Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

新卒採用・育成を通じて、プロダクト人材が育つカルチャーを作りたいお話 / How to Make Developer's Educational Culture

新卒採用・育成を通じて、プロダクト人材が育つカルチャーを作りたいお話 / How to Make Developer's Educational Culture

このスライドは、2022/07/01 に開催された「第二回 プログラミング教育について話し合う会」で発表したものです。

cf. https://opt.connpass.com/event/248023/

Kazuyuki TAKASE

July 01, 2022
Tweet

Transcript

  1.        © Chatwork 新卒採用・育成を通じて プロダクト人材が育つカルチャーを作りたいお話 2022/07/01 [Fri] CTO 室 高瀬和之 Chatwork 株式会社

  2. 2019 年に Chatwork 株式会社へ フロントエンド・エンジニア としてジョインし、 リリース基盤やビデオ通話アプリケーションの開発に従事。 2020 年から エンジニア採用広報に転身

    し、技術イベント運営や エンジニア採用を主業務とする。 パラレルワークで講師業 も営む。 自己紹介 - 高瀬 和之 (たかせ かずゆき) 2  :@Guvalif YouTube にて アーカイブ配信中!
  3. ※ 免責事項 ※ 3 • この発表では、Chatwork における実績 とは別に、個人の見解 が含まれる箇所があります •

    これらを明確にするために、それぞれ異なるフォーマットを適用します • 個人の見解に関する部分で お叱り がある場合は、個人責任 のもと誠心誠意ご対応いたします Chatwork における実績 個人の見解
  4. プロダクト開発を習得するためのコンテンツ設計 講師の役割とレベルデザインの考え方 継続的にプロダクト人材が育つカルチャーづくり 1 2 3 AGENDA アジェンダ

  5. プロダクト開発を習得するためのコンテンツ設計 1

  6. 「観察」からはじめよう 🔍 6 • 学習者の 状況 や 背景 がわからなければ、適切なコンテンツを届けることはできません 󰢃

    • 誰かにとっての "良い" コンテンツ は、誰かにとっての "悪い" コンテンツ になりうる (逆も然り) ◦ そのように心がけながら、私の場合はコンテンツを作成しています もくもく派? わいわい派? 最初から? 途中から? 理論派? 実験派? 理系? 文系? etc …
  7. Chatwork における新卒人材のレベル感 7 • 接触初期時点において: ◦ なんらかの プログラミング言語経験 があり、なんらかの アプリを形にした経験

    もある ▪ ただし、Web アプリとは限らない ▪ インターンシップ (or 実務) 経験は、ある人もない人も マチマチ • ほとんどが インターンシップを経由して、本選考 & 内定承諾 にいたる ◦ ※ 本選考だけのパターンは、新卒採用の認知度がないためかそもそも応募が少ない 😇 ◦ ※ この発表を見られた学生の皆さま、ぜひ本選考もご贔屓に … 🙏 "基礎知識の一歩先" "実務に近い開発" … を盛り込むかな?
  8. 知識伝達 知識の 分解・再構成 応用知識の 習得 基礎知識の 習得 "学習のレベル" と習得のロードマップ 8

    原体験 経験学習 経験学習 経験学習 知らない & できない 知っている & できない 考えるとできる 考えなくてもできる 教えられる • それぞれのステップと経験学習を通じて、"学習のレベル" を上げていく • コンテンツの設計も、これに当てはめて考えてみる
  9. Chatwork における習得のロードマップ 9 知識伝達 知識の 分解・再構成 応用知識の 習得 基礎知識の 習得

    原体験 (獲得済み) 経験学習 経験学習 経験学習 知らない & できない 知っている & できない 考えるとできる 考えなくてもできる 教えられる インターンシップの 講義を通じて機会提供 (+α なレベル感で) 新卒技術研修の 講義を通じて機会提供 (社内勉強会なども活用) インターンシップの 演習を通じて機会提供 (入社までにも自発的に) 新卒技術研修の 演習を通じて機会提供 (業務でも自発的に) 社内講師登用 & 教材作成 1 3 5 2 4
  10. サマーインターンシップのカリキュラム体系 (2022) 10 アジャイル・スクラムの技法 ドメイン駆動設計の戦略と戦術 デザイン・エンジニアリング基礎論 0 から作って学ぶ MV*と SPA

    の原理 型システムによる制約と計算効果の取り扱い React と宣言的 UI アプリケーションのレイヤー設計と Redux SPA のフロントエンド構築 SPA のバックエンド構築 Scala 基礎演習 データベース概論 テストによるアプリケーションの品質保証 Akka HTTP によるサーバー構築 サーバーセキュリティ基礎論 Web サービス開発の基礎 イベントストーミング 運用 プロダクト・マネジメントとは? ★ 開発演習 ★ 専門講義 (BackEnd) ★ 共通講義 ★ 専門講義  (FrontEnd)
  11. 技術研修のカリキュラム体系 (2022) 11 クオリティ・アシュアランス基礎論 (講師:社外依頼) セキュリティ基礎論 (講師:社内人材) アジャイル・スクラム基礎論 (講師:社内人材) チーム開発演習

    (ScM:社内人材) プロダクトマネジメント演習 (アドバイザー:社内人材) KENRO 演習 (アドバイザー:社内人材) プロダクトデータから、 AARRR 観点で改善指標を 探し、提案を行う 配属予定部署の課題を、 1Wスクラム × 2 セットで プロダクトを開発し解決 e-Learning システム上の サンドボックス環境で、 攻撃・防御手法を体験 ★ 講義型研修 ★ 演習型研修 情報管理 開発手法 品質管理 2W 1W 1W
  12. ここまでのまとめ 12 【コンテンツ設計で大切にしていること】 • まずは「観察」から (採用母集団 & 採用フローを考慮にいれる) • 「知識習得

    → 経験学習」というリズム を必ずつくる 【疑問として出そうなこと】 • 実際のところ OJT (経験学習) だけじゃダメなの? • このあたりのお話は『講師の役割とレベルデザインの考え方』で深ぼっていきましょう
  13. 講師の役割とレベルデザインの考え方 2

  14. • フォーカス対象: ◦ 学習者 • 役割: ◦ 学習者の目標と、現時点における ギャップを明らかにすること ◦

    学習にあたっての障害を検査すること ▪ 障害への適応も適宜サポートする ◦ 必要に応じて適切な失敗を促すこと ◦ "経験学習の支援" が主戦場 大きく二つの講師の役割 14 • フォーカス対象: ◦ コンテンツ • 役割: ◦ 自らの持つ知識を、分解・再構成し コンテンツ化すること ◦ 適切なレベル感のコンテンツを、 必要に応じて外部から調達すること ◦ コンテンツを通じて知識を伝えること ◦ "知識習得の支援" が主戦場 コンテンツプロバイダー 観察者 いわゆる先生っぽい役割 スクラムマスターっぽい役割
  15. Chatwork におけるレベルデザインの主要パラメータ 15 • コンテンツに対する "満足度" と "理解度" をコントロールする 満足度

    理解度 不満 満足 低い 高い
  16. Chatwork における "満足度" & "理解度" の目標ポイント 16 満足度 理解度 不満

    満足 低い 高い • 知識習得のレベリングに注力 し、経験学習のレベリングは深く考慮しない & 自由度を高めに設定 知識習得の 目標ポイント
  17. なぜ知識習得は "満足度 = 高" & "理解度 = 中" を狙うのか? 17

    • 理解の余白が大事 と考える ◦ 余白の部分を、いかに自律的に経験学習しながら埋めていけるかが重要 • プロダクト人材は、新たな知見を能動的に学習し続ける必要がある ◦ 新卒初期に、理解度を自ら上げられたという成功体験 を得ることで、その素地を強固にしたい 分かったような、 分からないような … 見よう見まねで 試してみるか …? そういうことか! 経験学習を通じて … このモチベーションのために "満足度" が必要 "理解度" を自ら上げられたという成功体験
  18. Chatwork における新卒育成実績データ 18 最初から経験学習を行う場合の結果 (N = 2) 満足度 理解度 不満

    満足 低い 高い 満足度 理解度 不満 満足 低い 高い 知識習得後に経験学習を行う場合の結果 (N = 5) 経験学習 知識習得 分散小かつスコア改善
  19. ここまでのまとめ 19 【Chatwork の育成における実績】 • 知識習得と経験学習を織り交ぜる ことで、学習効果の底上げ が期待できる 【コンテンツプロバイダー目線】 •

    知識習得に関して、理解度を常に 100% に持っていくことは非常に困難 • 理解度 50% 前後で良い場合、コンテンツ制作の幅が広がる 【観察者目線】 • 経験学習に関して、レベリングを行うことはそもそも困難 • 知識習得にレベリングを寄せて良いのであれば、純粋に観察に集中できる
  20. 継続的にプロダクト人材が育つカルチャーづくり 3

  21. 経験的事実 21 • 知識習得を行った後、経験学習を行うと学習効果が高い • 学習効果だけを見た時に、コンテンツを 内製 する or 外部調達

    するのかには 自由度 がある 適切なレベル感のコンテンツを外部から調達し、それを伝える 経験学習の機会をつくる • この組み合わせだけでも十分に効果は得られる
  22. • コンテンツを 内製することの意義 は、既存社員を 学習のレベル 5 へと導く こと • これにより、既存社員と新卒社員それぞれに学びの循環が作れることになる!

    再掲) "学習のレベル" と習得のロードマップ 22 知識伝達 知識の 分解・再構成 応用知識の 習得 基礎知識の 習得 原体験 経験学習 経験学習 経験学習 知らない & できない 知っている & できない 考えるとできる 考えなくてもできる 教えられる 学びの循環を形成!
  23. ある日のテックリードとの会話 23

  24. PERSONAL 個人的な野心,その 1 24 • Chatwork においては、"原体験" の部分には現状ノータッチ • 産学連携の枠組みで、初等・中等教育段階における原体験づくりをお手伝いしたい!

    • 原体験づくりの場を提供してくださる人たちに、スポンサードなどの形で支援をしたい!
  25. PERSONAL 個人的な野心,その 2 25 • 本選考のみを経由して内定承諾にいたる学生が増えてくれば、"基礎知識の習得" も強化が必要 • 外部の教材も適材適所で活用し、その活用事例を発信することで支援をしたい!

  26. まとめ 26 知識伝達 知識の 分解・再構成 応用知識の 習得 基礎知識の 習得 原体験

    経験学習 経験学習 経験学習 知らない & できない 知っている & できない 考えるとできる 考えなくてもできる 教えられる • Chatwork では、"学習のレベル" それぞれに対応したコンテンツを、 新卒採用から新卒育成までを通じて提供している • また、中途人材にはレベル 5 にも挑戦してもらい、学びの循環を形成している
  27. 最後に宣伝を少しだけ …

  28. 人事・組織戦略立案 ブランドリフト 採用・育成 ピープルマネジメント We are Hiring !!! 28 副本部長

    VPoE & ピープルマネージャー エンジニア採用広報 & 人事 エンジニア採用広報 PO ScM HRBP 全体支援 人事企画 & 組織開発を横断するスクラムチームで、プロダクト人材の成長環境 を一緒につくりませんか?
  29. 2022 年度,サマーインターンシップの資料を公開予定! 29 絶賛社内調整中ではありますが、秋頃の公開を目処に準備中 …   

  30. 働くをもっと楽しく、創造的に