Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Gopher道場アフターストーリー / Gopher Dojo After Story

Ad4c3c738e57a9bbcb800871e81c232d?s=47 itosho
March 10, 2021

Gopher道場アフターストーリー / Gopher Dojo After Story

「Gopher道場 同窓会2021」でのLT資料です。

Ad4c3c738e57a9bbcb800871e81c232d?s=128

itosho

March 10, 2021
Tweet

Transcript

  1. Gopher道場アフターストーリー Gopher道場 同窓会2021 @itosho

  2. 自己紹介 ・伊藤 翔 @itoho  ・コネヒト株式会社 執行役員兼CTO  ・Gopher道場一期生 ・Backend Engineer  ・仕事でよく書いている言語:

    PHP, Go  ・趣味でよく書いている言語: Go, Swift, JavaScript
  3. 今日話すこと ・Gopher道場卒業後の話  ・どんなことにGoを利用して、これからどうしようとしているか  ・技術的な情報ではないので、1人の経験のアウトプットとして聞いてください  ・「情報ではなく経験をアウトプットすること」 https://lacolaco.hatenablog.com/entry/2021/03/08/100228

  4. とにかくたくさん書く Go First

  5. インディー開発の話 ・Goがバックエンドの第一言語に  ・元々はRailsを利用することが多かった ・理由 is …  ・Web APIを開発することがほとんど  ・つくりたいものに集中出来る  ・なんか書いてて気持ちいい

    ・だいたいechoとsqlxを使っています  ・パッケージ構成は紆余曲折を経て、シンプルにすることが多くなりました
  6. 社内に少しずつ導入する Go for it

  7. OSS ・gdpというCLIツールを公開  ・GitHub: https://github.com/Connehito/gdp ・ tagの作成とリリースノートの作成が楽に出来るツール  ・「gdpというGo製のCLIツールを公開しました」https://tech.connehito.com/entry/2018/08/28/124608

  8. Slack Bot ・点呼さんというBotを開発 ・Slack上での出欠確認やリマインドを楽にするBot  ・元々Slackのリアクションで出欠をとる文化があったが、社員が増えて大変になってきた  ・tmpチャンネルをつくることもあるが、ものによってはややToo Muchなケースもある ・グループでの絞り込みや特定のリアクションをした人の取得も可能

  9. 技術戦略に組み込む Let’s Go

  10. Tech Vision ・Tech Visionという中長期の技術戦略にGoの積極導入を掲げる  ・Connehito Tech Vision: https://tech-vision.connehito.com/ ・新規サービスへの試験導入をきっかけに本格検討  ・「事業を支える技術選定」

      https://speakerdeck.com/itosho525/engineering-decision-making-process-for-business
  11. Tech Vision ・Tech Visionという中長期の技術戦略にGoの積極導入を掲げる  ・Connehito Tech Vision: https://tech-vision.connehito.com/ ・新規サービスへの試験導入をきっかけに本格検討  ・「事業を支える技術選定」

      https://speakerdeck.com/itosho525/engineering-decision-making-process-for-business これまで以上にGoを書いて、 コミュニティを盛り上げていきたい!