Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

「問題 vs. 私たち」で社会を良くする / Guest Speech for the Founding General Meeting of Code for Amami

「問題 vs. 私たち」で社会を良くする / Guest Speech for the Founding General Meeting of Code for Amami

23f4d5d797a91b6d17d627b90b5a42d9?s=128

Kentaro Kuribayashi

August 28, 2020
Tweet

Transcript

  1. 「問題 vs. 私たち」で社会を良くする Code for Amami設立にあたって期待すること 栗林 健太郎(Code for Amamiアドバイザー、GMOペパボ株式会社)

  2. 栗林 健太郎 • 1976年名瀬市で生まれる • 奄美市名瀬佐大熊で育つ • 伊津部小 → 金久中

    → 大島高校 • 大卒後、2002年に奄美市役所へ • 2008年に転職のため京都へ • 2012年より東京で勤務 現在、GMOペパボ株式会社取締役CTO 自己紹介
  3. シビックテックとの関わり

  4. 2020年3月、鹿児島県版コロナ対策サイトを有志で開発 鹿児島県新型コロナウイルスまとめサイト

  5. • 2020年3月25日: サイトリリース • 2020年3月27日: 南日本新聞社 • 2020年3月30日: 奄美新聞社 •

    2020年5月15日: MBC「かごしま4」 • 2020年6月4日: KYT「KYTnews every.かごしま」 鹿児島・奄美のマスコミによる報道
  6. 民間と行政とが協力して事態にあたる必要性を説いた KYTnews every.かごしま「新型コロナ 鹿児島県の“広報”は十分か?」(2020年6月4日放送)より

  7. • 番組の趣旨としては、行政(鹿児島県)による新型コロナに関する 広報への問題提起 • 一方で、今回の問題は誰も経験したことのない未曾有の危機である • このような危機下では、権力を監視・批判するという構図だけでな い関わり方が必要なのではないか • 私たちがサイトを作ったのは、自分たちができる貢献をしたかった

    から • 問題解決のために、我々市民が何をできるのかを考えたい KYTによる取材・報道で感じた課題
  8. リフレーミング(問題の捉え直し)

  9. 問題 対 私たち(Problem vs. Us) 「プロジェクトファシリテーション価値と原則編 Ver1.8」p.12より

  10. これまでの構図(問題を解決するのは行政) 問題 行政 (私たち) vs. 市民 マスコミ

  11. これからの構図(「問題 vs. 私たち」) 問題 私たち vs. 解決 支援 問題 発見

  12. コードが「私たち」を強くする

  13. プログラミングで「力」を身につけよう 市民 コード シビックテック

  14. • 問題解決のためには、まずは良質な「情報」が必要 • コンピュータや情報システムが得意なのは、(1)情報を広く行き渡 らせること、(2)人々をマッチングさせること • (1)問題の発見・解決のために、市民に対して「情報」が行き渡る こと → 行政データをわかりやすく可視化すること

    • (2)問題を抱えている人々と解決策を持っている人々を結びつける こと → 問題の見える化と解決プロセスへの市民の参画 • そのような仕組みを作るために、プログラミングはとても有用 なぜコード(プログラミング)なのか?
  15. 今の小学校で教えているプログラミングの基本的な考え方 文部科学省「小学校プログラミング教育の手引(第三版)」p.16

  16. • 市役所で働くかたわら、終業後の個人的な活動においてプログラミ ングのスキルを身につけた • 身近な問題から始めて、とりあえず動くものを作るのがおすすめ • 私の場合はホームページを作りたくて勉強した • 子供がいる方は、お子さんと一緒に勉強するといいかも? •

    プログラミングを勉強したいひとにとって、Code for Amamiが学 習と実践のきっかけになってほしい プログラミングスキルをみにつけるために
  17. おわりに

  18. 今日話したことのまとめ • いち市民として未曾有の危機に対して積極的に関与するべく、有志 でまとめサイトを開発した • これからの社会問題の解決には、市民も積極的に参画すべし • そのために「問題 vs. 私たち」という考え方に転換する必要がある

    • 問題解決のために、コードによって情報をわかりやすく可視化し、 問題を持つ人々と解決策を持つ人々を結びつける • Code for Amamiでの活動をきっかけに、コードの力で問題解決に 取り組む人々が増えてほしい