Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

【非公式】技術書典7 ふりかえりLT / tbf07 retrospective LT

17e5519c8ad1504243c5f46430893232?s=47 konosumi
October 02, 2019

【非公式】技術書典7 ふりかえりLT / tbf07 retrospective LT

【非公式】技術書典7を振り返る会のふりかえりLTです。

17e5519c8ad1504243c5f46430893232?s=128

konosumi

October 02, 2019
Tweet

Transcript

  1. 【非公式】技術書典7 ふりかえりLT 【非公式】技術書典 7を振り返る会 このすみ @konosumi

  2. サークル名:このすみ堂 3階のWEB・フロントエンド系の島です。 (余談:3階の入り口付近は、ほどよく人が来る空間でした)

  3. 今回頒布した新刊について

  4. 新刊は2冊頒布しました。

  5. [新刊1] Node.js中級者を目指す • 内容:Node.jsのスキルアップ本 • 目的:商業誌に多い入門書ではなく、あ えてそのひとつ上の技術レイヤーを目指 した本 • 動機:自分自身がNode.jsに詳しくなりた

    かったから(= 自分が読みたかったから)
  6. [新刊2] エンジニアアンチパターンNEXT • 内容:ITエンジニアの失敗談を綴った本 • 目的:プログラミングからキャリアに至るま で、自分の失敗を共有すること • 動機1:自分自身のエンジニア人生を、失敗 を通じて振り返りたかったから

    • 動機2:「失敗の本質」「SQLアンチパターン」 といった名著の、エンジニア人生版を書い たら面白そうだと思った
  7. 執筆のふりかえり

  8. 執筆のふりかえり (良かったこと) • Re:VIEW Starterに初期設定を任せることで、執筆に専念できた • 既刊の加筆修正版だったため、ゼロから書くより気が楽だった ◦ Node.js中級者を目指す: 技書博「Node.js学習日記」を改題

    ◦ エンジニアアンチパターン NEXT: 技術書典5「エンジニアアンチパターン」を改題 ◦ (1ページも加筆していない状態でも、すでに進捗があるように感じる謎の安心感) • 本文内の図・表をGoogleスライドで作ったところ、想像以上に楽だった • 既刊の文章をリファクタリングする過程で、文章力が向上した
  9. 参考:Googleスライドで量産した図・表

  10. 執筆のふりかえり (苦労したこと) • 既刊の加筆とは言え、新刊2冊を書くのはとてもつらかった ◦ 加筆量はNode.js本が70ページ、アンチパターン本が 40ページ ◦ (入稿〆切の前夜は、 2冊とも徹夜しました)

    • 「執筆に疲れる => 缶ビールを飲む」の無限ループで進捗が伸びない • 既刊部分の修正に時間がかかりすぎた ◦ (半年前に書いた自分のコードは、クソコードに見える状態) • 執筆に疲れすぎて、完全燃焼感が抜けきれないままイベント当日を迎えた ◦ (技術書典7の当日は、文化祭でたとえるなら後夜祭くらいの感覚)
  11. 当日のふりかえり

  12. 当日のふりかえり (良かったこと) • 被チェック数より多く頒布できた ◦ 被チェック数:379 => 頒布数:412 • 立ち読みする方が多かった

    ◦ 中身を読まずに購入されるより嬉しい • 新刊が2冊あると、片方の購入者が もう1冊購入するケースが意外と多 かった
  13. 当日のふりかえり (苦労したこと) • 本が4冊あるとサークルスペースが手狭となり、レイアウトが難しい • 立ち読みする方に向けて、「隣のサークルにはみ出さないでください」というアナウ ンスが何回も必要だった • 混んでる時間帯と空いてる時間帯の波が激しい •

    被チェック数に比べて印刷部数が多すぎた結果、200冊以上の在庫が発生 • ワンオペでないにも関わらず、買い物に行けなかった ◦ (在庫が大量に残りそうで不安だった) ◦ 本が完売しないと、買いに行きづらい
  14. 印刷部数が多すぎた理由 • 新刊の入稿時点では、被チェックが技術書典5(最終:251)の倍で推移してた • そのため被チェック数を500と予想したが、そこまで伸びなかった • 技術書典8では被チェック数に踊らされず、堅実な印刷部数に抑えたい

  15. 今回の技術書典7で工夫したこと (シリーズ化という選択肢)

  16. シリーズ化という選択肢 (〜中級者を目指す) 技術書典5 技術書典7

  17. シリーズ化という選択肢 (アンチパターン) 技術書典5 技術書典7

  18. サークルカットの見た目もほぼ同じ 技術書典5 技術書典7

  19. シリーズ化して感じたこと • 本のテーマを考えるのが圧倒的に楽 ◦ 「次はどの技術の中級者本を書こうか?」という前提でスタートできる • 前回の••本が良かったからという理由で、チェックしてくれた方がいた • 本の前書き、サークルカット・お品書き・宣伝をはじめ、過去の構成を使い回すこと ができた

    ◦ とくにサークルカットの作成は楽でした
  20. 本の感想を貰えたことが嬉しかった • Node.js中級者を目指す ◦ https://twitter.com/konojunya/status/1176289261223473152 ◦ https://twitter.com/biz4e_hirayama/status/1176122100022534144 • エンジニアアンチパターンNEXT ◦

    https://twitter.com/Golgari5/status/117566008510989926 ◦ https://twitter.com/FORTEgp05/status/1178220541460615168 ◦ https://twitter.com/ida1ten0/status/1175754898492674049
  21. まとめ • Re:VIEW Starterによる初期設定と、Googleスライドでの図表作成はオススメ • 執筆を快適に進めるためには、ビールという甘い誘惑に立ち向かう必要あり • 被チェック数を過信してはならない • シリーズ化はオススメ

    • 立ち読みした上で買ってもらえる1冊は、とても嬉しい • さらに本の感想を書いてもらえると、もっと嬉しい ◦ (このために技術系同人誌を書いていると言っても、過言ではありません)