Backlog for Amazon Alexa enhance.

Backlog for Amazon Alexa enhance.

5af8e5bd2f24e4ea0cee732c6cc259b3?s=128

haruharuharuby

April 06, 2019
Tweet

Transcript

  1. Backlog for Alexa Enhance Thinking about ... between VUX and

    Project Management
  2. Who am I (Tomoharu Ito) Alexa Champion Assisted Certified Alexa

    Skill Builder as a Subject Matter Expert Living in the Netherlands https://hugtech.io
  3. Agenda Introduction VUX with Project Management Backlog for Alexa to

    be more adviser Conclusion
  4. Introduction

  5. Backlog

  6. 「Backlog」とは? Nulab.Inc の提供する課題管理SaaS APIは(ほぼ)オープン。管理画面でできることはだいたいなんでもできる Typetalk、Cacooとシームレスな連携が可能 マークダウンの描きごこちは一長一短かな 家計管理にまでBacklog使う人が出てきている 全体的にやわらかい色とデザインがプレッシャー感じなくて好き(*超個人的意見)

  7. Backlog for Amazon Alexa

  8. 「Backlog for Amazon Alexa 」とは? Backlogスペースの進捗をAlexaが教えてくれるスキル 初回リリースは、自分が担当している課題の進捗状況と、スペース全体の進捗状況を教 えてくれる 日本とUSで提供 「アレクサ

    、バックログを開いて、進捗を教えて」
  9. Bypassing Account Linking Account Link Bypassing OAuth2 [ Authenticate URL

    ] <spaceId>.backlog.com
  10. Bypassing Account Linking Account Link Bypassing OAuth2 OAuthParameter {STATE: xxxxxxx}

    OAuthParameter { spaceId: aaaaa, STATE: xxxxxxx } Length of STATE parameter does not match of size.
  11. Bypassing Account Linking Account Link Bypassing OAuth2 OAuthParameter {STATE: xxxxxxx}

    OAuthParameter { spaceId: aaaaa, STATE: xxxxxxx } Length of STATE parameter does not match of size. Nulabさんにアサーションしたら 1週間ほどで直してくれました。
  12. Conception for Construction Communica tion Workflow Repository HogeHogeIntent ‘Project looks

    good today. Resolved: 10, Tasks: 22 InProgress: 10 Term: 4 months
  13. Communication Layer ユーザーとの会話を豊かにするための層 「利用状況に合わせた発話」 「利用頻度に応じたWelcomeメッセージ」 「ちょっと気の利いたひとこと」

  14. Workflow Layer ユーザーの発話した内容から意図を汲み取り、処理する層 (ユーザーの意図は Intent としてすでに分けられた状態でスキルに入ってくるので、実 質ここではそれぞれの Intent に対する処理を記述するだけ) 「進捗状況を取得して、分析して、結果をコミュニケーションレイヤーに送る」

  15. VUX with Project Management

  16. Thinking about Project Management ...

  17. Project Managerは沢山のことを考えている。 The Project Manager has a lots of things

    to have to care.
  18. What a Project Manager doing usual? Analyze/judgement Decision

  19. さまざま入力を分析、判断して次の決定につなげている The Project Manager gained many inputs for analytics and

    judgement.
  20. Voice Assistant に出来ることはなんだろう?

  21. What things can the Backlog do ... Get Space Get

    Recent Updates Get Space Logo Get Space Notification Update Space Notification Get Space Disk Usage Post Attachment File Get User List Get User Add User Update User Delete User Get Own User Get User Icon Get User Recent Updates Get Received Star List Count User Received Stars Get List of Recently Viewed Issues Get List of Recently Viewed Projects Get List of Recently Viewed Wikis Get List of Groups Add Group Get Group Update Group Delete Group Get Status List Get Resolution List Get Priority List Get Project List Add Project Get Project Update Project Delete Project Get Project Icon Get Project Recent Updates Add Project User Get Project User List Delete Project User Add Project Administrator Get List of Project Administrators Delete Project Administrator Get Issue Type List Add Issue Type Update Issue Type Delete Issue Type Get Category List Add Category Update Category Delete Category Get Version/Milestone List Add Version/Milestone Update Version/Milestone Delete Version Get Custom Field List Add Custom Field Update Custom Field Delete Custom Field Add List Item for List Type Custom Field Update List Item for List Type Custom Field Delete List Item for List Type Custom Field Get List of Shared Files Get File Get Project Disk Usage Get List of Webhooks Add Webhook Get Webhook Update Webhook Delete Webhook Get 、Issue List Count Issue Add Issue Get Issue Update Issue Delete Issue Get Comment List Add Comment Count Comment Get Comment Update comment Delete Comment Get List of Comment Notifications Add Comment Notification Get List of Issue Attachments Get Issue Attachment Delete Issue Attachment Get List of Linked Shared Files Link Shared Files to Issue Remove Link to Shared File from Issue Get Wiki Page List Count Wiki Page Get Wiki Page Tag List Add Wiki Page Get Wiki Page Update Wiki Page Delete Wiki Page Get List of Wiki attachments Attach File to Wiki Get Wiki Page Attachment Remove Wiki Attachment Get List of Shared Files on Wiki Link Shared Files to Wiki Remove Link to Shared File from Wiki Get Wiki Page History Get Wiki Page Star Get Watching List Count Watching Get Watching Add Watching Update Watching Delete Watching Mark Watching as Read Get Project Group List Add Project Group Delete Project Group Get Group Icon Get Licence Get List of Teams Add Team Get Team Update Team Delete Team Get Team Icon Get Project Team List Add Project Team Delete Project Team 144 APIs ... BacklogのAPIを声で使えるようにする?
  22. 欲しいのは意思決定するための多角的な分析

  23. What can Alexa do for a Project Manager? Don’t give

    alternatives. Give suggestions.
  24. アシスタントが実装すべきは、機能でなくノウハウ

  25. Be a adviser !

  26. Backlog for Alexa to be more adviser

  27. New Construction Communica tion Workflow Repository HogeHogeIntent Resolved: 10, Tasks:

    22 InProgress: 10 Term: 4 months Analytics
  28. Environment ASK-SDK: v1 Editor: 各自好きなもの リポジトリ: Bitbucket 言語: node.js デプロイ:

    Interaction Model: ASK-CLI Backend: Serverless framework ASK-SDK: v2 Editor: Cloud9 リポジトリ: CodeCommit 言語: node.js デプロイ: Interaction Model: CodeStar Backend: CodeStar
  29. CodeStar

  30. Pros of CodeStar AlexaスキルのCI/CDプロセスが一瞬で作れる テンプレートが豊富。SAMが勝手についてくる ASK-CLIの設定でこける心配をしなくてよい リポジトリへのPushでデプロイできる IAMの設定がSAM側のテンプレで可能 チームプレイがしやすくなる チームメンバーの管理もAdmin画面でできる

  31. Cons of CodeStar CloudFormation のデプロイになるので時間がかかる Pushするたびに、Lambda と InteractionModel の両方をデプロイするので、時間がかか る

    Cloud9 がEditorとしては少し他におとる。Extensionが豊富な VS Code と比較すると見 劣りする。標準で選べるエディタとしては、「VisualStudio」という選択肢もある。(Cloud9 はエンハンスが早いので期待)
  32. Note AlexaのテンプレートからCodeStarのプロジェクトを作ったら、まず最初にデフォルトの状 態でデプロイしておく。(InvocationNameやスキル名はhello nodeになる) 上の状態から変更を加えていくこと。 先にInteractionModelを作っておいて、あとから、CodeStar経由でデプロイすることはで きない。

  33. Communication Layer

  34. Localization V1 の Language プロパティ → Interceptor に移行 https://developer.amazon.com/blogs/alexa/post/285a6778-0ed0-4467-a602-d9893eae34d7/how-to-localize-your-alexa-skills

  35. Localization 言語部分だけを切り出して定義できる。

  36. Localization (customized) 初回訪問 2回目 3回目以降 indexを指定して取る arrayからランダムに1つ取る

  37. Talk オブジェクト    それぞれのインテントに名前を対応さ せてつくるとわかりやすい。 Localize したオブジェクトを組み合わせてシーンに合わせた会話を作る。 会話を膨らませたり、シンプルに返したり。。。

  38. Talk オブジェクト(使っているところ)     talkインスタンスの中でいろい ろできるので、柔軟に会話がビ ルドできる。

  39. Workflow Layer

  40. OneToOne workflow

  41. handler オブジェクト(使っているところ)     Handle() の中がシンプルに。

  42. Analytics Backlogから取得した情報を分析するオブジェクト。スキルの脳みそ部分。

  43. Repository Layer

  44. Api BacklogのAPIをCallして、分析の元になるデータをもらう層

  45. New Construction (Detail) handler workflow talk api i18n analytics エントリー

    コンダクター コミュニケーター ホスピタリティ
  46. Conclusion

  47. 「コミュニケーターとホスピタリティ」 • コミュニケーター層で会話を豊かに。 • ホスピタリティ層でプラスアルファを。 • コンダクターを導入してハンドラーをシンプルに。 • チームで開発で規模の大きなスキルを作成するなら、CodeStarの利用がおすす め。

  48. Be a adviser for Project Manager ! Don't become copy

    of the System.