$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

Aurora MySQL 一段飛ばしのバージョンアップとその他もろもろの話

hmatsu47
PRO
November 21, 2022

Aurora MySQL 一段飛ばしのバージョンアップとその他もろもろの話

吉祥寺.pm31【オンライン】 2022/11/22

hmatsu47
PRO

November 21, 2022
Tweet

More Decks by hmatsu47

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Aurora MySQL 一段飛ばしのバージョンアップと その他もろもろの話 吉祥寺.pm31【オンライン】 2022/11/22 まつひさ(hmatsu47)

  2. 自己紹介 松久裕保(@hmatsu47) • https://qiita.com/hmatsu47 名古屋で Web インフラのお守り係をしています 今日のレシピ(?) ◦ Zenn

    の本: https://zenn.dev/hmatsu47/books/aurora-mysql3-plan-book https://zenn.dev/hmatsu47/books/aurora-mysql-do-book 2
  3. レシピ? 3

  4. レシピ? 4

  5. 今日のレシピ(嘘) 5

  6. [1] 今年やったこと:Aurora MySQL v1 → v3 移行 • 10/15 に完了

    ◦ 正確には、移行対象のシステムがまだ一つ残 • コード修正担当の開発チームと、インフラ移行担当の (われわれ)SRE チームの共同作業 6
  7. バージョンアップの原則 • 一つずつ順番にバージョンを上げていくべき ◦ 他社事例も大体そう https://tech.andpad.co.jp/entry/2022/06/02/100000 (ANDPAD) https://tech.readyfor.jp/entry/2022/07/13/181825 (READYFOR) ◦

    例外 https://dev.classmethod.jp/articles/upgrade-aurora-mysql-5-6-to-8-0-simple-stupid/ (クラスメソッド) ※小規模社内システム・長時間停止可・アプリケーション動作確認済み 7
  8. なのに、なぜ v2 を飛ばしたのか? • DB のマイグレーションだけに時間を割く余裕がなかった ◦ レガシーなアプリケーションゆえ、フレームワークや DB 以外の

    環境のマイグレーションも必要(いっぱい) ◦ もちろん、提供するサービスの向上も大事 • そして、われわれには強い味方が(誇張表現) ◦ 2021 年 1 月の吉祥寺.pm25 でもちょっとだけ触れたやつ 8
  9. ちょっと懐かしのアレ • 2021 年春に更新終了したが MySQL 8.0.24 対応版まで出していた ◦ Aurora MySQL

    v3 は MySQL 8.0.23 ベースからのスタートなのでセーフ 9
  10. 実際にはそれなりに追加調査した(約 1 ヶ月) • そのあたりは前掲の「今日のレシピ(嘘)」を参照 ◦ 主に下のほう 10

  11. 続いてコードの先行調査&修正&動作確認 • コードの先行調査は 5 日ほどで完了 ◦ それなりに出てきたし、さらに範囲を広げると無限に… ▪ 割り切れば大丈夫(なはず) •

    コードの修正はちょっと手こずる ◦ 一括置換ができない・lint も中途半端(つらい) • 案の定 SRE チーム内の動作確認では修正ミスを多数発見 ◦ 頑張って直した 11
  12. そして、開発チームにコード修正タスクを渡す • 修正箇所が無限に湧いてきそうで大変だった模様 ◦ マネージャー指示は「対象を絞れ」だったが ▪ うまく伝わらなかった?(スキルの問題も) • 結果としては、ほぼ先行調査&修正→差分提示した範囲 に収まった

    ◦ ただし「他に対象がないか?」「正しく抽出できているか?」を 後追い確認するのが大変だった様子(要仕組み化) 12
  13. 一方、インフラのお守りをしている SRE チームは • データベース自体の移行準備をしていた ◦ 手順書とか移行作業で使う差分確認ツールとか • 大筋では以前から移行作業でやってきたことと同じ ◦

    ただし一点大きな違いが 13
  14. 一方、インフラのお守りをしている SRE チームは • 手慣れた「binlog レプリケーション」はサポート外 ◦ バージョン飛ばし(v1 → v3)はサポート外

    ◦ 3 バージョン間多段レプリケーションもサポート外 14
  15. 当初の予定:DMS(CDC)でレプリケーション 15 • これならサポート対象

  16. 当初の予定:DMS(CDC)でレプリケーション 16 • これならサポート対象 • でも回避不能な問題で NG ◦ 特定条件で異常値が発生 •

    諦めた
  17. • 自己責任でサポート外構成 • できるだけ短期間で ◦ 数日間だけなら止まらない はず ◦ 実際に止まらなかった 実際の移行では:多段

    binlog レプリケーション 17
  18. 移行当日 • 事件が 3 つ ◦ 直前の夜間バッチが終わらない事件😱 ◦ 主キーのないテーブルが突然現れた事件😱 ◦

    サービス再開直前にサービス再開してた事件😱 18
  19. 移行当日 • 事件が 3 つ ◦ 直前の夜間バッチが終わらない事件😱 ◦ 主キーのないテーブルが突然現れた事件😱 ◦

    サービス再開直前にサービス再開してた事件😱 • 切り戻しが必要になるような致命的な事件は発生せず ◦ ↑の 3 つもバージョン飛ばしとは無関係なものばかり 19
  20. [2] 書いたコード:いくつか • アプリケーション(プロダクト)のフロントエンド ◦ ページ送り操作のたびに DB に重いクエリを投げていた画面を React で部分的に

    SPA 化 20
  21. [2] 書いたコード:いくつか • アプリケーション(プロダクト)のフロントエンド ◦ ページ送り操作のたびに DB に重いクエリを投げていた画面を React で部分的に

    SPA 化 ◦ バックエンドの開発が間に合わないというオチで来年に持ち越し ▪ フロントエンドは 6 月中にはほぼ出来上がっていたけれど🤔 21
  22. [2] 書いたコード:いくつか • アプリケーションリリース作業の地味な改善 ◦ CLI 操作が苦手な開発担当者のために SolidJS & Go

    で簡単な GUI を用意 22
  23. 改善したところ 23 • 複数のテスト環境・ステージング環 境に、別環境のパイプラインで作っ たコンテナイメージをデプロイする ことがある • 本番環境には、必ずいずれかの環境 で動作確認したコンテナイメージを

    デプロイする • デプロイには KAYAC fujiwara さん 作の ecspresso をありがたく使わせ ていただいている • ただ、使うメンバーの一部が CLI の 操作に不慣れ
  24. コンテナイメージ URI の指定で • コピペミスが怖いとか、もろもろ意見があったので 24

  25. こんな感じ • フロントエンドは SolidJS + SUID / TypeScript ◦ SUID

    : SolidJS 版の MUI ◦ https://github.com/hmatsu47/select-repository-frontend-app • バックエンドは oapi-codegen で Gin の API を生成 ◦ Stoplight Studio で OpenAPI 3.0 の .yaml を生成 ◦ Go の oapi-codegen でコードの枠組みを自動生成 ◦ https://github.com/hmatsu47/select-repository-api 25
  26. ポイント • 変な拘りは持たない ◦ ✖エンジニアが使うツールは CLI じゃなきゃダメ ▪ 本業のプロダクトコード書きに集中してもらったほうがプラス •

    過度に依存されることは避ける ◦ 「このツールがないと仕事ができない」→業務がツールと密結合 ▪ メンテナンス地獄 • 要らなくなったら捨てる 26
  27. [3] 来年に向けて : ただいま格闘中 • メールサーバー廃止✉ ◦ お守りをしたくないので API で送信&バウンス管理へ

    27
  28. まとめ:今年の振り返りと、来年に向けて • Aurora MySQL v1 → v3 移行が(ほぼ)完了した ◦ バージョンアップ

    1 回分の時間と労力を節約 • DB 移行の合間にフロントエンドのコードを書いた ◦ バックエンド待ち(来年に持ち越し) • 地味な改善のためにコードを書いた ◦ お手軽コードで作業支援 • メールサーバー廃止に向けて格闘中 28