Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Hack My Tsukuba in Maps

Hack My Tsukuba in Maps

2021-07-17T10:00/17:00
Hack My Tsukuba 2021 〜コロナ×データ×まちづくり〜
課題解決型ワークショップ

Hidenori FUJIMURA

July 17, 2021
Tweet

More Decks by Hidenori FUJIMURA

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Hack My Tsukuba in Maps Hidenori Fujimura (Geospatial Information Authority

    of Japan)
  2. ポストコロナ=多様性への柔軟な対応 社会全体の仕組み・構造を、多様性と変化への柔軟な対応、レジリエンス を持ったも のへと転換し、ポストコロナに向けた動きを一気に加速する。 ー 経済財政運営と改革の基本方針2021(令和3年6月18日閣議決定) 【仮説】多様な人材を活かすように、多様な土地を活かす。 人間の多様さを知ることが重要なように、土地の多様さを知ることが重要。

  3. 皆がそれぞれ スマートな決断を していくことで 社会も適正化していく

  4. スマートシティで スマートなのは、人

  5. 人が多様な土地を知る ツールとしての地図

  6. https://optgeo.github.io/one-voice/#13.61/36.09552/140.10649/-173.2/67 3次元地形図 地形分類(自然地形) いずれもオープンデータ

  7. https://optgeo.github.io/one-voice/#15.3/36.062994/140.122121/-77.2/54

  8. https://optgeo.github.io/one-voice/#17.01/36.068129/140.142263/-47.8/47

  9. 土地の多様さを知る one-voice: オープンな三次元ウェブ地図

  10. https://optgeo.github.io/one-voice スクロールか ピンチインか +/-キーで 地図を拡大・縮小 ドラッグか 矢印キーで 地図移動 Ctrl キー+

    ドラッグで 地図を見る角度を変更
  11. https://optgeo.github.io/one-voice 塗られたところをクリックすると、 地形分類を読み上げ

  12. https://optgeo.github.io/one-voice このウェブ地図に使われている材料は、国土地理院の三種類のオープンデータ 地形図 標高 地形分類 旧水部 湿地 氾濫平野 山地 台地

  13. 詳しい方向け参考:https://optgeo.github.io/fc-tokyo より詳細な三次元都市モデル(Project PLATEAU)で建物データを入れ替えたバージョン(東京のみ)

  14. 土地の多様さを語る optgeo/s: 地図語り

  15. 地図語り (storytelling) 1. 地図も実世界もオープンワールド 2. フォーカスを与えるにはストーリーが必要 Demo: https://optgeo.github.io/b3ps9/ ↑地図設定。one-voice 等のアドレスバーからコピペできる

  16. 地図語りを用いたウェブサイトのソース

  17. ボンネットの下 里親ジオデータプロジェクトと 国連ベクトルタイルツールキット

  18. 里親ジオデータ (Adopt Geodata) まだモダンなウェブ地図(ベクトルタイル)になっていないオープンデータを、そうしていくプロジェクト

  19. 国連ベクトルタイルツールキット (United Nations Vector Tile Toolkit) モダンなウェブ地図(ベクトルタイル)の生産・ホ スト・スタイル・最適化技術を 共有するプロ ジェクト 国土地理院から国連地理空間情報課・国連グ

    ローバルサービスセンターへの能力構築成果 をオープンソース化したもの https://unvt.github.io
  20. 提案 理想のまちを考えるにあたって、地形図・標高・地形分類を参考にする。 具体的には、https://optgeo.github.io/one-voice からスクリーンショットしてアイディ アを書き込んでいく。 技術に詳しい場合は「地図語り」を活用することも可能性の一つ また、国連ベクトルタイルツールキットや里親ジオデータへのコミットも歓迎