Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

スクラムチームにおけるプロダクトデザイナーの役割・関わり方

381ea09c5a26fb7d63ddfc3ccb1d746b?s=47 kgsi
July 14, 2021

 スクラムチームにおけるプロダクトデザイナーの役割・関わり方

SmartHR主催の「プロダクトチーム全職種集合!1職種を10分で完全理解する祭」で話したLT資料です。
https://smarthr.connpass.com/event/216409/

381ea09c5a26fb7d63ddfc3ccb1d746b?s=128

kgsi

July 14, 2021
Tweet

Transcript

  1. 2021.07.14(wed)@kgsi スクラムチームにおける プロダクトデザイナーの役割・関わり方 プロダクトチーム全職種集合!1職種を10分で完全理解する祭

  2. Y プロダクトデザイングループ所属の
 プロダクトデザイナー(デザインエンジニア1 Y 転職して1年1ヶF Y SmartHR本体機能の開発を担A Y TypeScriptとFlutterが好き こぎそ@kgsi

  3. 今日話すこと

  4. 「スクラムチーム」におけるプロダクトデザイナーの 役割や関わり方をお話します

  5. D イントロダクショI D スクラムチームにおける「開発」役割の確 D プロダクトデザイナーの「私」がチームでやってるこÈ D 過去と現在、「カイゼン」してきたこÈ D スクラムチームにおける「プロダクトデザイナー」の役割

    目次
  6. 前提

  7. SmartHRの開発グループは、 フィーチャーチーム構想を掲げ、 クロスファンクショナル化の取り組みを 進めています。

  8. クロスファンクショナルな活動を知りたい方は関連記事を見てね https://tech.smarthr.jp/entry/2021/03/29/113327 https://tech.smarthr.jp/entry/2021/06/16/115550 https://tech.smarthr.jp/entry/2021/03/23/093156 https://note.com/kgsi/n/n9a301ce0d365 https://note.com/aguri/n/n024d48ba30d3

  9. 開発者の役割って? そもそもスクラムチームにおける

  10. UXライター、PM、QA.... ?(以下略 プロダクトデザイナー デザイン作る人? = プロダクトエンジニア 実装する人? =

  11. 出典:スクラムガイド2020 https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf 開発者 開発者はスクラムチームの一員である。各スプリントにおいて、利用可能なインクリメ ントのあらゆる側面を作成することを確約する。開発者が必要とする特定のスキルは、 幅広く、作業の領域によって異なる。

  12. 出典:スクラムガイド2020 https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf 開発者 開発者はスクラムチームの一員である。各スプリントにおいて、利用可能なインクリメ ントのあらゆる側面を作成することを確約する。開発者が必要とする特定のスキルは、 幅広く、作業の領域によって異なる。 特に縛りや決まりはない

  13. プロダクトデザイナーの「私」が チームでやってること

  14. プロダクトデザイナーの業務 ’w インターフェース、画面動線設n uw エンジニアとして開発、コードコミット(主にフロントエンドŽ —w 設計ルール作成、開発支援ツールやライブラリの開発・提€ H SmartHR UI(全プロダクトで利用されるコンポーネントライブラリE

    H SmartHR Design System(包括的なデザインシステムE H textlintをつかった文言支援ツールの開発...な& w デザインについての啓蒙・支‰ H デザインツール勉強会、モブデザイン
  15. 1週間の作業割合(肌感) 2.開発業務 1.設計ルール作成など 3.UI設計 4.啓蒙 その他(MTGとか) 20% 5% 15% 30%

    30%
  16. インターフェース設計に割く時間、 実はあまり無いかも?

  17. それでもチームの開発・設計が 進められる状態になっている

  18. チームで カイゼンを重ねた結果、こうなった

  19. Before & After

  20. 半年前 2021.01

  21. c スプリントレビューで出てきたフィードバックで初めて気づく...
 気づきの遅延が起きていG c 完成されたインターフェースを変更する心理的コストが高かっG c インターフェース設計の意図の確認も少なめ、納得度も低い状態だった XXXX XXXX 「完成」したデザインモックをきっちり

    作ってから開発してもらう
  22. c スプリントレビューで出てきたフィードバックで初めて気づく...
 気づきの遅延が起きていG c 完成されたインターフェースを変更する心理的コストが高かっG c インターフェース設計の意図の確認も少なめ、納得度も低い状態だった XXXX XXXX 「完成」したデザインモックをきっちり

    作ってから開発してもらう 「デザイン」する行為が チームにとって遠い存在だった
  23. デザイナーを巻き込んだ クロスファンクショナル化の取り組みが開始され、 仮説に基づきチームでカイゼンが始まる...

  24. デザインシステムの紹介や案内をする エンジニアがデザインの判断基準を持てるよう、メンターになる 開発中のUIを一緒にモブデザインする デザインツール(FigmaやWhimsicalなど)の勉強会をする 積極的にデザインについての意見を促す(喋りすぎない) プロダクトデザイナーが取り組んだこと

  25. 現在 2021.07

  26. H エンジニアがデザインに関する、意見や案を出せるようになった" H エンジニアがデザイン検討のタスクを担当できるようになった" H 納得度が上がり、インターフェースや動線の変更に柔軟になってきた。 XXXX XXXX 一緒に考え、一緒に作る

  27. 「デザイン」という行為に自立駆動が起き始めている。 エンジニア自らFigmaを操作してカイゼン案を提示 デザインチケットを能動的に書くアクション

  28. 全ては 「デザイン」を自分事にして、 価値ある機能をユーザーに届けるため

  29. チームにおける プロダクトデザイナーの 役割 is 何? 改めて...

  30. インターフェース品質に責任をもつ人 インターフェースを考える人

  31. ! インターフェースの品質の上げ方は決まっていな ! デザインモックを作ってエンジニアに渡すことが
 プロダクトデザイナーの仕事ではない

  32. 大切なこと

  33. チームと共に成長、スケールしていき、 価値あるサービスを最短距離で作っていく...

  34. SmartHRはそれができる環境です チームメイトの皆さん、いつもありがとう!

  35. https://smarthr.co.jp/casualvisit/ こんな働き方に興味がある方、待ってます