Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

0からはじめるWeb3入門(WEB1.0 / WEB2.0 / BLOCKCHAIN / Bitcoin / Smart contract / DeFi / NFT / DAO…)

KAYATO
June 10, 2022

0からはじめるWeb3入門(WEB1.0 / WEB2.0 / BLOCKCHAIN / Bitcoin / Smart contract / DeFi / NFT / DAO…)

- WEB1.0とは
- WEB2.0とは
- Web3とは
ブロックチェーンとは
ブロックチェーンウォレットとは
ブロックチェーン~Web3まで
Web3によるWEB2.0の課題解決
Web3における課題

KAYATO

June 10, 2022
Tweet

More Decks by KAYATO

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Web3・ブロックチェーン入門
    全体像を掴むための

    View full-size slide

  2. ◼ 本資料は情報提供のみを目的とし、投資等の勧誘を示唆するものではご
    ざいませんことをご了承ください。
    ◼ あくまでWeb3 / ブロックチェーン / NFTに興味を持った方のリサーチの
    入り口となることを目的としているため各論の懸念事項など全てに対して
    言及できていない点もご了承ください。
    注意事項
    @_KAYATO 2

    View full-size slide

  3. 目次
    ◼ WEB1.0
    ◼ WEB2.0
    ◼ Web3
    ⚫ ブロックチェーンとは
    ⚫ ブロックチェーンウォレットとは
    ⚫ ブロックチェーン~Web3まで
    ⚫ Web3によるWEB2.0の課題解決
    ⚫ Web3における課題
    @_KAYATO 3

    View full-size slide

  4. “課題”と”解決策“を紐づけて理解しよう
    新しい技術を理解するときは、
    先行技術にどんな課題が発生しており、その課題をどうやって解決するか紐づけてみ
    ることで、その技術への理解が深まっていきます
    @_KAYATO 4

    View full-size slide

  5. WEB1.0 ~ WEB3の大まかなトレンド
    WEB1.0 インターネットにより、世界中の情報を低コストで発信できるようにした
    (情報の民主化 / 一方通行の静的発信)
    WEB2.0 GAFA等のソーシャルメディア及びクラウドサーバー、スマートフォンの発展により、
    ユーザー自身がサーバー構築しなくても気軽に双方向発信ができるようになった
    Web3 ブロックチェーンを使った分散型アプリケーション(Dapps)の登場により、
    ユーザー自身がデジタル上の資産を自由に動かせるようになった
    @_KAYATO 5

    View full-size slide

  6. WEB1.0
    Web3・ブロックチェーン入門

    View full-size slide

  7. WEB1.0の時代:レンタルサーバー×HTML直打ちでの発信
    ◼ インターネットの最初期は、ホームページをアップ
    ロードするサーバーを時前で用意した上で、HTML
    と呼ばれるWebページを作成するための言語を
    用いて情報発信をしていました
    ◼ 情報の民主化と呼ばれていましたが、一般層が情
    報発信を行うにはまだまだ敷居が高い時代でした
    (ある意味今のWeb3におけるUXの悪さは当時に
    近い印象)
    @_KAYATO 7
    https://www2.kek.jp/ja/newskek/2002/sepoct/3w.html
    https://www.businessinsider.com/flashback-this-is-what-the-first-website-ever-looked-like-2011-6

    View full-size slide

  8. WEB1.0の熱気:WindowsPC×ホームページブーム(自己発信ニーズ)
    @_KAYATO 8
    https://urbanlife.tokyo/post/30026/
    https://websitemap.sakura.ne.jp/monograph/monograph03.html#2-2
    https://websitemap.sakura.ne.jp/monograph/monograph09.html

    View full-size slide

  9. WEB1.0の課題:ハードルが高かった情報発信
    1. 自前でサーバーを建てるか、レンタルサーバーを借りる
    2. HTMLを使ってページをコーディング
    3. FFFTPなどのソフトを使ってファイルをサーバーにアップロードする
    多少プログラミング的な勉強やパソコンについての基本的な知識がないと、
    ホームページで情報発信するハードルが高かった時代
    @_KAYATO 9

    View full-size slide

  10. Web3の現在地:WEB1.0における1998年代に突入
    @_KAYATO 10

    View full-size slide

  11. WEB2.0
    Web3・ブロックチェーン入門

    View full-size slide

  12. WEB2.0の時代:ソーシャルメディア×クラウド×スマートフォン
    ◼ WEB1.0時代の「情報発信の敷居の高さ」を克服し、一
    般層も利用できるようにマスアダプションさせていっ
    たのがWEB2.0
    ◼ ソーシャルメディアの登場により、ホームページを作
    らなくても双方向の情報発信が行えるようになった
    ◼ クラウドサーバーの登場により、多くのユーザーがアク
    セスしても耐えられる構造ができた
    ◼ スマートフォンの登場によってインターネットにアクセ
    スするユーザーが増えた
    ◼ 一方でGAFAによるデジタル資産の囲い込みなど、分
    断構造が生じるようになる
    @_KAYATO 12

    View full-size slide

  13. WEB2.0:ガラパゴス化から脱出が遅れた日本マーケット
    @_KAYATO 13
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1393/010/html/01_o.jpg.html
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000097076.html
    https://www.j-cast.com/2016/08/11274966.html?p=all
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2002/10/news138.html

    View full-size slide

  14. WEB2.0の基本戦略:ネットワーク効果と囲い込み
    ◼ WEB2.0はネットワーク効果を参入障壁とするため、ユーザーの囲い込み戦略が取ら
    れていた
    ⚫ ネットワーク効果:同じプラットフォームやサービスを利用するユーザが増加することによって、それ自体の効用
    や価値が高まる効果
    ⚫ 囲い込み戦略:デバイス、ユーザーIDや決済、デジタルコンテンツの利用先を絞り込みすることで自社ネット
    ワークにユーザーを留めておく戦略
    @_KAYATO 14

    View full-size slide

  15. WEB2.0における課題
    課題① 制限されたデジタル資産の移動
    課題② フリーミアム×広告収益依存の深刻化
    課題③ テックジャイアントによる検閲
    課題④ オープンソースの貢献リターンが少ない
    @_KAYATO 15

    View full-size slide

  16. WEB2.0の課題①:制限されたデジタル資産の移動
    ◼ デジタル資産の囲い込み(二次流通ができない)
    ⚫ Kindleなど購入したデジタルアセットの囲い込み
    ⚫ ソーシャルゲームにおける個別アイテムのRMT(リアルマネー
    トレード)の禁止 → アカウント単位での規約違反売買
    ◼ 個人情報やログイン認証の独占化
    ⚫ 広告マネタイズのために個人情報を保持し続ける
    ⚫ Google認証 / Facebook認証 など各テックジャイアントが規格
    を乱立し、自社プラットフォームへの囲い込を行っている
    @_KAYATO 16

    View full-size slide

  17. WEB2.0の課題②:フリーミアム×広告収益依存の深刻化
    @_KAYATO 17
    https://tanpintsuhan.com/column127/
    サービス運営においてテックジャイアントの広告収益依存度が高まる
    また収益優先の運営によって違法 / グレーゾーンの広告掲載の課題も

    View full-size slide

  18. WEB2.0の課題③:テックジャイアントによる検閲(安全性の裏返し)
    ◼ AppStore / Google Playなどアプリ
    ◼ YoutubeやTwitter、Facebook等のコンテンツ
    ◼ 各プラットフォームにおける広告出向の掲載可否
    不透明な掲載可否
    ◼ SEOランキング
    ◼ AppStore / GooglePlay ランキング
    ◼ Amazon / PayPay / 楽天などECモールにおけるランキング
    ◼ 食べログ / カカクコム などランキングサイト
    ブラックボックス化しているアルゴリズム
    @_KAYATO 18

    View full-size slide

  19. WEB2.0の課題③:グーグル八分
    @_KAYATO 19
    テックジャイアントは素晴らしいユーザー体験を提供している一方で、
    彼らに嫌われてしまうとネットでのビジネス展開は極めて難しい状況に
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E5%85%AB%E5%88%86

    View full-size slide

  20. WEB2.0の課題③: AppStoreによるリジェクト事例
    @_KAYATO 20
    https://livedoor.blogimg.jp/nekobata/imgs/4/1/415e331b.png
    http://i.meet-i.com/?p=47036
    ユーザー保護の観点からAppStoreでは厳密なガイドラインを持った審査運用がされるため、
    デベロッパーは日々リジェクトに戦々恐々としていた

    View full-size slide

  21. WEB2.0の課題③: AppStoreによるリジェクト事例
    @_KAYATO 21
    Apple vs Epic Games(Fortnite)の1984 世代交代

    View full-size slide

  22. WEB2.0の課題③: Youtubeにおけるアルゴリズム調整
    @_KAYATO 22
    アルゴリズムによってプラットフォームの健全さが維持されている一方で、
    グレーゾーンや攻めたラインでのマネタイズが厳しい状況も
    https://yutura.net/news/archives/66255

    View full-size slide

  23. WEB2.0の課題④:オープンソース貢献リターンが少ない
    @_KAYATO 23
    ユーザーの目に見えない部分で大きな影響を持っているオープンソースでも
    その開発者に対しての経済的リターンをもたらせていない状況
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2105/12/news102_2.html
    https://www.publickey1.jp/blog/21/babel.html

    View full-size slide

  24. Web3
    Web3・ブロックチェーン入門

    View full-size slide

  25. ブロックチェーンを基幹技術とした
    ユーザー自身でデジタル資産を管理できるインターネット
    ※ここでのデジタル資産は自身の個人情報やログイン認証
    など含む広義の意味
    Web3とは何か
    @_KAYATO 25

    View full-size slide

  26. WEB2.0とWeb3の構造的な違い
    @_KAYATO 26
    サービスが契約している
    クラウドサーバー①
    サービスが契約している
    クラウドサーバー②
    アプリ① アプリ②
    プラットフォーム毎に分断しているためデジタル資産の移動ができない
    サービスが契約している
    クラウドサーバー①
    サービスが契約している
    クラウドサーバー②
    アプリ① アプリ②
    パブリックブロックチェーン
    デジタル資産の所有権情報がサービス横断のパブリックブロックチェーンに
    刻まれている限り、ユーザーの意思でデジタル資産を管理できる
    ブロックチェーンの技術によって本当の意味でのデジタル資産の所有権という概念が生まれ、
    サービスを超えたデジタル資産の移動ができるようになった

    View full-size slide

  27. ブロックチェーン
    Web3・ブロックチェーン入門

    View full-size slide

  28. デジタル資産(データ)の所有権を特定の国家や企業に
    依存せずに管理できるデータベース
    ※データベース ≒ データの取引履歴 ≒ 取引台帳
    ブロックチェーンとは何か
    @_KAYATO 28

    View full-size slide

  29. デジタル資産(データ)の所有権を管理するデータベースとは
    @_KAYATO 29
    「所有」 = 誰が何を持っているか
    データベース : 誰が誰にいつ何を譲渡したのかの履歴
    いつ 誰が 誰に 何を
    2022/06/09 Aさん Bさん 100万円
    2022/06/09 Bさん Cさん 靴
    2022/06/10 Cさん Bさん 靴
    2022/06/10 Bさん Aさん 10万円
    2022/06/11 Cさん Dさん カード
    2022/06/12 Dさん Aさん 米
    2022/06/12 Aさん Dさん 20万円

    View full-size slide

  30. ブロックチェーン登場前の中央集権的なデータベースの管理
    @_KAYATO 30
    国家や銀行、取引所など何かしらの中央集権的な組織・団体が、
    第三者として取引の成立を保証し、データーベースを管理していた

    View full-size slide

  31. 中央集権的な管理における課題
    改ざん耐性 中央管理 ≒ 中央を乗っ取りすることで改ざんできてしまう
    (中央集権管理による単一障害点の発生)
    安定性 中央管理でシステム異常が発生した場合、取引全体が停止してしまう
    (銀行のATM停止の例)
    管理・取引コスト
    中央集権管理を行うためにセキュリティや取引監視など管理コストが高く、
    結果として取引手数料が高くなってしまう
    ※ また国際送金の場合は複数の中央集権管理の取引所を経由するためコストが高い
    発展性 それぞれ中央集権管理しているシステムに互換性が低いため、
    相互運用を行うための開発が難しく発展性に乏しい
    トレーサビリティ 中央集権管理によってデータベースの内容は非開示になっており、
    その国家 / 企業などの組織外部の人は内容を確認・検証することができない
    @_KAYATO 31

    View full-size slide

  32. ブロックチェーンのデータベースアプローチ
    @_KAYATO 32
    中央で一つのデータベースを管理するのではなく、
    全く同じ内容のデータベースを全世界のコンピューターで分散所有することで
    改ざん / 安定 / コスト / 発展性 / トレーサビリティを解消した

    View full-size slide

  33. ブロックチェーンの仕組み
    @_KAYATO 33
    全てのコンピューターが同一の暗号化されたデータベースを持ち監視し合うことで
    不正・改ざん・システムダウンに対する耐性を持っている
    1. P2P:世界中で分散されたコンピューターによりシステムが運営さ
    れている(マシンリソースを貸し出すことにマイニングなど経済的
    なインセンティブがある)
    2. 暗号技術:全ての取引(ブロック)が暗号技術によってチェーン上
    に連なっており、過去の取引改ざんが不可能に近い形でロックさ
    れている

    View full-size slide

  34. ブロックチェーンのメタファー ≒ マトリョーシカ
    @_KAYATO 34
    取引の履歴が暗号化された入れ子のブロックに格納されている。
    1万回取引を行った後、1版最初の取引を改ざんしようとした場合、
    最新のブロックの暗号から1万回暗号を解読し、1回目の取引を改ざんし、
    さらに最新の1万回分のブロックへ暗号し直す作業をする。(しかも監視されながら)
    最古の取引
    最新の取引
    https://kurashi-to-oshare.jp/goods/138633/ https://www.amazon.co.jp/dp/B07GSRVWVC

    View full-size slide

  35. どれぐらい分散されて管理されているの?
    @_KAYATO 35
    ビットコインの場合:15,000台のノードで運用されている

    View full-size slide

  36. すべてのデータベースの容量ってめちゃくちゃ多いのでは?
    @_KAYATO 36
    ビットコインのすべての取引データでも500GB以下

    View full-size slide

  37. なぜみんなコンピューターのリソースを提供しているの?
    @_KAYATO 37
    コンピューターリソースを提供する代わりにそのブロックチェーンのトークン(例BTC)が貰
    える仕組み(≒マイニング)があるのでこぞって参加している

    View full-size slide

  38. それって無限にインフレし続けるのでは…?
    @_KAYATO 38
    供給量を徐々に減らしていく仕組みをとっており最終的には2100万枚で止まる
    (新規発行は無くなるがマイニング報酬として送金手数料が分配される)
    https://bitcoin.dmm.com/column/074

    View full-size slide

  39. ブロックチェーンウォレット
    Web3・ブロックチェーン入門

    View full-size slide

  40. 暗号資産ウォレットでできること
    40
    @_KAYATO
    送金 所持している資産(暗号資産やNFT)を送ったり受け取ったり
    することができる
    ログイン 暗号資産ウォレットを使うことでNFTマーケットプレイスなど
    ブロックチェーンを活用したサービス(dApps)にログインできる
    NFT購入 上記のログイン機能を使うことによって、
    ウォレットに入っている暗号資産でNFTの購入ができる

    View full-size slide

  41. 暗号資産ウォレットとは何か
    41
    @_KAYATO
    • BitcoinやEthereumなどの暗号資産やNFTを管理するもの
    • 自分のウォレットの宛先を示す公開鍵と資産を動かす鍵である秘密鍵の2種類の鍵で成り立つ
    • インターネットに接続できるホットウォレットと接続していないコールドウォレットの2種類が存在
    • ホットウォレットは手軽に活用できるが、ハッキングリスクも一定量存在する
    • コールドウォレットはネットワークから隔絶されているため、利用の不便さはあるがハッキングリスクを減らせる
    • 秘密鍵を知っていれば、公開鍵も復元できる
    • 暗号資産ウォレットを使うことで様々なブロックチェーン / Web3サービスにログインできる

    View full-size slide

  42. 公開鍵と秘密鍵の違い
    42
    @_KAYATO
    ◼ 世界中に公開されている財布の住所 / アドレス
    ⚫ 暗号資産やNFTを送るときに送り先として指定する文字列
    ⚫ メールアドレスのようなイメージ
    ⚫ 資産を送って欲しいときに相手に教えるのはパブリックキー
    公開鍵:パブリックキー
    ◼ 公開鍵に保存されている資産を送付するためのパスワード
    ⚫ 公開鍵に紐づいている暗号資産やNFTを送るときに必要な文字列
    ⚫ 秘密鍵を知っている人はその公開鍵に紐づく資産を動かすことができる
    ⚫ 銀行口座のパスワードのイメージ
    ⚫ しかしパスワード違って変更することができない(公開鍵と対の存在であるため変更できない)
    ⚫ 秘密鍵は絶対に第三者に教えてはいけない
    秘密鍵:プライベートキー

    View full-size slide

  43. ホットウォレットの例:インターネット接続できるソフト
    43
    @_KAYATO

    View full-size slide

  44. コールドウォレットの例:秘密鍵を保存する媒体
    44
    @_KAYATO
    USBでの保存
    鉄板での保存
    紙での保存

    View full-size slide

  45. 暗号資産取引所と暗号資産ウォレットの違い
    45
    @_KAYATO
    ◼ 暗号資産取引所
    ⚫ 日本円などの法定通貨とBitcoin / Ethereumなどの暗号資産
    を両替することができる場所
    ⚫ ユーザーの代わりに取引所が暗号資産を管理 / 保管を行うカ
    ストディ業務を行う
    ⚫ bitFlyer / Coincheck / GMOコイン・・・
    ◼ 暗号資産ウォレット
    ⚫ ユーザー自身が暗号資産を保有するために使うお財布
    ⚫ 利用する暗号資産によって異なる規格のウォレットになる
    ⚫ Ethereum:METAMASK…
    ⚫ Solana:Phantom…

    View full-size slide

  46. ブロックチェーンの存在により、
    単一国家や企業など中央集権的な管理を必要せずに、
    デジタル資産(データ)の所有権の証明が行えるようになった

    デジタル資産(データ)が関わる領域は、
    ブロックチェーンのイノベーションが起こる
    ブロックチェーンによる所有権革命
    @_KAYATO 46

    View full-size slide

  47. ブロックチェーンからWeb3まで
    Web3・ブロックチェーン入門

    View full-size slide

  48. ブロックチェーンが影響を及ぼす所有権の例
    貨幣 仮想通貨 / 暗号資産
    ビットコイン / ステーブルコイン ・・・
    デジタルファイル デジタルデータの所有権の証明
    NFT(Non-Fungible Token)
    金融商品 株式 / 社債 / 不動産
    DeFi(Decentralized Finance) / DEX(Decentralized Exchange) …
    身分証明証 ワクチン接種証明 / チケット
    Decentralized Identity
    意思決定の権利 投票 / 投票権の移譲
    DAO(Decentralized Autonomous Organization)
    @_KAYATO 48

    View full-size slide

  49. ブロックチェーンの登場からWeb3の流れ
    @_KAYATO 49
    Bitcoin
    2008
    Ethereum
    2013
    DeFi NFT DAO
    2018
    /
    2020
    Ethereum
    Web3
    2022
    Web

    View full-size slide

  50. ① Bitcoin:ブロックチェーンにおける通貨の誕生
    @_KAYATO 50
    2009年 サトシナカモトによるビットコインの論文が発表される
    https://www.kk-kernel.co.jp/qgis/HALTAK/FEBupload/nakamotosatoshi-paper.pdf https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83
    %BB%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%83%A2%E3%83%88

    View full-size slide

  51. ① Bitcoin:ブロックチェーンにおける通貨の誕生
    @_KAYATO 51
    繰り返される規制がありながらも、ブロックチェーンにおける基軸通貨のポジションを確立
    2014
    国内取引所
    マウントゴックスの経営破

    2017
    改正資金決済法
    (世界初の仮想通貨法律)
    2018
    各SNSによる広告禁止
    バブル崩壊
    2020年
    コロナショックから
    資金流入
    2021年
    テスラ大量購入
    2021年
    中国規制強化

    View full-size slide

  52. ② Ethereum:汎用性が高いブロックチェーンの誕生
    ◼ ブロックチェーン上にプログラムを使った
    取引契約を書き込むことができる機能
    ⚫ 例) 10ETH支払いをしたら、ある場所の鍵を開ける
    ◼ 事前に設定された契約条件が満たされる
    と自動的に契約の執行がされる
    ◼ Ethereumが稼働し続ける限り、半永久的
    に契約執行が可能なコードも作れる
    @_KAYATO 52
    Ethereumのスマートコントラクトの登場により様々な条件での価値移転が可能となった
    →後に続くDeFi / NFT / DAOの技術基盤となる
    https://www.sbbit.jp/article/fj/40394#&gid=null&pid=1

    View full-size slide

  53. ③ DeFi × NFT× DAOの勃興(トークノミクス)
    DeFi
    Decentralized Finance
    スマートコントラクトを活用することで、
    様々な種類のトークン(暗号資産)やそれらを取引するためのサービスが登場
    NFT
    Non-Fungible Token
    所有権をBitcoinなどのトークンだけではなく、デジタルデータそのモノに付与
    するための規格が登場
    DAO
    Decentralized Autonomous
    Organization
    スマートコントラクトを活用した株式会社に変わる新しい組織形態
    トークンを株券のように活用することで、細部の意思決定まで参加できるようになる
    @_KAYATO 53

    View full-size slide

  54. ③-1. DeFi:ERC-20規格の登場(Ethereumにおけるトークンの多様化)
    ◼ ERC-20という規格がEthereumに登場したことによって、Ethereum上で様々
    なトークン(暗号資産)を発行できるようになった
    ◼ Ethereum上で立ち上げを行うプロジェクトの暗号資産を株式のような形で配
    布することが実現できるようになり、調達が盛んになる(ICOブーム)
    ◼ 暗号資産のボラティリティの高さが日常使いで不便なため、ステーブルコイン
    のようなドル建てのトークンも出現
    @_KAYATO 54
    https://medium.com/crypto-wisdom/erc-20-token-basics-for-crypto-beginners-231f988db36

    View full-size slide

  55. ③-1. DeFi:DEXの登場(分散型取引所によるトークン売買の活性化)
    ◼ 様々なトークンが登場したことによって、色んな種
    類のトークン同士を取引するニーズが生まれた
    ◼ bitFlyerやBinanceのような企業運営の取引所で
    はなくスマートコントラクトを活用して自動的に取
    引成立させるDEX(分散型取引所)が登場
    @_KAYATO 55

    View full-size slide

  56. ③-1. DeFiの多様化とTVL(預かり資産の増加)
    ◼ DeFiの預かり資産は1,000億ドルを超えている
    ◼ スマートコントラクト活用した様々な金融商品が日々生まれている
    ⚫ レンディング
    ⚫ デリバティブ
    @_KAYATO 56

    View full-size slide

  57. ③-2.NFT(Non-Fungible Token)の登場
    @_KAYATO 57
    EthereumのERC-721というNFTの規格が登場したことにより
    全てのデジタルアセットに所有権を示すことができるようになった
    トークン種別 英語表記 日本語表記 説明 役割 具体的な事例
    暗号資産
    (通常のトークン)
    Fungible Token 代替性トークン 同じトークンが存在
    する
    通貨 / ポイント
    10BTC / 20ETHなど
    数字で量を示せるも
    のに付与する
    Bitcoin /
    Ethereumなどの暗
    号資産
    NFT Non-Fungible
    Token
    非代替性トークン 同じトークンが存在
    しない
    デジタルデータに対
    して唯一無二の識別
    子を付与する
    (個別ファイルを複
    製してもオリジナル
    の所有者がわかる)
    デジタルアート /
    ゲーム内のアイテム
    / ブロックチェーンの
    ドメイン(DNS) / メ
    タバース空間の土

    NFTはデジタルデータの所有権を示す技術で、そのデータの所有権が唯一無二のものであることを示す。
    例え、参照先のデータを複製したとしても、ブロックチェーン上に刻まれた取引履歴にはオリジナルの所有者デー
    タが残り続ける。
    (日本の法律ではデジタルデータは無形資産の扱いのため、法的な所有権は存在しない)

    View full-size slide

  58. ③-2.NFT(Non-Fungible Token)の登場
    @_KAYATO 58
    NFTはデジタルアセットに関わる全てに紐付けられるため、
    これからも多様なユースケースでの利用が想定される
    デジタルアート ゲームキャラ / アイテム メタバースの土地
    販促付録としてのNFT スポーツのハイライトシーン 広告の非表示権

    View full-size slide

  59. ③-2.NFT(Non-Fungible Token)の二次流通市場
    @_KAYATO 59
    デジタルアセットに所有権の概念が生まれたことで二次流通市場が生まれた
    また二次流通の販売ロイヤリティが作者に還元されるようになった

    View full-size slide

  60. ③-2.NFT(Non-Fungible Token)で盛り上がるPFP NFT
    @_KAYATO 60
    NFT認証されたプロフィール画像の設定できるSNSが増加
    PFP(Profile-Picture) 向けのNFTがトレンドに

    View full-size slide

  61. ③-3.DAO(Decentralized Autonomous Organization)とは
    @_KAYATO 61
    スマートコントラクトによるシステマティックなアプローチをとることで
    株式会社と比較すると不特定多数のトークンホルダーが細部の意思決定まで参加できます
    https://nirolution.com/decentralized-autonomous-organization/
    ブロックチェーン上で自律的に運営されている組織です。
    DAOはスマートコントラクトを利用し、組織の運営内容を定義してい
    ます。
    スマートコントラクトのソースコードを介することで、参加者の投票に
    よる意思決定や作業のプロセス、報酬などのルールを実装していま
    す。
    トークンを所有する全ての人が投票権利を持ち、スマートコントラクト
    の記載されたルール変更へ投票で参加することができます。
    またDAOへの貢献度によってトークンインセンティブが付与され自
    律的に動く組織形態が作られています。

    View full-size slide

  62. ③-3.DAO(Decentralized Autonomous Organization)とは
    @_KAYATO 62
    有限会社としてDAOが法的に認められる存在となる地域が出てきた
    https://www.neweconomy.jp/posts/112086

    View full-size slide

  63. ③-3.DAO(Decentralized Autonomous Organization)とは
    @_KAYATO 63
    山古志村(人口800人の限界集落)ではデジタル住民券をNFTとして発行し、
    DAO運用がはじまっている
    https://twitter.com/nishikigoiNFT/status/1534447863996235776/photo/1
    https://twitter.com/nishikigoiNFT

    View full-size slide

  64. ④ Ethereumの課題を克服するためのマルチチェーン共創/競争
    @_KAYATO 64
    取引量の拡大&ユースケースの多様化に伴いEthereumでカバーしきれない需要が生まれた
    ハイスペックチェーン間の競争 / 役割特化したチェーン同士での共創時代へ突入
    ■ Ethereumが抱える課題
    1. 大量のトランザクションを消化できない(秒間15件)
    2. DeFi/NFTの登場により取引需要があがったことで取引時のガス代が高騰した
    3. 1~2の課題が個別利用ケースでの新規参入する際のハードルになる
    ■ Ethereumの課題に対するアプローチ
    A:Ethereumに接続するサイドチェーンで課題解決する(Layer2)
    ┗Arbitrum / Polygon / Immutable X
    B:Ethereumに変わる全く新しいチェーンで課題解決する
    ┗Solana / Avalanche / Cardano
    C:役割別の特化チェーンを作る
    ┗Internet Computer(ICP) / Filecoin / Arweave
    D:マルチチェーンを前提として各チェーンとつなげるためのチェーンを作る
    ┗Polkadot / Kusama / Cosmos
    https://www.reddit.com/r/solana/comments/ms0hfn/solana_vs_ethereum_vs_binance_smart_chain_vs/

    View full-size slide

  65. ④ Ethereumの課題を克服するためのマルチチェーン共創/競争
    @_KAYATO 65
    様々なチェーンが絡み合いながら複雑なエコシステムを形成しはじめている
    Web3のインフラとしては特定のチェーン1強の状況を作れていない
    (相互運用性が大事なフェーズ)
    https://i.redd.it/8kfvum5arnm71.png

    View full-size slide

  66. Web3に戻る
    Web3・NFT入門

    View full-size slide

  67. ⑤ Web3時代の到来
    @_KAYATO 67
    コンテンツ / ユーザーを囲い込むことを企業戦略としていたWEB2.0とは
    正反対の共創関係を作るサービスが生まれるトレンドへ

    View full-size slide

  68. Web3はカウンターカルチャー
    @_KAYATO 68
    サイファーパンク宣言を源流とし
    中央集権化されたWEB2.0に対するカウンターカルチャーがある
    https://jp.cointelegraph.com/news/happy-birthday-bitcoin-and-dont-forget-about-cypherpunks-keiser
    https://blog.blockchain.bitflyer.com/n/nbed0f71a5fc2

    View full-size slide

  69. WEB2.0における課題(再掲)
    課題① 制限されたデジタル資産の移動
    課題② フリーミアム×広告収益依存の深刻化
    課題③ テックジャイアントによる検閲
    課題④ オープンソースの貢献リターンが少ない
    @_KAYATO 69

    View full-size slide

  70. Web3におけるソリューション
    課題① 制限されたデジタル資産の移動
    → ブロックチェーンによるデジタル資産に対する所有権の付与
    課題② フリーミアム×広告収益依存の深刻化
    → トークノミクスを活用した新しいマネタイズ
    課題③ テックジャイアントによる検閲
    → DAOによる分散型のガバナンス(Community is King)
    課題④ オープンソースの貢献リターンが少ない
    → プロトコルレイヤーはトークノミクスによりマネタイズが可能に
    @_KAYATO 70

    View full-size slide

  71. ① ブロックチェーンによるデジタル資産に対する所有権の付与
    @_KAYATO 71
    WEB3.0ではユーザーがコンテンツの所有権を持っており、
    その取引をサービス外でも自由に行うことができます
    https://visionaryart.io/nft/marketplace-comparison/

    View full-size slide

  72. ① ブロックチェーンによるデジタル資産に対する所有権の付与
    @_KAYATO 72
    ブロックチェーンにおける「wallet」を鍵として、
    ユーザーがアカウントの所有権を持つ時代に

    View full-size slide

  73. ② トークノミクスを活用した新しいマネタイズ
    @_KAYATO 73
    サービス利用費としてのトークン手数料だけでなく、
    ステークホルダーを巻き込んだトークノミクスでマネタイズが可能
    https://twitter.com/ta_ka_sea0/status/1473552422496657412/photo/1
    https://www.global.jcb/ja/press/2019/201908300001_others.html

    View full-size slide

  74. ③ DAOによる分散型のガバナンス(Community is King)
    @_KAYATO 74
    トークンホルダーを巻き込んだコミュニティ運営をできるかがサービス立ち上げの肝に
    WEB2.0
    Contents is
    KING

    Web3
    Community is
    KING
    https://crypto-spells.medium.com/?p=55b8e027e2d9

    View full-size slide

  75. ④ プロトコルレイヤーはトークノミクスによりマネタイズが可能に
    @_KAYATO 75
    アプリケーションよりも、より多くのアプリケーションで利用されるプロトコルを作る方が
    経済的リターンが大きくなる世界
    https://medium.com/coinmonks/fat-protocol-and-value-capture-over-time-part-1-of-2-51c7e7d0ca34
    ◼ WEB2.0まではアプリケーションレイヤーが
    広告マネタイズによって巨額の収益を得て
    いた
    ◼ Web3において優秀なプロトコルを作ると利
    用費としてのトークン収益が入ってくる

    View full-size slide

  76. WEB2とWeb3の参入障壁の築き方の違い
    @_KAYATO 76
    自社プロダクトに囲い込みをするのではなく、LEGOや積み木のように
    コンポーザビリティ(複数の要素や部品などを結合して、構成や組み立てが可能な要素)
    が高いサービスを提供しステークホルダーと共にコミュニティを作り上げ、
    エコステムに無くてはならない存在になることがWeb3においては重要
    WEB2.0:ネットワーク効果と囲い込み Web3:コンポーザビリティとコミュニティ

    View full-size slide

  77. Web3の課題
    Web3・NFT入門

    View full-size slide

  78. カスタマーサポートが存在しない市場
    78
    @_KAYATO
    ◼ BitcoinやEthereumなどのパブリックブロック
    チェーンは、特定の企業などが中央集権的に運営
    しているサービスではありません
    ◼ 故に、そこでの失敗やミスをフォローしてくれるカ
    スタマーサポートのようなものは存在しません

    View full-size slide

  79. 取り返しがつかないことの事例
    79
    @_KAYATO
    • MetaMaskのシークレットリカバリーフレーズを紛失し、資産にアクセスできなくなる
    • 誰もシークレットリカバリーフレーズの再発行はできない
    • 暗号資産の送付先のアドレスを間違えてしまう
    • 送金した事実の取り消しをすることはできない
    • 詐欺に引っかかり資産を奪われてしまう
    • 奪われた資産も遡って払い戻しされることはない

    View full-size slide

  80. ブロックチェーン界隈で大事な”DYOR”マインド
    80
    @_KAYATO
    https://note.com/_kayato/n/nf93f01d8096a

    View full-size slide

  81. 日本におけるブロックチェーン参入障壁
    81
    @_KAYATO
    ◼ 日本の法律上の参入障壁
    ⚫ トークンセール時の売上課税(原価0の100%売上計上)
    ⚫ トークン期末保有時における含み益課税
    ⚫ パブリックチェーン開発における国際競争力の低下
    ⚫ 取引所 / NFTビジネスなどエコシステムのアプリケーションレイヤー(上モノ)参入しかできない状況
    ⚫ トークノミクスを活かそうとするプロジェクトはシンガポール / ドバイなど海外法人での設立が増加
    ◼ 上場企業における参入障壁
    ⚫ 暗号資産ウォレット所有する際のリスクケア体制の構築
    ⚫ 管理ツールに乏しく新しいブロックチェーンウォレットを上場企業のガバナンスに対応させるまでの時間軸が長い
    ⚫ ストックオプション的なトークン付与など新しい人材採用へのインセンティブ設計への対応(採用優位性の担保)
    ⚫ 既存組織構造があるためDAOなど新しい組織形態への適応難易度が高い
    ⚫ レピュテーションリスク
    ⚫ ① 有事の際の既存事業への影響
    ⚫ ② クリプトネイティブ / 原理主義者からの厳しい目線

    View full-size slide

  82. 補足資料
    82
    The Power of PowerPoint - thepopp.com
    ◼ ブロックチェーン&WEB3.0の歩き方(調査ノウハ
    ウ / 情報ソースなど)
    ⚫ https://note.com/_kayato/n/nf93f01d8096a
    ◼ 暗号資産ウォレット入門(MetaMaskの入門~
    NFTの購入~詐欺の注意事項など)
    ⚫ https://speakerdeck.com/kayato/an-hao-zi-chan-
    uoretutoru-men-metamaskfalseru-men-nftfalsegou-ru-
    zha-qi-falsezhu-yi-shi-xiang-nado

    View full-size slide