decord_report

 decord_report

de:cord2019 に参加した学び&感想

70569af02687c436b93db01be3baa2ab?s=128

hekitter

July 10, 2019
Tweet

Transcript

  1. de:code2019
 レポート


  2. アジェンダ
 1.自己紹介
 2.de:codeとは
 3.最近の開発事情
 4.エンジニアの歩き方
 5.Tips
 6.まとめ


  3. 1.自己紹介


  4. 2.de:codeとは


  5. de:codeとは
 ”「今すぐ使えるテクノロジ」と「未来を創るテクノロジ」を体感する 2 日間”
 開催日時:2019 年 5 月 29 日

    (水) ・2019 年 5 月 30 日 (木) 
 対象者:開発者の方、IT に携わるすべてのエンジニアの方
 会場:ザ・プリンス パークタワー東京
 セッション数:180超
 主催:Microsoft

  6. None
  7. 3.最近の開発事情
  DevOpsを中心に


  8. 3.参考セッションはこちら
 ◆CD06 しくみがわかる Azure Kubernetes Service (AKS) ~開発者目線で Kubernetes の基本を理解する~

    
 ◆CD12 マネージド Kubernetes ガチ本番運用 in ZOZOTOWN 
 ◆DT53 GitHub × Azure DevOps ~CI/CD/CO だけじゃない、GitHub、Azure DevOps の機能や小技、質問な んでも答えます~
 ◆DT41 実践! Azure DevOps で実現するアジャイル開発 ◆SP03 「政府・金融機関等のクラウド採用時のセキュリティ・監査基準から考える Azure のセキュリティ アーキ テクチャ」
  9. DevOps関連の発表が多い
 全189セッション中
 ・DevOpsに直接かかるもの 30セッション
 ・DevOpsとかかわりの深いトピック
  コンテナ 19セッション
  IaaS 18セッション
   参考 AI 39セッション


  10. そもそもDevOpsとは①
 参考:DT41

  11. そもそもDevOpsとは②
 参考:DT41

  12. 要するにDevOpsとは①
 DevOpsをざっくりとこのように理解しています
 ・開発において自らチーム内課題を発見・解決する文化
 ・課題の抽出が行いやすいプロセス
 ・円滑な運用を支えるツール・技術
 →最終目標としては、よりシームレスに価値を届けること


  13. 要するにDevOpsとは②
 DevOpsの文脈で取り上げられる主な課題
 ・組織運用コストが過大でリリースまで時間がかかる
 ・属人化した運用や人力依存の監視
 ・リリースの失敗や環境依存の弊害
 ・複雑な開発・リリース体制
 →気合と根性と時間を排して、スマートに地道に解決する


  14. DevOpsに関連した技術
 ・Azure DevOps
 ・Docker
 ・Kurbernetes(k8s) 
 ・クラウド(AWS・Azure) etc
 


  15. Azure DevOps
 参考:DT41

  16. Docker
 参考:CD06

  17. Kurbernetes①
 参考:CD06

  18. コンテナとk8sの関係①
 参考:CD06

  19. コンテナとk8sの関係②
 参考:CD06

  20. コンテナとk8sの関係③
 参考:CD06

  21. コンテナとk8sの関係④
 
 参考:CD06

  22. IaC(Infrastructure as Code)の世界へ
 参考:CD06

  23. 何故導入するのか
 ・柔軟なサーバ台数の増減
 ・運用の負荷軽減
 ・マイクロサービスを視野に入れたインフラ設計
 →ビジネス価値の向上
 参考:CD12

  24. ビジネス要件例①
 参考:CD06

  25. ビジネス要件例②
 参考:SP03

  26. 安定稼働に必要なこと
 ・ひたすら検証・実測
 ・サポートの活用
 ・広大な知識習得
 →課題に即した使いどころを見極める
 参考:CD12

  27. 学習・運用コスト
 決して「簡単」ではない
 ・習得に時間がかかる
 ・技術のバージョンアップが速い
 例)k8sの習得で半年
 →実際のリプレースには5名で数年かかる予定
 参考:CD12

  28. オープンソース技術を利用するメリット
 ・知見が豊富
 ・運用の柔軟性/拡張性
 ・(有名OSSであれば)大企業自体が積極コミット
 
 →Microsoftでさえ、OSSを重視した施策が増えている


  29. 小まとめ
 ・開発環境はオンプレ→クラウド・仮想化・IaCへ
 ・課題に適した技術選定が大事
 ・技術を導入するには
  ビジネス課題・組織文化の支え が必要


  30. 4.エンジニアの歩き方


  31. 4.参考セッションはこちら
 ◆AI09 そのコーチングを ”見える化” するソリューション「Coaching AI」 〜 オムロン株式会社における現場の 現場による現場の課題を解決するための AI

    利用 
 ◆SP02 人生 100 年時代の PDCA 〜キャリア、働き方改革に活かせる古くて新しい PDCA の回し方〜 ◆SP05 エンジニアの人生設計 ~どのようにキャリアを描いていけばよいのか~ 

  32. そもそもなぜ働くの?


  33. 幸せになるため


  34. キャリア観の変化
 山登り型
 フィールド型


  35. 求められる能力の変化
 予測可能な時代
 WHY + WHAT
 
 HOW
 
 DO
 予測不可能な時代


    WHY + WHERE
 
 WHY + WHAT
 
 WHY + WHAT + HOW
 参考:SP02 経営層
 管理層
 現場層

  36. 答えのない時代だからこそ
 自分はどうありたいかにフォーカスすべきではないか?
 →とはいえ、それが一番難しい
 by 澤円さん
 参考:SP05

  37. サイクルを回して早く理解する
 例えばPDCAサイクル
 →サイクルを繰り返す中で、失敗と学びを得て、
  質を向上させる
 参考:SP02

  38. サイクルを阻害するもの
 P:計画の立てすぎ(網羅へのこだわりすぎ)
 D:検証しない・できない
 C:正解探し・責任追及・失敗への恐れ
 
 参考:SP02

  39. サイクルが回っている例
 参考:AI09

  40. 結局どうしたらいいの
 自分の中にしか答えがないが…
 参考:SP05 組織全体を引き上げる上 昇気流を作り出す


  41. 5.Tips


  42. 参考セッション:
 ◆PR02 開発者も非開発者でも PowerApps + Flow を使って 50 分で爆速アプリ作成!
 →アプリ作成のスピード感


  43. アプリ作成の民主化・高速化
 50分のセッションで受付システムアプリが作れる!
 →仕様確定のプロトタイプとして
  社内向けの簡易サービスとして


  44. 参考セッション:
 ◆SP03 「政府・金融機関等のクラウド採用時のセキュリティ・監査 基準から考える Azure のセキュリティ アーキテクチャ」より
 →クラウド時代の導入とセキュリティの考え方


  45. クラウド時代の導入とセキュリティの考え方
 • クラウドを導入すること自体が当たり前化
 • 「境界型防御」のセキュリティから「ID管理」のセキュリティへ
 →リモートワーク・働き方改革の前提


  46. 参考セッション:
 ◆MW82 がんばらない Vue.js 〜 Visual Studio Code + TypeScript

    でクールに Vue.js の開発をしよう!
 →VSCodeをつかってみた

  47. VSCode超便利ですね!
 ・Git・GitHubとの連携がめちゃくちゃ楽 
 ・ショートカットでサクサク動く 
 ・テキストエディタだから軽い 
 ・入力補完(Emmet)がすごい       ←”!”を 入力するとhtmlのベースができる 


    ・拡張機能であらゆる言語に対応 
 ・ターミナルも直ぐに打てる 
 

  48. そういえば、
 あの方が来ました


  49. 本田圭佑 選手


  50. 人格の差を感じました
 ・学びに対する貪欲さ
 ・上っ面だけではない、真の言葉
 ・謙虚さ
 端的に言えば、オーラが違います
 澤円さんにも言えます…


  51. 6.まとめ


  52. 世の中のスピードは想像以上に速い
 スピード感をもって実現することが最大の価値
 価値あるもの×スピード=∞


  53. とはいえ全部を全部は無理
 ・技術もどんどん早く広く深く変化している
 ・社会の変化に伴い人の価値観がどんどん変わっている
 ・従来型のマネジメントでは対応できない
 ・どんどん新しいビジネスが発信されている etc


  54. 目的志向であることが大事
 ・なぜその技術を導入するのか
 ・今のプロセスの意味は何か
 ・そもそも自分は何のためにチームにいるのか etc


  55. 多様な価値観の中で生み出す
 技術潮流
 社会の要請
 顧客の価値
 チーム状況
 自分の価値
 成果


  56. 自分を客観視しよう
 そのために学ぼう
 外の世界を知ろう