Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Nstock 採用資料 / We are hiring

Nstock
January 20, 2023

Nstock 採用資料 / We are hiring

Nstock社の採用資料です。(2023/1/20 更新)

主にエンジニアさんを募集しているので、少しでも興味がある方はぜひ応募してくださいね!

いきなり面接はちょっと……という場合はカジュアル面談なども可能です。お気軽に!

■ 採用ページ
https://nstock.co.jp/recruit

■ カジュアル面談 (エンジニア向け)
https://open.talentio.com/r/1/c/nstock/pages/73091

■ Nstock に入社してどうですか? エンジニア3人に聞いてみた
https://blog.shojimiyata.com/entry/nstock_engineers

■「メルカリでやり残した大きな宿題」を解くため、Nstockに入社した
https://journal.nstock.com/article/nstock_azaz_interview

Nstock

January 20, 2023
Tweet

Other Decks in Business

Transcript

  1. We are hiring! Nstock Company Deck Make the startup ecosystem

    AWESOME! 2023.1.20
  2. Mission Make the startup ecosystem AWESOME 01 © Nstock

  3. Make the startup ecosystem AWESOME 02 © Nstock Our Mission

    スタートアップエコシステムをブーストし、 日本からGoogle級の会社を生み出す
  4. Make the startup ecosystem AWESOME 03 © Nstock なぜこのMissionなのか? 日本経済の30年に及ぶ停滞

    日本経済の成長は30年間ストップし、スタート アップ業界も諸外国に大きく引けをとっている。 その要因の一つとして株式報酬が「報酬」として 機能しておらず、日本経済やスタートアップエコシ ステム発展のボトルネックとなっている。 株式報酬を変え、日本を変える 株式報酬の「法律」「慣習」「オペレーション」 「リテラシー」を変えることで、ボトルネックを 解消。さらに、スタートアップ向け金融サービス の提供や、セカンダリーマーケットを作ることで 日本経済を成長させる。 強い日本経済を作る スタートアップで 働く 人達がもっと報 われる 社会 に変 わる。日本から ユニコーン 企業が 100 社以上 誕生する 土壌が 整備さ れ、その 中から Goo gleの よ うな 企業も 生まれる。 スタートアップが日本を変える No w Future
  5. Make the startup ecosystem AWESOME 04 © Nstock Nstockの事業構成 SaaS

    株式報酬の課題が解決し スタートアップに優秀な人材が 流入しやすくなる Fintech スタートアップで働く人たち 特有のお金の悩みを解決する Reinvestment 資産を業界に再投資する仕組みを作り 金・人・ノウハウを循環させる
  6. Make the startup ecosystem AWESOME 05 © Nstock スタートアップから産み出される資産規模 2021

    1.2兆円/年 2021年にIPOしたスタートアップの 経営陣・従業員の保有株 SO含み益 ※現時点(2022年12月時点)での時価総額で計算 2027 5.3兆円/年 2027年にIPOするスタートアップの 経営陣・従業員の保有株 SO含み益の予測値 この規模が毎年増える ※TAMの増加は、スタートアップ投資の拡大(政府の方針[5年 後にスタートアップ投資10兆円]の約半分にあたる年率33%を想 定)と、SO活用の拡大(現状 [2021年IPO企業の平均値7.2%] から1.5倍に増加を想定)を加味しています
  7. なぜ株式報酬なのか? Make the startup ecosystem AWESOME 06 © Nstock

  8. 【仮説】株式報酬の差が、日米経済成長の差に Make the startup ecosystem AWESOME 07 © Nstock なぜ株式報酬なのか?

    背景① 日米経済成長の差は、GAFAMなど数社のビッグテックが生み出している 背景② ビッグテックは、優秀な人材を確保するため「株式報酬」を最大限に活用している 背景③ 日本の株式報酬は、発行量が少ないことに加え、法律や慣習など 様々な問題で報酬として機能していない
  9. Make the startup ecosystem AWESOME 08 © Nstock 日米経済成長、どこで差がついている? 日米経済の差

    = GAFAMの時価総額 「S&P495」とは、S&P500(アメリカの代表的 な株価指数)から、米国の時価総額上位のGAFAM を抜いた495社で構成される株価指数である。その 数値は、TOPIX(東証1部上場全銘柄の株価指数) とほとんど変わらない。 出展: ITmedia ビジネスオンライン https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2009/11/news032.html
  10. Make the startup ecosystem AWESOME 09 © Nstock 出典: 独立行政法人経済産業研究所

    https://www.rieti.go.jp/jp/projects/trinity_management/column_01.html ビッグテックは、株式報酬を最大限に活用 日本の主要テクノロジー企業 単位:千株 社名 2019年付与数 総発行済株式数 付与量/年 日立製作所 588 967,280 0.061% パナソニック 274 2,453,327 0.011% ソニー 3,280 1,261,059 0.260% キヤノン 116 1,333,763 0.009% ソフトバンクG 267 2,089,814 0.013% 他10社 平均 0.074% 米国企業(GAFAM) 単位:千株 社名 2019年付与数 総発行済株式数 付与量/年 Apple 36,852 4,443,239 0.83% Alphabet 13,934 688,335 2.02% Amazon 6.700 498,000 1.35% Facebook 54,379 2,852,000 1.91% Microsoft 53,000 7,571,000 0.70% 平均 1.36% 米国企業と約20倍の差 株式報酬の格差は日米で約20倍
  11. Make the startup ecosystem AWESOME 10 © Nstock 課題は「量が少ない」だけではない 日本では、株式報酬が

    「報酬」 として機能していない 法律・慣習の問題 退職で失効してしまう、換金までに10年近く要す る、未上場では換金できない、換金手段が限られ ている等、多くの問題があり、報酬としての魅力 を極端に下げている。 リテラシーの問題 簡単に理解するのが難しい契約や制度が多い。そ のため額面年収は気にするが株式報酬は気しない 等、株式報酬への期待値が下がっている。結果、 会社側にも武器として活用するモチベーションが 湧いていない。 重いオペレーション 行使申請や 売却申請のオペレーションが重く、社 員に 対して 個別対応も 求められているため、 目先 の 対応に 忙殺されている。本 来やる べき より 良い 報酬 設計や 価値を 伝える ことに 時間が 割けない。
  12. Make the startup ecosystem AWESOME 11 © Nstock 【仮説】日本経済を復活させるには? 日米で付与される「株式報酬」には、比率と価値に大きな開きがある

    例えば、Googleは の株式報酬を1年間で社員に付与 「約3兆円」 一方、国内有力IT企業 ソフトバンク社は にとどまる 「約13億円」 国内で米国並に付与しているのはメルカリ等ほんの一握り 加えて、日本の法律や慣習が株式報酬の魅力を極端に下げ、優秀な人材を獲得できていない 時価総額 約10兆円の0.013% 時価総額 約150兆円の2% 日本の株式報酬を、米国水準に変える必要がある 株式報酬を変え、優秀な人材を 呼び込み、日本 からGoogle 級の 会社を 生み出す 出典: 独立行政法人経済 産業 研究所 https://www. rie ti.go. jp/jp/pro je cts/trinity_manage me nt/col umn_01. html
  13. 株式報酬SaaS事業 Make the startup ecosystem AWESOME 12 © Nstock

  14. Make the startup ecosystem AWESOME 13 © Nstock ミッション達成までのロードマップ 変化①

    現状 変化③ ミッション達成 変化② 金融で起こす変化 国内ではメルカリ等 ひと握りの企業だけ 米国並みに株式報酬 を活用している 法律を変える 慣習を変える オペレーションを変える リテラシーを変える 普通の会社で も株式報酬を 上手く活用で きるように 米国並みに活用 する会社が登場 し、追従する企 業が増える 業界外からの人 材流入が増え、 業界内での人材 流動性も上がる 国内スタート アップが活性 化し、経済に 大きな影響を 及ぼすように 未上場の与信問題を解決 セカンダリー市場を整備 資産形成をサポート スタートアップ業界 への 再投資 国内 エコシステ ムが 強くなり、 Google のような会社が 生ま れる 株式報酬 SaaSで起こす変化 ※2023年1月現 在、金融 事業も並 行して 準備しています
  15. 変化① 現状 変化③ 変化② 国内ではメルカリ等 ひと握りの企業だけ 米国並みに株式報酬 を活用している 普通の会社で も株式報酬を

    上手く活用で きるように 米国並みに活用 する会社が登場 し、追従する企 業が増える 業界外からの人 材流入が増え、 業界内での人材 流動性も上がる 国内スタート アップが活性 化し、経済に 大きな影響を 及ぼすように 未上場の与信問題を解決 セカンダリー市場を整備 資産形成をサポート スタートアップ業界への再投資 Make the startup ecosystem AWESOME 14 © Nstock ミッション達成までのロードマップ 法律を変える 慣習を変える オペレーションを変える リテラシーを変える 株式報酬SaaSで起こす変化 国内エコシステムが 強くなり、Google のような会社が生ま れる
  16. ① 法律を変える Make the startup ecosystem AWESOME 15 © Nstock

  17. Make the startup ecosystem AWESOME 16 © Nstock 「株式報酬」関連の法律の動き 5か年計画で日本の「株式報酬」が大きくアップデートされる

    いま、国もスタートアップ支援に本気です。日本経済の発展のため行政の方々と一緒に、より良い株式報酬を作っていきます。 https://twitter.com/miyata_shoji/status/1587742925974540288 出典:「スタートアップ育成5か年計画ロードマップ」資料2 (内閣官房) https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/atarashii_sihonsyugi/kaigi/dai13/shiryou2.pdf
  18. ② 慣習を変える Make the startup ecosystem AWESOME 17 © Nstock

  19. Make the startup ecosystem AWESOME 18 © Nstock 業界全体に向けた仕組みの提供や情報発信 時代にあった契約書ひな型や、メディアを通して変えていく

    「税制適格ストックオプション」契約書ひな型キット 「よくあるひな型」の時代に即していない内容が、株式報酬が機能していない原因の1 つになっていました。この状況を変えるため、スタートアップの実態、業界のトレンド に即した契約書ひな型キットをゼロベースで作成しました。 https://kiqs.nstock.com 株式報酬のポテンシャルを引き出すメディア 「 退職して も失効しない SOを発 行する 会社」「 SOのキャ ピタル ゲインで 起業した 起業 家」な ど株式報酬にまつ わる インタ ビューの 他、「 創業 者による 未上場時 点での株式 売 却」な どスタートアップ業界の 慣習を変えるテー マを 扱ったメディアです。 https:// journa l.nstock.com
  20. ③ オペレーションを変える ④ リテラシーを上げる Make the startup ecosystem AWESOME 19

    © Nstock
  21. Make the startup ecosystem AWESOME 20 © Nstock 「オペレーション」と「リテラシー」は問題が山積み SmartHR開発時、年末調整のオペレーションも大変だと感じたが、株式報酬はその3〜9倍ヤバい

    悪魔のシート(SOの「マスターデータ」を管理するシート。センシティブな情報なので限られた人でチェックせざるをえない上、絶対に間違えてはいけないというプレッシャーがすごい) 上場審査ですべての契約書の提出を求められ、数箱のダンボールに詰めたら底が抜けた 海外拠点向けSOはとにかく税務が複雑で、すべてのトラップを事前に見つけ出すのがめちゃめちゃ難しい DMで対 応せざるをえ ず、 効率が悪くチー ムの メンバーもみ んな イラ イラ 来月まで 待て ば数 百万円分のストックオプションがもらえる人が、その 価値を 知ら ずに 先に 転職を 決めてし まう 「 よく 分からないですが、 サインはしと きます」という人が 一定数いた 「 行使価格はいくらですか ?」 や「 何個持っているか 教えて 欲しい」みたいな「 今それ !?」みたいな問い 合わせが 殺到 ある書 類を 印刷して 印鑑を 押す →PDFを 取って メールに 添付して 送る(しかも 件名指定) →同じものを FAXする →「 FAXし ました よ」と 電話する →最後に 原本を 郵送する 各拠点に 飛び、 説明会をして サインをもらい、 重いスー ツケースを 引きずって 東京に 帰ってくる 経営陣はもち ろん、人事 ・経理 ・財務 ・労務 ・法務な ど社内の 連携先がとても 多い プリンターの前を 陣取り、数 千枚の 紙を 印刷して 押印 日米ではそもそも 適用される 法律が 異なるので、 米国の事 例良いなと 思っても 日本では 使えない SOの 設計に 関する ベストプラクティス や活用ノウハウが どこにも 落ちてなか った 全員が 確定申告を 済ませたか どうかを 最後の ひと りまでS la ckで 追いかけた 悪魔のシートは 行使や退職者が出る 度に数 値が変 わり、それが 原簿、 登記簿、 有価証券報 告書、 法定調書 …と 色んな書 類に 転記されるので、 常に 正しい数 値を管理して おくのが難しい 行使条件の 把握が難しく、 1,000万円を 余分に 振り込んでし まった人がいた 「ストックオプションじゃなくて 現金がいいです」と 言われて 悲しくな った ストックオプションの発 行回数が 多す ぎて、 登記簿が 図鑑並みの 分厚さに 「 あの人がいないとO psが 止まる」が 頻発する 究極の 属人 化業務 米国子会社の 担当者に「 こんなO psはい やだ」と 言われても どうし ようもない ストックオプションの契約書を 無く さずに 保管で きる人の 方が 稀
  22. Make the startup ecosystem AWESOME 21 © Nstock 株式報酬 SaaS

    の提供 行使申請が2件あります 想定キャピタルゲイン 13,750,000 円 SO個数 150 個 株式数 1,500株 持株比率 0.025 % 須磨栄子 プロダクト開発部 SO一覧 第7回 新株予約権 第6回 新株予約権 第5回 新株予約権 下書き 確定 確定 株式報酬のポテンシャルを 引き出すSaaS https://nstock.com
  23. Make the startup ecosystem AWESOME 22 © Nstock Nstock で解決できること

    プラン名称 付与済個数 行使済個数 第13回新株予約権 1,000個 500個 田所恵美子 150個 1,500株 0.25% 伊藤幸司 275個 2,750株 0.39% Excel・スプレッドシート 管理の手間を削減 大人数を対象とするストックオプション付与、退職 者の放棄対応、権利行使時の条件・個数の確認など が行えます。 田所さんがオファーレターを承諾しました 請求日 2023年1月20日 田所さんがオファーレターを承諾しました 請求日 2023年1月20日 後藤さんからSOに関する質問が届きました 請求日 2023年1月20日 後藤さんからSOに関する質問が届きました 請求日 2023年1月20日 会社と従業員間の コミュニケーションをスムーズに ストックオプション は付与し て終わりで はありま せ ん。 正確なコミュニケーションで従業員の理解 度が 深ま り、業 務負担も軽減できます。 想定 キャピタ ルゲイン 1,375万円 行使 申請が承認さ れました 承認日 2023年1月20日 行使 申請が承認さ れました 承認日 2023年1月20日 従業員にストックオプションの 経済 的価値を 伝える ストックオプションを 「よく分からな いもの 」か ら、 モチベーション やエン ゲー ジメントを 高める 「魅力的な もの 」 に。
  24. Make the startup ecosystem AWESOME 23 © Nstock 将来的に実装予定の機能 SO情報

    権利者情報 会社情報 新株予約権 原簿_最新 新株予約権 原簿_最新 新株予約権 原簿_最新 新株予約権原簿や 法定調書の作成 信託SO 信託SO RSU 様々な株式報酬制度の管理 従業員リスト 第3回新株予約権 割当契約書 株主総会 議事録 ドキュメントライブラリー SmartHR等の人事データ ベースとの連携機能 売却申請 売却申請 株式売却の申請に関する ワークフロー インサイダー情報の保有者 である可能性があります インサイダー情報の保有者 である可能性があります インサイダー取引を 未然に防ぐアラート 申請が届きました 未処理の申請が2件 外部チャットサービス との連携 従業員画面の英語対応
  25. 金融事業 Make the startup ecosystem AWESOME 24 © Nstock

  26. 変化① 現状 変化③ 変化② 国内ではメルカリ等 ひと握りの企業だけ 米国並みに株式報酬 を活用している 法律を変える 慣習を変える

    オペレーションを変える リテラシーを変える 普通の会社で も株式報酬を 上手く活用で きるように 米国並みに活用 する会社が登場 し、追従する企 業が増える 業界外からの人 材流入が増え、 業界内での人材 流動性も上がる 国内スタート アップが活性 化し、経済に 大きな影響を 及ぼすように 国内エコシステムが 強くなり、Google のような会社が生ま れる Make the startup ecosystem AWESOME 25 © Nstock 金融事業が起こす変化 金融で起こす変化 未上場の与信問題を解決 セカンダリー市場を整備 資産形成をサポート スタートアップ業界への再投資 ※2023年1月現在、金融事業も並行して準備しています
  27. Make the startup ecosystem AWESOME 26 © Nstock 金融事業が解決する問題 スタートアップで働く人たち特有のお金の悩み

    未上場での与信問題 伝統的な金融機関(過去実績で判断)では、ス タートアップ(将来性と確度で判断してほしい) の与信が判断できず、そこで働く人達が不遇に なっている。 一般論が当てはまらない IPOである日突然お金持ちになったが、どういう 方針で株を売却し、資産運用すれば良いのか分か らない。また、一般的な資産形成のノウハウの多 くがSO保有者には当てはまらない。 エコシステムに還元しづらい スタートアップで 得た キャピタ ルゲインを、 再度 業 界に還元する 手段が 限られてお り、エ ンジェル 投資 も2018年時点で日 本50億円、 米国2.5兆円 と 500倍もの 差が ついている。
  28. Make the startup ecosystem AWESOME 27 © Nstock 金融事業で実現したいこと スタートアップ特有の

    お金の悩みを解決し、 生まれた資産を スタートアップに循環させる セカンダリー 市場を整備 ※ セカンダリー市場 = 未上場株の2次流通市場 未上場の 与信問題を解決 資産形成を サポート スタートアップ 業界への再投資
  29. セカンダリー 市場を整備 資産形成を サポート スタートアップ 業界への再投資 未上場の 与信問題を解決 Make the

    startup ecosystem AWESOME 28 © Nstock Nstockがスタートアップの資産を循環させる 2027 5.3 兆円/年 2027年にIPOするスタートアップの 経営陣・従業員の保有株 SO含み益の予測値
  30. Make the startup ecosystem AWESOME 29 © Nstock SaaS +

    Fintechのシナジー Every Company Will Be a Fintech Company(全てのスタートアップがフィンテック企業になる) SaaSとFintechが融合することで1ユーザーあたりのARPU(単価)は2~5倍になる via) a16z 出典: How to Build a Cloud Unicorn https://www.slideshare.net/BessemerVP/how-to-build-a-cloud-unicorn
  31. 国も後押ししている Make the startup ecosystem AWESOME 30 © Nstock

  32. Make the startup ecosystem AWESOME 31 © Nstock 国も後押ししている スタートアップ育成5カ年計画

    スタートアップ育成「3つの柱」 ①スタートアップに流れるお金を増やす f 5年後に今の10倍以上の規模(10兆円)に! ②イノベーションを促進する法制度を整備 f 株式報酬などの税制の見直‰ f 個人金融資産のスタートアップへの循環など ③スタートアップで働く人を増やす f スタートアップへの円滑な労働移Ä f リスクを取って挑戦する人の負担の軽減 先日発表された 『スタートアップ育成5ヶ年計画』で スタートアップ10万社 ユニコーン100社 の創出を目指している
  33. Make the startup ecosystem AWESOME 32 © Nstock スタートアップの規模は拡大していく 新興企業投資を

    27年までに10兆円 政府は成長戦略の中で、新興企業への抜本的支援強化のため、スター トアップ投資を10兆円規模へ拡大すること目指すと発表。同時に、 IPO時の企業時価総額も上昇し、恩恵を受ける役職員の数や資産規模 も増大していくことが予想される。
  34. 組織・評価制度 Make the startup ecosystem AWESOME 33 © Nstock

  35. Make the startup ecosystem AWESOME 34 © Nstock チームはフルタイム10名 +

    アドバイザー1名 公共政策 オウンドメディア 株式報酬SaaS事業 金融事業 デザイナー ドメインエキスパート CEO PM エンジニア エンジニア エンジニア BizDev BizDev PM アドバイザー
  36. Make the startup ecosystem AWESOME 35 © Nstock メンバーのバックグラウンド SOでキャピタルゲインを得た人

    SOを失効した人 上場企業で株式報酬をもらっていた人 候補者にSOの説明をしていた人 経営者としてSOを渡していた人 株式報酬チームの責任者だった人 AWS フィンテック 急成長スタートアップ ビッグテック メガベンチャー
  37. Make the startup ecosystem AWESOME 36 © Nstock 働き方 Slackで翌日の出社状況を確認

    自分も出社しよ どうしようかな 明日は自宅でやるか Nstockの事業は長距離走。 各自で上手く調整しながら事業を作っています。 フルリモート スタートアップ経験者も多く、自律的に動きな がら事業を作っています。例えば1名は神戸で働 いていて、月1〜2回は東京に来ています。 フルフレックス 業務時間の使い方は各自に任せています。朝型 のメンバーが多く、例えば夕方にお迎えで抜け るなど、自身で調整しながら働いています。月 間残業時間は全社的にほぼゼロに近いです。 Monthly All Hands 月に1回、全メンバーが 集って各事業の状況 等を 共有するAll Handsを 開催しています。 集まっ て ワイワイする ことが 好きなメンバーが多く、 参加率も 非常に 高いです。 オフ ィス出社 率は 約3割 多くのメンバーが出社する日も ありますが、 誰 も出社していない日も あります。各自で業務の メリ ハリを 付けながら、上手に働いています。
  38. Make the startup ecosystem AWESOME 37 © Nstock 働く場所 金融街のド真ん中

    東洋一の金融街と呼ばれた茅場町・兜町エリアで、 東京証券取引所も徒歩2分の場所にあります。老舗と モダンな飲食店が混在する、最高の環境です。
  39. To Be Determined ※このページは、まだ正式決定していない暫 定的な内容です。今後、入社してくれた皆さん と一緒に、より良いものに作り替えていきた いと考えています。 Make the startup

    ecosystem AWESOME 38 © Nstock バリュー バリュー(近日変更予定) バリューのVer.2を2023年1月の合宿で作成しました。きちんと浸透して ワークするのか、現在お試し期間中です。気になる方はカジュアル面談や面 接でおたずねください。
  40. To Be Determined ※このページは、まだ正式決定していない暫 定的な内容です。今後、入社してくれた皆さん と一緒に、より良いものに作り替えていきた いと考えています。 Make the startup

    ecosystem AWESOME 39 © Nstock 評価制度 まだ、評価制度はありません Nstockの事業はまだPMF前なので、現段階で制度を作り運 用するのはtoo muchですし、その時間を使い事業に集中し たほうが良いと考えています。 目安としては、2023年末頃からの運用開始を目指し、なる べく業務負荷を軽減できるようなシンプルな制度を作ってい きたいと考えています。
  41. Make the startup ecosystem AWESOME 40 © Nstock オープンな文化 Slackは、ほとんどがパブリックチャンネル

    情報共有はオープンなほうが何かと便利です。ルールとして決めているわけではなく、創業 時から自然とオープンな文化が醸成されています。
  42. ストックオプション Make the startup ecosystem AWESOME 41 © Nstock

  43. To Be Determined ※このページは、まだ正式決定していない暫 定的な内容です。今後、入社してくれた皆さん と一緒に、より良いものに作り替えていきた いと考えています。 Make the startup

    ecosystem AWESOME 42 © Nstock ストックオプション制度の導入時期 SO制度は2023年に作る予定です 背景① 2023年の税制改正後に発行しメリットを最大化したい 税制適格SOの行使期限が10年から15年に伸ばす方針が政府のスタートアップ5ヵ年計画に 盛り込まれています。遡及適用できるか未知数なため、その結果を待って発行予定です。 背景② PMF後に発行するほうがフェアだと考えている 例えば 「PMF 前にストックオプションを発行 ⇒事業が伸 びずに大 量離職⇒その後 ピボットし て 成功」という 場合、 ピボット 前に 退職した 人がSOを大 量に 保有している 状態は、 不健全 だと考えます。税制適格の期限が伸 びる 話も 勘案し、2023年のPMF後に発行するほうがい いのではないかと考えています。もしPMFを待た ずにSOを発行する 場合、 全部ではなく 「一 部失効しない 」条件を 選択すると 思います。
  44. Make the startup ecosystem AWESOME 43 © Nstock 想定しているストックオプション制度の概要 シリコンバレー水準のSOにします

    最大20%まで発行 現時点でも10%まで発行できるようになっていま すが、Nstockの事業が大きくなれば20%まで発 行できるようになります。 KIQSをつかった税制適格SO 退職しても失効しない、べスティングが入社日起 算など、シリコンバレーのようなストックオプ ション制度を想定しています。 信託SOを組み合わせて活用 行使価格を低く設定したSOをプールできる仕組み で、特に事業規模が大きくなった際にはキャピタル ゲインを大きくすることができます。税制適格SO との併用を検討しています。 定期的に付与 1 回発行して 終わりではなく、 評価のタイ ミングに 発行するなど、定期的な発行を検討しています。
  45. Make the startup ecosystem AWESOME 44 © Nstock ストックオプションのExit方法 以下のいずれか

    または組み合わせによるExitを検討 子会社上場 SmartHR社の株と 一定割合で交換 ※非公開 カジュアル面談でお話します
  46. 開発チーム Make the startup ecosystem AWESOME 45 © Nstock

  47. Make the startup ecosystem AWESOME 46 © Nstock 技術スタック(株式報酬SaaS事業) フロントエンド

    開発言語 TypeScript フレームワーク React 18 / Next.js UI smarthr-ui バックエンド 開発言語 Java 17 フレームワーク Spring Boot DB PostgreSQL インフラ クラウド AWS IaC Terraform 認証・認可 Auth0 帳票生成 Docurain 開発環境 IDE VScode (Dev Containers) Container Docker CI/CD GitHub Actions update dependency Renovate その他 3人中2人がJa va 未経験で入社していますが、入社後キャッ チアッ プしています。 また、MVP開発 以降にスタック 変更の可 能性があります。 フロントエンド/バックエンド 連携 OpenAP I
  48. Make the startup ecosystem AWESOME 47 © Nstock ブログで「Nstockに入社してどうですか?」を公開中 Nstock

    に入社してどうですか? エンジニア3人に聞いてみた https://blog.shojimiyata.com/entry/nstock_engineers
 ※ブログのURLはSpeaker Deckの概要欄にも記載しています 日々の開発ってどんな感じ? スクラムを採用して、1週間のスプリントで進めています。(中略)スクラムを取り入れてからは、 仕様を全員で考える時間や、成果物にフィードバックをもらう時間が定期的に作れるようになった ので、しっかりした作成物を積み上げられていると言う感覚があります。(続く) 仕様はどうやって決めているの? PdM、ド メインエ キス パート、 デザイナーが仕様の 大枠を 検討した上で、 それを Notion に仕様ド キュメントとしてまとめると ころがス タートです。 そこからエンジニアも 交え、リフ ァイン メント という 場で仕様を 詰めてい きます。 その 際には PdMが作成した チケットに 対して、 受け入れ 条件を 一緒に考えたり、エンジニアから 技術的な 観点でのフィードバックをしたりしています。(続く) 記 事内では、 こんな 内容も 質問しています 3 名の ざっくり 経歴は? / ユー ザーと 関わる ことはある? / スクラム 導入 初期に 戸惑った こ と / スクラム 導入して 良かった こと / な ぜJa va? / Ja va 未経験でも OK ? / Kotlin は 使 わないの? / 入社して 良かった こと / 入社して 悪かった こと / 子持ちに 理解ある 職場?
  49. SmartHRとの関係 Make the startup ecosystem AWESOME 48 © Nstock

  50. Make the startup ecosystem AWESOME 49 © Nstock 会社概要 実は、

    SmartHRの100%子会社です 社名 代表者名 社員数 設立 株主 Nstock株式会社 宮田昇始(SmartHR創業者) 10名 2022年1月24日(ゴールドラッシュの日!) 株式会社SmartHR
  51. Make the startup ecosystem AWESOME 50 © Nstock SmartHRとの関係 独立した経営をしながら

    多くのサポートを受けています NstockはSmartHRの100%子会社ですが、SmartHRとはオフィスも 別の場所にあり、伸び伸びと事業づくりに集中できています。ガバナンス 関係で一部手間が発生することはありますが、多くのメンバーはそのスト レスを感じずに働けています。 出向者は創業メンバーの宮田、高橋の2名のみで、その他のメンバーは全員 独自採用です。SmartHR社も採用が充足している訳ではないので、自分 たちでがんばっています。 公共政策、リーガル(知財、法律相談)、バックオフィス全般、イベント 運営、メディア運営、広報の一部業務サポートを受けています。
  52. Make the startup ecosystem AWESOME 51 © Nstock SmartHRから受けているサポート 資金提供

    これまでに3.8億円の資金提供を受けています。 公共政策 SmartHR社の公共政策担当が、各所への提言 の機会の提供、プレゼンテーションへの同席、 最新情報のインプットなど幅広くサポートして くれています。 バックオフィス全般 経理全般、労務全般、採用関係のノウハウやド キュメントの提供、外部メディアによるインタ ビュー記事の広報チェックまで、SmartHRの コーポレートチームがNstockのバックオフィス 業務をサポートしてくれています。 リーガル SmartHR社の 法務チームが、 契約書のリーガル チェックや 知財、事業アイデアの 法律相談、会社 の 設立まで幅広くサポートしてくれています。 イ ベント 運営 SmartHR社のイ ベント マー ケ担当 者が、スター トアップ業 界向けの 勉強会や、採用イ ベントな ど 企画から 運営まで幅広くサポートしてくれて います。 オウンドメディア SmartHR社のオウンドメディア担当 者が、 取 材の同席から、記事の 校正などオウンドメディ アの 運営をサポートしてくれています。
  53. 最後に Make the startup ecosystem AWESOME 52 © Nstock

  54. Make the startup ecosystem AWESOME 53 © Nstock 2023年のNstockは、 とてもエキサイティングになります。

    今飛び込まないと、きっと後悔します。
  55. Make the startup ecosystem AWESOME 54 © Nstock We are

    hiring! https://nstock.co.jp/recruit