$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

人類そしてあなたはなぜブログを書くのか〜皆様への激励を添えて〜

 人類そしてあなたはなぜブログを書くのか〜皆様への激励を添えて〜

クラスメソッド2022年新卒向けに書いたブログ論。テクより精神面メインです。

濱田孝治

April 06, 2022
Tweet

More Decks by 濱田孝治

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ⼈類、そしてあなたは なぜブログを書くのか︖ 〜皆様への激励を添えて〜 2022/4/6 CX事業本部 MAD事業部 濱⽥孝治 1

  2. 2 ⾃⼰紹介 濱⽥孝治(ハマコー) • CX事業本部 MAD事業部⻑ • 2017年9⽉⼊社︓AWS事業本部コンサルティング部から2020年 7⽉にCX事業本部に異動 •

    Japan APN Ambassador 2020 • JAWS-UG コンテナ⽀部運営 • 好きなサービス︓ECS, EKS, App Runner • 好きな⾔葉「わっしょい」 • @hamako9999 • 最近の趣味︓プロジェクトセカイ
  3. 3 ジョインブログ 2400字

  4. 4 ⼊社以来のブログ執筆ステータス https://dev.classmethod.jp/author/hamada-koji 34698/191=181.6(1記事あたりシェア数)

  5. 5 シェア数5期連続TOP(2018 4Q〜2019 4Q)

  6. 6 最初に

  7. 7 今⽇⾃分は ブログの書き⽅の話を しようと思ってました

  8. 8 しかし その前に 考えておくべきことが あるのでは︖

  9. 9 名著

  10. 10 断⾔ 書き⽅(how)の前に なぜ(why)を意識しておくほうが ⻑きに渡って書ける

  11. 11 みなさんのこれからの ⻑きにわたる社会⼈⼈⽣に 今⽇の話が役⽴つことを願ってます

  12. 12 改めて

  13. 13 1分間 皆さんなりの ブログを書く理由を 考えてみてください

  14. 14 Agenda • ハマコーの今まで • ブログを書くことの意味 • 雑談ターイム • 書き⽅について

  15. 15 ハマコーの今まで

  16. 16 ハマコーの今まで • 2001年に前職(シーエーシー)に新卒⼊社 • PG→SE→PM、アーキテクトなどを担当 • 特に技術情報の社外向け情報発信は皆無 • 個⼈ブログ(ガジェット系)と、モバレコ(商業媒体へ

    の寄稿)とかはやっていた
  17. 17 ハマコーの今まで • 2017年9にクラスメソッド⼊社 • AWS事業本部ソリューションアーキテクト • AWS認定資格と業務に勤しみながら、DevelopersIOに 記事を書いていく •

    このときは⾃分の専⾨性とかは意識せずに、業務で⾝に つけた、提案した内容などを書き続けていた • コンテナ界隈が⾯⽩くなってきて、2018年1⽉あたり から、コンテナ関連の記事を書き始める
  18. 18 ハマコーの今まで(転機)

  19. 19 登壇するまでの経緯 • 2018年9⽉10⽇ • 嵩原さん「Developers.IO 2018 セッション⼀覧決まりま した〜」

  20. 20 登壇するまでの経緯 • 2018年9⽉10⽇ • 嵩原さん「Developers.IO 2018 セッション⼀覧決まりま した〜」 •

    ハマコー「お、えーなになに。聞いてないぞ。そもそも聞 かれてないし、どういうことやねん(# ゚Д゚)」
  21. 21 登壇するまでの経緯 • 2018年9⽉10⽇ • 嵩原さん「Developers.IO 2018 セッション⼀覧決まりま した〜」 •

    ハマコー「お、えーなになに。聞いてないぞ。そもそも聞 かれてないし、どういうことやねん(# ゚Д゚)」 • ハマコー「てか、こんだけセッションあるのに、は︖コン テナセッションない︖このご時世に︖どういうこっちゃ︕ (•`ε´•)」
  22. 22 登壇するまでの経緯 • 佐々⽊さんに凸撃

  23. 23 登壇するまでの経緯 • 3分後横⽥さんから

  24. 24 登壇当⽇ めちゃくちゃ準備して 最⼤限に集中して ごっつ楽しんで しゃべることができた

  25. 25 登壇して感じたこと • 普段のブログの発信が確実に登壇機会につながった • 社内外で「コンテナハマコー」的な雰囲気になった • 登壇することの怖さが全くなくなった

  26. 26 登壇して感じたこと • 普段のブログの発信が確実に登壇機会につながった • 社内外で「コンテナハマコー」的な雰囲気になった • 登壇することの怖さが全くなくなった ブログ しつこく書いててよかったなぁ

  27. 27 要約すると エンジニアとしてのプレゼンスが 特になかった⾃分が 社内外で認知されいろんな仕事が できるようになったのは まさにブログを通じての情報発信が きっかけになった

  28. 28 ブログを書くことの意味

  29. 29 クラスメソッドにおけるDevelopersIOとは クラスメソッドの“アウトプット主義”に基づき 全社員が社外および社内の読者へ情報共有 ・とにかくアウトプット ・書きたいときに書きたいことを書きたいように書く ・読者に有益なら社内のノウハウでも書く

  30. 30 図でまとめてみる エンジニア コンテンツ フィードバック

  31. 31 エンジニアへのフィードバック例(はてブ)

  32. 32 会社とエンジニアの双⽅にメリット 会社 • 圧倒的な量のコンテンツで認知度向上 • ほぼ全てインバウンドで営業活動が完結 エンジニア • 個⼈としての市場価値の向上

    • ネームバリュー向上による転職市場の価値向上
  33. 33 さらに クラスメソッドに所属している 皆さんだからこその特⾊

  34. 34 図でまとめてみる エンジニア コンテンツ フィードバック ここが異常に強い (⽇本⼀)

  35. 35 DevelopersIOの強さを活かしましょう︕︕ • ⽇本⼀の企業テックブログとしての認知がある • DevelopersIOでブログを書くことはいろんな意味で レバレッジが効きやすい • 社会⼈⼈⽣(エンジニアとして、営業として)に 様々な可能性がでてくる

    書いていて無限のメリットがあるので、 是⾮定期的に書き続けていただきたい
  36. 36 ハマコーなりのなんで︖ Developers.IOに書くのが楽しいから

  37. 37 ハマコーなりのなんで︖ Developers.IOが圧倒的に 読まれるメディアだから

  38. 38 巨⼈の肩に乗っかっている気分

  39. 39 結び 先⼈が積み上げたブランドに感謝 しつつ、せっかくのクラスメソッ ド社員なので、Developers.IO、使 い倒してみれば良いと思います。

  40. 40 雑談ターイム

  41. 41 雑談タイムネタ • 「何故ブログを書くのか︖」皆さんなりに答えでま したか︖ • どんなネタが書けそうか︖書きたいか︖ • その他もろもろ、話したいことあれば

  42. 42 書き⽅について

  43. 43 書き⽅について リファレンス情報はNotionにまとめます

  44. 44 皆さんのブログ⼈⽣が 良きものになることを 願っております