Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

リモートワークの課題をモブワークで解決する試み / Scrum Fest Osaka

HoloLab
June 26, 2021

リモートワークの課題をモブワークで解決する試み / Scrum Fest Osaka

2021/06/26 Scrum Fest Osaka での講演スライドです

HoloLab

June 26, 2021
Tweet

More Decks by HoloLab

Other Decks in Business

Transcript

  1. リモートワークの課題を
    モブワークで解決する試み
    2021/06/26@Scrum Fest Osaka
    株式会社ホロラボ
    中村 薫

    View full-size slide

  2. 自己紹介 – ホロラボ代表取締役 CEO 中村 薫
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved
    肩書
    ・株式会社ホロラボ 代表取締役 CEO (2017 - )
    ・XRコンソーシアム理事 (2020 - )
    ・Microsoft Regional Director (2020 - 2022)
    ・Microsoft MVP for Windows Development(Apr 2016 - Mar 2021)
    ・Microsoft MVP for Kinect for Windows (Apr 2014 - Mar 2016)
    ・Microsoft MVP for Visual Studio ALM (Apr 2012 - Mar 2014)
    著作
    ・HoloLens 2 入門 (2020 日経BP)
    ・Kinect for Windows SDKプログラミング V2センサー対応版 (2015 秀和システム)
    など
    来歴
    ・2001年 Windowsアプリおよび組み込み系ソフトウェア開発会社勤務
    ・2011年 Microsoft社の開発した3Dセンサー「Kinect」の魅力に出会う
    ・2012年 個人事業主としてセンサー関連の開発から、執筆、登壇活動などに取り組む。
    ・2013年 技術コミュニティTMCNの立ち上げに参加
    ・2016年5月 HoloLens 1st genを購入
    ・2017年1月 ホロラボを設立する

    View full-size slide

  3. 株式会社ホロラボ
    事業内容
    HoloLensやWindows MRなどxR技術やセンサー技術に関する
    ・システム/アプリケーションの企画開発
    ・調査研究
    ・普及啓発活動
    設立 2017/01/18
    住所 東京都品川区西五反田2-25-1 インテックス五反田ビル3F
    資本金 96,940,000円
    取締役 5名
    従業員 37名
    Web https://hololab.co.jp/
    会社概要
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  4. アジェンダ
    • 前提
    • やったこと
    • その後、感想など
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  5. 持ち帰ってもらいたいもの
    • モブワークのお試し
    • プログラム以外でのモブ
    • いろいろな考え方
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  6. 前提
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  7. こういうことやってます
    Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 9

    View full-size slide

  8. ご支援している企業
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved
    トヨタ自動車株式会社
    株式会社大林組 東急建設株式会社
    株式会社NTTドコモ / 森ビル株式会社

    View full-size slide

  9. 社内の開発チーム分割
    Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 11
    BtoBtoC
    受託開発
    自社製品
    スタートアップ的
    BtoB
    受託開発
    HoloLens
    チーム
    TMT
    チーム
    mixpace
    チーム
    R&D
    チーム
    R&D
    先進技術
    高難易度技術
    1人1受託案件 チームでの
    受託案件
    1チームでの
    自社サービス 遊撃部隊
    今回の対象チーム

    View full-size slide

  10. 従業員の居住地はどこでもOK
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved 12
    北海道(札幌): 2名
    福島県: 1名
    愛知県: 2名
    石川県: 2名
    福岡県: 1名
    兵庫県: 1名
    山形県: 1名
    関東近隣: 40名

    View full-size slide

  11. リモートワークの課題
    • 事務所に出社しないので意識して雑談しないと会話しない
    • 入社初日からフルリモートの新入社員
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  12. 組織的な課題
    • 組織をチームに分けているが、チームによって案件は一人ひとりにあたっている
    ので、横のつながりが希薄
    • 技術レベルをより向上させる
    • 教育より独学になってしまっている
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  13. モブワーク(モブプログラミング)
    • モブプログラミングとは、チーム全体が同じものを、同じ時間に、同じ空間で、同
    じコンピュータで作業するソフトウェア開発のアプローチです。
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved
    https://kawaguti.hateblo.jp/entry/2021/03/30/082537

    View full-size slide

  14. やったこと
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  15. 「スキルアップ週間」という名の「モブワーク」をやってみました
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved
    https://blog.hololab.co.jp/entry/2021/04/30/184133

    View full-size slide

  16. 「スキルアップ週間」という名の「モブワーク」をやってみました
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved
    https://blog.hololab.co.jp/entry/2021/04/30/184133

    View full-size slide

  17. 構成
    • お題は同じ、3日間毎日同じお題を最初から作る(持ち越しなし)
    • 3チームx3日でパターンできた
    • オンラインなので、
    • Microsoft Teamsで画面共有しながら
    • 必要であれば制御をもらって相手のPCを使って開発をする
    • オンラインホワイトボードサービスのMiroでリアルタイムに進める
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  18. オンラインならでは
    • Miroの盛り上がりでほかのチームを感じる
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  19. 3日での変化
    • 初日はまず作ってみる
    • 2日目、3日目は、興味領域に重点
    • ソフトウェア設計、OOUI、テストなど
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  20. ふりかえりとファンダンラーン
    • 新しいふりかえり手法「ファンダンラーン」の紹介
    • https://note.com/ij_spitz/n/n7fb8de4d2540
    • Fun(楽しかったこと)・Done(やり遂げたこと)・Learn(学んだこと)
    • 前向きになれる
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved
    Fun
    (楽しかったこと)
    Done
    (やり遂げたこと)
    Learn
    (学んだこと)

    View full-size slide

  21. その後、感想など
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  22. 前提: 社内の開発チーム分割
    Copyright© HoloLab Inc. 2020 All rights reserved 24
    BtoBtoC
    受託開発
    自社製品
    スタートアップ的
    BtoB
    受託開発
    HoloLens
    チーム
    TMT
    チーム
    mixpace
    チーム
    R&D
    チーム
    R&D
    先進技術
    高難易度技術
    1人1受託案件 チームでの
    受託案件
    1チームでの
    自社サービス 遊撃部隊
    今回の対象チーム

    View full-size slide

  23. その後の業務への影響
    • 週に何回かモブワークで開発(実務、コードの雑談)
    • 業務内でモブワーク(開発、ドキュメント作成、テスト仕様作成など)
    • お客さんと現状分析、仕様検討でモブワーク
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  24. mixpaceチーム
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  25. ドキュメント
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved
    • メンバー
    • 開発者
    • 営業支援(インタビュー対象)
    • ポジティブ
    • 音読しながら修正
    • 対話の中で作業するのがやりやすい
    • 間が空かない(2人なので対話になる、テンポよく修正作業ができた)
    • 職種による言葉の違いの調整(統一性)
    • 1人でやると対話ではなくなるので、言うまでもないようなものが抜ける
    • 所感
    • 2人じゃなかったらどうなんだろう?
    • 対話は3人になると間を気にするのでやり方が変わりそう
    • ほかの人のを見てて時間でドライバーを交代するのはやってみたい
    • 出来上がったマニュアルは自信作

    View full-size slide

  26. Webアプリテスト
    • メンバー
    • 開発者
    • データエンジニア
    • データエンジニア(4月入社、インタビュー対象)
    • ポジティブ
    • 知識レベル、役回りが違う人とやるのがよい
    • すぐに聞ける、知識が蓄積される
    • 相手が何を知らないのかを知ることができる
    • その他・所感
    • 所感
    • モブをやる前
    • みんなの時間を使ってしまうのでは
    • モブをやった後
    • 逆に早かったと感じた(事前に積み上げをやってことで手戻りが少ない)
    • 組織への馴染みやすさ
    • 発言がしやすくなった
    • 聞きやすい雰囲気
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  27. お客さんとの打ち合わせ
    • メンバー
    • お客さん(3名ほど)
    • ホロラボメンバー(7名ほど)
    • ポジティブ
    • 打ち合わせだと発言のタイミングを逃しがちだけど、モブだと自動的に順番が回ってくる
    のでそこで話せる
    • ネガティブ
    • モブワークに慣れてないと難しい
    • 慣れないお客さんがドライバーになったときに手が止まる
    • 一回やれば慣れそう(事前に一度練習するとかよさそう)
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  28. HoloLensチーム
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  29. 感想1
    • ポジティブ
    • ほかの人のテクニックを得られる
    • 自分のプロジェクトだとコードに対して説明できる状態にしておきたい
    • ネガティブ
    • 業務時間の中でどこまで時間が作れるのか
    • 1人1案件のなかで、どうモブを進めるのか
    • 感想・所感・お気持ち
    • 業務にも取り入れていきたい
    • 自分以外の視点で見てもらうことによる気づき
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  30. 感想2
    • ポジティブ
    • 自分の中にない切り口のコメントがもらえる
    • 知らないことは知らない
    • サンプルコードではなく、案件のコードでフィードバックをもらえると、より納得感がある
    • やる気がない日でもモブだと強制的に進む
    • 感想・所感・お気持ち
    • この記事が共感できる
    • https://www.yasuhisay.info/entry/2021/06/13/234500
    • 見られることが苦手
    • 人数が増えれば増えるほど、苦手意識も上がりそう
    • できれば少人数がいい
    • ナビゲーターからのコメントの咀嚼が難しい
    • 質問がしづらい、毎回聞くのは申し訳ない
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  31. その他の意見
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  32. ポジティブな感想
    • チームでモブを明確にやろうと合意したあとの良さ
    • レビューの負荷が減った
    • 読み合わせがなくなった
    • 指摘がしやすくなった
    • レビューだと明らかな間違いは指摘しやすいけど、間違ってないけど聞いてみたいことが聞きづらい
    • レビューの段階で直してもらうのもなーという遠慮
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  33. ポジティブではない感想
    • 基本みんなポジティブで楽しく、あえて聞かないとネガティブなことがでてこない
    • ポジティブではない感想
    • ワークショップとかは大丈夫だけどモブワークは苦手
    • 参加者の前提知識、背景がそろってないとやりづらい
    • → なかなか難しい問題
    • モブで前提知識をそろえたいけど、その過程が苦手
    • モブワークと個人ワークのバランス
    • 人と意見が食い違ったとき/自分が考えてなかったことを言われたときに、それを理解する
    のに時間がかかる
    • 見積に時間がかかる
    • → 個人の見積精度が高いメンバー
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  34. その他のお気持ち
    • 最初は苦手意識があった
    • いままで
    • 準備をして取り組みたい意識があった(完璧主義的な)
    • モブワークの思考の仕方、取り組み方の意識
    • モブワークはこういうもの。という幻想
    • しっかりとした成果物を出さないといけないという意識
    • 徐々に慣れてきて、いまは「モブはいいぞ」
    • これを意識したら変わった
    • 初めから完璧を目指さなくて良い
    • 独り言をつぶやきながらやる
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  35. まとめ
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  36. まとめ
    • 会話をしながら業務を行うので、リモートワークでは特に意識して取り組むとよ
    さそう
    • 形式知以外の暗黙知の共有が可能になる
    • 業務形態によっては合わない場合があり、もう少し工夫が必要
    • チーム体制の変更、業務にあたる体制の変更など
    Copyright© HoloLab Inc. All rights reserved

    View full-size slide

  37. https://hololab.co.jp/#contact

    View full-size slide