Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

PrePoMax v1.1.0 実例集

JunTatsuno
October 23, 2021

PrePoMax v1.1.0 実例集

PrePoMaxのDocumentationタブのAdditional ResourcesにあるExamples manualを機械翻訳にかけました。
https://prepomax.fs.um.si/

JunTatsuno

October 23, 2021
Tweet

More Decks by JunTatsuno

Other Decks in Technology

Transcript

  1. PrePoMax v1.1.0 実例集 2021 年 6 月 26 日 Jakub

    Michalski Matej Borovinšek 共著 龍野 潤 訳
  2. 目次 1 圧力のかかった分割リング 1 2 シャフトに表面トラクション荷重 3 3 楕円形の棒のねじり 5

    4 ねじりと曲げを受ける長方形の棒 7 5 2 つの円柱のアセンブリ 9 6 梁のモーダル解析 11 7 引張弾塑性プレート 14 8 2 つの球のヘルツ接触 17 9 円筒シェルの座屈 20 10 単純支持されたプレートの圧縮時の座屈 22 11 断熱パイプラインの熱伝達 24 12 バイメタル小片の熱構造解析 26
  3. 1 圧力のかかった分割リング 最初の例は、圧力荷重を受けた分割リング(リングの 1/4)です。その寸法は: − 外径:150 mm − 内径:90 mm

    − 厚さ:20 mm 1) [mm, ton, s, °C] 単位の新規ファイルを作成し、ステップ形式のジオメトリを PrePoMax にインポートします。次に、パーツをメッシュ分割します。ここでは、最大要素サイズとし て 3mm を選択し、その他の設定は変更しませんでした(図 1) 。 図 1 分割リング - メッシュ 2) 境界条件と荷重を適用する際に使用するノードセット fix(下側)とサーフェス press(上 側)を作成します。 3) Steel という名前の新しい材料を定義し、弾性挙動を加え、ヤング率を 210000MPa、ポア ソン比を 0.3 と指定します。材料に Steel を使用し、Steel_section という名前のソリッド セクションを新規に作成し、そのセクションが割り当てられるように分割リングを選択し ます。 4) デフォルトの設定で静的解析ステップを定義します。 5) fix という名前のノードセットに固定境界条件を追加します。press という名前のサーフェス に圧力荷重を追加し、その大きさを 20MPa に指定します(図 2) 。 1
  4. 図 2 分割リング - 境界条件と荷重 6) 必要な定義がすべて行われたので、解析を提出できます。解析が終了するまで待って、結果 を開きます。 7) ミーゼス応力と変位のコンタープロットを確認します。

    カラースペクトルの種類を Rainbow に変更します。最大値ラベルを非表示にし、数値フォーマットを一般に変更し、変形スケー ル係数を 40 に設定します(図 3) 。分析的に計算された最大応力値は 230.68MPa であり、 固定面の外側短辺を確認した場合のシミュレーション結果にも同様の応力が見られます。 図 3 分割リング - フォンミーゼス応力 2
  5. 2 シャフトに表面トラクション荷重 この例では、短い円形のシャフトに表面トラクション荷重をかけて曲げを発生させます。その寸 法は: − 直径:50 mm − 長さ: 200

    mm 1) [mm, ton, s, °C] 単位の新規ファイルを作成し、ステップ形式のジオメトリを PrePoMax にインポートします。次に、パーツをメッシュ分割します。ここでは、最大要素サイズとし て 4mm を選択し、その他の設定は変更しませんでした(図 4) 。 図 4 シャフト - メッシュ 2) 新しい材料を定義し、弾性挙動を加え、ヤング率を 210000MPa、ポアソン比を 0.3 と指定 します。先に作成した材料を参照して新しいソリッドセクションを作成し、そのセクション がこのパーツに割り当てられるようにシャフトを選択します。 3) デフォルトの設定で静的解析ステップを定義します。固定境界条件をシャフトの片方の端 に、表面トラクション荷重を、もう片方の端に割り当てます。シャフトの軸に垂直な方向 に-500N の値を指定します(図 5) 。 3
  6. 図 5 シャフト - 境界条件と荷重 4) 解析を実行し、解析が完了したら結果を開きます。変形のスケール係数を 400 に変更し、非 変形モデルを描画するオプションをオンにします。変位のコンタープロットを調べ、非変形

    モデルの形状を隠し、ミーゼス応力のプロットを確認します(図 6) 。分析的に計算された 最大応力は 8.17MPa で、解析結果を確認しても同様の値が得られます。 図 6 シャフト - フォンミーゼス応力 4
  7. 3 楕円形の棒のねじり このケースでは、楕円形の断面を持つ棒にねじりを加えています。その寸法は: − 長軸:200mm − 短軸:100mm − 長さ:1000mm 1)

    [mm, ton, s, °C] 単位の新規ファイルを作成し、ステップ形式のジオメトリを PrePoMax にインポートします。次に、パーツをメッシュ分割します。ここでは、最大要素サイズとし て 10mm を選択し、その他の設定は変更しませんでした(図 7) 。 図 7 楕円形の棒 - メッシュ 2) 新しい材料を定義し、弾性挙動を加え、ヤング率を 210000MPa、ポアソン比を 0.3 と指定 します。先に作成した材料を参照して新しいソリッドセクションを作成し、そのセクション がこのパーツに割り当てられるようにシャフトを選択します。 3) 座標(0, 0, 1000)に基準点を作成します。この基準点を使って剛体拘束を作成し、シャフ トの表面に割り当てます。 4) デフォルトの設定で静的解析ステップを定義します。固定境界条件を基準点のある面と反 対側のシャフトの面に割り当てます。モーメント荷重を作成して基準点に適用し、棒の軸に 1000000Nmm の大きさを指定します(図 8) 。 5
  8. 図 8 楕円形の棒 - 境界条件と荷重 5) 解析を実行し、解析が完了したら結果を開きます。このケースでは、分析的に計算された 最大せん断応力は 2.547MPa です。数値結果と比較するために、適切な応力成分に切り替

    えます(モデルがグローバル座標系の軸にどのように配置されているかによって異なりま す) 。Query → Point/Node ツールを使って、棒のさまざまな場所の応力値を調べます。ま た、最大せん断応力を持つノードを指すラベルを表示します。この場合の結果は 2.555MPa で、解析解に非常に近いものでした(図 9) 。 図 9 楕円形の棒 - せん断応力 6
  9. 4 ねじりと曲げを受ける長方形の棒 このケースでは、複合荷重(ねじりと曲げ)を受ける長方形断面の棒を解析します。その寸法は: − 断面:200×300mm の長方形 − 長さ:1400mm 1) [mm,

    ton, s, °C] 単位の新規ファイルを作成し、ステップ形式のジオメトリを PrePoMax にインポートします。次に、パーツをメッシュ分割します。ここでは、最大要素サイズとし て 30mm を選択し、その他の設定は変更しませんでした(図 10) 。 図 10 長方形の棒 - メッシュ 2) 新しい材料を定義し、弾性挙動を加え、ヤング率を 180000MPa、ポアソン比を 0.25 と指 定します。先に作成した材料を参照して新しいソリッドセクションを作成し、そのセクショ ンがこのパーツに割り当てられるように棒を選択します。 3) 座標(500, 0, 1400)に基準点を作成します。この基準点を使って剛体拘束を作成し、棒の 表面に割り当てます。 4) デフォルトの設定で静的解析ステップを定義します。固定境界条件を基準点のある方と反 対側の棒の端に割り当てます。もう一方の棒には集中荷重を設定します。棒の軸に垂直な方 向に-8000N の値を指定します(図 11) 。 7
  10. 図 11 長方形の棒 - 境界条件と荷重 5) 解析を実行し、結果を確認します。変形のスケール係数を 1000 に設定し、非変形モデルを 描画するオプションを有効にします(図

    12) 。リモート荷重によってバーが曲げられたり、 ねじられたりしているのがわかります。解析結果は 4.69MPa 程度です。シミュレーション 結果は応力集中とメッシュ感度の影響を受けますが、この場合、最大応力があるコーナー のすぐ隣のノードで読み取られた値は 4.77MPa です。 図 12 長方形の棒 - フォンミーゼス応力 8
  11. 5 2 つの円柱のアセンブリ このケースでは、2 つの円柱からなる単純なアセンブリを解析します。その寸法は: −   1 本目の円柱の直径:80mm −

      1 本目の円柱の長さ:100mm −   2 本目の円柱の直径:50mm −   2 本目の円柱の長さ:120mm 円柱は、CAD ソフトウェアで個別のパーツとしてモデル化され、そのアセンブリをステップ形式 でインポートする必要があります。 1) [mm, ton, s, °C] 単位の新規ファイルを作成し、ステップ形式のジオメトリを PrePoMax にインポートします。次に、両方のパーツをメッシュ分割します。ここでは、最大要素サイ ズとして 5mm を選択し、その他の設定は変更しませんでした(図 13) 。 図 13 2 つの円柱 - メッシュ 2) 新しい材料を定義し、弾性挙動を加え、ヤング率を 180000MPa、ポアソン比を 0.25 と指 定します。先に作成した材料を参照して新しいソリッドセクションを作成し、そのセクショ ンがこのパーツに割り当てられるように円柱を選択します。 3) 幅の広い円柱を非表示にし、幅の狭い円柱の背面に Tie1 という名前のサーフェスを作成し ます。パーツの可視性を反転させ(View → Invert Visible Parts) 、幅の広い円柱の前面に Tie2 という名前のサーフェスを作成します。再び両方のパーツを表示します。タイ拘束を 定義し、以前に作成したサーフェスをマスターとスレーブ領域として使用します。 4) デフォルトの設定で静的ステップを作成します。幅の広い円柱の背面に固定境界条件を適 用し、幅の狭い円柱の前面に圧力荷重(大きさ 30MPa)を適用します(図 14) 。 9
  12. 図 14 2 つの円柱 - 境界条件と荷重 5) 解析を実行し、結果を表示します。変形のスケール係数を 100 として、応力と変位を調べ

    ます(図 15) 。 図 15 2 つの円柱 - 変位 10
  13. 6 梁のモーダル解析 この例では、単純支持された長方形の梁を、固有振動数の観点から解析します。その寸法は: − 断面:正方形 40 mm − 長さ:1000mm 1)

    [mm, ton, s, °C] 単位の新規ファイルを作成し、ステップ形式のジオメトリを PrePoMax にインポートします。次に、パーツをメッシュ分割します。ここでは、最大要素サイズとし て 10mm を選択し、その他の設定は変更しませんでした(図 16) 。 図 16 梁 - メッシュ 2) 新しい材料を定義し、弾性挙動を加え、ヤング率を 210000MPa、ポアソン比を 0.3 と指定 します。また、Density(密度)を追加し、7.85e-9tont/mm3 の値を指定します。先に作成 した材料を参照して新しいソリッドセクションを作成し、そのセクションがこのパーツに 割り当てられるように梁を選択します。 3) デフォルトの設定で周波数ステップを作成します(10 個の固有振動数の抽出) 。変位/回転 境界条件を一方の端の断面の下部エッジに適用します。自由度 U1、U2、U3 を固定します。 反対側の断面の下部エッジに適用される別の変位/回転境界条件を作成します。先ほどと同 様に自由度を固定しますが、ローラー支持をシミュレートするために、1 つの移動(ビーム の軸方向の移動)を残します(図 17) 。 11
  14. 図 17 梁 - 境界条件 4) 解析を実行し、解析が完了したら結果を開きます。固有振動数とモード形状を調べます。 モード形状を切り替えるには、Previous/Next の増分ボタン、またはショートカットツール バーのドロップダウンリストを使用します。固有振動数の解析値を以下に示します(表

    1) 。 表 1 梁 - 理論固有振動数 No. 固有振動数 [Hz] 1 93.82 2 375.46 3 844.07 4 1501.83 5 2347.80 一方、解析で得られた値は次の表(表 2)のとおりです。 12
  15. 表 2 解析による梁の固有振動数 No. 固有振動数 [Hz] 1 93.39 2 121.28

    3 339.68 4 413.17 5 785.76 6 850.47 7 1066.7 8 1223.69 9 1478.86 10 1609.22 解析計算は簡略化されており(1 つの平面内の変形のみを考慮している) 、モーダル解析で得ら れたすべての固有振動数を予測することはできません。これが、この場合の結果の違いの主な理 由の 1 つです。 下の画像では、高次モードの形状の 1 つ(#9)を見ることができます(図 18) 。 図 18 梁 - モード形状 #9 13
  16. 7 引張弾塑性プレート この例では、中央に穴の開いた長方形のプレートに張力をかけています。プレートは弾塑性材料 でできています。対称性のため、プレートの 1/4 のみを解析します。 その寸法は: − プレートサイズ:300×150mm −

    穴の直径:60 mm − 厚さ:10 mm 1) [mm, ton, s, °C] 単位の新規ファイルを作成し、ステップ形式のジオメトリを PrePoMax にインポートします。次に、パーツをメッシュ分割します。ここでは、最大要素サイズとし て 4mm を選択し、その他の設定は変更しませんでした(図 19) 。 図 19 プレート - メッシュ 2) 新しい材料を定義し、弾性挙動を加え、ヤング率を 210000MPa、ポアソン比を 0.3 と指定 します。また、Plasticity(塑性)を追加し、以下のデータポイントを指定する(表 3) 。 表 3 プレート - 塑性定義のデータポイント 降伏応力 [MPa] 塑性ひずみ [-] 235 0 335 0.12 先に作成した材料を参照して新しいソリッドセクションを作成し、そのセクションがこの パーツに割り当てられるように梁を選択します。 3) デフォルトの設定で静的ステップを定義します。対称性のためにカットされた面に変位/回 転境界条件を適用します。それぞれの BC には、特定の面に垂直な方向に対応する自由度 を固定します。変位/回転境界条件をもう 1 つ作成し、もっとも大きい 2 つの面に適用し、 面外変形を防ぐために法線方向の変位を拘束します(実際には問題は 2 次元です) 。プレー トが引っ張られる側に-200MPa の圧力荷重をかけます(図 20) 。 14
  17. 図 20 プレート - 境界条件 4) 新しいフィールド出力要求を追加し、要素出力と PEEQ 変数を選択します。 5)

    解析を実行し、解析が完了したら結果を確認します。ミーゼス応力と塑性ひずみ(PE)の 分布を詳しく見てみましょう(図 21) 。 図 21 プレート - 塑性ひずみ 6) Transformation → Symmetry オプションを使用して結果をミラーリングし、プレート全 体の結果を表示します(図 22) 。 15
  18. 図 22 プレート - 塑性ひずみ(ミラーリング) 16

  19. 8 2 つの球のヘルツ接触 ここでは、Code_Aster のベンチマーク問題 SSNV104 を例に説明します。この例では、接触し ている 2 つの球体が互いに押し付けられています。対称性を利用して、それぞれの球体の

    1/8 だ けを分析する必要があります。 ジオメトリは、CAD ソフトウェアで個別のパーツとしてモデル化され、そのアセンブリをス テップ形式でインポートする必要があります。 1) [mm, ton, s, °C] 単位の新規ファイルを作成し、ステップ形式のジオメトリを PrePoMax にインポートします。次に、両方のパーツをメッシュ分割します。ここでは、最大要素サイ ズとして 5mm を選択し、その他の設定は変更しませんでした。さらに、接触領域に 0.5mm の局所的なメッシュ細分化を適用しました(メッシュをより良く細分化するには、球体を 分割して、細分化を割り当てることができるエッジを作成する必要があります) 。そうしな いと、ユーザーは接触点の頂点を使用しなければなりません(図 23) 。 図 23 2 つの球 - メッシュ 2) 新しい材料を定義し、弾性挙動を加え、ヤング率を 20000MPa、ポアソン比を 0.3 と指定 します。先に作成した材料を参照して新しいソリッドセクションを作成し、そのセクション がこのパーツに割り当てられるように両方の球セグメントを選択します。 3) デフォルトのサーフェス挙動(ハード)でサーフェスの相互作用を作成します。この相互作 用を参照してコンタクトペアを作成し、解析中に接触する 2 つのサーフェスを選択します。 17
  20. 4) 新しい静的ステップを作成し、Nlgeom をオンにします(幾何学的非線形性を考慮するた め) 。2 つの変位/回転境界条件を定義し、対称性のある 2 つの側面からなる 2 つのセット

    に適用します(各セットの面の法線方向の変位のみを拘束します) 。さらに 2 つの変位/回 転境界条件を作成し、上面と下面に割り当てます。矢印が互いに向き合い、球が互いに押し 付けられるように、2mm と-2mm の変位を規定します(図??) 。 図 24 2 つの球 - 境界条件 5) 解析を実行し、解析が完了したら結果を確認します。接触点の周りの特定の応力分布に注 目してください(図 25) 。球体が圧縮される方向(接触点)の法線応力の分析的な計算値は 2798.3MPa ですが、このケースのシミュレーション結果は 2750MPa です。接触を伴う解 析はメッシュ密度に非常に敏感であるため、メッシュを細かくすることでより良い結果が 得られる可能性があります。 18
  21. 図 25 2 つの球 - 垂直応力 19

  22. 9 円筒シェルの座屈 この例では、軸方向に圧縮された円筒形シェルの線形座屈解析を行います。その寸法は: − 直径: 300 mm − 長さ:600mm ジオメトリーは、CAD

    ソフトウェアでサーフェスとしてモデリングされています。 1) [mm, ton, s, °C] 単位の新規ファイルを作成し、ステップ形式のジオメトリを PrePoMax にインポートします。次に、パーツをメッシュ分割します。ここでは、最大要素サイズと して 10mm を選択し、四分割メッシュを有効にして、その他の設定は変更しませんでした (図 26) 。 図 26 円筒シェル - メッシュ 2) 新しい材料を定義し、弾性挙動を加え、ヤング率を 210000MPa、ポアソン比を 0.3 と指定 します。先に作成した材料を参照して新しいシェルセクションを作成し、そのセクションが このパーツに割り当てられるように円筒シェルを選択します。厚さを 5mm に指定します。 3) 座標(0, 0, 600)に基準点を作成します。この基準点とシェルのエッジを使って剛体拘束を 定義します。 4) 新しい座屈ステップを追加し、座屈係数の数を 5 に設定します。シェルの下部エッジに割 り当てられた固定境界条件を作成します。集中荷重を定義し、シェルの上端に接続された基 準点に適用します。この荷重には-1N を指定します(図 27) 。 20
  23. 図 27 円筒シェル - 境界条件と荷重 5) 解析を実行し、解析が終了したら結果を開きます。変形のスケール係数を 10000 に設定し、 座屈モードの形状を確認します。そのうちの

    1 つ(#4)を下の画像に示します(図 28) 。分 析的に計算された限界荷重は 1.9964-107 ですが、シミュレーションでは 1.9024-107 とな ります。 図 28 円筒シェル - 座屈モード形状 #4 21
  24. 10 単純支持されたプレートの圧縮時の座屈 この例では、単純支持された長方形のプレートのすべての端が圧縮された場合の座屈を解析し ます。その寸法は: − プレートサイズ:200×150mm ジオメトリーは、CAD ソフトウェアでサーフェスとしてモデリングされています。 1) [mm,

    ton, s, °C] 単位の新規ファイルを作成し、ステップ形式のジオメトリを PrePoMax にインポートします。次に、パーツをメッシュ分割します。ここでは、最大要素サイズとし て 5mm を選択し、四分割メッシュを有効にして、その他の設定は変更しませんでした(図 29) 。 図 29 プレート - メッシュ 2) 新しい材料を定義し、弾性挙動を加え、ヤング率を 200000MPa、ポアソン比を 0.3 と指定 します。先に作成した材料を参照して新しいシェルセクションを作成し、そのセクションが このパーツに割り当てられるようにプレートを選択します。厚さを 4mm に指定します。 3) 新しい座屈ステップを追加し、座屈係数の数を 3 に設定します。プレートのすべてのエッジ に割り当てられた変位/回転境界条件を作成し、面外方向の移動のみを拘束します。さらに 2 つの変位/回転境界条件を追加して、プレートの垂直な 2 つのエッジに適用し、各エッジ の法線方向を拘束する。法線方向のシェルエッジ荷重を 1N/mm の大きさで定義し、法線 方向の BC を持つエッジと反対側の 2 つのエッジに割り当てます(図 30) 。 22
  25. 図 30 プレート - 境界条件と荷重 4) 解析を実行し、解析が終了したら結果を確認します。各座屈モード形状を確認します。2 つ 目は、下の画像のようになります(図 31)

    。分析的に計算した限界圧縮応力は 200.85MPa ですが、シミュレーションでは 197MPa となります。 図 31 プレート - 座屈モード形状 #2 23
  26. 11 断熱パイプラインの熱伝達 この例では、断熱されたパイプラインに熱負荷がかかります。その寸法は: − 外径:57 mm − 内径: 50 mm

    − 断熱材の厚さ: 28 mm − 長さ: 200 mm 1) [mm, ton, s, °C] 単位の新規ファイルを作成し、ステップ形式のジオメトリを PrePoMax にインポートします。次に、両方のパーツをメッシュ分割します。ここでは、最大要素サイ ズとして、断熱材は 2mm、パイプは 3mm を選択しました。その他の設定は変更しません でした(図 32) 。 図 32 パイプライン - メッシュ 2) Pipe_material という名前の新しいマテリアルを定義し、Thermal   conductivity(熱伝 導率)を追加して、45mW/(mm-°C) という値を指定します。もう 1 つのマテリアルを定義 し、名前を Insulation_material とし、Thermal   conductivity(熱伝導率)を追加して値 を 0.05mW/(mm-°C) とします。Pipe_material を材料として、Pipe_section という名前 のソリッドセクションを新規に作成し、そのセクションが割り当てられるように内側のパー ツ(パイプ)を選択します。別のセクションを作成し、名前を Insulation_section とし、マ テリアルとして Insulation_material を選択し、外側のパーツ(断熱材)を選択します。 3) パイプを非表示にして、断熱材の内側の面に Tie1 という名前のサーフェスを作成します。 パーツの可視性を反転させ (View  → Invert Visible   Parts) 、パイプの外側の面に Tie2 という名前のサーフェスを作成します。再び両方のパーツを表示します。タイ拘束を定義 24
  27. し、以前に作成したサーフェスをマスターとスレーブ領域として使用します。 4) 熱伝導解析ステップをデフォルト設定(定常状態)で定義します。 5) Convective film   load を作成し、 断熱材の外表面に割り当てます。

    シンク温度を 20°C、 熱 伝達率を 0.015   mW / (mm2・°C) に指定します。 Convective film   load をもう 1 つ作成 し、 パイプの内側表面に割り当てます。 シンク温度は-30 ℃、 熱伝達率は 0.8mW/(mm2-°C) に指定します(図 33) 。 図 33 パイプライン - 熱負荷 6) 必要な定義がすべて行われたので、解析を提出できます。解析が終了するまで待って、結果 を開きます。 7) 温度コンタープロットを調べます(図 34) 。分析的に計算されたパイプの内側の面の温度 は-29.83 ℃で、パイプの外側の面の温度は 16.05 ℃です。同様の値は解析でも確認できま す(Query tool で確認してください) 。 図 34 パイプライン - 温度 25
  28. 12 バイメタル小片の熱構造解析 この例では、バイメタルの小片が、各層の異なる熱膨張のために曲がります。モデルは、2 本の 梁(120×20×4mm)を互いに重ねて配置したもので構成されています。 1) [mm, ton, s, °C]

    単位の新規ファイルを作成し、ステップ形式のジオメトリを PrePoMax にインポートします。次に、両方のパーツをメッシュ分割します。ここでは、両方のパーツ の最大要素サイズを 1mm とし、その他の設定は変更しませんでした(図 35) 。 図 35 バイメタル小片 - メッシュ 2) Copper という名前の新しい材料を定義し、 弾性 (ヤング率 130000MPa、 ポアソン比 0.34) 、 熱伝導率(385mW/(mm・°C)) 、熱膨張率(17e-6(1/°C)、零温度 20°C)を追加します。別 の材料を定義し、名前を Steel とし、弾性(ヤング率 21000MPa、ポアソン比 0.3) 、熱伝導 率(45mW/(mm・°C)) 、熱膨張率(12.3e-6(1/°C)、零温度 20°C)を追加します。材料に Copper を使用し、Top_layer という名前のソリッドセクションを新規に作成し、そのセク ションが割り当てられるように上部の梁を選択します。別のセクションを作成し、名前を Bottom_layer とし、材料に Steel を選び、下の梁を選択します。 3) 上部の梁を非表示にし、下部の梁の上面に Tie1 という名前のサーフェスを作成します。 パーツの可視性を反転させ(View → Invert Visible Parts) 、上部梁の下面に Tie2 という 名前のサーフェスを作成します。再び両方のパーツを表示します。タイ拘束を定義し、以前 に作成したサーフェスをマスターとスレーブ領域として使用します。 4) 温度-変位連成解析ステップをデフォルト設定(定常状態)で定義します。 5) 両方の梁の背面に固定境界条件を割り当てます。固定された面以外のすべての外面に、80 ℃の温度境界条件を追加します(図 36) 。 26
  29. 図 36 バイメタル小片 - 境界条件 6) 必要な定義がすべて行われたので、解析を提出できます。解析が終了するまで待って、結果 を開きます。 7) 垂直変位のコンタープロットを調べます(図

    37) 。分析的に計算されたバイメタル小片のた わみは 0.3807mm です。解析では、これよりも若干高い予測値が得られることがあります。 図 37 バイメタル小片 - たわみ 27