Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

未知の顧客にとっても価値あるプロダクトを生み出す

45a72486b4481b73b963a74ecaefc76f?s=47 kadoppe
April 10, 2021

 未知の顧客にとっても価値あるプロダクトを生み出す

2021.04.10 開催の Developer eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021での登壇資料です。

45a72486b4481b73b963a74ecaefc76f?s=128

kadoppe

April 10, 2021
Tweet

Transcript

  1. 1 未知の顧客にとっても 価値あるプロダクトを⽣み出す🏃 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience

    Day CTO/VPoE Conference 2021 株式会社プレイド VP of Engineering ⾨脇 恒平
  2. 2 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. ⾃⼰紹介・会社/プロダクト紹介 ⾃⼰紹介・会社/プロダクト紹介 🖐
  3. 3 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. ⾃⼰紹介 ⾨脇 恒平 株式会社プレイド VP of Engineering KARTE の開発 2017年4⽉⼊社 フットサル キャンプ ⾳楽 ゲーム 開発チームの⽣産性向上/リズムづくり twitter : @kadoppe github : kadoppe 36
  4. ɹɹʛɹɹ© 2019 PLAID Inc. 4 yyyy.mm.ddɹɹʛɹɹEvent name hereɹɹʛɹ 株式会社プレイドについて OUR

    MISSON データによって⼈の価値を最⼤化する
  5. 5 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. KARTEについて $9 ސ٬ମݧ ϓϥοτϑΥʔϜ
  6. 6 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. KARTEについて ֬ೝ͢Δ جຊαʔϏε΍͝ར༻ํ๏Λ͝঺հ͠·͢ɻ ͓ಘͳಛయ΍໾ཱͭ৘ใ͕ຬࡌͰ͢ɻ ॳΊͯͷํ΁ ְתּׅ然钠ׅ׷ 6*رؠ؎ش٦׌ֽוזַזַ♳麦׃זְծ➙ ״׶إٔؗ،حف׃׋ְהְֲ倯䗳铣דׅկ UIرؠ؎ش٦ָ濼׏גֶֻץֹ 7אךرؠ؎ٕٝ٦ٕ DESIGN RULES » CHECK ׆׏ה⢪ִ׷،؎ذي׌ֽ׾䲧ִת׃׋կ ֿך堣⠓׾ֶ鋅鷕׃זֻկ 窫㼎ծ 妜׃ְ ౙͷओ໾ɺ Ξ΢λʔ COLLECTION OUTER 嗚稊勴⟝׾㼰׃㢌刿ׅ׷׌ֽדծ֮ז׋ך椚 䟝ך暟⟝ח⳿⠓ִ׷〳腉䚍ָ넝ֻז׶תׅկ 勴⟝׾㢌ִג嗚稊׃ג׫גֻ׌ְׁկ ׀䋞劄ך暟⟝כ 鋅אַ׶תׇ׿ד׃׋ַ ꟗׄ׷ ⼀⼈⼀⼈に合わせた 顧客体験を提供 Webサイトの訪問者の⾏動を 
 顧客ごとにリアルタイムに解析 $9 ސ٬ମݧ ϓϥοτϑΥʔϜ
  7. 7 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. おわりに 今⽇お話する内容について ✍
  8. 本⽇のテーマ 8 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day

    CTO/VPoE Conference 2021 未知の顧客にと っても 価値あるプロダクトを ⽣み出す プレイド開発チームの挑戦 💪 話すこと • WHY: 私達が実現したいこと • HOW: ⼤事にしているポイント • WHAT: やってきたこと ・ やっていること WHAT HOW WHY ゴールデンサークル
  9. 今⽇お話する内容について 9 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day

    CTO/VPoE Conference 2021 再現性がなさそう💦 • ⽬指したい理想状態や環境、 メンバーに 
 よって最適なやり⽅は異なる • トレードオフがあり、 取捨選択してる • わたしたちが過去にタイムスリップして 
 やりなおしても同じ結果にならなさそう • N = 1 の参考事例として聞いてください
  10. 10 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. 今⽇お話する内容について ⾊んな⼈が考えて⾏動し続けた結果です 🤼 思い⽴ったらすぐ Trial & Error のサイクルをみんなが回せるのが弊社のいいところ。
  11. 11 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHY: 私達が実現したいこと 🎯
  12. WHY: 私達が実現したいこと 12 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience

    Day CTO/VPoE Conference 2021 シンプルに 良いプロダクトを⽣み出す 🎁 • 圧倒的な価値があるプロダクト • 未知の顧客にと っても価値ある 
 プロダクト をつく りたい ! ! ただ「良い」プロダクトではなくて・・
  13. WHY: 私達が実現したいこと 13 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience

    Day CTO/VPoE Conference 2021 圧倒的な価値 💎 • 「データによって⼈の価値を最⼤化する」 • 積み上げの成⻑では到達できない 
 壮⼤なミ ッション • ⾮連続な成⻑が必要 • 不可能をあたりまえにするもの • 爆発的に広がるもの • 世界や価値観を変えうるもの めちゃくちゃ良いものが⽣まれるか、何も起きないか
  14. WHY: 私達が実現したいこと 14 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience

    Day CTO/VPoE Conference 2021 未知の顧客にと っての価値 🦹 • ⾮連続な成⻑を⽣み出すために必要 • まだ⾒えていない顧客への価値探索 • まだ世の中には存在していない課題への 
 アプローチ • 正解がない中でプロダクトをつくる • 世の中にも⾃分たちの中にも答えがない • 価値観や市場を⾃分たちでつく っていく これが結構難しくて楽しい
  15. 15 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHY: 私達が実現したいこと プロダクトの価値 クライアントへの提供価値 エンドユーザーへの提供価値 チームの⽣産性 アウトプットの質 アウトプットの量 アウトプットの頻度 これらを全部上げたい☝ 流れをスムーズにロスなく 🌊 そういった⽬的設定のもと・・・
  16. 16 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHY: 私達が実現したいこと これらをタイムリミットがある中で 最速で実現したい 🚀 スタートアップの活動は“崖の上から⾶び降りながら⾶⾏機をつくる”ようなもの
  17. 17 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. HOW: ⼤事にしているポイント☝
  18. HOW: ⼤事にしているポイント 18 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience

    Day CTO/VPoE Conference 2021 ⼀貫して⼤事にしている ポイント2点 ☝ • 常に不確実性を増やしつづける • 個⼈の創造性を最⼤限活かす 今⽇持ち帰って欲しいポイント
  19. HOW: ⼤事にしているポイント 19 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience

    Day CTO/VPoE Conference 2021 常に不確実性を 増やしつづける 🤯 =意図的にカオスを⽣み出す • 未知の顧客にと っての価値にアプローチ 
 し続けたい • 価値の探索範囲を常に広げ続ける • 意思決定の選択肢 ・ ⾃由度を減らさない • 思考や活動を硬直化させない • 不確実性を減らすべきところと使い分ける • 進捗率2% → 0.2% 私達はまだ何も知らないという前提に⽴ち続ける
  20. HOW: ⼤事にしているポイント 20 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience

    Day CTO/VPoE Conference 2021 個⼈の創造性を 
 最⼤限活かす 🙆 • 不確実性が増える→探索の範囲が広がる • 限られた少数の視点ではすべてを 
 探索できない • 探索の視点 ・ ⽬をできるだけ増やしたい • 個⼈の⾃由な発想やアイデアを抑制しない • 裁量と責任をもって個⼈が 
 ⾃由にアウ トプッ トできるようにしたい 優秀なひとりひとりが最⼤限パフォーマンス を発揮できる環境つくる環境を
  21. 21 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. HOW: ⼤事にしているポイント HOW: ⼤事にしているポイント ① 価値探索範囲をどんどん広げる = 不確実性を増やす ② 探索の⽬をどんどん増やす = 個⼈の創造性を最⼤限活かす 👀 👀 👀 👀 👀 👀 👀 ࠓݟ͍͑ͯΔ୳ࡧൣғ ط஌ͷސ٬ ط஌ͷఏڙՁ஋
  22. 22 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること 👪
  23. 23 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. その前に・・・ プレイド開発チームの歴史を少し紹介 👣 WHAT: やってきたこと・やっていること
  24. 24 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること 2017/4 
 kadoppe ⼊社 💪 22⼈ 2011/10 
 プレイド創業 🏛 1⼈ プロダクト 開発チーム の規模 2015/3 
 KARTE リリース 🎉 7⼈ この期間ついてはあまり話しません 🤷 2021/3 
 KARTE 6周年 🎉 約70⼈ 今⽇お話するのはこの期間について この間、 顧客や提供価値の幅を広げながら、 プロダクトをスケール 
 (未知の顧客へのアプローチ)
  25. WHAT: やってきたこと・やっていること 25 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience

    Day CTO/VPoE Conference 2021 プレイドの 開発の取り組み⽅ 👩💻 • マインド ・ ポリシー • 開発プロセス ・ 組織 • プロダクト ・ システム設計
  26. 再掲 26 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day

    CTO/VPoE Conference 2021 ⼀貫して⼤事にしている ポイント2点 ☝ • 常に不確実性を増やしつづける • 個⼈の創造性を最⼤限活かす ⼤体のことがコレに紐付いてる
  27. 27 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること 注: あくまでも⼿段、変わっていくもの 💃 現時点でのスナップショットを紹介。環境や状況の変化に応じて随時アップデート
  28. 28 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること マインド・ポリシー ❤
  29. WHAT: やってきたこと・やっていること - マインド・ポリシー 29 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 決めない・固定しない すぐ変える 🌪 • ルールはできるだけ決めない • 硬直化する要因は極⼒なく す • 常にゼロベースで考える • 前提にとらわれず常に最適な選択を 
 その場その場で考える 短期的な⾮効率はあえて受け⼊れる
  30. WHAT: やってきたこと・やっていること - マインド・ポリシー 30 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 プロダクトアウトを ⼤事にする ☄ • 問題定義にめちゃく ちゃ時間をかける • “どう解くか”ではなく”何をやるべきか” • 理想状態を考える • 個⼈が良いと思ったものすぐつく って出す • エンジニアの発想、 技術を活かす • ダメなら壊してつく りなおす • トライアルアンドエラーを⾼速に繰り返す • サイクルからできるだけ多くを学ぶ
  31. 31 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること 開発プロセス・組織 👪
  32. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 32 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 開発プロセス・組織の ポイント☝ • できるだけ 「決めない」 「固定しない」 • 前提をつく らない、 前提にとらわれない • 状況に応じて常に最適な⽅法を選択 
 • 既存⼿法/フレームワークを安易に使わない • 私達にと って最適であるとは限らない • 世間⼀般に使われている⾔葉を使わない • ある同僚エンジニアの⾔葉 • 「パフ ォーマンスが⾼かった個⼈/チームの やり⽅をまとめてるだけ」
  33. 33 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. 変化したこと - 開発サイクル・組織構造
  34. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 34 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 フォーカスの ポイント☝ • チームのミッションに余⽩がある • チームの⽅向性はチームや個⼈の 
 アイデアや創造性に委ねられる • 想像していなかったアウ トプッ トが 
 ⽣まれる • どのチームにも終わりがある • 前提をつく らない、 惰性でつづけない • 常に最適なフ ォーメーションで望む
  35. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 35 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 フォーカスキックオフの様⼦ 👀 • 全16チームが今フォーカスで取り組む 内容について発表 • WHY: 今後成し遂げたいこと 
 HOW: そのためにどう進んでいくか 
 を各チームが個別に議論 ・ 設計 • チームの発表内容に対して、 
 全員がコメント ・ 質問 ・ フィードバックし 合う環境 • エンジニア ・ デザイナー主導で 
 プロダク トの遠くの未来 ・ ⼤きな⽅向性 まで決める
  36. 36 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 フォーカスの変化・歴史 🕵
  37. 37 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 WHY の⽅向付けと HOW / WHAT をどうスケールさせるか 個⼈の創造性を活かし、探索の⽬を増やすにはどうすれば? 限られた少数ではなく、多くのメンバーがWHYから考えられるようにするには? ポイント💡 WHAT HOW WHY ゴールデンサークル
  38. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 38 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 フォーカスの誕⽣ 👶 権限移譲、分権化が進んだ。 やらないことも決められるように • Before 🐛 • 個⼈商店の集まり • 開発のミ ッションや⽬標は曖昧 • Problem 🙅 • CPOが意思決定 ・ 判断のボトルネックに • 「やらないこと」 が決められない • After 🦋 • 注⼒テーマと各チームの Why を決める • What とHow は各チームが決める
  39. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 39 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 チームがすごく並列化 🤯 • Before 🐛 • 15チーム以上が横並びで開発 
 • Problem 🙅 • 毎回のフ ォーカス設計の負荷増加 • CPOが全体を⾒るのが困難に • After 🦋 • チームを複数のグループにわける • 各グループに優先順位/体制は任せる Why / How / What のスケール が更に進んだ
  40. 40 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 Why! How! What! 🥵 ①初期 Why! How! What! ②フォーカス/チームが⽣まれた時期 Why! 💦 How! What! ③チームが増えて並列性が上がった時期 Why! Why! How! What! ④グループ/チームの階層ができた時期 組織構造・スケールの変遷 🤸
  41. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 41 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 CPOの役割を 更にスケールさせる 👨🦲 • Before 🐛 • 事業 ・ プロダク トが巨⼤化 ・ 複雑化 • プロダク トのWhyに関して CPO に依然強く依存 
 • Problem 🙅 • 意思決定のスピードや精度の限界 • ものごとを多⾓的に⾒る⼒がたりない • 前提を疑う ・ 覆すようなアクションがとりづらい • After 🦋 • CPOに敢えて頼らない状態をつく る • Why を主体的に考えられる⼈が増えた ! ! トライ中!! 💪
  42. 42 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 CPO Why! Why? ① WhyがCPOに依然強く依存している状態 
 Why! 叩きに対して意⾒を伝える程度 CPO ③ CPOにプロダクトのWhyを考える場から敢えて離れてもらう 
 残ったメンバーだけでストレス感じながらWhyについて考える CPO Why! 💦 ② Why に責任を持つ場をつくり 
 強いビジョンや累積思考があるメンバーに⼊ってもらう CPO Why! ④ その上でCPOに必要な役割を伝える 
 より⻑期視点のWhyは責任持ってもらう CPO Why! やったこと
  43. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 43 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 グループを 不確実性・探索範囲 を広げるために使う ♻ • ひと りひと りが⼤きく考えられるように • 個⼈がチームの枠を超えて 
 探索 ・ アウ トプッ トしやすい状態をつく る • できるだけ全体最適に近づけるように • チームのミ ッションだけでなく会社/事業/ プロダク トの⽬線で探索できるように トライ中!! 💪
  44. 44 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 グループが無いとき⤵ グループがあるとき⤴ チームの外側が広すぎて不確実すぎる 枠をつくってその中で不確実性を⽣み出す
  45. 45 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 グループの分け⽅を動的に変えながら不確実性を増やす 🤸 ① 機能のレイヤー毎に分割 Platform Product (ΞϓϦέʔγϣϯ) Core ج൫ ② 機能のフェーズ毎に分割 βϑΣʔζ ΞΠσΞ/αϑΣʔζ ਖ਼ࣜ൛/ຏ͖ࠐΈϑΣʔζ ج൫ ③ 会社のミッションに紐づく⽬的毎に分割 Ձ஋ΛߴΊΔ ໘Λ޿͛Δ ѹ౗తՁ஋Λܗͮ͘ ര଎ͰਐΊΔ࢓૊Έ 枠を動的に変えていくことが新しい価値探索の可能性につながる
  46. 46 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること - 開発プロセス・組織 IUUQTTQFBLFSEFDLDPNLBEPQQFQVSFJEPLBJGBUJNVOJPLFSVUJNV[JZBOJWFSEPU
  47. 47 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. WHAT: やってきたこと・やっていること プロダクト・システム設計 👽
  48. WHAT: やってきたこと・やっていること - プロダクト・システム設計 48 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 プロダクト・システム設計 のポイント☝ • プロダクトの拡張性 ・ 柔軟性 ・ 汎⽤性 
 • プラガブルな機能とアーキテクチャ • ドッグフィーディングできる構造をつくる
  49. WHAT: やってきたこと・やっていること - プロダクト・システム設計 49 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 プロダクトの 拡張性・柔軟性・汎⽤性🍄 • 1つの機能でできるだけ多くの課題を解決 • 特定の課題のみを解決する機能ではなく 
 何でもできる機能をつく る • ユーザーも価値探索できるように • 未知の顧客にと っての価値 • 私達も驚かされる使い⽅へ • フィードバックを汎⽤的に⼤きく解く意識 • より本質的な課題 ・ 解決策はなにか?
  50. WHAT: やってきたこと・やっていること - プロダクト・システム設計 50 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 プラガブルな機能と アーキテクチャ 🔌 • プラグインによるユーザーごとに異なる機能 • 既知 ・ 未知関わらず多様なユーザーの 
 課題にアプローチ可能 • プラガブルなシステム ・ アーキテクチャ • エンジニア⼀⼈ひとりが⾃分のアイデア ・ 発想を他に影響なく⾃由に試せる • トライアルアンドエラーしてダメだったら 
 すぐ捨てれる
  51. WHAT: やってきたこと・やっていること - プロダクト・システム設計 51 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10

    ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ドッグフーディング できる構造をつくる 🐶 • 私達の課題を私達のプロダクトで解決する • KARTEでKARTEユーザーのことを知る • KARTEでKARTEユーザーに最適な体験を 提供する • 結果をプロダクトにフィードバックする • もちろん、 できるだけ汎⽤的に⼤き く解く • プロダクトや私達に変化が起きると ・ ・ ・ • 私達⾃⾝が未知の顧客になる ! ! • それが新しい価値探索につながる
  52. 52 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. おわりに おわりに
  53. おわりに 53 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day

    CTO/VPoE Conference 2021 未知の顧客にと っても 価値あるプロダクトを ⽣み出す プレイド開発チームの挑戦 💪 • WHY: 私達が実現したいこと • HOW: ⼤事にしているポイント • WHAT: やってきたこと ・ やっていること What How Why ゴールデンサークル
  54. おわりに 54 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day

    CTO/VPoE Conference 2021 良いプロダクトを⽣み出す 🎁 • 圧倒的な価値があるプロダクト • 未知の顧客にと っても価値ある 
 プロダクト をつく りたい ! ! ただ「良い」プロダクトではなくて・・
  55. おわりに 55 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day

    CTO/VPoE Conference 2021 ⼀貫して⼤事にしている ポイント2点 ☝ • 常に不確実性を増やしつづける • 個⼈の創造性を最⼤限活かす 今⽇持ち帰って欲しいポイント
  56. おわりに 56 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day

    CTO/VPoE Conference 2021 プレイドの 開発の取り組み⽅ 👩💻 • マインド ・ ポリシー • 開発プロセス ・ 組織 • プロダクト ・ システム設計
  57. おわりに 57 ɹɹʛɹɹ© 2020 PLAID Inc. 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day

    CTO/VPoE Conference 2021 良いメンバーがいるから できる開発の取り組み⽅ 🥰 • ⾃明じゃない問題を解く⼒ • 過去の成功体験を捨ててでも学ぶ ・ 変わる⼒ • 課題に対してポジティブ ・ 主体的に取り組む 姿勢 • 会社やプロダクトが⽬指すところの共感値 • 率先して間違う ・ いじられるリーダー
  58. 58 2021.04.10 ʛDeveloper eXperience Day CTO/VPoE Conference 2021 ɹɹʛɹɹ© 2020

    PLAID Inc. おわりに まだ進捗率0.2% ⼀緒にプロダクト開発や価値探索できる WHYから議論・アップデートしていける 仲間を募集しています。
  59. None