Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

自作サーバーの時代から 最新クラウドの時代へ、そして

自作サーバーの時代から 最新クラウドの時代へ、そして

発表者: GMOデジロック株式会社
代表取締役社⻑ 平岩健⼆
(代理アップロードです)

F52f57f9b8a5de82dcc02f8d7b0b76f1?s=128

Hironobu Saitoh

April 21, 2016
Tweet

Transcript

  1. 2016/04/21 GMOデジロック株式会社 代表取締役社⻑ 平岩健⼆ 自作サーバーの時代から 最新クラウドの時代へ、そして

  2. まず、 • GMOインターネットさん、GMOクラウドさん、 GMOペパボさんとは、企業規模が違う • ⼤阪の会社、⼩さい会社ならではの視点で、 GMOグループの⼤規模なインフラ、最新技術、 その他のリソースを活⽤する事例をご紹介 • この後、各社から最新の技術や現場の貴重な話

    をされると思います。まずは気軽に聞いていた だければ・・・
  3. 紹介内容について • 今回は、2011年当時、弊社単独で、また⼤阪 で、計3名で運⽤・管理していた計700台あま りのサーバーを、GMOグループのインフラ、 技術、ノウハウ、リソースを活⽤し、グルー プiDCに移⾏していった話

  4. 紹介内容について • ⾊々新しい技術・サービスが増えている、と はいえ、まだまだ古いシステムで運⽤してい る所はたくさんあるので、iDC移⾏やクラウ ド環境への移⾏を検討されているのであれば 参考にしてもらえれば…

  5. 何者?① ドメインサービス(バリュードメイン)、サーバーサービ ス(バリューサーバー、XREA、コアサーバー等)、動 画共有サービスを運営。 低価格、自由度・柔軟性を重視したサービスを提供。

  6. 何者?② • 2001年 創業 • 2011年 10年後 GMOグループへジョイン • 2016年

    それから5年 今ここ • 少⼈数。正社員9名、エンジニア率9割 • 本社は⼤阪市。現在、データセンターは主に 東京と⼤阪のグループiDCで運⽤。 • お客様はこだわりを持った、マニアックな⽅ が多い。感謝。
  7. 昔話 創業~GMOジョインまで① 2001年 私が学生時代 情報発信がしたいが、お⾦がない(私みたい) 多くの人になるべく安くドメインとサーバーを 提供したい バリュードメインと無料サーバーを立ち上げた

  8. 昔話 創業~GMOジョインまで② 志はあったが、お⾦と計画性がなかった ⾃社オフィスでサーバー⽴ち上げ お陰様で サーバーがみるみる増えた (しかし、スタッフは2名+有志)

  9. 昔話 創業~GMOジョインまで③ やがて、サーバーは700台を超え、オフィスがサ ウナに…

  10. 昔話 創業~GMOジョインまで④ 電気使⽤量も激増し、電源も次々増強… 電⼒会社から専⽤の線を引いたり、キュービクル増強をしたりして対応。無 停電装置(APC)も150台以上に。

  11. 昔話 創業~GMOジョインまで⑤ 帯域も激増し、回線も次々増強… ソフトバンク様1Gbps×2本、TOKAI様1Gbps、さくらインターネット様 1Gbps、NTTPC様1Gbps等を契約。BGP運⽤。

  12. 昔話 創業~GMOジョインまで⑥ 課題 • データセンターへのマイグレが急務! • マイグレの経験・ノウハウがない! • 700台分のサーバー環境の構築は半端ない! •

    スピード感がいる! • もちろん、ローコスト!(お客様に還元する ため) マイグレを⼿伝ってもらえる所はないか
  13. GMOインターネットグループへジョイン ドメインの仕⼊れを安くでき、 お客様に最安価格で提供できる ご利⽤のお客様にご迷惑をかけず、 サーバーを最新の環境へ移⾏できる GMOインターネットグループへ 仲間⼊り!

  14. ジョイン後 GMOインターネット×デジロック 合同プロジェクト始動 • GMOインターネットのシステム本部、ネットワ ークチームの皆さんを中⼼にスピーディーに対 応 • ジョイン後1ヶ⽉で⼤阪に下⾒に、約3ヶ⽉で 始動

  15. マイグレ① 課題 • データ量が多い(⼤阪にある合計データ量は 100TB、10億ファイル以上で常に更新され ている) • データをコピーする際に使⽤するネットワー クの帯域でお客様が使うネットワークの速度 が遅くなる

    • 影響や停⽌を最⼩限にしたい • 極⼒IPアドレスの変更はさける
  16. マイグレ② ~下準備~ 1. 東京iDCでマイグレ先の環境を構築 2. 東京iDCのサーバーを⼤阪に送付 3. ⼤阪で既存のサーバーから東京のサーバーに データをローカルでコピー 4.

    東京iDCにサーバーを送付
  17. マイグレ③ ~下準備~ 1. 10Gbpsスイッチを⼤阪に設置 2. 東京iDCと⼤阪を10Gbpsの専⽤線でつなぐ 3. ⼤阪から東京へ毎⽇差分コピーを⾏う いよいよ本番

  18. マイグレ④ ~本番(個々のサーバー)~ 1. ⼤阪の対象サーバーへのアクセスを停⽌ 2. ⼤阪から東京へ差分コピーを⾏う 3. ⼤阪のサーバーを停⽌ 4. 東京のサーバーをアクティブに

    インターネットへの出⼝は⼤阪で、東京・⼤阪 間の専⽤線を通じて、東京のiDCにアクセスして いる状態
  19. マイグレ⑤ ~本番(全体)~ 1. 順次コピーする 2. 全台の半分の時点で、インターネットへの出 ⼝を⼤阪から東京へ移す 3. 残りの台数を順次コピーする 4.

    全台完了 大阪オフィスに静寂が訪れた
  20. マイグレ⑥ ~完了~ • 主に東京iDCに移⾏、⼀部を⼤阪iDCに移⾏ 東京iDC (実際のラック) 大阪iDC (実際のラック)

  21. クラウド環境の利⽤① • 全てにおいて、スピードが⼤事 • 弊社のような⼩さな会社が、インフラ⾃体を ⼀から構築、保守・管理・運⽤するのは効率 が悪い → すべきではない •

    豊富な運⽤実績・⼤規模な基盤を利⽤した⽅ が、安定したサービスを提供できる • インフラ管理がフリーになった分で、インフ ラを使ったサービスの開発に集中できる
  22. クラウド環境の利⽤② • 動的なリソースマネージメントが可能 • 最新の尖った仕様のサーバーをいち早く⽤意 可能(スモールスタートで⾏けるため) 予測できない負荷や遅延により柔軟に対応、最 新、または特殊な仕様・環境を柔軟に提供して いく 柔軟性

  23. そして、 • お客様のニーズの変化に対応する(SNSの台 頭で、個⼈の趣味の範囲で、独⾃ドメインを 持って、ホームページを⽴ち上げて、という 機会が減りつつあったり…) • とはいえ、ホームページにはSNSでは実現で きない魅⼒もある。 自由に情報発信したい人のために

    次の居場所を!(また次回以降で)
  24. ご清聴ありがとう ございました。