Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

プラットフォーム名決めるのも、ロゴ作るのも、プラットフォームチームの仕事です

 プラットフォーム名決めるのも、ロゴ作るのも、プラットフォームチームの仕事です

Platform Engineering Meetup #4で発表した資料です

Kazuto Kusama

August 07, 2023
Tweet

More Decks by Kazuto Kusama

Other Decks in Technology

Transcript

  1. プラットフォーム名
    決めるのも、
    ロゴ作るのも、
    プラットフォームチームの
    仕事です

    View full-size slide

  2. Kazuto Kusama
    @jacopen
    Senior Solutions Engineer @HashiCorp Japan
    Co-Chair @CloudNative Days
    Organizer @Platform Engineering Meetup
    Founder @Cloud Native Innovators Association
    Tech Strategy Advisor @PITTAN

    View full-size slide

  3. 2012-2017 国内の通信事業者でPaaSの開発
    2012- PaaS勉強会のオーガナイザー
    2017-2021 Pivotal / VMwareで、Cloud FoundryやKubernetesの
    プロフェッショナルサービス および
    プラットフォームチームづくりの支援
    2021 - HashiCorpでTerraformやVaultなどのプロダクトの
    ソリューションエンジニア
    10年以上、プラットフォームに関連する仕事に携わってきました
    これまでやってきたこと (第1回の資料より)

    View full-size slide

  4. ネーミングに
    (次世代|新|次期)(統合|共通)(プラットフォーム|基盤)
    多過ぎ問題

    View full-size slide

  5. こういう名前多過ぎ・・・!
    次世代プラットフォーム
    新統合基盤
    次世代共通プラットフォーム
    次期開発統合基盤
    何が新で何が次世代なのか
    5年後、それは次世代のままで
    いられるのか
    ▲ サラリーマンの聖地 ニュー新橋ビル
    昭和感溢れ、良いビルだと思うが「ニュー」感はない

    View full-size slide

  6. プラットフォームは、プロダクトです

    View full-size slide

  7. Platform as a Product
    ● 開発者を『顧客』として考え、顧客にプラット
    フォームという『プロダクト』を提供していく
    というアプローチ
    ● 世の中に提供されているさまざまなプロダクト
    と同じ管理手法を、プラットフォームにも取り
    込んでいく
    顧客
    Platform
    Product
    プロダクトを提供
    プロダクトを提供
    プラットフォームチーム

    View full-size slide

  8. たとえば世の中にサービスを提供するとして・・・
    【次世代インスタントメッセンジャー】
    【新型写真共有サービス】
    【次期ビジネスマッチングサービス】
    【新Web会計システム】
    みたいな名前で出しますか? 出さないですよね?

    View full-size slide

  9. こういう名前付けが許されるのは、本当に最初期のみ
    最初期の、やるかどうかも決まっていない根
    回し段階で用いるなら許容範囲。
    実際にプラットフォームを作るぞとなった
    ら、なるべく早くに(新|次世代|次期)は卒業す
    べき

    View full-size slide

  10. プラットフォームに名前を付けよう

    View full-size slide

  11. プラットフォームに名前を付けよう
    プラットフォームに名前を付けよう。
    そこからチームの名前を付けよう。
    名前を付けることは、社内ブランディングへの第一歩
    ▲ Verda (LINE)
    ▲ AKE (CyberAgent)

    View full-size slide

  12. アイディアを出していく
    ホワイトボードや付箋紙、Miroなどのオンラインホワ
    イトボードを使ってアイディアを出していく。
    このプラットフォームの特徴はなにか、誰を幸せにす
    るのか、どういう価値を提供するプラットフォームな
    のかを書いていき、アイディアを膨らませていく。
    単語に想いをのせてもいいし、造語を作ってもいい。
    他言語から持ってきてもいいし、ストレートな名前で
    もいい。
    自信をもって社内に展開できる、そして人の頭のなか
    に残りやすい名前がいい

    View full-size slide

  13. イマドキのアイディア出し
    ChatGPTと壁打ちしながら考える。
    アイディアを量産するのならば最強の話
    し相手。
    ChatGPT案をそのまま採用するという
    よりは、与えるパラメータを上手く調整
    しながら壁打ちを繰り返し、しっくりく
    る名前のヒントを探す

    View full-size slide

  14. ロゴを作ろう

    View full-size slide

  15. ロゴを作ろう
    名前が決まったら、次にロゴを作ろう。
    ロゴはさまざまなところで使える。
    ポータルサイトのヘッダに載せたり、
    説明資料に載せたり、グッズを作ったり。
    ロゴのデザインは?
    どんな配色にする?
    何をモチーフにする?
    などをアイディア出ししていく。進め方はプラット
    フォーム名決めと一緒

    View full-size slide

  16. アイディア出しに詰まったら
    ChatGPT
    改めて言うまでもないけど、本当に
    便利。
    Platform Engineering Meetupのロ
    ゴもChatGPTと壁打ちしながら作っ

    View full-size slide

  17. 便利なデザインツール
    Canva
    Adobe Express
    などなど。安価に、豊富なテンプレート
    からデザインを作成出来る。
    チームにCreative Cloud使える人がいる
    なら、それで作ってもいい
    どのツール使ってもいいけど、データを
    保存する際にはベクトルデータ(SVGやAI)
    も作成しておくことを強く推奨
    ▼ Canvaで作った
    ▼ Adobe Expressで作った

    View full-size slide

  18. 配色
    プラットフォームのブランディングで使う配色
    を決めていく。
    メイン、サブ、アクセント、テキストあたりの
    パターンを決めておくと使いやすい。
    ただ、配色はセンスが問われる世界なので、
    CanvaやAdobe Colorといったサイトで共有さ
    れているカラーパレットから気に入ったものを
    採用するのがいい

    View full-size slide

  19. グッズを作ろう

    View full-size slide

  20. グッズを作ろう
    ステッカー、Tシャツ、etc... いろんな
    SWAGを作ってみよう。配布できるグッズは
    ブランドの周知に役立つ。
    ステッカーは配りやすく安いので万人におす
    すめ。
    自分で入稿すればすごく安い。デザイン含め
    て発注してもそんなに高くはない。
    着るもの系はチームの一体感をだすのに役立
    つ。ただ、安っぽい生地だとあまり着る気に
    ならないので、しっかりした生地で作ること
    を推奨
    ▲ラクスルのオンラインデザインで
    ステッカーを作っている

    View full-size slide

  21. グッズを作ろう
    ▲ ラクスル ▲ プリントパック ▲ グラフィック
    ▲ SUZURI ▲ Pixiv Factory ▲ 販促花子

    View full-size slide

  22. 気をつけたいこと
    MVP。SWAG作りは楽しいのでついつい時間を使いすぎてしまうこともあるが、
    そこはぐっと気持ちを抑えて本当に効果があるものから取り組もう。
    もっとも必要なもの
    ● プロダクト名
    はやめにあると嬉しいもの
    ● ロゴ
    初期フェーズにほしいもの
    ● - ステッカー
    ● - チームT
    普及フェーズに欲しいもの
    ● - さまざまなSwag、マスコットキャラクター

    View full-size slide

  23. 誰を巻き込むべきか
    ● チームメンバー
    ○ チーム内で納得できる名前やロゴを作ろう
    ● プラットフォームチャンピオン
    ○ 名称やロゴの普及に向けて裏で奔走してもらうことは多い
    ● マーケティングチーム
    ● デザイナー
    ○ チームとの距離が近く、気軽にコミュニケーション取れるなら巻き込むとクオリ
    ティが上がるかもしれない。
    ○ ただ、距離が遠くやりとりに時間がかかってしまうなら無理に連係する必要は無い

    View full-size slide

  24. やってみたくなってきた?

    View full-size slide

  25. よくある質問
    Q. 名前のアイディアが出ない
    A. ChatGPT使え

    View full-size slide

  26. よくある質問
    Q. アイディアはたくさん出たが、意見がまとまらない
    A. 決定方法をあらかじめ定めておくのがいい。
    多数決にする・リーダーが決める など

    View full-size slide

  27. よくある質問
    Q. 名前を付ける文化がないので、社内の理解が得られない
    A. 最も多い質問。プラットフォームチームから社内に
    話を通すパスが存在しないことが原因。
    そこで諦めないことが重要。これは今後の試金石で
    あると考えるべき。名前付けすら通せないのであれば、
    今後起こるさまざまな調整イベントでも躓く。
    誰にどう話せば通りやすいのか、PMとチャンピオンで
    連携しながら見極めていくべし

    View full-size slide

  28. よくある質問
    Q. お遊び・自己満足と思われてしまう
    A. Platform as a Productの考え方を理解してもらおう。
    顧客がいてはじめてプラットフォームの価値がある
    こと、そのためには顧客に知ってもらい、使ってもら
    う必要があることを理解してもらう必要がある。
    また、この問題の背景には「プラットフォームはコス
    ト」という意識が隠れていると推測される。
    プラットフォームはコストではなく利益を生み出す
    キーなんだと理解してもらう必要がある

    View full-size slide

  29. Platform as a Product
    やっていきましょう

    View full-size slide