Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

今日から見える昨対と累計.pdf

 今日から見える昨対と累計.pdf

2020年5月13日に開催されたEinsteinAnalytics同好会 #1のLT資料です。
グラフ作成の大事なポイントとともに、昨対と累計の出し方をデモしました。

EinsteinAnalytics同好会:
https://einstein-analytics-club.connpass.com/

8b1aa98d1d849a1767b3abf14dc76832?s=128

nishiyama hiroaki

May 13, 2020
Tweet

Transcript

  1. 今日から見える
 昨対と累計
 今日から見える昨対と累計
 nishiyama hiroaki


  2. 今日から見える
 昨対と累計
 目次
 • 自己紹介
 • コロナに負けるな
 • 本日のポイント
 •

    昨対と累計
 • Einstein Analyticsで昨対と累計
 • つまづきポイント

  3. 今日から見える
 昨対と累計
 自己紹介
 西山大顕(nishyama hiroaki)
 
 • BI大好き
 • Salesforce歴2年半


    • 現職でSalesforceに出会う
 • 前職ではETL, BIツール,その他開発支援
 • Einstein Analyticsの開発支援案件を4社ほど経験

  4. 今日から見える
 昨対と累計
 コロナに負けるな


  5. 今日から見える
 昨対と累計
 コロナに負けるな


  6. 今日から見える
 昨対と累計
 コロナに負けるな
 コロナに負けるな


  7. 今日から見える
 昨対と累計
 本日のポイント①
 よくある指標は
 パパッと見れるように
 パパッと作っておこう


  8. 今日から見える
 昨対と累計
 BI + Salesforceユーザが手軽に使えるデータ置き場
 = EinsteinAnalytics
 本日のポイント②


  9. 今日から見える
 昨対と累計
 本日のポイント③
 グラフやダッシュボードの作成は
 絶対にトップダウンで考えよう


  10. 今日から見える
 昨対と累計
 昨対と累計


  11. 今日から見える
 昨対と累計
 昨年、昨四半期、昨月などと比較して、
 今年の実績(売上、利益、目標達成率)がどれくらいか?
 • 購買のルーティーンがその周期に収まるものであれば有効
 ◦ 例)季節によって売上が変化する→前年の同じ季節と比較しよう 
 


    • 購買のルーティーンがその周期よりも大きかったり、
 波が一定でない商品であれば効果薄
 ◦ 例)2,3年に1回買い換えるような商品なのに、昨年対比をみている 
 ◦ 例)SNSで流行ったタイミングだけで売れる商品 
 昨対

  12. 今日から見える
 昨対と累計
 累計
 ある周期の現在までの数値の合計
 • 小計と合計と何がちがうのか
 ◦ 例)1日の内、商品カテゴリごとに売上を集計したものが 「小計」、1日の売上の合算値が 「合

    計」、今月の今日までの売上の合計を積み上げたものが 「累計」
 • Zチャートなどで用いられる
 引用:https://twitter.com/noiepoie/status/1234350601040846849?s=20 

  13. 今日から見える
 昨対と累計
 よくある指標
 昨対
 • (一)昨年対比
 ◦ (一)昨年同四半期対比 
 ◦

    (一)昨年同月対比
 • (昨月対比)
 • (昨四半期対比)
 累計
 • 今年度累計
 • 今四半期累計
 • 今月累計 
 合わせ技
 • 今年度累計の(一)昨年累計対比 
 • 今四半期累計の(一)昨年同四半期累計対比 
 • 今月累計の(一)昨年同月累計対比 

  14. 今日から見える
 昨対と累計
 Einstein Analyticsで昨対と累計


  15. 今日から見える
 昨対と累計
 設定
 • Salesforceを3年活用してきた化学メーカー
 • ヘアケア、フェイスケア、ボディケアなどの消費者向け製品を開発している
 • データも溜まってきたので、データドリブンな経営をしたいと考えた
 社長


    「Einstein AnalyticsっていうBI、Salesforceとの親和性が高いそうじゃないか。
  まずはこれまでのデータを分析してみてよ。サクッとでいいからさ。」
 • これまでの実績は商談オブジェクトで管理されている
 • 目標は別オブジェクトで管理されている

  16. 今日から見える
 昨対と累計
 イメージしてみよう(昨対)


  17. 今日から見える
 昨対と累計
 データの形
 この形のデータがAnalyticsで作れれば、みたいグラフが作れる!
 年 月 実績 2019 4 100

    2019 5 200 2019 6 300 2020 4 150 2020 5 180 2020 6 500 POINT どんなデータがあればこの形が作れるか? は、ツールの知識や経験が必要 

  18. 今日から見える
 昨対と累計
 レンズの比較テーブルでデータの形を作る


  19. 今日から見える
 昨対と累計
 グラフにする


  20. 今日から見える
 昨対と累計
 体裁を整える


  21. 今日から見える
 昨対と累計
 イメージしてみよう(累計)


  22. 今日から見える
 昨対と累計
 データの形
 この形のデータがAnalyticsで作れれば、みたいグラフが作れる!
 POINT 累計値を列として持たせないと、綺麗なグラフは作 れない。。
 年 月 単月実績

    累計実績 2019 4 100 100 2019 5 200 300 2019 6 300 600 2020 4 150 150 2020 5 180 330 2020 6 500 830
  23. 今日から見える
 昨対と累計
 データの形
 この形のデータがAnalyticsで作れれば、みたいグラフが作れる!
 POINT これだけでできることをやってみよう ※データフローでちょっと頑張れば横持ちできるよ 年 月 単月実績

    累計実績 2019 4 100 100 2019 5 200 300 2019 6 300 600 2020 4 150 150 2020 5 180 330 2020 6 500 830
  24. 今日から見える
 昨対と累計
 レンズでデータの形を作る


  25. 今日から見える
 昨対と累計
 グラフにする


  26. 今日から見える
 昨対と累計
 体裁を整える


  27. 今日から見える
 昨対と累計
 つまづきポイント
 ほとんどのつまづきの原因は、
 手元にあるデータから考えていること


  28. 今日から見える
 昨対と累計
 むやみやたらにデータを触ると
 • 途中で方向性に迷い、放り出す
 • データの集計・整形の概念を忘れがち
 ◦ どんな集計・整形をすればいいかわからなくなる
 ◦

    もうちょっとでやりたいことが出来そうなのに!と惜しいことになる
 • 結局使われないグラフやダッシュボードが出来上がる

  29. 今日から見える
 昨対と累計
 トップダウンで考えよう
 ・経営戦略
 ・事業戦略
 ・KGI / KPI
 データの集約・集計 


    データ
 グラフ・ダッシュボードで 
 データから分析
 アクション

  30. 今日から見える
 昨対と累計
 トップダウンで考えよう
 ・経営戦略
 ・事業戦略
 ・KGI / KPI
 ❌
 〇


  31. 今日から見える
 昨対と累計
 • 必要なデータの形(粒度、項目)を明確にすること
 →データの集計処置が明確になる
 →既存のデータでできる(できない)かも、に気付きやすくなる
 
 • ツールをとにかく触ること
 ◦

    やりたいこと(どんなグラフがみたいのか、どのようなストーリーで
 そのダッシュボードをみるのか)に対してたくさん試行錯誤しよう
 ◦ データの粒度、鮮度、精度に敏感になろう
 抑えるべきポイント

  32. 今日から見える
 昨対と累計
 ありがとうございました!