Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

標準機能で考える kintoneの設計_20200129

C05073477fa0b4788a7e8260c6c7ec69?s=47 キンスキ
January 29, 2020

標準機能で考える kintoneの設計_20200129

富士ゼロックス大阪主催「kintone EXPO 2020 Winter」での登壇資料です。

C05073477fa0b4788a7e8260c6c7ec69?s=128

キンスキ

January 29, 2020
Tweet

Transcript

  1. 標準機能で考える kintoneの設計 サイボウズ株式会社 kintone大好き 松井 隆幸 2020/01/29

  2. About me 私 に つ い て 松井 隆幸 サイボウズ7年目

    イラスト制作 キンスキの担当
  3. About me 私 に つ い て Blog 開発無しのkintone活用情報サイト YouTube

    Radio キンスキ
  4. None
  5. None
  6. None
  7. None
  8. None
  9. Goal 本 日 お 伝 え し た い こ

    と 利用シーンを考え 活用のネックを改善
  10. Scene シ ー ン と は ? 誰が いつ どこで

    何を なぜ どうやって どんなスキルを持った人が 等 どの業務タイミングで 等 会社の中か外から 等 どのアプリを 等 何の情報を使う為に 等 どの端末から使う 等
  11. Example 例 え ば 端末によって ポータル・スペースが変わる パソコン スマホ or

  12. Example 例 え ば PCの ポータル PC ポータル スマホ ポータル

  13. Example 例 え ば 矢内石油 矢内 哲さん (Twitter:@ty_mgtockintone) 「PCとスマホで 使うシーンが

    変わりますよね?」
  14. Example 例 え ば Application 使うアプリ が変わる Information 見る情報 が変わる

    Design 画面の設計 が変わる 同じポータルでいいのか?
  15. Example 例 え ば 端末に最適化したポータルを用意 ( ス ペ ー ス

    )
  16. Example 例 え ば

  17. Imagine 想 像 し よ う シーンを考えるために まず、想像しよう Who? When?

  18. Imagine 想 像 し よ う START GOAL 〉 〉

    〉 〉 迷う所を改善
  19. 誘導する ラベル+リンク Imagine 想 像 し よ う

  20. ルックアップ 単純にする 文字列にする 2つに分ける Imagine 想 像 し よ う

  21. 言葉を変える Imagine 想 像 し よ う ノートを開く 鉛筆を持つ 詳

    細 を 見 る 編 集 す る
  22. 有限会社 矢内石油 矢内 千穂さん アプリを使う人が誰なのか スキルが中程度の人なのか、 一番末端の人が使える レベルに作るのか ※下記のラジオから抜粋、修正して記載 #41:1クリックを増やす配慮!?

    〜認定スペシャリスト 矢内千穂さんに伺うアプリ作りの心がけ〜 https://www.kinsuki.com/entry/radio41 Imagine 想 像 し よ う
  23. Imagine 想 像 し よ う 多機能だけが 正解ではない すごくなくて良い

  24. Quiet Talk 閑 話 休 題 使いたくなる ポータル!! 活用度が格段に上がる kintoneの裏技

  25. 使いたい ポータル...?

  26. 使いたい ポータル!!

  27. この枠

  28. 枠作成の 機能はない

  29. 秘密兵器

  30. Wordで表を作る

  31. Wordで表を作る 表を コピペ!

  32. Wordで表を作る 中央寄せ

  33. Wordで表を作る リンク設定

  34. ഒ ഒ ഒ

  35. この裏技は 公式サポート対象外です 今後のアップデートで 動作しなくなる可能性があります デ ー タ は 操 作

    し な い の で 、 大 丈 夫 だ と 思 い ま す が 。 。
  36. シーンを考えるために 利用者を観察しよう Observe 観 察 し よ う

  37. アソビュー株式会社 小林さん(@ShinyaKoba1979) アソビュー株式会社 小林 信也さん

  38. 事実を集め、何故か考える

  39. 2019.6.20 kintone hive Tokyo vol.9 アソビュー株式会社 小林さん(@ShinyaKoba1979) 一番小さい画面サイズの 横幅に合わせる

  40. 監査ログのススメ Download Login Observe 観 察 し よ う

  41. 連携サービスで更に測定 プロセス管理 履歴記録 プラグイン https://caryncolabo.com/kintone_plugin/statuslogging/ アクセスログ 出力 プラグイン https://m-sol.co.jp/service/kintone/contents/plugin/log.php プロセス管理のステータスが変化するタイミングで、

    フォーム上に配置したテーブルに履歴を記録。 前のステータスから変化するまでの経過時間数を、 数値フィールドに記録します。 ユーザーが操作したログをアプリに収集。 標準機能では確認できない、ログを収集できます。 アクセスログはCSVファイルでのダウンロードや、 管理画面上でログの確認を行うことが可能です。 Observe 観 察 し よ う
  42. 連携サービスで更に測定 Google Analytics https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/208007536-Google-タ グマネージャでkintoneのアクセス解析をしてみよう Webページと同じ感覚で、kintoneの活用集計が可能。 アプリ単位の測定は不得意だが、環境全体をマクロに 俯瞰することを得意とする。 他の測定プラグインと組み合わせと尚良し。 Observe

    観 察 し よ う
  43. シーンを考えるために 利用者の声を集めよう Improve 改 善 す る

  44. Improve 改 善 す る 要望を集める工夫 「できない」 と答えない 通知設定で 積極フォロー

    得意な人を 見つける ただ「できない」だけだと、今後意見が出にく くなる。要望の背景を尋ねたり、段階的に始め るなど、前向きな姿勢が大事。 運用開始からすぐは、新規登録時に自分だけ通 知を受け取ろう。活用が見えて嬉しくなり、 また利用者に声をかけることができる。 改善点を見つけるのが得意な人がいる。 良い意味で面倒臭がり、横着な方。 今後の仲間になってくれる場合も。
  45. 泥臭い・継続的な kintoneの改善が大事 kintoneが色々できないから 変え続けられる良さ Improve 改 善 す る

  46. プロジェクト・アスノート 松⽥ 正太郎さん

  47. アプリ 作りっぱなしに なってませんか? 2019.6.20 kintone hive Tokyo vol.9 プロジェクト・アスノート 松田さん(@Shokun1108)

  48. 作った時が 業務改善の スタート地点 プロジェクト・アスノート 松田さん(@Shokun1108) 2019.6.20 kintone hive Tokyo vol.9

  49. 改善 改善 改善 改善のサイクルを回し続ける プロジェクト・アスノート 松田さん(@Shokun1108) 2019.6.20 kintone hive Tokyo

    vol.9 資料より Improve 改 善 す る
  50. 機能が増えると、変えづらくなる 構成 トラブル 引き継ぎ 全体構成が把握しづらくなり アプリの理解が担当者に依存する 連携関係が増えると 変更が動作不良を起こすことも 継承すべき情報が増え 全体の仕様が把握しづらくなる

    “変えられる”を維持する Improve 改 善 す る STOP
  51. Summary ま と め 利用シーンを考える Who? When? 想 像 観

    察 募 集 課題の改善を続けよう
  52. Summary ま と め 改善にはアイデアが必要 Blog Twitter Event キンボウズ(https://kinbozu.com/) ほそぼそと業務改善(https://note.mu/mswnet)

    ねばまい!(http://nevermyroad.com/) プロジェクト・アスノート(https://pj.asunote.jp/) kintoneユーザーと繋がろう 各種セミナー kintone Café #kintoneユーザーと繋がりたい
  53. Twitterで得る運用ノウハウ 上 司の説 得 仲 間作 り 運 用ルー ル

    業 種ノ ウ ハ ウ 組織 運営 Reference 参 照 業務 改善 モチ ベー ション and m or e . . .