Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

編集者が考える! 大学生が書く技術を高めるべき理由とは? / Why should we improve our writing skills?

編集者が考える! 大学生が書く技術を高めるべき理由とは? / Why should we improve our writing skills?

芝浦工業大学 デザイン工学部の3年生向けの講義「論文作成法」にてゲスト講演した際のスライドです。

D1379d198d492b4ef4ecad0b59910bb6?s=128

kondoyuko

May 10, 2021
Tweet

Transcript

  1. 大学生が書く技術を高めるべき理由とは? 芝浦⼯業⼤学 デザイン⼯学部 論⽂作成法 2021/05/10 株式会社翔泳社 近藤佑子 編集者が考える!

  2. 自己紹介 近藤佑子(@kondoyuko) ITエンジニア系編集者/キャッチコピーは「踊る編集者」 略歴 • 1986年 岡山県生まれ • 2006~2010年 京都大学

    工学部 建築学科 • 2011~2013年 東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 修士課程 • 2014年~ 株式会社翔泳社 現在のお仕事 • ITエンジニア向けメディア「CodeZine」 編集長 • ITエンジニア向けイベント「Developers Summit」企画統括 好きなゲーム • 星のカービィ
  3. 所属している会社:翔泳社について • キャッチコピーは「出版だけ、じゃない出版社。」 • 1985年12月創業/社員数130名(2020年4月現在) • 扱うチャンネル:出版、Webメディア、アプリ、イベント、セミナーなど • 扱うテーマ:IT、資格、デザイン、ビジネス、生活実用など 翔泳社の本

    より書影引用 https://www.shoeisha.co.jp/book/
  4. 私がメインで関わっている仕事 CodeZine: 2005年から続くソフトウェア開発者向けメディア Developers Summit: 2003年から続くソフトウェア開発者向けカンファレンス

  5. 編集者ってどんな仕事? 一般的には: • 雑誌や書籍などの本全体やページの一部を企画し て編集する人のこと* – 書き手の方を中心に、写真やイラスト、 デザイナー、印刷会社などさまざまな人と やり取りをしながら企画を形にしていく人 私の場合:

    • 編集の対象がWebやイベント • 言葉に対しての向き合い方は変わらない(はず) *出典:13歳のハローワーク 公式サイト https://www.13hw.com/jobcontent/02_03_11.html
  6. 質問1:「書く」ことについてどんな悩みがありますか? 自分に当てはまるものを全部チェックしてください! • 何を書いていいか分からない • 文章を書くのに時間がかかる • 文章がたくさん書けない • 書いたのにうまく伝わらない/評価されない

    • その他
  7. 質問2:普段どんなときに「書いて」いますか? 自分がやっていることを全部チェックしてください! • メッセンジャー、チャット • メール • レポート • SNS

    • note/ブログ • その他
  8. 今日のお話の最後に 今日の話の最後に、以下のことについてZoomのチャットに 書いてもらいたいと思います(また改めて表示します)。 1. 今日の話を聞いて、取り組んでみたいと思ったこと 2. 1.に取り組むために具体的にどうするか – いつやるか? –

    どんなふうにやるか? – いつまでに取り掛かるか?
  9. 今日伝えたいこと • 書くことは学習・仕事・人生に役に立つ • 今は書くことに向き合う絶好のチャンス • 書くことに前向きになる、新しい行動のヒント

  10. 目次 • 今の仕事をするようになった背景 • 普段どんなふうに仕事をしているか? • 仕事で使える「書く」という技術 • 今は書くことに向き合う絶好のチャンス •

    まとめ:大学生が書く技術を高めるべき理由とは?
  11. 目次 • 今の仕事をするようになった背景 • 普段どんなふうに仕事をしているか? • 仕事で使える「書く」という技術 • 今は書くことに向き合う絶好のチャンス •

    まとめ:大学生が書く技術を高めるべき理由とは?
  12. 編集者をしていると「本が好きそう」とよく言われるが… • 難しい本を読もうとすると、何度も同じところ を読んでしまい進まない • 読書家の人にコンプレックスを抱く • 小学生の頃は読書感想文をボイコット • 大学入試は国語が一番苦手だった

    そんな私が編集者になるなんて思いもしなかった
  13. 編集者になるまで:学部時代(2006-2010) • 大学では建築学科に進学 – 文化、テクノロジー、社会にすべて接続して面白いと思ったから • 建物を設計することに苦手意識を感じ、建築の歴史の研究室へ – 大学を飛び出して、アート系のコミュニティにもたくさん参加した 今の仕事につながる原体験:

    • 日本都市史のレポートで「優」をもらえた • SNSの「mixi」で日記を書くことにハマった • Twitterを使って建築やアート系の人とつながり、 次第にエンジニアとつながるようになった
  14. 編集者になるまで:大学院時代(2011-2013) • 進路を迷ったあげく、大学院でも建築史の研究室へ • SNSなどのインターネットのサービスに強い可能性を感じ、 IT関係の企業に就職を希望するものの、就活はうまくいかず…… 今の仕事につながる原体験: • 研究室の活動でいろいろな場所をフィールドワークした •

    修士論文をまとめるのは辛かったけど(人生で一番……)いい経験だった • 就職活動がうまくいかず、自己PRサイトを制作したらバズった – 非常に反響が大きかったものの、就職先が決まらず卒業することに
  15. • バズった経験から得た人脈をもとに、文章執筆の依頼をもらったり、 仕事を受けたりしていた(エンジニアの真似事、ライターなど) • IT関連を中心に就職活動も継続していた • ニッチな分野の編集者の求人を受けた(落ちた)ことをきっかけに、 専門系編集者の道を志す – 専門家に話を聞いたり、勉強してスキルを高めていったりするのは、

    研究などのこれまでの経験が活かせると思った – 的を絞ったら、就活がうまくいきはじめるようになった • 今の会社に入社後、現在の編集部に配属 編集者になるまで:就職浪人時代(2013-2014)
  16. • インターネットに文章を書いてきたこと • インターネットを通じてたくさんの人と交流したこと • プログラミングを独学で学ぶなど、専門以外のことも学んできたこと • アートやリベラルアーツにも関心があったこと • 研究を通じて、一つのテーマを追求する経験ができたり、

    追求している人の凄さに対する想像力を持てたりしたこと 学生時代の活動で役に立ったものとは?
  17. 目次 • 今の仕事をするようになった背景 • 普段どんなふうに仕事をしているか? • 仕事で使える「書く」という技術 • 今は書くことに向き合う絶好のチャンス •

    まとめ:大学生が書く技術を高めるべき理由とは?
  18. 私が担当している仕事(1)CodeZine CodeZineとは? 2005年から続くITエンジニア向けWebメディア プログラミングをしたりITのサービスを開発した りするうえで、参考になる情報が得られる 掲載している記事例 • プログラミングに関する解説記事 • アプリの開発秘話

    • エンジニアのキャリアインタビュー 私の主な仕事内容 • 掲載する記事の企画・編集・(時には)執筆 • よりよいメディアにしていくための責任者
  19. 私が担当している仕事(2)Developers Summit Developers Summitとは? 2003年から続くITエンジニア向け大規模イベント 2日間で80近い講演が行われ、4000人以上が参加 「フェスっぽい学会」のようなイメージ? 2020年2月まではオフライン開催、 以後のイベントはオンラインで開催 私の主な仕事内容

    • 全体テーマの決定 • 講演者や講演内容の検討・打診 • その他、イベントをより良くするための さまざまなこと
  20. 普段、どんなふうに過ごしてる? 10:00~10:30 Slack、メールチェック 10:30~11:30 プレスリリースをピックアップしてニュース記事作成 11:30~12:00 企画案作成 12:00~13:00 お昼 13:00~14:00 社内のミーティング(Zoom) 14:00~15:00 メンバーの原稿のレビュー、メールを返したり 15:00~16:00 社外の打ち合わせ(Zoom) 16:00~19:00 原稿の編集 19:00~    退勤、オンライン勉強会を視聴したりも

  21. 記事のいろいろ:ニュース記事 ニュース記事:「新製品がリリースした」などの速報性のある記事 https://codezine.jp/article/detail/13866 https://codezine.jp/article/detail/12344

  22. ニュース記事のつくりかた 1. ニュースのネタを探してくる – プレスリリース、ブログ、記者発表会、SNS…… – 読者のみなさんが関心を持ちそうな情報を探し集めるイメージ 2. ネタをもとに、シンプルで中立的な内容に修正して掲載 –

    主観的な情報をなくす(例:「日本初」とあれば必ず根拠を探す) – 読者がわかりやすいように、順番を変えたり、補足したりする • 公式サイトなど、プレスリリース以外の情報も参照することも
  23. 記事のいろいろ:インタビュー記事 インタビュー記事:参考になる知見や経験を持っている方に話を聞いた記事 (エンジニアのキャリア、プロダクト開発事例、技術の最新情報など) https://codezine.jp/article/detail/13469 https://codezine.jp/article/detail/13733

  24. インタビュー記事のつくりかた 1. 企画を立て、打診をする – どんな人にどんなテーマの話をしてもらいたいか? 2. OKがもらえたら、具体的な質問案を作成する 3. インタビューをしていく –

    途中、深ぼったり、より面白い話が聞けそうなら脱線したりも 4. 記事を自分で書いたり、同席したライターさんに書いてもらったりする 5. お話を聞いた方の確認が取れたら、公開!
  25. 記事のいろいろ:寄稿(書いてもらう)記事 寄稿記事:書き手の方に書いていただく記事 (プログラミングに関する解説記事、スキルアップに関するコラムなど) https://codezine.jp/article/detail/13199 https://codezine.jp/article/detail/13672

  26. 寄稿記事のつくりかた 1. 企画を立て、執筆の相談をする 2. OKがもらえたら、打ち合わせをして内容のブレストをする – 著者さんが執筆のイメージができるところまでブレストする 3. 構成案(目次案)を作っていただき、フィードバックする –

    よい点や、もっとこうしたらいいのではという内容を伝える 4. 原稿が来たら、読みやすくなるように編集を行う – 誤字脱字のほか、誤解を与える箇所がないか、など 5. 著者さんに確認していただき、問題なければ公開!
  27. 企画しているエンジニア向けイベントのいろいろ 2003年- デブサミ(2月) 2019年- デブスト関西(6月) 2012年- デブサミ夏(7月) 2015年- デブサミ福岡(8月) 2011年-

    デブサミ関西(9月) 2018年- デブスト(11月)
  28. エンジニア向けイベントの企画方法 • イベントの全体テーマを決める • テーマの世界観を表すようなビジュアルを作成する(ディレクション) • 公募を募集する • 全体テーマをもとに、セッション案と講演者を考える •

    講演者に打診する • 公募を選考する • タイムテーブルを組む • 懇親会などのその他の企画も行う • Webサイトを公開し、広く告知する • 本番の運営を行う
  29. これまで紹介した以外にもいろいろな仕事がある • メールマガジンを作る • 記事広告の企画編集を行う • Webサイトの改善やグロースのための施策を行う • チームメンバーが成長するように支援する •

    などなど……
  30. この仕事の醍醐味 • たくさんの先進的な取り組み、チャレンジングな取り組みに触れられる – コロナ禍でのピンチをチャンスに変えた話は心に響きました…… • 自分の携わった記事がたくさんの方に読まれると嬉しい • 記事やイベントが「参考になった」「勇気づけられた」と言われると とても嬉しい

    • 「エンジニアを輝かせることによって世の中を良くしたい」という 使命感を持てる
  31. 目次 • 今の仕事をするようになった背景 • 普段どんなふうに仕事をしているか? • 仕事で使える「書く」という技術 • 今は書くことに向き合う絶好のチャンス •

    まとめ:大学生が書く技術を高めるべき理由とは?
  32. 仕事で使える「書く」という技術 • 自分が書く • フィードバックする • 企画を作る • 人に話す(プレゼンする) •

    プロジェクトを導く すべてに「書く」という技術が関わってくる 編集に限らず、どんなプロジェクトをするにも共通して必要な技術
  33. 「書く」技術の使いどころ:自分が書く • 記事を書く – 内容が誤って伝わらないように書く • そもそも用語を間違っていないか • 複数の意味に取れることはないか •

    指示語(「これ」「それ」)が何を表しているか明確か、など – 読んでほしい読者に伝わりやすいように書く • 最初に「この記事で伝えたいこと」が書いているか • 前提知識をすっ飛ばしていないか • 無駄に長過ぎたりしないか • メールやメッセージを書くときにも使える – コロナ禍のリモートのコミュニケーションでは必須スキル
  34. 「書く」技術の使いどころ:フィードバックする • 著者さんの原稿や、チームメンバーの仕事をフィードバックする – 読み手の視点で、違和感を感じるところを指摘する • 「ここがこう分かりにくい」も十分なフィードバックになる – 修正提案する場合は「なぜこうしたほうがいいか」という根拠を示す •

    書き手の人にとって納得感もあるし、次から気をつけられる – よかったところをしっかりと伝える • 書いた人にとって学びになるし、嬉しい気持ちになる
  35. 「書く」技術の使いどころ:企画を作る • 最終的なアウトプットが記事とは限らない企画も、全て言葉で作られる – 「ウケる企画はみんな『ひと言』」「センスはいらない、むしろベタ がいい」(石田章洋著『企画は、ひと言。』) • 例:プリウス「地球に優しいエコカー」 • 私がエンジニア向けイベントの全体テーマを作る際も、

    世相を反映しつつ、短くて覚えやすいものを考えるようにしている
  36. 「企画を作る」の具体例:イベントのテーマ https://event.shoeisha.jp/devsumi/20210218

  37. 「書く」技術の使いどころ:人に話す(プレゼンする) • 人に話すときは、即興で書いているようなもの – あらかじめ考えたり、書いていたりするからこそ伝わる話ができる • プレゼン資料の作成や、何を話そうか考えているときも言葉を使っている

  38. 「人に話す」の具体例:仕事で得た知見を人に共有 https://speakerdeck.com/kondoyuko/

  39. 「書く」技術の使いどころ:プロジェクトを導く • 言葉によって、プロジェクトのありたい姿を示すことができる – プロジェクトメンバーに示して価値観を共有したり – 社外に示して、共感・応援してもらったり • 「ビジネスをドライブするのは数字ではなく、言葉」(三浦崇宏著『言語化力』)

  40. 「プロジェクトを導く」の具体例:ミッションの設定 コンテンツで人と社会の可能性を拡げる デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア デベロッパーをスターにし、世の中をアップデートを加速する

  41. 目次 • 今の仕事をするようになった背景 • 普段どんなふうに仕事をしているか? • 仕事で使える「書く」という技術 • 今は書くことに向き合う絶好のチャンス •

    まとめ:大学生が書く技術を高めるべき理由とは?
  42. 今は書くことに向き合う絶好のチャンス 機会に恵まれている • 学生のうちは書く機会がたくさんある • 深く考え、書く機会(=論文)がこれから待っている モチベーションも高めやすい • コロナ禍で書く技術の重要性が増している •

    書く技術を発揮できるチャネルが多様化している
  43. 学生のうちは書く機会がたくさんある • この講義に限らず、レポートや課題で文章を書く機会が定期的にあるはず →すでに習慣化が実現している(一般にはこれが難しい……) • 毎回ちょっとだけ改善する、ちょっとだけ工夫してみるだけで 書く技術はどんどん向上していく – 工夫の例:文章術の本を読んで、一つだけ取り入れて書いてみる 本の作者になったつもりで読み物のように書いてみる

    • エンジニアコミュニティでよく言われていること – アウトプットが最大の学び – 締め切り駆動
  44. 深く考え、書く機会(=論文)がこれから待っている • 人生において、これだけ一つのテーマを突き詰める機会はそうそうない – 指導してくれる先生がいて、同時期に論文を書く仲間がいて、 締切があり、人生がかかっているような状況 • 「考えが整理されているから書くのではなく、書くことで考えが整理され る」(藤𠮷豊・小川真理子著『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』 )

    • 「Connecting the dots」(スティーブ・ジョブズの言葉) – 論文は今の自分の集大成 – 今後の人生で、論文で扱ったテーマや考えのアプローチが生きてくる
  45. コロナ禍で書く技術の重要性が増している • リモートメイン、テキストメインのコミュニケーションになってきている – 第一印象が「テキスト」なんてことも – 文章だけで感じよく見せる、分かりやすく伝えることは必須スキル • 人と会うのが難しくなったなか、書くことで自分に向き合える –

    私は2020年は日課として毎日noteを書いていた • 毎日書くことで言語化するいい機会になる – ほとんどの内容はしょうもないけどたまに光るものがある • 毎日書くから続けられる
  46. 書く技術を発揮できるチャネルが多様化している • 書く技術は仕事のさまざまな場面で生きる • SNS、ブログ、noteはもちろん、YouTube、Podcastなどの 動画・音声コンテンツを作る際にも役に立つ – 反響が得られやすいので楽しく続けられる – 始め方についてもたくさんの情報がある

  47. 目次 • 今の仕事をするようになった背景 • 普段どんなふうに仕事をしているか? • 仕事で使える「書く」という技術 • 今は書くことに向き合う絶好のチャンス •

    まとめ:大学生が書く技術を高めるべき理由とは?
  48. 今日伝えたいこと • 書くことは学習・仕事・人生に役に立つ • 今は書くことに向き合う絶好のチャンス • 書くことに前向きになる、新しい行動のヒント

  49. 理由①:書くことは学習・仕事・人生に役に立つから • 書くことは、仕事のさまざまな場面で役に立つ – 自分が書く – フィードバックする – 企画を作る –

    人に話す(プレゼンする) – プロジェクトを導く • これは仕事以外にも、学習や人生においても大きな力となる
  50. 理由②:今は書くことに向き合う絶好のチャンスだから 機会に恵まれている • 学生のうちは書く機会がたくさんある • 深く考え、書く機会(=論文)がこれから待っている モチベーションも高めやすい • コロナ禍で書く技術の重要性が増している •

    書く技術を発揮できるチャネルが多様化している
  51. 書くことに前向きになる、新しい行動のヒント • 書く機会を「自分の学び」「自分と向き合う時間」と捉える • 書く機会のたびにちょっとずつ新しいトライや改善をしてみる • SNSなどを使い、楽しいやり方で書くことや研究に向き合えないか考える

  52. 例えばこんなことにトライしてみよう • 文章の書き方の本をなにか1冊読んでみる – 個人的なおすすめは、最近出版されて高評価な本 • レポートを、単なる課題ではなく多くの人が読むブログだと思って書く • 授業に関して、受け手視点で分かりにくいと思ったことを質問する •

    研究に関して、学んだことをブログやSNSに書く – その分野が分からない人に分かりやすく伝えるつもりで書く – 学習のまとめだけでなく、自分の発見や感想なども書く
  53. 質問1:「書く」ことについての悩みの回答の一例 • 何を書いていいか分からない – 自分の専門や興味と組み合わせる/まず何か書くと考えが深まる • 文章を書くのに時間がかかる – 考えをとりあえず出してみる/書くことを習慣化させる •

    文章がたくさん書けない – そのテーマについてYouTuberのつもりで喋ってみるのもアリ • 書いたのにうまく伝わらない/評価されない – 書き終わったら編集者になったつもりで読み返してみる
  54. 質問2:書く技術を使う機会はたくさんある • メッセンジャー、チャット • メール • レポート • SNS •

    note/ブログ • その他 論文だけでなくどんな場でもトライできるし、書く技術が活かせる
  55. おすすめの本 • 『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』 (藤𠮷豊・小川真理子著、日経BP) – たくさんの名著のエッセンスが詰まったお得な本 – より多くの本で重要だと言われている順に述べてあり、取り入れやすい • 『書くのがしんどい』(竹村俊助著、PHP研究所)

    – 書くのが苦手な人に徹底的に寄り添った本 – 具体的で効果的な手法がたくさん書かれていて、読むとnoteやSNSで発信したくなる • 『小さな習慣』(スティーヴン・ガイズ著・田口未和訳、ダイヤモンド社) – 習慣化には「小さ過ぎて失敗しようがない」ことを継続するのがいいことを説いた本
  56. これから何に挑戦してみたい? 以下のことについてZoomのチャットに書いてみてください! 1. 今日の話を聞いて、取り組んでみたいと思ったこと 2. 1.に取り組むために具体的にどうするか – いつやるか? – どんなふうにやるか?

    – いつまでに取り掛かるか?