基礎情報処理演習 (2)PADその1

基礎情報処理演習 (2)PADその1

C04e17d9b3810e5c0ad22cb8a12589de?s=128

自然言語処理研究室

September 20, 2013
Tweet

Transcript

  1. 7.

    PAD PAD (Problem Analysis Diagram) とは、アルゴリズムを 図に表現したものである。 以下のような記号を使う。 処理 入力

    分岐 繰り返し まとめ処理 出力 右に伸びるタイプ 下に続くタイプ 長岡技術科学大学 電気系 基礎情報処理演習 7
  2. 8.

    2 1 18 17 4 11 16 3 14 5

    10 15 13 12 6 8 9 7 図1 PADの特徴 アルゴリズムの全体像を つかみやすい。 右に行くほど細かい処理になる 処理が細かくなってゆく 処理が進んでいく 長岡技術科学大学 電気系 基礎情報処理演習 8
  3. 11.

    変数への代入 変数の中に数字を入れることを代入と呼ぶ。 例えば、a という変数に 3 を代入する時は a ← 3 と書く(3

    → a とは決して書かないので注意)。 長岡技術科学大学 電気系 基礎情報処理演習 11
  4. 12.

    値の追加 すでに入っている値に追加することができる。 例えば、 a ← a + 2 とすると、現在入っている a

    の値に 2 が追加される。 長岡技術科学大学 電気系 基礎情報処理演習 12
  5. 16.

    wa ← a + b a, b wa 図2 例 : 二つの数の和を計算するアルゴリズム

    二つの数を入力して、a と b に代入 和を計算して wa に代入する wa を画面に出力する 長岡技術科学大学 電気系 基礎情報処理演習 16
  6. 18.

    Yesの場合 (条件が正しい場合)の処理 Noの場合 (条件が正しくない場合) の処理 a > b 条件を書く。 aよりbが小さい

    などと言葉で書いてもよい (曖昧でなければ) “a が大きい" “a が大きくはない" 長岡技術科学大学 電気系 基礎情報処理演習 18 書き方
  7. 19.

    x > 0 かつ y < 0 注意:  分岐は必ず2つに分かれるとは限らない。 Yes

    だけの場合(図3)は Noの部分に何も書かない。 “x と y は 異符号" 図3 もしxが正の数で yが負の数ならば "xとyは異符号"と出力 そうでなければ何もしない 長岡技術科学大学 電気系 基礎情報処理演習 19
  8. 20.

    x > 0 x ←x * (-1) x 図4 そうでなければ

    (= x が正の数でなければ) (= x が0か負の数ならば) x を -1 倍する。 もし x が0より大きい(正の数)ならば 何もしない xを出力する 長岡技術科学大学 電気系 基礎情報処理演習 20 さらに、Noだけの場合(図4)もある。
  9. 21.

    w < 20 “110円" w < 50 “540円" “270円" “200円"

    w < 100 それ以外 図5 Wが20未満なら"110円"、 Wが50未満なら"200円"、 Wが100未満なら"270円"、 それ以外なら"540円"と出力 たくさん分岐する場合もある(多重分岐)。 例 : 郵便料金の計算 長岡技術科学大学 電気系 基礎情報処理演習 21