Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

コミュニティご紹介資料/Community Information

コミュニティご紹介資料/Community Information

私たちコミュニティの基本情報をご紹介します。

Transcript

  1. コミュニティご紹介資料 エンジニアの登壇を応援する会 2018年12月30日版

  2. 2 目次 はじめに 1 2 3 3 活動内容のご紹介 9 運営組織のご紹介

    18
  3. 私たちの活動理念や行動指針などをご説明するとともに、 当会の概要をご紹介します。 はじめに 3

  4. ※2018年12月30日現在 組織名 エンジニアの登壇を応援する会 組織URL https://portal.engineers-lt.info/ 結成年月 2018年 8月 代表者名 森川

    晃 <ariaki@engineers-lt.info> 運営者数 14名 ※ 会員数 191名(Slack登録者数) ※ 活動内容 エンジニアの成長を目的とした以下の活動を実施 • コミュニティイベントの企画及び実施 • チャットサービス(Slack)上での各種支援 • 技術書等の共同執筆 • 技術イベントへの共同登壇 4
  5. 5 connpass https://engineers.connpass.com/ TECH PLAY https://techplay.jp/community/engineers-lt crash.academy https://crash.academy/community/engineersupport http://bit.ly/elt-slack Slack

  6. エンジニアにとって「幸福」とは、 自身が目指す理想像に近づく事だと私たちは信じます。 成長戦略を描き、実現に向けひたむきに努力するエンジニアに対して、 私たちはコミュニティを通じて支援を惜しまず、 共に未来を目指す事を誓います。 全てのエンジニアに成長と幸福をもたらす 6

  7. 私たちの学習は「知識の入出力が繰り返される」ことで成り立っており、 その中でもアウトプットは反復学習のために必要不可欠だといえます。 しかしそのハードルは高く、最初の一歩を踏み出せないエンジニアが沢山います。 私たちは、エンジニアがアウトプットを始める為の支援を通じて、 参加者の成長を促し、エンジニアコミュニティに対して貢献していきます。 アウトプットを促進する 7

  8. Interest Learn Output 私たちエンジニアにとって目指す べき将来は興味を根源とします。 興味を発掘し、学び、可能性を広 げる事で、エンジニアの価値を向 上します。 私たちは継続的な学習によっての み成長することができます。

    理想の将来像を描き、そこに向か い歩み続けるエンジニアに私たち は寄り添います。 私たちが学習や経験から得た知識 はオープンであり続けなければな りません。 コミュニティに知を共有し、学び 教えあう事で、イノベーションを 起こし続けます。 8
  9. 私たちの活動内容及び今後の計画をご紹介します。 また、併せてコミュニティガイドラインをご説明します。 活動内容のご紹介 9

  10. 私たちの活動 10 私たちの行動指針である「Interest」「Learn」「Output」に基づき、参加 者の学習と成長を促す様々なイベントを概ね月1回開催しています。 コミュニティ参加者のアウトプットを促進する為、技術書典等のイベントへ の合同出展、カンファレンスへの合同登壇、などを計画(※2019年実施予 定)しています。 チャットサービスであるSlackを利用し、コミュニティ参加者との日常的コ ミュニケーションを通じて登壇/執筆のサポートをはじめ、スキルアップの ため様々な支援を行っています。

    イベント開催 合同アウトプット コミュニケーション
  11. 執筆の技術 登壇の技術 読書の技術 学習する 目標設定の技術 : 実践する 11 合同執筆 合同登壇

    LT大会 : 支援の全体像
  12. 開催イベント(実績) 12 登壇の技術を勉強する会 #1 2018年 08月 2018年 09月 2018年 10月

    2018年 11月 2018年 12月 執筆の技術を勉強する会 #1 秋の夜長の自由研究LT大会 読書の技術を勉強する会 #1 エンジニアの登壇を応援する忘年LT大会 夏休み自由研究LT大会
  13. 開催イベント(計画) 13 目標設定の技術を勉強する会 #1 2019年 01月 2019年 02月 登壇の技術を勉強する会 #2(仮)

    真冬の自由研究LT大会(仮) カジュアルLT大会 #1
  14. 14 登壇支援 リハーサル 合同リハーサルを実施すること でより聴衆に伝わるように改善 を促し、また練習を通じて登壇 者に自信をつけて頂き、発表品 質の向上を目指しています。 LT大会 初心者の登壇を促進する各種イ

    ベントを実施しています。 • 自由研究LT大会 • 忘年LT大会 • カジュアルLT大会 • その他 振り返り会 イベント全体の振り返りだけで なく、登壇内容について各自に KPT形式で振り返りを促すこと で、初心者が次ステップに進む ことを支援しています。 イベントのみでなく、その前後を含めた支援が私たちの特徴です。 登壇を通して成長の機会となる事を目指しています。
  15. その他の支援 15 コミュニティ参加者によって合同で1冊の本を執筆します。 • エンジニアの登壇を応援する合同誌 https://github.com/engineers-lt/rooting-book-1 合同執筆企画 合同登壇企画 コミュニティ参加者によってセッションや勉強会を企画します。 •

    カンファレンス合同登壇を企画中 • コミュニティ参加者が主催する勉強会を企画中
  16. コミュニケーション(Slack) 16 過去30日間で 37,723メッセージ が投稿され、アクティブユーザは 120名以上 となります。 ※2018年12月30日時点 週間アクティブユーザ

  17. 17 我々は、コミュニティ参加を通じて常に他者に敬意をもって接します。また、特定の個人や団体に対しての攻撃的な 発言を慎み、あらゆるハラスメントや差別を排除し、快適で安全かつ安心なコミュニティ運営ができるよう、参加者 全員が徹底します。悪質な勧誘やなりすまし行為、個人情報の不正利用、性的コンテンツの掲示などの迷惑行為を許 さず、反社会的勢力の構成員または協力者を加入させません。本ガイドライン違反者に対しては主催者はあらゆる手 段を講じて排除し、円滑なコミュニティ運営に努めます。 上記のように、私たちはコミュニティ参加者が誰しも安全に過ごせる事を第一に考えています。 スポンサー様を含む全ての関係者に対し、このガイドラインを遵守していただくことをお願いしております。 ガイドラインの全文は以下よりご覧いただけます。 https://portal.engineers-lt.info/guideline

    コミュニティガイドライン 概要
  18. 私たち「エンジニアの登壇を応援する会」の運営組織および 運営方針についてご説明します。 運営組織のご紹介 18

  19. 19 運営者 KANE @higuyume kent @kentfordev ながしー @nagashi_ma_w もっと @mottox2

    かめねこ @kameneko1004 yukpiz @yukpiz ねむ @nemu1986 長村ひろ @hirosys_ さっぴー川原 @sapi_kawahara 水殿 @midono_ap1 てぃーびー @tbpgr ざき @zucky_zakizaki まみー @mamy1326 ariaki @ariaki4dev
  20. 運営体制 20 運営委員会 内部統制 情報システム 会計 広報 設営 組織継続に必要となる規則策定と内部統制を行います。 公式サイト作成のほか、サービス選定や技術インフラを整備します。

    組織の収支会計を行い、運営の透明化を図ります。 組織情報を適宜開示し、対外的な広報活動を行います。 イベントに関する準備及び実施を統率します。
  21. 組織の意思決定 運営委員会 私たちは合議制によって意思決定します。 全運営者による「運営委員会」を月次で行い、これを 最高意思決定機関としています。 この場では、人事・予算・規約・運営方針など、重要 な事項を付議し、参加運営者によって合議します。 21 チーム 権限及び業務をチーム毎に分担し運営しています。

    チーム間における情報交換は各チームにより毎週提出 される週報によって行われ、全運営者はこの情報を常 に参照することで運営状況を把握します。
  22. 収支状況 22

  23. 道標 私たちは、エンジニアが成長するための道標となる事を目指します。 成長への支援により、エンジニアコミュニティ全体に貢献します。 となること

  24. エンジニアの登壇を応援する会 https://portal.engineers-lt.info/