Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

達人に学ぶソフトウェアの構造と設計 29,30章

619273354cd6c088e30dfee17d5aa74b?s=47 kazuki
December 09, 2020

達人に学ぶソフトウェアの構造と設計 29,30章

619273354cd6c088e30dfee17d5aa74b?s=128

kazuki

December 09, 2020
Tweet

More Decks by kazuki

Other Decks in Technology

Transcript

  1. クリーンアーキテクチャ 達人に学ぶソフトウェアの構造と設計 29,30章 kazuki ijima

  2. 29,30章 クリーン組込みアーキテクチャ データベースは詳細

  3. 29章 クリーン組込みアーキテクチャ

  4. ソフトウェアは消耗しないが、ファームウェアやハードウェアは時代遅れになる。 その結果、ソフトウェアの変更が必要になる。 ソフトウェアは消耗しないが、管理できていないファームウェアやハードウェアの依存関 係により、ソフトウェアが内部から破壊される可能性がある。

  5. • ファームウェアは、ハードウェアの変化に対して、どれだけ依存しているかで変化し にくさが決まる • 依存の強いコードを書く = ファームウェアを書いているようなもの

  6. 適性テスト • ソフトウェアを構築する活動 ◦ 動作させる ◦ 正しくする(リファクタ、変更しやすく、理解しやすく ) ◦ パフォーマンスを高速化する

    • 適性テスト ◦ アプリを動作させること ◦ アプリを動作させることだけに関心を持つプログラマは、 プロダクトに不利益を与えている Apptitude Aptitude
  7. ターゲットハードウェアのボトルネック • HWは、SWやFWと同時に開発されることが多い ◦ 開発中はHWに欠陥があることが多い ◦ SWの開発は通常よりも遅くなる

  8. ターゲットハードウェアのボトルネック • クリーン組込みアーキテクチャ = テスト可能な組込みアーキテクチャ • レイヤー ◦ 図29-1 ▪

    HWは変化していく ◦ 全てのコードからHWの知識の汚染を取り除くものが存在しない ◦ SWとFWを混ぜるのはアンチパターン • ハードウェアは詳細 ◦ 図29-3 ◦ SW - FWの境界は、HW - コードの境界ほど明確ではない ◦ HAL(Hardware Abstraction Layer)
  9. ハードウェアの詳細はHALのユーザに明らかにしない • クリーン組込みアーキテクチャのSWは、 ターゲットHWをオフにしたテストが可能 • プロセッサは詳細 ◦ 全てのSWはプロセッサに依存しないようにすべき。 FWにはそれができない ◦

    例 • OSは詳細 ◦ 寿命を延ばすために OSの依存関係から身を守る ◦ 図29-5 ◦ OSAL(OS抽象化レイヤー)
  10. インターフェイスに対するプログラミングと代替可能性 • 主なレイヤーにHALやOSALを追加するだけでなく、これまでの原則を適用するべ き • このタイミングで説明する内容??

  11. DRYな条件付きコンパイル命令 • 代用可能性 ◦ 組込みのC/C++のプログラムが複数のターゲットや OSを扱う方法 • HALを使うといい

  12. 30章 データベースは詳細

  13. • データベースはエンティティではなく、詳細 ◦ データベースはデータモデルではない ▪ データベースはソフトウェアに過ぎない ▪ データアクセス機能を持つ道具に過ぎない

  14. リレーショナルデータベース • 普及した ◦ 素晴らしいもの • ただし、アーキテクチャの円の外側 ◦ 単なるテクノロジーの一つに過ぎない ◦

    あくまで詳細
  15. なぜデータベースシステムが普及しているのか? • 素晴らしい点 ◦ ディスクの進化 ▪ 小ささ ▪ 容量 ◦

    欠点である、ディスクの遅さを軽減する方法がある ▪ ファイルシステム ▪ リレーショナルデータベース
  16. もしもディスクがなかったら? • ディスクはRAMに取って代わられつつある ◦ ? • ディスクが絶滅した場合 ◦ ? ◦

    次の節に繋がる
  17. 詳細 • データベースは、ディスクとRAM間でデータを移動しているに過ぎない

  18. だけど、パフォーマンスはどうなの? • 気になるけど、下位レベルの関心ごと

  19. 小話