Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

みんなに愛されて20年! 「Developers Summit」オーガナイザーとしてやったこと、考えたこと #oso2022 / What I did and thought about as an organizer of Developers Summit

kondoyuko
August 20, 2022

みんなに愛されて20年! 「Developers Summit」オーガナイザーとしてやったこと、考えたこと #oso2022 / What I did and thought about as an organizer of Developers Summit

オープンセミナー2022@岡山での発表資料です。
https://okayama.open-seminar.org/
https://oso.connpass.com/event/252366/

kondoyuko

August 20, 2022
Tweet

More Decks by kondoyuko

Other Decks in Technology

Transcript

  1. みんなに愛されて20年!
    「Developers Summit」オーガナイザー
    としてやったこと、考えたこと
    2022.08.20 @kondoyuko [SHOEISHA Co.,Ltd.]
    オープンセミナー岡山2022 #OSO2022

    View full-size slide

  2. 私は帰ってきた!!!(気持ちだけは岡山に)

    View full-size slide

  3. 自己紹介
    近藤佑子 aka @kondoyuko / ゆうこりん
    • 岡山県備前市生まれ
    • 所属:株式会社翔泳社
    – CodeZine編集部 編集長
    – Developers Summit オーガナイザー
    • 開発者と一緒に踊る、キャッチコピーは「踊る編集者」
    • 好きなゲーム:星のカービィ
    • マイブーム:洋裁 kondoyuko516
    kondoyuko

    View full-size slide

  4. 自己紹介のつづき
    • 予備校生まで岡山で過ごす
    • 学部で京都、修士で東京に引っ越し
    • 学生時代の専攻は建築(建築史)
    • SNSでエンジニアと友達になったり、ギークハウスに出入り
    したりしていた
    • プログラミングを勉強をし、IT企業で働くことを志す→挫折
    • 文章を書くこと、インターネットで発信することも好きで、
    専門系編集者の道へ

    View full-size slide

  5. 私がメインで関わっている仕事
    CodeZine:
    2005年から続くソフトウェア開発者向けメディア
    Developers Summit:
    2003年から続くソフトウェア開発者向けカンファレンス

    View full-size slide

  6. Developers Summit(デブサミ)とは
    • 翔泳社が主催するITエンジニア向
    けカンファレンス
    • ベンダー中立、幅広いトピック
    • 2003年から毎年開催
    • 会場はホテル雅叙園東京
    →コロナ禍よりオンライン開催
    • 5トラック2日間のセッション
    +企画が基本

    View full-size slide

  7. 今日のテーマ
    20周年を迎えるITエンジニア向けカンファレンス
    「Developers Summit(デブサミ)」のこれまでと
    オーガナイザーである私のストーリーを織り交ぜて

    View full-size slide

  8. 目次
    • デブサミの始まり
    • デブサミのこれまでと私の旅
    • デブサミオーガナイザーとしての現在地

    View full-size slide

  9. 目次
    • デブサミの始まり
    • デブサミのこれまでと私の旅
    • デブサミオーガナイザーとしての現在地

    View full-size slide

  10. https://codezine.jp/devsumi/2003/
    • 第1回は2003年2月に開催
    • 会場は青山ダイヤモンドホール
    • 外部の有識者を交えて
    コンテンツ委員会を組織
    • 多くの技術コミュニティと連携
    フォーカスする技術は違えど
    現在も基本的な部分は変わらず
    Developers Summit 2003

    View full-size slide

  11. デブサミ初開催当時の状況
    “岩切氏が最初のデブサミの準備を始めたのは2002年4月。(中
    略)開発者向けの大規模なカンファレンスといえば,ベンダー
    が自社のサービスや製品を売り込むことを最終的な目的とした
    ものだけで,技術を中立の立場で取り上げるカンファレンスは
    なかった。”
    「開発者の祭りを通して世の中を変える」,翔泳社の岩切氏が開発者向けカンファレンス「デブサミ」への思いを語る
    2008/04/29 日経エレクトロニクス
    https://tech.nikkeibp.co.jp/it/article/NEWS/20080429/300291/

    View full-size slide

  12. デブサミ初開催当時の状況
    “岩切氏が最初のデブサミの準備を始めたのは2002年4月。(中
    略)開発者向けの大規模なカンファレンスといえば,ベンダー
    が自社のサービスや製品を売り込むことを最終的な目的とした
    ものだけで,技術を中立の立場で取り上げるカンファレンスは
    なかった。”
    「開発者の祭りを通して世の中を変える」,翔泳社の岩切氏が開発者向けカンファレンス「デブサミ」への思いを語る
    2008/04/29 日経エレクトロニクス
    https://tech.nikkeibp.co.jp/it/article/NEWS/20080429/300291/
    デベロッパーの交流と
    知のシェアをすることで
    世の中を変えたい

    View full-size slide

  13. さまざまなスピンオフイベントも生まれた
    デブスト関西(若手向け)
    デブサミ夏
    デブサミウーマン
    デブサミ関西
    デブスト(若手向け)
    デブサミ福岡

    View full-size slide

  14. 目次
    • デブサミの始まり
    • デブサミのこれまでと私の旅
    • デブサミの現在地

    View full-size slide

  15. デブサミの歴史と私との関わり
    デブサミ
    2003年        2011年 2012年  2015年    2018年 2019年 2020年 2021年 
    デブサミ関西
    デブサミ夏
    デブサミ福岡
    デブスト
    デブスト関西
    デブサミ
    ウーマン

    View full-size slide

  16. デブサミの歴史と私との関わり
    デブサミ
    2003年        2011年 2012年  2015年    2018年 2019年 2020年 2021年 
    デブサミ関西
    デブサミ夏
    デブサミ福岡
    デブスト
    デブスト関西
    デブサミ
    ウーマン
    2014年
    翔泳社
    入社
    CodeZine
    の編集者
    2017年
    CodeZine編集者
    (2020年より編集長)

    デブサミ
    オーガナイザー
    岡山
    2006年
    京都
    大学生
    2011年
    東京
    大学院生

    View full-size slide

  17. デブサミオーガナイザーの仕事
    • コンテンツ委員を招集する
    • イベントの全体テーマを決める
    • テーマの世界観を表すようなビジュアルを作成する(ディレクション)
    • 公募を募集する
    • 全体テーマをもとに、セッション案と講演者を考える
    • 講演者に打診する
    • 公募を選考する
    • タイムテーブルを組む
    • 懇親会などのその他の企画も行う
    • Webサイトを公開し、広く告知する
    • 本番の運営を行う
    • ふりかえりやベストスピーカーの発表を行う

    View full-size slide

  18. 2017年
    デブサミオーガナイザーになった年

    View full-size slide

  19. 2018年、当時を振り返って書いた記事
    https://www.e-aidem.com/ch/listen/entry/2018/08/15/110000

    View full-size slide

  20. 記事から引用
    “ある大きな仕事(注:デブサミ)の担当者が退職すると聞い
    たとき、「この仕事は私がやりたい」という使命感が降って
    湧いたのです。しかし、その仕事をやらせてほしいと勇気を
    出して伝えたものの、希望は聞き入れてもらえませんでし
    た。(中略)その日の夜、参加予定だった勉強会に泣きなが
    ら行き、Facebookにこう書いたのでした。”
    2018/08/15 会社員になって丸くなってしまった「ヤバイ就活生」のゆくえ
    https://www.e-aidem.com/ch/listen/entry/2018/08/15/110000

    View full-size slide

  21. 記事から引用
    “5分でも10分でもいいから、登壇の機会を増やそう。私、開
    発者(ITエンジニア)じゃないから面白い話できないな〜と
    思うんじゃなくて、できるように日々を頑張ろう”
    2018/08/15 会社員になって丸くなってしまった「ヤバイ就活生」のゆくえ
    https://www.e-aidem.com/ch/listen/entry/2018/08/15/110000

    View full-size slide

  22. 当時感じたこと
    • 学びの機会は外に得る
    しかない
    • ネットワークを外で作る
    しかない

    View full-size slide

  23. その結果
    • 目標として掲げた10回の登壇を達成
    • 新しく勉強会を作ってみた
    • デブサミの企画でも、自分がリーダーシップを取る
    場面を増やしていく
    – 「これやっときますね~」「MTG仕切りますね~」
    と言うなど
    • 「私、オーガナイザーですよね!?」状態に持っていく

    View full-size slide

  24. そんな最初からうまくはいかない
    • イベントのテーマがなかなか考えられない
    • 「近藤さんはデブサミをどんな場にしたいのか」
    と問われ、うまく答えられず
    • スケジュールもギリギリになっていく・・・

    View full-size slide

  25. それでもイベントの本番は最高!
    • 初めてメインで仕切ったデブサミ2017関西で、
    満席の基調講演会場に涙する
    • 毎回「これ以上いいものはできない」と感じるのに
    回を重ねるごとにどんどん良くなっていく
    • 「なんかデブサミ変わったね」と言われたときには
    「私ならではのものができたのかも?」と安堵

    View full-size slide

  26. デブサミ初期からの状況の変化
    開催当初は中立的なカンファレンスが少なかった状態だが、
    今はさまざまなイベントがある
    • ユーザーコミュニティ主催カンファレンス
    • 言語やテクノロジーカットのカンファレンス
    • 総合テックカンファレンス
    • 企業主催テックカンファレンス・・・など
    デブサミの価値は相対的に低くなったのでは?という不安も

    View full-size slide

  27. デブサミ初期からの状況の変化
    開発者自身が開発者向けにコンテンツを作る状況が
    さらに加速している
    • 勉強会
    • カンファレンス
    • ブログ
    • 同人誌

    View full-size slide

  28. 「イベントが無事できるのか?」のその先の不安
    開催当初は中立的なカンファレンスが少なかった状態だが、
    今はさまざまなイベントがある
    • ユーザーコミュニティ主催カンファレンス
    • 言語やテクノロジーカットのカンファレンス
    • 総合テックカンファレンス
    • 企業主催テックカンファレンス・・・など
    デブサミの価値は相対的に低くなったのでは?という不安も

    View full-size slide

  29. 開発者じゃない立場で何ができるのだろうか
    デブサミに対して感じていた不安
    • 「自分たちはレガシーでイケてないのでは」
    • 「もっとキラキラしたイベントにならなくては」
    技術同人誌界隈を見て
    • 開発者自身で売れる本が作れている
    • 出版社・編集者はもはやいらないのでは?

    View full-size slide

  30. 「踊る編集者」
    • 2019年に「技術書典に同人誌
    を出そう」と思いやってみた
    • 技術書典6の経験をLTした際の
    発表タイトル
    • 開発者自身がアウトプットする
    時代において、編集者の存在を
    不安視しつつも「楽しそうだか
    ら一緒になって踊りたい」
    https://speakerdeck.com/kondoyuko/an-editor-who-dances-with-engineers

    View full-size slide

  31. 2019年の私:楽しそうだから飛び込んでみよう
    登壇10回以上、技術書典で単著執筆、勉強会グラレコ約20本
    勉強会・イベントの主催を4回、3か月連続でAWS/GCP/Azureの資格を取る

    View full-size slide

  32. 踊ってみて見えてきた自分のあり方
    • 開発者と一緒になって楽しむ
    ↓↑ 
    • その先に、開発者ではないならではの業界への貢献の
    仕方が見えてくる

    View full-size slide

  33. 編集者ならではの知見が活かせていると思うこと
    • テーマ・ビジュアルに
    こだわりを持つ
    – 1年を切り取るテーマ
    – ポップでかわいい
    • 1つのイベントで幅広い
    テーマを扱う
    • アウェー感と内輪感の
    バランスの妙

    View full-size slide

  34. 参加者の声
    デブサミがエンジニア人生を変
    えてくれました!
    デブサミがきっかけで勉強会に
    行くようになりました!

    View full-size slide

  35. 「デブサミをどんな場にしたいか」の私なりの答え
    • さまざまな課題感の方に参加していただていることは
    デブサミの強み
    • 一人でも多くの開発者のきっかけになりたい
    • 日本中のデベロッパーをスターにする!

    View full-size slide

  36. Developers Summit 2020

    View full-size slide

  37. Developers Summit 2020
    イベントのテーマ「ともにつくる」に呼応した
    多くのセッションが寄せられる
    →デブサミによって世の中をいい方向に変えられるかも?
    オフラインのデブサミは一つの集大成へ

    View full-size slide

  38. Developers Summit 2020
    • 2020年2月13、14日の当日は、
    なんとかギリギリ会場で開催できた
    • その翌週より技術カンファレンス・勉強会の
    中止が相次いだ
    • 技術イベントはどんどんオンラインへ
    • デブサミも2020年度よりオンライン化が決定

    View full-size slide

  39. デブサミのオンライン開催なんてやれるのだろうか?
    • リアルの会場や双方向の交流がないデブサミには、
    誰も参加の価値を感じてくれないのではないか
    • スピーカーやコンテンツ委員といった方々の
    協力が得にくいのではないか
    • コロナ禍で自分のインプットが減っているなか、
    企画が作れないのではないか

    View full-size slide

  40. 実際やってみると
    • オンラインのいい面もある
    – 地方から視聴できる
    – 仕事や家庭との都合が
    つけやすい
    – チャットなどで交流の総数
    は増えた?
    – 多くの方に参加いただけた
    (リアル会場の1.5倍程度)
    動画

    View full-size slide

  41. コロナ禍のデブサミで新しく取り組んだこと
    • ミッションの策定
    • 双方向のコミュニケーションの実現
    • Women Developers Summitの開催

    View full-size slide

  42. ミッションの策定
    • デブサミという場の意義に自信は持っているが
    「リアルに集う」体験ができないデブサミに
    果たして協力してくださる方はいるのか?

    ミッションを言語化しよう!

    View full-size slide

  43. ミッションの策定

    View full-size slide

  44. ミッションの策定
    • サイトに掲載し、コンテンツ委員会の依頼資料、
    登壇依頼資料などに掲載
    • 「こんな思いで企画しているから協力してほしい」
    という気持ちで伝えた
    • 企画をする上でも「ミッションを体現できているか」
    と考えながら進めることができた

    View full-size slide

  45. 双方向のコミュニケーションの実現
    • 一方的にセッションを視聴するだけでは面白くないと
    さまざまな取り組みをしてみた
    – 従来のTwitterハッシュタグ+チャット
    – MCが入る形式でのAsk the Speaker
    – オンライン懇親会

    View full-size slide

  46. 双方向のコミュニケーションの実現:チャット
    • 配信画面の横にチャットを設ける
    (Ask the Speakerの質問もここから)
    • 登壇者によってはチャットで意見を募ったり、
    アンケートサービスやMiroなどのツールを活用したり
    • 事前収録の場合は登壇者自らチャットサポートも
    • リアルではできなかった双方向性を実現

    View full-size slide

  47. 双方向のコミュニケーションの実現:Ask the Speaker
    • リアル会場でのAsk the Speaker:
    セッション終了後の1対1の質問や名刺交換
    • オンラインでのAsk the Speaker:
    チャットやTwitterの質問・反響を拾い、司会が質問

    View full-size slide

  48. 双方向のコミュニケーションの実現:オンライン懇親会
    • oViceを使い、懇親会を実施
    – スピーカーの挨拶コーナー
    – 歓談コーナー
    – フォトスポット
    – 集合写真
    • リアルで集まっているのと
    近い体験だったという意見も

    View full-size slide

  49. Women Developers Summit
    • 「デブサミ」シリーズの新イベント
    • 2トラック全20セッション
    • 登壇者はすべて女性(「自分は女性である」と思って
    いるすべての方)
    • 参加者は男女どなたでも
    – 「女性のためのイベント」とはしていない

    View full-size slide

  50. Women Developers Summit開催の背景
    • IT企業・コミュニティに女性が少ない課題がある
    • IT業界において多様性を尊重する動きが高まっている
    • デブサミでも女性登壇者が増えてほしいと思いつつも
    なかなか抜本的なアクションができていなかった

    活躍している女性エンジニアの存在が感じられるだけでも
    いい連鎖になるのでは?

    View full-size slide

  51. Women Developers Summit企画時の工夫
    • 公募の募集要項を工夫
    • 行動規範を目立たせ
    申し込み時に必ず
    確認してもらうように

    View full-size slide

  52. Women Developers Summitの反響
    • 公募に40件以上の応募が集まった
    • 事前申し込みの男女比は3:7(女性は500人以上)
    • スポンサー企業の反響も大きかった
    • さまざまな意見
    – 🌞女性エンジニアはこんなに多いんだ!/女性の定義がいい
    – ☔男女の分断にならないか?/自分には必要ない
    • 必要としてくれる方、勇気づけられる方は多くいた

    View full-size slide

  53. 目次
    • デブサミの始まり
    • デブサミのこれまでと私の旅
    • デブサミオーガナイザーとしての現在地

    View full-size slide

  54. 毎年何かしらの新しい挑戦をやってこれた
    2017年 まずはデブサミをがんばって企画する
    2018年 若手向け新シリーズ「Developers Boost」の立ち上げ
    2019年 関西版若手向けイベントの「Developers Boost KANSAI」の開催
    2020年 イベントのオンライン化を実現
    2021年 女性エンジニアを応援する「Women Developers Summit」の開催
    2022年 Developers Summitの20回目

    View full-size slide

  55. 新しい挑戦をするうえで意識していたこと
    • 新しいイベント・小さいイベントで実験する
    – 新イベント開催時に新しい趣向を取り入れる
    →良いものは別のイベントにも適用
    (スタッフTシャツの導入、行動規範を目立たせる)
    – Ask the Speakerの司会はまず自分がやってみる
    →大きなイベントに向けて運用や台本を検討
    • 毎度全力を尽くす
    – 来年以降ネタがなくなりそうといって出し惜しみしない

    View full-size slide

  56. 最近はチームで企画にあたるようになった
    • Developers Boostは2020年より
    若手メンバーへオーガナイザーを引き継いだ
    • デブサミ夏も、2021年より
    若手メンバーが主導して企画を進めている
    • 私はデブサミの他のシリーズを仕切りつつ、
    若手メンバーが企画を推進できるようにサポート

    View full-size slide

  57. 私の次のチャレンジ
    CodeZineやデブサミ
    に触れた方が
    組織やコミュニティで
    前向きな行動を起こし
    CodeZineの著者や
    デブサミ登壇者になり
    CodeZine Academy
    の講師になる
    翔泳社のプロダクト横断で
    開発者のさまざまなきっかけになりたい

    View full-size slide

  58. デブサミオーガナイザーとしての現在地
    • 20年で、世の中やエンジニアを取り巻く状況が
    大きく変化してきた
    • デブサミも、大切にしてきたところはそのままに
    時代にあわせてチャレンジし続けてこれたと思う
    • 今後も「デブサミのおかげでいまの自分がある」と
    思ってくださる方が増えるようにやっていきます!

    View full-size slide