「ServerlessではじめるワンコインWi−Fi打刻システムのコツ」@勤怠を自動化する技術 LT

46fdd2ebc85d68659b83d5eb5c6a49aa?s=47 Keke
July 19, 2019

「ServerlessではじめるワンコインWi−Fi打刻システムのコツ」@勤怠を自動化する技術 LT

46fdd2ebc85d68659b83d5eb5c6a49aa?s=128

Keke

July 19, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2019/07/19 Friday 勤怠を⾃動化する技術 #kintai_auto PRESENTED BY KEISUKE YAMASHITA (Twitter: @_k_e_k_e)

    Serverless ではじめる ワンコインWi-Fi 打刻システムのコツ
  2. $ whoiam 2019,4: 新卒でmerpay.inc SRE Team Keisuke Yamashita Twitter: @_k_e_k_e

  3. Wi-Fi 接続によって 出退勤を⾃動的に付ける システムを⾃作して1800 ⼈規模の会社 に導⼊したコツ

  4. Problem

  5. 新しいメンバーがどんどん 増える... ユーザーの増加に耐えられるシステムを作る 打刻⾃体は究極に簡単であるべき Company Growth

  6. 毎⽇毎⽇やらないといけない。 打刻し忘れ いつ、どのタイミングでやるの 打刻時間の誤差 いろんな種類の出退勤がある 出張など例外 PROBLEMS

  7. Solution

  8. None
  9. Architecture Solution

  10. None
  11. Register 1. Solution

  12. None
  13. None
  14. Slack へフィードバック

  15. 2. Attend Solution

  16. None
  17. 勤怠をつける⼿間とその経済的 なコストが測りにくいので費⽤ 対効果では話せない。 2. Cheap system 社内セキュリティチームなどか ら⼀蹴される可能性も。 事前に可能かどうか許可を。 3.

    Hearing 今のより⼿間が多くなるのな ら、それは作る側の⾃⼰満でし かない。 Make easier 1. 3 つのPOINT
  18. Make easier 1. スマホをWi-Fi に繋ぐだけ

  19. Make easier 1. スマホをWi-Fi に繋ぐだけ 無

  20. Make easier 1. ユーザー体験に技術的難易度は関係ない

  21. 1. Wi-Fi 接続 2. ログサーバー 3. 出勤記録 ↓ 出勤記録 1.

  22. ↓ 2. 退勤記録 1. 最終接続をBatch 処理で取得 2. 退勤記録

  23. 2. Cheep System お⾦がかかってはいけない ¥36/Month ¥380/Month ¥0/Month Total: About ¥400/Month

    (Dev, Prod 環境合計)
  24. Cloud Pub/Sub 2019 年6 ⽉料⾦ (Dev, Prod 環境合計) ⼟⽇は0.3 円ぐらい

  25. Cloud Functions 2019 年6 ⽉料⾦ (Dev, Prod 環境合計)

  26. いろんな⼈の協⼒が不可⽋ 勤怠履歴を欲しがっていた り、また勤怠システムの選 定、運⽤の権限を持っていた りする 労務 セキュリティリスクやそのマ ネジメントをしている。⾃動 打刻システムに付与する権限 などを気にしていたり。

    社内IT チーム 社員データやそれに紐づく Email やSlackID などを⼀元 して管理していることも。 ⼈事 3. HEARING
  27. 1.Slack Commands for リモート打刻

  28. 2. 運⽤体制 qa チャンネルで対応 Done スタンプをつけないと...

  29. 2. 運⽤体制 運⽤チャンネルでBot が毎⽇チェック

  30. 2. 運⽤体制 Stackdriver Alert とMonitor

  31. 3. 運⽤体制 Google Form によるブロードキャスト 誰でも登録者にメッセージできる

  32. MAKE EASIER CHEEP SYSTEM HEARING 最後に社内で運⽤するには KEISUKE YAMASHITA