$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

How to be a better Rubyist

How to be a better Rubyist

TamaRuby会議特別企画

hayashiyoshino

July 06, 2019
Tweet

More Decks by hayashiyoshino

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 特別企画 How to be a better Rubyist

  2. カンファレンス開催前に Twitter上でRubyistの方達の 成長にまつわるお話を知りた いと思いアンケートを実施 し、その結果をまとめまし た。 ご協力くださった皆様ありが とうございました!

  3. アンケート項目 Q1.開発者歴 Q2.成長を実感した瞬間 Q3.何が成長につながったか Q4.昔の自分に伝えたいこと

  4. Q1. 開発者歴

  5. Q1.開発者歴

  6. Q2. 成長を実感した瞬間

  7. Q2.成長を実感した瞬間 達成 変化 発見 決心 気づき

  8.     達成 達成

  9. 何かを達成した① 3ヶ月:自分の担当してる保守案件でお客さんが喜んでく れた時 3ヶ月:1人で行うには難しいと思われていた機能追加を 独力で実装した 8ヶ月:スクラム開発に参加し初マージされた瞬間 1年 :ペアプロでロジックを淀みなく人に説明出来た時 1年 :先輩に相談しつつも、案件で一つの機能を自分で 考えて自分で実装できた 2年半:自分が今まで作ったことがない新しい何かを作り

    出せた時 1年未満 自分の担当してる保守案件でお客さんが喜んでくれた時 1年未満 1人で行うには難しいと思われていた機能追加を独力で実装した 1年未満 スクラム開発に参加し初マージされた瞬間 1~3年 ペアプロでロジックを淀みなく人に説明出来た時 1~3年 先輩に相談しつつも、案件で一つの機能を 自分で考えて自分で実装できた 1~3年 自分が今まで作ったことがない新しい何かを作り出せた時
  10. 何かを達成した② 1~3年 Railsに初めてパッチを送ってコントリビュート出来た時 3~5年 OSSに送ったpull reqがmergeされるたびに成長を感じます 3~5年 Railsのバージョンアップを任された時、使用していたGemに バグがあったので、苦労したけど、PR出してマージされたので 嬉しかったです

    6年 昔Railsアプリの大きめの改修を一人でやっていて、 2ヶ月かけて達成したときに成長を感じました
  11.     達成 変化

  12. 昔の自分との変化に気づいた① 6ヶ月 :当初嫌いだったドキュメントを読む行為を楽 しいと感じたとき 8ヶ月 :初見で理解できなかった本が読めるように なった瞬間 8ヶ月 :gemの内部実装が気になった時にソースを読 む習慣がついてきた

    1年8ヶ月:動くものを作る→変更のしやすさなど設計や 大局的な視点を考えるようになった 2年 :Ruby大好き✨✨✨と胸張って言える自分に気 づいた時 2年 :実装方法を複数通り思いつけてることに気づ いたとき 1年未満 当初嫌いだったドキュメントを読む行為を楽しいと感じた時 1年未満 初見で理解できなかった本が読めるようになった瞬間 1年未満 過去に書いたコードがダメに思えたとき 1年未満 gemの内部実装が気になった時にソースを読む習慣が ついてきた 1~3年 動くものを作る→変更のしやすさなど設計や 大局的な視点を考えるようになった 1~3年 Ruby大好き✨✨✨と胸張って言える自分に気づいた時
  13. 昔の自分との変化に気づいた② 2年半:ベンチマークを貼らなくてもどのメソッドを使う のが一番適切なのか、大体わかってきた 4年 :RailsDM2019の内容を理解できて、仕事に活かす ことができた。(Day4に参加した時はさっぱりわ からなかった。) 7年 :自分自身の評価が「オレすげー」から「まだまだ 過ぎて恥ずかしい」に変わった時 12年 :発生した課題に対してどのくらいの予想を立て

    られるようになったか、その数が増えたなと思う 時 23年 :以前書いた自分のコードにダメ出ししたくなっ た時 1〜3年 実装方法を複数通り思いつけてることに気づいたとき 1~3年 ベンチマークを貼らなくてもどのメソッドを使うのが一番適切 なのか、大体わかってきた 3~5年 RailsDM2019の内容を理解できて、仕事に活かすことができた。 (Day4に参加した時はさっぱりわからなかった。) 7年 自分自身の評価が「オレすげー」から「まだまだ過ぎて恥ずか しい」に変わった時 12年 発生した課題に対してどのくらいの予想を立てられるように なったか、その数が増えたなと思う時 23年 以前書いた自分のコードにダメ出ししたくなった時
  14.     達成 気付き

  15. 新しい発見があった・人から指摘された 1~3年 GitHub等で他の人のコード見て今まで知らなかった書き方を知っ た時 3~5年 仕事で尊敬する先輩に褒められた(る)ときに成長を実感できるな と思います 18年 前職のリーダーに「変わったね」と言われた瞬間

  16.     達成 決心

  17. 8年:when start working on hanami and decided not to follow

    the rails way (2 years without it)[Hanamiに取り組み始め、Rails wayを辞めると決心したとき ] 17年:The moment I decided not to follow the Rails way (seriously) and things worked surprisingly well.[Rails wayに従わないことに決めてから ] 8年 Hanamiに取り組み始め、Rails wayを辞めると決心したとき (原文:when start working on hanami and decided not to follow the rails way (2 years without it)) 17年 Rails wayに従わないことに決めてから (原文:The moment I decided not to follow the Rails way (seriously) and things worked surprisingly well.) 何かを決心した
  18. Q3. 何が成長に繋がったか

  19. Q3.何が成長につながったか 人との 関わり 行動 継続 孤独 PDCA 挑戦

  20.     達成 人との 関わり

  21. 人との関わり① 3ヶ月:人からのアドバイス全部 6ヶ月:コミュニティーの存在 1年 :コミュニティで得られた知見 1年 :Rubyコミュニティでのすべての出会い、会社の サポート 2年 :人の思考経路を知ること 2年 :コードレビュー等周囲からの技術的なサポート 自分よりできる人がどう考えてリファクタ してる

    のか知れたこと 2年半:わかるまでレビュアーに食い下がって教えてもら うこと 1年未満 人からのアドバイス全部 1年未満 コミュニティーの存在 1~3年 コミュニティで得られた知見 1~3年 Rubyコミュニティでのすべての出会い、会社のサポート 1~3年 人の思考経路を知ること 1~3年 コードレビュー等周囲からの技術的なサポート自分よりでき る人がどう考えてリファクタしてる 1~3年 わかるまでレビュアーに食い下がって教えてもらうこと
  22. 4年 :適切なフィードバック 4年 :優れた方々と一緒にお仕事ができかたからでしょ うか 5年 :webエンジニアに転職し、周りに仲間がいる環境 で知りたいことがすぐ聞ける場に飛び込んだ こと 5年

    :できる人からレビューしてもらう 7年 :尊敬する人と交流すること 12年:初めての勉強会(Tama.rb)から色々な勉強会や カンファレンスに参加するようになり、刺激 を受 け続けていること 4年 適切なフィードバック 3~5年 優れた方々と一緒にお仕事ができかたからでしょうか 3~5年 webエンジニアに転職し、周りに仲間がいる環境で 知りたいことがすぐ聞ける場に飛び込んだこと 3~5年 できる人からレビューしてもらう 7年 尊敬する人と交流すること 12年 初めての勉強会(Tama.rb)から色々な勉強会やカンファレンス に参加するようになり、刺激を受け続けていること 人との関わり②
  23.     達成 行動 継続

  24. 行動と継続① 1年未満 続けること 1年未満 期待する結果を認識した後は結果が得られるまで忍耐強く試す 1年未満 コードをたくさん読む&見てもらう 1~3年 諦めない心 1~3年

    本を読むのと実務の繰り返し
  25. 行動と継続② 1~3年 AtCoder等の競プロの問題を400問位解いたのは力になった 3~5年 書籍を通しての体系的な学習 5〜10年 技術書でinputし仕事でoutputを続けること 5〜10年 できる人のコードを読む 20年以上

    コードを読む・書く、設計を勉強する
  26.     達成 挑戦

  27. 挑戦① 1年未満 LTのためにRails1.0のソースコードを読んだ経験がきっかけ になりました 1~3年 Rubyの挙動を更に知るためにメタプロRubyを読んだり RubyGold取った 8年 どんなgemを使うべきか考えるのではなく、根本にある問題に ついて考え始めました。それからエコシステムのためのもの

    をたくさん作り始めました (原文:Started thinking about problems instead of thinking what gem to use here. Started building a lot of stuff for ecosystem)
  28. 挑戦② 17年:An alternative approach towards engineering,    questioning many concepts and

    approaches     [代替アプローチを試みたり、多くの概念とアプ     ローチへの疑問を投げかけるようになったこと] 18年: 同人アンソロの主催 27年:TDD is most effective way to build complex software for me [TDDは私にとって複雑なソフトウェアを作 るの に最も効果的な方法だった] 17年 代替アプローチを試みたり、多くの概念とアプローチへの疑 問を投げかけるようになったこと (原文:An alternative approach towards engineering, questioning many concepts and approaches) 18年 同人アンソロの主催 27年 TDDは私にとって複雑なソフトウェアを作るのに最も効果的な 方法だった (原文:TDD is most effective way to build complex software for me)
  29.     達成 孤独

  30. 自分が頑張るしかない状況 1~3年 頼れる人がすぐ近くにいない、自分がやらざるを得ない環境 6年 孤独な闘いが成長につながったと思います

  31.     達成 PDCA

  32. PDCA 1年未満 ゴール設計及び現時点とのギャップの洗い出しを徹底。最終的 に欲しいデータと、そのデータを導くための必要情報の仮説立 てを常に意識 1~3年 解決までの試行回数

  33. Q4. 昔の自分に伝えたいこと

  34. Q4.昔の自分に伝えたいこと 考え方 Do it 発見 ねぎらい 挑戦

  35.     達成 考え方

  36. 考え方① 6ヶ月:不必要に人と比べて立ち止まるのほんとやめよう(今     もだ) 1年 :色々あるけど1つずつ解消しよう! 2年 :不安がらず進んで大丈夫。後、目標は小さくて達成で きるのがいいよ! 2年 :まずは手を付けやすいところからはじめていこう 2年半:全てのドキュメントを神聖視するな! 1年未満

    焦らず1個ずつわからないところを潰していこう 1年未満 不必要に人と比べて立ち止まるのほんとやめよう(今もだ) 1~3年 色々あるけど1つずつ解消しよう! 1~3年 不安がらず進んで大丈夫。 後、目標は小さくて達成できるのがいいよ! 1~3年 まずは手を付けやすいところからはじめていこう 1~3年 全てのドキュメントを神聖視するな!
  37. 考え方② 2年半:周りのやり方にとらわれずに、自分のやり方でやりた いようにどんどん進む方がずっと楽だよ 4年 :選択と集中。いろんなものに手を出し過ぎるのはよく ない 4年 :「そのままでいい」って言いたいかなぁ 5年 :間違ってもいいので肩の力を抜いて楽しむといいよ 7年 :周囲の言葉は聞きつつもやりたいことは結局やった方 が良い 18年

    :楽しめば成功体験と自信はついてくる 1~3年 周りのやり方にとらわれずに、自分のやり方で やりたいようにどんどん進む方がずっと楽だよ 4年 選択と集中。いろんなものに手を出し過ぎるのはよくない 4年 「そのままでいい」って言いたいかなぁ 5年 間違ってもいいので肩の力を抜いて楽しむといいよ 7年 周囲の言葉は聞きつつもやりたいことは結局やった方が良い 18年 楽しめば成功体験と自信はついてくる
  38.     達成 Do it

  39. 具体的にこれやろう 8ヶ月  :exercismでRuby力を鍛えて欲しい(今もや 1年8ヶ月:テストを書く習慣をもっと早くから身に付けような、、、 5年 :「落ち着いてREADMEとエラーメッセージとコードを読むん だ …!」と伝えたいです 8年 :forget

    about frameworks 17年 :Read more engineering books 27年 :learn english. 1年未満 exercismでRuby力を鍛えて欲しい(今もや 1~3年 テストを書く習慣をもっと早くから身に付けような、、、 5年 「落ち着いてREADMEとエラーメッセージとコードを読むんだ …!」と伝えたいです 8年 forget about frameworks 17年 Read more engineering books 27年 learn english.
  40.     達成 行動

  41. 行動しよう 1年未満 人のアドバイスは素直にきいてすぐ実行しましょう! 1年未満 手を動かせ 1~3年 ネットには色々情報があるけど、情報をアシで稼ぐのはとても大事 (コミュニティええんやで) 6年 外の世界に出て行け、と伝えたいです

  42.     達成 ねぎらい

  43. 自分へのねぎらい 1~3年 よくがんばった。私も見習う(当時寝ずにコード書いてたので) 12年 SIerにいた時代を無駄だと感じたことは今の所ない。 役立ってることは存外に多い。絶対戻りたくはないけど。 あとIEは思った以上にしぶとい

  44. Special Thanks

  45. __castagna _1grc anton_davydov cangineer chinatz_ chmv71 coe401_ dimn_zkym fuqda90 hoppiestar

    kasei_san ken3ypa Kodad_log hayashiyoshino yuki3738 maciejmensfeld makicamel neko314_ okuramasafumi pismenny s_naga03 shin1rok sofar_ray tmd45 treby006 tsuka two_sann Usa_Momokawa y_s______731 yu_suke1994 yuzoiwasaki _1grc
  46. Thank you!! 

  47. 参加者の皆さんも、 これを機会に自分自身の成長を 振り返ってみませんか? #tamark01のハッシュタグをつけて つぶやいてみてください!

  48. ご清聴ありがとう ございました 引続きTama Ruby会議を お楽しみください

  49. None