定(devcontainer.json)をリポジトリに置いて共有 うすることで、誰でも同じ環境を立ち上げることができる

  26. インスタンスはアカウントごと • 立ち上げたインスタンスはアカウントごとに分離されている • コラボレーションには、Live share やポートフォワーディング(後述) の公開を利用できる

  27. インスタンスのスペックを選択できる

  28. マシンタイプ マシンタイプ メモリ ストレージ 備考 2 core 4 GB RAM

    32 GB 4 core 8 GB RAM 32 GB 8 core 16 GB RAM 64 GB 16 core 32 GB RAM 128 GB 32 core 64 GB RAM 128 GB 申請が必要 6 core (1 GPU) 112 GB RAM 128 GB 申請が必要
  29. localhost へのポートフォワーディング • localhost にポートフォワードしてくれるため、あたかもローカル環境 のようにシームレスに開発できる • パブリック、または Organization 内向けに公開することもできる

  30. Dev container でカスタマイズ • Features による簡単インストール • VS Code のエクステンションのインストール

    • Dockerfile によるより自由なカスタマイズ
  31. Dev container でカスタマイズ

  32. prebuild で素早く立上げる

  33. 課金体系 • 利用時間とストレージの使用量で算出 • 個人アカウントには、1ヶ月あたり無料利用枠がふくまれる • GitHub Free – 15GB/月のストレージ、120時間/コアの利用時間

    • GitHub Pro – 20GB/月のストレージ、180時間/コアの利用時間 マシンタイプ 利用時間の価格/時間 2 core $0.18 4 core $0.36 8 core $0.72 16 core $1.44 32 core $2.88 ストレージ量 ストレージ量の価格/月 1 GB $0.07
  34. 課金の様子 ※ GitHub Pro の無料利用枠が適用されています

  35. 課金体系(Organization) • Organization 配下のリポジトリで codespace を立ち上げる場合、 Organization の設定によって、課金される対象が異なる Organization の

    spending limit 説明 0 codespace を起動するユーザーに課金される 1 以上、または Unlimited spending 上限に達するまでは、Organization に課金される
  36. 管理 • Dotfiles • シークレット • アカウント • リポジトリ •

    GPG verification • デフォルトのエディタ • アイドル タイムアウト • 保持期間 • リージョン
  37. 管理(Organization) • 利用可能なメンバー • ポリシー • マシンタイプ • ポートの公開範囲 •

    アイドル タイムアウトの最大値 • 保持期間の最大値 • 利用可能なイメージの制限 • API により、メンバーの利用状況を取得できる
  38. 管理(Organization)

  39. ぜひ体験してみてね! GitHub Codespaces

  40. GitHub Codespaces と Azure でつくる、 エンタープライズレベルの開発環境 https://msevents.microsoft.com/event?id=2453316745

  41. Thank you so much🍩.