Agile Tech EXPO 新しい技術をアジャイルなマインドで進めていく / Agile Tech EXPO

A645e7c3a6635ead8fa323c583769591?s=47 HoloLab
October 03, 2020

Agile Tech EXPO 新しい技術をアジャイルなマインドで進めていく / Agile Tech EXPO

2020/10/3 Agile Tech EXPOでのスライドです

A645e7c3a6635ead8fa323c583769591?s=128

HoloLab

October 03, 2020
Tweet

Transcript

  1. 新しい技術を アジャイルなマインドで進めていく 2020/10/09@Agile Tech EXPO 株式会社ホロラボ 中村 薫

  2. こういうことやってます Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 5

  3. もう少し実務風 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 6

  4. 代表取締役CEO 中村 薫 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved

    7 肩書 ・XRコンソーシアム理事 (2020 - ) ・Microsoft Regional Director (2020 - 2022) ・Microsoft MVP for Windows Development(Apr 2016 - Mar 2021) ・Microsoft MVP for Kinect for Windows (Apr 2014 - Mar 2016) ・Microsoft MVP for Visual Studio ALM (Apr 2012 - Mar 2014) 著作 ・HoloLens 2 入門 (2020 日経BP) ・Kinect for Windows SDKプログラミング V2センサー対応版 (2015 秀和システム) など 来歴 ・Windowsアプリおよび組み込み系ソフトウェア開発会社勤務時に Microsoft社の開発した3Dセンサー「Kinect」の魅力に出会い独立。 センサー関連の開発から、執筆、登壇活動などを個人事業として取り組む。 ・技術コミュニティTMCNの立ち上げに参加し、その場での出会いから 2017年、ホロラボの設立に至る。
  5. 自分のバックグラウンド Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 2017/01~ 会社代表時代

    受託開発と自社サービス • HoloLnesアプリ開発 • mixpace(自社サービス) 2012/09~ 個人事業主時代 受託開発 • センサーアプリ開発 • VRなどのアプリ開発 2001/08~ 会社員時代 受託開発 • Windowsアプリ開発 • 組み込みアプリ開発 2010/06 認定スクラムマスター(CSM)取得 2009/06 アジャイル/Scrumを知る 8
  6. 株式会社ホロラボ 事業内容 HoloLensやWindows MRなどxR技術やセンサー技術に関する ・システム/アプリケーションの企画開発 ・調査研究 ・普及啓発活動 設立 2017/01/18 住所

    東京都品川区西五反田2-25-1 インテックス五反田ビル3F 資本金 96,940,000円 取締役 5名 従業員 26名 Web https://hololab.co.jp/ 会社概要 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 9
  7. 2020.5 HOLO-COMMUNICATION 手放しマニュアル TechniCapture 3サービスをリリース HoloLensの黎明期より専業としている Copyright© HoloLab Inc. 2020

    All rights reserved 10 2017 2018 2019 2017.1 創業 2018.7 資金調達 2019.8 資金調達 2017.11 Microsoft Mixed Reality Partner 認定 2018.11 JR東日本様 2018.3 NHK様 2019.2 mixpace リリース 2019.3 docomo様 2019.5 トヨタ自動車様 OEMプロジェクト 自社サービス ニュース 2020
  8. ホロラボのサービス Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 11

  9. ホロラボが提供しているサービス 受託開発 • アプリの利用を目的 • アプリの開発をすべてホ ロラボ内で行う 開発支援 • アプリの利用と顧客開発

    者の育成を目的 • 顧客企業の開発者の方 と一緒に開発 • 各種トレーニング パッケージ提供 • 既存のパッケージを提供 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 12
  10. ホロラボが提供しているサービス • 新しい技術は顧客それぞれに実現したいことがある • 受託開発にて進める • 顧客ヒアリングを兼ねる • 共通的なニーズはパッケージサービスとしてリリース Copyright©

    HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 13 受託開発 サービス
  11. HoloLensの導入フェーズ Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 14 Envisioning

    PoC Pilot Deploy Rollout 学ぶ機会 概念実証 社内サービス との連携 実導入 PCのように 自由に使える状態
  12. HoloLensの導入フェーズ • 多様な案件があり、Pilotの案件も増えてきた • 業界や顧客の成長と、自社の成長 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All

    rights reserved 15 Envisioning PoC Pilot Deploy Rollout 学ぶ機会 概念実証 社内サービス との連携 実導入 PCのように 自由に使える状態
  13. 「分かる」を積み上げる Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 16 分からない

    分かる 「分かる」を積み上げる
  14. 「分かる」を積み上げるために • 小さく検証 • 仮説と検証 • 結果の計測 Copyright© HoloLab Inc.

    2020 All rights reserved 17
  15. 経営的には • 積み上げ効果の実証 • 再現性の検証 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All

    rights reserved 18
  16. mixpace 19 https://youtu.be/I0sMrDdCUM4 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved

  17. mixpaceソリューション全体イメージ 20 Web ブラウザ Azure ADで管理された ID・パスワードで ログイン クラウド 3DCAD/BIMデータ変換

    変換済3Dデータ管理 mixpaceアプリ HoloLens 2 iPad 3DCAD/BIMデータ アップロード 変換済3Dモデル ダウンロード Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved
  18. mixpaceソリューション全体イメージ 21 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved

  19. 清きLikeをお願いします! Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 22 https://confengine.com/regional-scrum-gathering-tokyo-2021/proposal/15020/1

  20. ホロラボのパッケージサービス 名称 mixpace (ミクスペース) HOLO-COMMUNICATION (ホロコミュニケーション) TechniCapture (テクニキャプチャ) 手放しマニュアル イメージ

    概要 • 3Dデータ活用支援 • 3Dコミュニケーション • 技能継承支援 • 手指、視線、音声の記録 • オフライン動作 • 現場作業支援 • マニュアルのAR化 • オフライン動作 シナリオ • シミュレーション • デザイン&試作 • 販売支援 • データ重畳 • リモート支援 • ガイド&タスクマネジメント • トレーニング • ガイド&タスクマネジメント • トレーニング Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 23 https://hololab.co.jp/service/
  21. 暗黙知の形式知化 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 24

  22. 自分視点で見える Microsoftの進め方 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 25

  23. 2017年5月 目指す世界 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 26

    Presentation by Alex Kipman in de:code2017 https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=JxCUyhjwHW0 多数の異なるUIを持ったコンピューティング環境から それぞれのUIの特徴を活かしたやり方で 協調作業する日が近い将来実現します https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NBO/17/microsoft0419/p2/
  24. 2018年5月 適用分野 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 27

    *de:code2018基調講演より https://youtu.be/4Iq9EUlaOB0?t=7333
  25. 2020年5月 価値を生み出すまでの時間が早く、投資収益率が実証されている分野 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 28

    トレーニング & シミュレーション ガイド & タスク マネジメント リモート支援 販売支援 データ重畳 デザイン & 試作 「実践から学ぶ」ことで、 新入社員のトレーニング をこれまで以上に迅速に 行うことができます。 シナリオをシミュレーショ ンすることで、従業員が 特定の状況でどのように 対応するかを練習するこ とができます。 これまで以上に早く、正 確にタスクを完了できる ように、ガイド付きの体験 を通して従業員を指導し ます。 従業員が必要なときにい つでもエキスパートにリ モートインできるようにし ます。 MRを使用することで、エ キスパートは従業員と同 じ環境を見て、あたかもそ の場にいるかのように対 話することができます。 CADやBIMファイルをデ ジタルツインに変換し、新 しい製品設計を素早く繰 り返して共同作業を行い ます。 MRを使用して、任意の 設定やカスタマイズを顧 客に披露することで、在 庫を減らし、商談をより早 く完了させることができま す。 必要な時に必要な場所 で、適切なデータをリアル タイムで利用できるように することで、従業員はより 良い、より迅速な、より多 くの情報に基づいた意思 決定を行うことができま す。 https://channel9.msdn.com/Shows/Docs-Mixed-Reality/The-State-of-Mixed-Reality-Where-Companies-are-finding-Success
  26. DX Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 29

  27. いままでの様子 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 30 3Dデータを活用したい

  28. 最近の様子 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 31 3Dデータを活用したい

    もっとデータを活用したい
  29. 活用の幅が広がる=投資対効果に反映 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 32 3Dデータを活用したい

    もっとデータを活用したい
  30. DXというキーワード • AIっぽい何かを感じる • 人によって定義がさまざま • Deep Learning • 機械学習

    • 画像処理 • etc… • DX • 人によって定義がさまざま • デジタル改革 • 業務改革 • ツール導入 • etc… Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 33
  31. 個人的なDXの所感 • めっちゃアナログ • 文化の変化 • 変化に対する恐れ Copyright© HoloLab Inc.

    2020 All rights reserved 34
  32. 最近話題の 35 https://www.mckinsey.com/jp/~/media/McKinsey/Locations/Asia/Japan/Our%20Work/Digital/Accelerating_digital_transformation_under_covid19-an_urgent_message_to_leaders_in_Japan.pdf 「【マッキンゼー緊急提言】 デジタル革命の本質: 日本のリーダーへの メッセージ」より

  33. そもそもDX (デジタル変革)とは何か? • 2004年にスウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストル ターマン教授が その概念を提唱した。 • 曰く、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより 良い方向に変化させる」。 •

    経済産業省が2018年12月にまとめたDX推進ガイドラインの中では こう定義している。 • 「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデ ジタル技術を活用して、顧客や 社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを 変革するとともに、業務そのも のや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の 優位性を確立すること」。 • 要するに、DXとは事業変革、ビジネスモデル変革、ビジネスプロセス変革である。 36 https://www.mckinsey.com/jp/~/media/McKinsey/Locations/Asia/Japan/Our%20Work/Digital/Accelerating_digital_transformation_under_covid19-an_urgent_message_to_leaders_in_Japan.pdf 「【マッキンゼー緊急提言】 デジタル革命の本質: 日本のリーダーへの メッセージ」より
  34. デジタル改革の大きな障壁 37 https://www.mckinsey.com/jp/~/media/McKinsey/Locations/Asia/Japan/Our%20Work/Digital/Accelerating_digital_transformation_under_covid19-an_urgent_message_to_leaders_in_Japan.pdf 「【マッキンゼー緊急提言】 デジタル革命の本質: 日本のリーダーへの メッセージ」より

  35. ITエンジニアの雇用状況 38 https://www.mckinsey.com/jp/~/media/McKinsey/Locations/Asia/Japan/Our%20Work/Digital/Accelerating_digital_transformation_under_covid19-an_urgent_message_to_leaders_in_Japan.pdf 「【マッキンゼー緊急提言】 デジタル革命の本質: 日本のリーダーへの メッセージ」より

  36. DX(デジタル変革)とは何か 39 https://www.mckinsey.com/jp/~/media/McKinsey/Locations/Asia/Japan/Our%20Work/Digital/Accelerating_digital_transformation_under_covid19-an_urgent_message_to_leaders_in_Japan.pdf 「【マッキンゼー緊急提言】 デジタル革命の本質: 日本のリーダーへの メッセージ」より

  37. 全社的なDXを成功に導くための6要素 40 https://www.mckinsey.com/jp/~/media/McKinsey/Locations/Asia/Japan/Our%20Work/Digital/Accelerating_digital_transformation_under_covid19-an_urgent_message_to_leaders_in_Japan.pdf 「【マッキンゼー緊急提言】 デジタル革命の本質: 日本のリーダーへの メッセージ」より

  38. 組織 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 41

  39. 働く環境(ツール) Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 42 日常コミュニケーション

    機材 開発ツール 画像は各社HPおよびPressKitより引用
  40. 今まで Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 43

  41. 今 • チーム分割 • 完全リモート • 月曜日のAllHands(全体会)もオンライン • 地域差がなくなった(金沢や愛知在住の人もいたのでよかった) •

    採用の地域縛りが不要になった Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 44
  42. チーム分割 チーム内はフラット チーム同士もフラット Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved

    45 チーム チーム チーム 経営 HoloLens チーム TMT チーム mixpace チーム R&D チーム チーム
  43. チームの役割 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 46 BtoBtoC

    受託開発 自社製品 スタートアップ的 BtoB 受託開発 経営 HoloLens チーム TMT チーム mixpace チーム R&D チーム R&D 先進技術 高難易度技術
  44. チーム分割 • 人数が増えてきたのでチームに分割 • チーム単位で文化が違うのでおもしろい Copyright© HoloLab Inc. 2020 All

    rights reserved 47
  45. 困ってること • ミーティングが増えた(良し悪し) • オンラインミーティングなので、移動がない分、ミーティングを詰め込める • ビジネス速度が速くなった(気がする、良いこと) • トイレに行けない •

    目的のない雑談が減った • 毎回目的とゴールがあるので疲れる • 打ち合わせのあとに予定がないときは、意識的に雑談するようにしてる • 雑談部屋はあるけどちょっと微妙 • Discordは誰がいるかわかりやすいのでいいかもしれない • が、これ以上ツールを増やすのも微妙 • Slackにネタを投げ込んで雑談のネタ • チャットが合ってる人と合わない人の差が課題 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 48
  46. #わからんなんも • わからんことを何でも聞けるチャンネル • こういうのはナシ(いわゆる心理的安全) • そんなことも知らなかったのか • いまさら聞けない •

    意外とここが一番やり取り多いのかも • 主に自分が聞きたいことを気兼ねなく聞ける場 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 49
  47. #チラシの裏 • 「チラシの裏」とは • 掲示板・SNS等に書く必要の無い、空気の読めない独り善がりな書き込みなどに対して 使われる表現。 • https://d.hatena.ne.jp/keyword/%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B 7%E3%81%AE%E8%A3%8F •

    SNSに書くと余計なことにしかならないことはこちらに • 主に自分の吐き出し口 Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 50
  48. #ホロラボtimes • これやった!作った!みて!を投稿するチャンネルです。仕事でも研究でも趣味で もなんでもOK! スタンプを押すと自動で投稿されるよ。 • 会社や個人の自慢の場所 Copyright© HoloLab Inc.

    2020 All rights reserved 51
  49. #新しい学びのお知らせ • ちなみに、最初の「新しい学びお知らせ」は、自分のクラウド死(数十万円) Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved

    52 https://twitter.com/miholovesq/status/1062217255478411264
  50. 新しい取り組み Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 53

  51. AllHands(全体会)をオンラインで完結 • 毎週月曜日のAllHands(全体会)をオンラインに変更 • これまでも台風や大雪などで何度かはやっていた • 場所に依存しない(関東以外の人)も同じように入れる • Microsoft Teamsでの開催で、録画ができるので後で見直すこともできる

    • だいたいは見直さないけど、たまに見直す時がある • お客さんとの打ち合わせにTeamsが増えてきたので、打ち合わせを録画してもらうことも Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 54
  52. 採用 • 地域の項目をなくした • いままでは会社の来られる範囲の居住地としていた • 採用をオンラインのみで完結 • いままでは対面での面談を行っていた Copyright©

    HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 55
  53. 採用をオンラインのみで完結 • 8月入社、10月入社の2名の採用はオンラインのみ • 現在進行中の採用もオンラインのみ • 入社後しばらくまで一度も対面してない Copyright© HoloLab Inc.

    2020 All rights reserved 56 応募 役員面談 スタッフ面 談(3-4名) 内定 雇用契約
  54. インタビュー1 • 8月入社 • プロジェクトマネージャー • 感想 • ぶっちゃけどう? 採用プロセス編

    • 普通の入社フローと変わらない • もともとVRで採用をされた経験があった • 今回はリモート面談で、いままでZoomも使ってたこともあり、あまり違和感がなかった • ぶっちゃけどう? 入ってから編 • こちらもあまり変わらない • 特に不安もなかった • よかったこと • 特になし、普通 • 移動しなくてよかった(このご時世だからという訳ではなく) • フルリモート(だから入社した) • 心配だったこと、困ったこと • 特になし、普通 • その他 • 採用は質問の内容や裁量など実際の内容であり、会う会わないはあまり関係ないと思っている Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 57
  55. インタビュー2 • 10月入社 • 経営企画・元営業 • 感想 • ぶっちゃけどう? 採用プロセス編

    • この世の中なのでこういうものだろうな • ぶっちゃけどう? 入ってから編 • メール文化からSlack文化の違いのほうが戸惑った • よかったこと • 時間場所を気にしなくてよい • 誰かに見られる恐れがない • 心配だったこと、困ったこと • 表情が見えない • 会話のやり取りがまだ慣れない • その他 • これからはこうなんだな • 場所と時間の制約がなくなるのは双方にメリットがあるのでは Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 58
  56. まとめ • 新しいことを始めるには小さく繰り返す • 世界の状況も、会社の状況も、自分の周りの状況も変化している • 特に変化が激しくなった昨今、アジャイルやアジャイルの原則である、「変化を 受け入れる」ということはソフトウェア開発のみならず、ビジネスの世界でも重 要になっていることを実感している Copyright©

    HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 59
  57. None